ヘッドライン

天空橋朋花「♪」

1 :名無しさん@おーぷん 19/11/10(日)22:31:48 ID:DqP
朋花「……」

朋花「……」

朋花「……」

朋花「!」

朋花「……」

朋花「♪」




【ミリマス】育「お姫様と夏の魔法」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569862109/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/01(火) 01:48:29.38 ID:0zwN1Z/j0
夏休みの初めのある日、765プロライブ劇場のアイドルたちは映画撮影のため静岡の田舎町にやってきた。

映画の内容は、現代に生きる化け狸の一族の姫が、仲間の妖怪たちと協力しながら悪い人間を懲らしめるという和風ファンタジー。

主演はまつり。そしてまつり演じる姫の妹役として、育が抜擢されることとなったのだが――。


――ホテル、食堂


プロデューサー(以下、P)「では予定通り今晩からこのホテルに泊まって明日の朝から撮影だ。みんな今夜はゆっくりしてしっかり睡眠をとってくれ」

環「はーい!」

P「たださっき監督さんから連絡があって、撮影は天候の都合で二時間ほど遅れてスタートするそうだ。極力乾いた状態の地面で撮影したいらしい」

桃子「そういえば、駅についたときかなり地面が濡れててびっくりしたね」

朋花「きっと夕立があったのでしょう。予報によれば明日のこの辺りの天気は快晴のようです~」

P「ああ。というわけで午前の撮影の準備が整うまでは自由時間になるが、みんなくれぐれも熱中症には注意してくれ。メンバーの多くが和装に着替えての撮影になるし、無理はしないようにな」

全員「はーい」




[ 2019/10/01 16:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス、安価】P「おっぱいが大きくなる薬」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1564903172/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/08/04(日) 16:19:33.67 ID:BCjsiF0L0
P(千早から頼まれていたおっぱいが大きくなる薬がついに完成した)

P(ただ、空き瓶がなかったため仕方なくスパドリの瓶にいれておいた)

P(そのせいでシアター組のアイドルが間違えて飲んでしまった)

P(さらに副作用もあったらしく…)

飲んだアイドル >>2
どれくらい大きくなったか >>3
副作用 >>4




【ミリマス】育「王子様になれたら」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1562418521/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/06(土) 22:08:41.76 ID:qjfQMCET0
プロデューサー(以下、P)「うーん、どうしたものか……」

小鳥「お疲れ様ですPさん。どうかされたんですか?」

P「あ、音無さんお疲れ様です。いえ今度まつりと育が出演することになったCMのことで、ちょっとね」

小鳥「あら、美咲ちゃんから聞きましたよ。若い女性向けの整髪スプレーのCMだそうですね。主演はまつりちゃん。まさにターゲット層にピッタリですよね」

小鳥「しかもお姫様に扮したまつりちゃんがスプレーで素敵に変身して、育ちゃん扮する王子様と白馬で月夜に飛び出す――可愛くてロマンチックなCMに仕上がりそうです」

P「はい。音無さんのおっしゃるとおり先方のコンセプトがしっかりしていてやり甲斐のある仕事になりそうなんですが、追加の注文が来まして」

P「商品の公式サイトでスペシャルショートムービーが観られる仕様になるらしく、そこに二人がCMの配役そのままで出演することになったんです」

小鳥「まあ!」

P「さしあたってどんなストーリーにしたいか、出演する二人からも意見が欲しいそうです」

小鳥「二人の意見をストーリーに取り入れるってことですね」

P「そういうことです。ただ、育の方がそれで煮詰まっちゃったようで……張り切ってくれてはいるんですが」

小鳥「それはちょっと心配ですね」




【ミリマス】まつり「わたしの、お姫様」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559388870/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/01(土) 20:34:30.59 ID:ON/YBn7N0
※MTG14『Charlotte・Charlotte』ドラマパートのネタバレを含みます。ご注意ください。



――それは、プリンセススターズ13人が登壇するアリーナライブに向けた準備が進むある日の出来事がきっかけだった。


育「鏡よ鏡ねぇまだなの王子様~」スタッ

まつり「フムフム。良い感じなのです」

育「ほんと?」

まつり「はいなのです。今日最初に踊ったときから確実に良くなっているのですよ」

育「やったぁ!」

プロデューサー(以下、P)「……」

P(成り行きで始まった育の個人練習だが、まつりが先生役に申し出てくれて本当に助かった)

P(何より二人とも良いコンビネーションだ。これは育にとってとても有意義な時間になりそうだな)




