ヘッドライン

【ミリマス】静香「ユートピア」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574162589/

1 : ◆BAS9sRqc3g 2019/11/19(火) 20:23:09.49 ID:6s/A4gNC0

第一章 遠い日の落書き






それは一本の電話から始まった。
いえ、また……動き出したのよ。




「関東テレビの者ですが、最上静香さんの携帯ですか? 
 実は半年後に特大歌謡祭ヒットパレードという番組を企画をしているのですが、
 是非そこで最上さんにまたステージで現役の頃のように唄って踊って欲しいんですよ」


そんな内容だった。






[ 2019/11/20 18:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス】志保「弟の性への目覚めが意外と早かった」

1 :名無しさん@おーぷん 19/11/01(金)21:02:56 ID:TMA
ミリマスSSです。志保の弟りっくんが性に目覚めたのでPとアイドル達がその対策を話し合います。エロは無いです。




【ミリマス】P「そろそろアイドル大運動会の季節だな」

1 :名無しさん@おーぷん 19/10/07(月)20:06:20 ID:lE7

P「そろそろアイドル大運動会の季節だな」

静香「そうですね」

P「うちのアイドル達が全員出場するのは例年通りなんだが」

静香「はい」

P「去年までとは少し違う部分もあるんだ」

静香「違う部分?」

P「いつものリレーや玉入れの他にだな」

静香「はい」

P「プロデューサーとアイドルが協力してゴールを目指すPドルほにゃらら競争がある」

静香「Pドルほにゃらら競争」


ミリマスSSです。アイドル達がプロデューサーとのペア競技でわちゃわちゃします。登場するアイドルの親愛度は全員超激高ですがよろしくお願いします。




【ミリマス】静香「まさか、こんな日が来るだなんて」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570360259/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/06(日) 20:11:00.23 ID:T5VGsdE90
静香「は……? え、ちょ、ちょっと待ってください」

あまりに想定外、また唐突なプロデューサーの言葉に、静香は思わず制止の声をかける。
そして動揺を抑えられぬままに聞き返した。

静香「き、聞き間違いじゃないですよね?
  今、千早さんと私のデュオ、って聞こえたんですけど」

P「ああ、聞き間違いじゃないよ。
 次の公演では、千早と静香に二人で新曲を歌ってもらおうと思ってるんだ。
 もちろん、二人の了承を得られればだけど」

静香の様子とは正反対、プロデューサーは一度目と同じようにさらりと繰り返した。
また千早も落ち着いた様子で、穏やかに微笑んだ。

千早「私と静香のデュオ……ふふっ。
  ありがとうございます、プロデューサー。ぜひ、やらせていただければと」

P「良かった、千早ならそう言ってくれると思ったよ」

即答で了承した千早の微笑みはどこか高揚しているようにも見える。
それを見てプロデューサーは満足げに頷いたのち、
その横で放心したように口を半開きにしている静香に目線をずらした。




[ 2019/10/07 22:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(1)

【ミリマス】世界の果てまで逝ってm@s inおいかわ牧場牛乳祭

1 : ◆Vysj.4B9aySt 19/06/28(金)21:18:06 ID:S3g
タイトルコール『世界の果てまで逝ってm@s!!』

ワーワー

本田未央「さて、今週もやってまいりました、逝ってm@s!司会の本田未央です」

「では豪華ゲストを紹介しましょう!」

「ミリオン一座の皆さんです!!」

ワーワー

春日未来「」ハイライトオフ

最上静香「」ハイライトオフ

望月杏奈「」ハイライトオフ

北沢志保「」ハイライトオフ

ドヨーン

未来「おーっと、そこのミリオン勢。元気がないぞーっ!!」

箱崎星梨花「わー!」パチパチパチ

未央「うんうん、やっぱり元気で笑顔が一番だね」

輿水幸子「皆さん、今回は何をやらされたんでしょうか……」

未央「まずは名物コーナーから!」

幸子「無視ですかーっ!」




【ミリマスSS】P「なにしてるんだ?」ジュリア「シズ、説明頼む」【安価】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561975964/

1 : ◆4vEMrHUqD2 2019/07/01(月) 19:12:44.65 ID:sUzixqXy0
アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
早い者勝ちと聞いて。
エログロ下ネタは安価下で行きます。

ジュリアがしていたこと
>>2

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 19:14:11.76 ID:7YyOeU7A0
釣り




静香千早「「アライブファクター」」 【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561818492/

1 : ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:28:12.02 ID:PusMuPT6O

 昼と夜の隙間を貫くような、冷たい風だった。

 肘の辺りをさすりながら、静香は舌を唇へとやった。
 意識してのことではなかった。乾燥を覚えた時、あるいはそれ以外の時にも、静香には自分の唇を舐める癖があった。
 元々は、友人や相棒がよくやる仕種だっただろうか。癖がうつる、というのはどうやら本当のことらしい。

 ――余計に乾燥するから感心しないわ。

 いつか言われたことを思い出す。
 コートの右ポケットには愛用のリップクリームが転がっている。以前は女の子らしく鞄の中の更にポーチの中に携帯していたのだけれど、いつの間にかそこが定位置となってしまった。
 つつ、とクリームを滑らせる。ぱっぱっ、と唇を合わせて軽く馴染ませる。
 わざとらしいくらいの清涼感。
 すっ、と鼻が通るような、その瞬間が静香は嫌いではなかった。

 ふぅ。

 一つ、大きく息を吐く。


 ――その程度なの、静香。


 突き刺すような視線が、静香を冷たく焦がしている。

 本番の日が、近付いていた。





ページランキング