ヘッドライン

三船美優「クリスマス反省会…!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1545679155/

1 : ◆Kr.22uZI4M 2018/12/25(火) 04:19:16.23 ID:lTKPm8ZLo
P「美優さん、留美さん、瞳子さん!メリークリスマスです!」

美優「………………」

留美「…結局こうなるわけね」

瞳子「みんな考えることは同じだった、ってわけね…」




【モバマス安価】P「大人アイドルがおかしくなった?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544799673/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/15(土) 00:01:13.93 ID:e0fa9pJv0
志希「うん」

P「なにを飲ませた」

志希「すごい、この情報だけであたしが犯人だって分かるだけじゃなく、その方法まで推測できるんだ」

P「最近のお前はやらかしたら自己申告してくるし、その全部が薬によるものだからな」

志希「にゃはは、それほどでも♪」

P「褒めてない! で? どんな薬を飲ませたんだ?」

志希「飲ませたんじゃないよ。社内に薬が漏れ出ちゃったんだよ」

P「なんてことをしてくれた」

志希「安心して、対象になってるのは大人アイドル+αだから。その匂いを嗅いだら、色々なことが身に起きちゃうの」

P「全然安心できないんだけど。色々って何が起きるんだよ」

志希「それは確かめてみないと分かんないけど。あ! ちょうど被害者がやって来た!」

P「え?」


ちひろ「……」

美城常務「……」


P「+αってあの2人か!?」ガーン

志希「うん。何故か薬の効果でおかしくなっちゃったんだ」

P「いつもの2人に見えるぞ」

志希「様子を見てれば分かるよ」


↓1、2 ちひろ&美城常務がどうなっているか

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/15(土) 00:03:26.66 ID:XVvX3kVQ0
あすあすらんらんもドン引きなレベルの中二病を発症してる

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/15(土) 00:05:48.74 ID:BN07BWU4o
肉塊になって弾け飛んだ




三船美優「コウハイくんと」モバP「センパイ」

1 :名無しさん@おーぷん 2018/11/23(金)02:36:17 ID:yxw
アイドルマスターシンデレラガールズです。三船美優さんのお話です。
もれなく頭の悪いお話です。悪しからず。あととにかくめんどくさいです。

これの続きです。
モバP「センパイと」三船美優「コウハイくん」

2 :名無しさん@おーぷん 2018/11/23(金)02:36:46 ID:yxw
事務所

心「ねぇねぇ! プロデューサー!」


モバP(以下P)「はい?」

心「今日、ちょっと早い忘年会やるんだけど来ない?」

P「あー……。お誘いは嬉しいんですけど……」

心「なんだよーぉ、また来ないのかよ☆」

P「すみません。俺、お酒弱くてほとんど飲めないんですよ」

心「知ってる☆ ていうか、毎回聞いてるぞ☆」

P「そういうわけです。なので、お酒出す席はなるべく行きたくないんですよ」

心「美優ちゃんも居るのに?」

P「……」

心「……」

P「なんで三船さんの名前が出てくるんですか?」

心「いや? 同じ事務所の仲間だし? なんとなーく、ね?」




服部瞳子「私の嫌いな人」

1 :名無しさん@おーぷん 2018/10/11(木)23:20:48 ID:6Qu
アイドルマスターシンデレラガールズです。
服部瞳子さんのお話……なんですが、主人公は多分ありすです。

2 :名無しさん@おーぷん 2018/10/11(木)23:21:26 ID:6Qu
喫茶店

ありす「ここのイチゴパフェが美味しいらしいんです」

モバP(以下P)「へぇ、さすがありすは下調べばっちりだな」

ありす「橘です!」

ありす「ふふ……私にはこのタブレットがありますから」

P「そんなに気に入ってくれたのか? それ」

ありす「当然です! プロデューサーさんがお祝いにプレゼントしてくれたんですから!」

P「俺はそういうの疎いんだけど、ありすが前に持ってた奴と同じじゃないのか?」

ありす「橘です。違うんです。確かに私が持っていたやつの新しいモデルってだけですが、私にとっては違うんです」

ありす「す、好きな人からのプレゼントですから……」

P「そっかそっか。喜んでくれたなら何よりだ」

P「で、注文はイチゴパフェでいいのか?」

ありす「はい。プロデューサーさんはお決まりですか?」

P「俺はコーヒーかな。店員さん呼ぶぞ」

P「すみませーん!」




[ 2018/10/12 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(2)