星梨花「まつりさんのお城に行きたいです」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550589351/

1 : ◆z80pHM8khRJd 2019/02/20(水) 00:15:51.41 ID:1/zxA0lS0
「わたし、まつりさんのお城に遊びにいきたいです」

無邪気な一言にまつりは固まった。何故だか理由は語れないが、とにかく姫のお家には人を上がらせるわけにはいかないのだ。

「ほ? 姫のお城は高い高いお空の上にあるのです。だから星梨花ちゃんが来るは難しいと思うのです」

まつりは汗1つかかずに、切り返す。さすがは我らが姫、かわし方は心得ている。

それを聞いたら、ある程度分別がつく子は察しを込めて、それが難しい子は本当の意味で「じゃあ無理だねと」諦めてしまうであろう。





春日未来「せい…かん…おび?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1549070694/

2 : ◆negAw5SdJG.h 2019/02/02(土) 11:03:43.03 ID:xBtPbsETO
翼「どしたの急に」

未来「いやー、なんかこの記事に書いてあってさ、読み方がわかんなくて…」

翼(ど、どう伝えればいいんだろ…)

翼「触ると気持ちよくなるところの事!せいかんたいって読むんだよ?」

未来「気持ちよくなっちゃうんだ!じゃあ皆のせーかんたい?を触ってみよう!」

翼「え!?」

未来「いってきまーす!」ドタバタ

翼「…ま、いっか?」


未来「まずは…あ、おーい!」

下安価1(P以外)

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/02(土) 11:10:13.68 ID:5EdX8NdnO
可奈




【ミリマス】まつり「私の妹」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541851746/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/10(土) 21:09:06.77 ID:dVfo4c3q0
ミリマスSSです。
・まつり母、まつり妹出ます。
・Pが結構喋ります。

久々にスレ立てしたもので、もし不具合があったら申し訳ない。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/10(土) 21:16:15.07 ID:dVfo4c3q0
真美「うあうあー! 聞いてよ、やよいっち! お姫ちんも!」

やよい「どうしたの?」

貴音「何かあったのですか?」

真美「亜美がね、真美の分のおやつ食べちゃったんだよ! 今日はフンパツしてゴージャスセレブプリンだったのに!」

やよい「ええっ!? じゃあ亜美ってば、プリンふたつも食べちゃったの!?」

真美「そうだよ、ひどいっしょ? だから今、絶賛ケンカ中なんだ」

貴音「しかし、亜美は本当に真美の分だとわかって食べたのでしょうか? 何か理由でも……」

真美「わかってるに決まってるっしょー! 事務所じゃなくて家の冷蔵庫に入ってたんだよ? しかもちゃんと真美って名前書いてたのに!」

やよい「うーん……それは亜美が悪いかも」





[ 2018/11/10 22:25 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス】探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~

1 : ◆U2JymQTKKg 2018/10/20(土)22:49:29 ID:qcp
TB第3弾「劇場ミステリ」が明後日からなので、投票期間中に書いた応援ドラマをば。

つむつむは出ないけど、百合子とまつり姫は出ます。

2 : ◆U2JymQTKKg 2018/10/20(土)22:51:14 ID:qcp
「到着致しました、七尾様」

 空想の大海原で船を漕ぐ私の耳を落ち着いた声が撫でる。

「……七尾様」

 今度は少し強い声。目の前に広がっていた青い空が徐々に暗い車内へと変化していく。

「到着致しました」

 3度目の声で目の前から海が消える。ぼやけた視界のまま声のした方に顔を向けると開いたドアの向こうからこちらを覗く顔があった。

くしゃっとした髪の毛に端正な顔立ち、真っ黒のスーツの胸元からはパリッとしたノリの利いたシャツを覗かせている真壁さんと目が合ったところで私はようやく今の状況を理解した。

慌てて通学カバンを手に取り、スカートの皴を伸ばすことなく車から降りようとすると、スッと目の前に手が伸びてくる。




ハッピ~・フェスタ・シンフォニア【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490619076/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:51:16.62 ID:MNdZdduJ0
このスレは

凹んだ時、アイドル達が慰めてくれる。 【ミリマス】

の三次創作です。(作者さんに許可は取りました)

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:51:58.16 ID:MNdZdduJ0
あら~ どうされました~? そんなに辛そうな顔をして

わたしのプロデューサーならもっと胸を張ってもらわないと困りますね~

……

最近何故か寝付けない、ですか……




ページランキング