ヘッドライン

美希「やられたらやり返す。倍返しなの!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1374682560/

1 : ◆K8xLCj98/Y 2013/07/25(木) 01:16:00.16 ID:YWYGELTw0

春香「ど、どうしたのいきなり」

美希「ミキは許さないの……」

春香「へっ? え、何が?」

美希「今日のお昼の話なの」

春香「うん」

美希「ミキが撮影終わって控え室に戻ったら……戻ったら……!」

春香「ま、まさかドロボー……」

美希「ハニーが勝手にミキのお弁当食べちゃったんだよ!?」

春香「……へい?」






P「最近美希が冷たい…」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/01(木) 17:23:33.73 ID:Q1le9JZK0
P「おーい美希」

美希「どうしたのプロデューサー」

P(あ、あれ?)

P「今度の仕事の事なんだが・・・・・」ベラベラ

美希「.....うん、わかったの」スタスタ

P(あれれれ?気のせいか美希が冷たい)

P(それに名前がハニーからプロデューサーになってるし....)

P(俺が何かしたのか!?)

P「う~ん......」




[ 2020/05/28 18:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

真「仮面ライダーも楽じゃないよ」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 00:24:51.89 ID:YzALlBVO0
お詫び
前スレ春香「仮面ライダーって寂しいね」において、二人のライダーの必殺技を「ダブルライダーキック」としましたが、
「ライダーダブルキック」の間違いでした。お詫びして訂正した後真さんに脊髄を抜かれてきます。

というわけでその続き




P「ざけんなよ……お前ら……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 22:57:19.00 ID:lzvjSA7u0
慰安旅行前日。
はしゃいでいた私達は、些細なイタズラで、プロデューサーさんの腕時計を壊してしまいました。
その腕時計はとても大切なものだったらしくて、プロデューサーさんはすごく怒りました。

真美「ご、ごめんなさい兄ちゃん!」

亜美「ごめんなさいっ!」

全員「ごめんなさい!」

律子「み、皆も謝っていることですし」

小鳥「ここはひとつ穏便に、ね?」


P「ァアン?」ギロリ


全員「ひぅっ!!」ビクゥ!




P「修羅場を安価で切り抜ける」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:16:47.33 ID:+waOYYmqP
P「……」

P(私プロデューサーは、今この765の事務所で大変まずい、重たい空気を吸っております)

P(……原因は確かに俺のせいだけど)

P(まさかこんなことになるとは……)

P(俺はどうもこうも介入のしようがなく、ただ様子を見ることしかできないのだが)

P(お互いににらみを利かせているのは>>5,8,10の三人だ)

※被ったら下




美希「そんなの、矢!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:20:29.41 ID:Y6GauMPe0
(カカカッ!)

P「ヒィッ!?」

貴音「何奴!?」

春香「プロデューサーさんの頬を掠めるように!!」

亜美「こいつは……遠距離型のスタンド!?」

美希「よ、よく分からないけど、ミキ、いくらハニーの言うことでも、それは聞けないの!」

P「だ、だがな、美希。もうお前は十分成長した。俺がいなくてもやっていける」

美希「矢なの!!」

(カカカッ!)

P「ドヒュゥゥゥゥゥウ?!」

春香「プロデューサーさん!?」

貴音「こ、今度は、股下、腰の左右の逆三角!」

亜美「肝っ玉も冷え込むZE……!」




[ 2020/05/20 16:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

伊織「うちの社長とそのイトコがうざいことこの上ない」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/26(水) 14:40:46.97 ID:LwG5UGws0
律子「ダーリン、あーんして♪」

涼「あーん」

律子「……どう?」

涼「……ん。これ、美味しいよ! リンゴの焼き具合が絶品だよ! 律子姉ちゃん」

律子「ふっふー。そうでしょう? これもダーリンに料理を教えてもらってるおかげね」

涼「いやいや、僕だってこんな絶妙な焼き具合にできないよ。さすが律子姉ちゃん」

律子「そんなことないわよ。こないだのパエリアとかとても真似できないわよ。盛りつけの綺麗さとか、私まだまだだもん」

涼「あれはそんな難しいわけじゃ……。そうだ、今度一緒に作ろうよ」

律子「本当? ありがとう、ダーリン♪」

涼「こちらこそだよ。はい、律子姉ちゃんも、あーん」

律子「あーん」




美希「ブルマなら…ある」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 22:48:22.59 ID:mmnfLTOgO
――某所

P「…」カチャカチャ、カチャカチャ

マシンハムゾー「ちゅう?ちゅちゅう!(大将?浮かないカオしてどうした!)」

P「なぁ…ハムゾー?」ポンポン

マシンハムゾー「ちゅっ?(なんでさァ?大将)」

P「ブルマーって…なんだろうな」カチャカチャ

マシンハムゾー「ちゅあ…ちゅちゅっ(そうだなぁ…ロマンじゃないんっすかねぇ)」

P「ロマン?」

マシンハムゾー「ちゅう(将はさ)」

P「うん?」

マシンハムゾー「ちゅう。ちゅちゅちゅう?(無理矢理、仮面ブルマーにされてしまったんだよな?)」




[ 2020/05/16 11:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

雪歩「私が一番だよ!」美希「美希こそ一番なの!」真「」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 01:54:14.52 ID:0RBpuSfOO
雪歩「美希ちゃんは黙ってて!」

美希「むー! 雪歩は穴掘って埋まっててよ!」

雪歩「そ、それは私の台詞だよ!」

美希「うるさいの! いつもうじうじしてすぐ泣くくせに!」

雪歩「な……もう怒ったから!」

美希「べーっだ!」

真「ちょっと! ちょっと待ってよ二人とも! どうしたのさ!!? なんで喧嘩なんかしてるの!?」

雪歩「こうなったら本人に直接」
美希「聞いたらすべて丸っとさくっと収まるの」



真「うん? で、どうしたのさ」

雪歩「真ちゃんはどっちがいいの!?」
美希「真くんはどっちが好きなの!?」

真「え? えぇえ!? なんのこと!? いきなりどっちって言われてもボクわかんないよ! ちゃんと説明してよ!?」




P「カップリング100の質問」美希「なんで50までなの?」

ページランキング