三船美優「バレンタイン反省会熱中症対策会…?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534187998/

1 : ◆Kr.22uZI4M 2018/08/14(火) 04:19:58.55 ID:epBuLbeC0
美優「なんですかそれ…?」


留美「ほら、今年暑いじゃない…」


瞳子「あまりにも暑すぎるわね」


留美「だから熱中症にならないように気をつけましょうっていう集まりなのよ」

美優「ちょっと名前が長い上に煩雑すぎませんか…」

瞳子「言っとくけど、熱中症になったらPさんに心配してもらえる~とか看病してもらえる~とかそういうのはなしよ?美優さん?」

美優「わ、分かってますよ!ちょっとそれは冗談じゃ済まされないですし、そんなことはしませんよ…」




三船美優「バレンタイン反省会座談会…?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533142315/

1 : ◆Kr.22uZI4M 2018/08/02(木) 01:51:56.27 ID:xMuWmk+A0
美優「なんですかそれ…?」


留美「私たちのユニット名はバレンタイン反省会、そのバレンタイン反省会の座談会だから反省会座談会なのよ」


美優「反省会反省会のほうが響きは良かったです…」

留美「そういうこと言わない」

瞳子「ところで、今回はどういう集まりなのかしら?」


留美「いや、座談会っていう名の通り、ただの雑談で…特に何かあるってわけじゃないんだけど…」

留美「私たち3人が集まって話す内容と言えば…一つに決まってるじゃない」

美優「Pさんのことですね…」





モバP「センパイと」三船美優「コウハイくん」

1 :名無しさん@おーぷん 2018/07/12(木)22:46:16 ID:f7n
アイドルマスターシンデレラガールズです。三船美優さんのお話です。
もれなく頭の悪いお話です。悪しからず。

2 :名無しさん@おーぷん 2018/07/12(木)22:46:35 ID:f7n
美優「はぁ……」

美優(今日も会社でミスばかり……)

美優「どうして私はこうなんだろう……」

美優(もうお仕事に行きたくないな……)

美優(楽しかった学生の頃に戻りたい……)

モバP(以下P)「……三船先輩?」

美優(あぁ、そういえば私の事を『先輩』って呼んで慕ってくれる後輩くんが居たな)

P「……あの!」

美優「えっ……? はい? 私、ですか……?」

美優(あれ、この人……どこかで)

P「あ、その……。えっと……」

P「あ、アイドルに興味ありませんか!」

美優「……へ?」






三船美優「バレンタイン対策会…!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528830260/

1 : ◆Kr.22uZI4M 2018/06/13(水) 04:04:20.71 ID:I5KBYrcR0
美優「今回集まってもらったのは他でもありません…!」


留美「そうね、もうそんな時期ね」


瞳子「バレンタインデーまで残り半年…!」



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アイドルマスターシンデレラガールズの三船美優・和久井留美・服部瞳子のバレンタイン(?)SSです








北条加蓮 『不幸な兄妹?』

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1393784619/

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/03(月) 03:23:39.07 ID:xE7lBLcW0

下記内容を予めご了承ください。

・アイドルマスターシンデレラガールズのSSです
・地の文有、一部過度な依存的な描写があります
・拙い文章力故に更新が遅くなるかもしれません

 少しでも楽しんで頂ければ幸いです。


過去の作品

渋谷凛『不思議なお店?』

モバP「雨の日の過ごし方」


*直接的な繋がりはありませんが、予め上記2作品を読んでから本作品を読んで頂けると世界観が分かり易くなると思われます。






三船美優「お花見反省会…?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523902559/

2 : ◆Kr.22uZI4M 2018/04/17(火) 03:16:54.54 ID:1LYrQEnh0

美優「なんですかそれ…?」


留美「私たち3人とPさんでお花見するのよ」


瞳子「美優さんもPさんとお花見したいでしょう?」


美優「…そんなの決まってるじゃないですか」

留美「正直でよろしい」

美優「Pさんとお花見…」

―――――――――――――――――――――
P「美優さん、花びらが付いてますよ」

美優「え?えっと…どこでしょう…Pさん、取ってください」

P「あ…」

美優「?」

P「その…取っちゃうの勿体ないなって…」

P「花びらが付いてる美優さん、とっても綺麗で…」

美優「そんな…Pさん…///」
―――――――――――――――――――――

美優「えへへ…」

留美「何か良からぬことを考えてるわね」

瞳子「美優さん、相変わらずPさんが絡むと情緒不安定ね…」




ページランキング