このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

【けいおん!】唯「10Q!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567432968/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/02(月) 23:02:48.82 ID:LMICOMwio
唯「あずにゃん、10Qで勝負しよ!」

梓「何ですかそれ?」

唯「お題を一つ決めて、十個の質問でそれが何か当てるの。ただし答える側は一回だけ嘘をついてもいいっていうルールだよ」

梓「クイズなのに嘘ついても良いんですか?」

唯「知恵比べだからね」




[ 2019/09/03 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)

梓「ツルレイシ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481472214/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 01:04:03.92 ID:VTn7jCkN0

律「……なんで部室に山盛りのゴーヤがあるんだ?」

唯「ゴーヤじゃないよ、ゴーヤーだよ」

澪「わたしたちもわからないんだ。入ってきたら、大量のゴーヤがあって」

唯「ゴーヤじゃないよ、ゴーヤーだよ~?」

律「ムギも梓も知らないんだよな?」

紬「えぇ、わたしたちは澪ちゃんたちの後に来たから」

律「となると、一体誰がこのゴーヤを……?」

唯「ゴーヤじゃないよ、ゴーヤーだよぉーーー!!」

梓「ツルレイシ」




律「ムーギっ、ほっぺにごはん粒ついてるぞー」ヒョイパク

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480070453/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/25(金) 19:40:53.44 ID:woIniB1I0
紬「きゃっ!り、りっちゃん///」

律「ん?どうかした?」

紬「い、今……」

律「ああ。ごはん粒ついてたから」

律「ムギも意外とだらしないとこあるよなあ〜」

紬「そうかしら?えへへ……」

律「褒めてませんよ〜琴吹さん」




梓「おとまり!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478784143/

1 :けいおんSS 2016/11/10(木) 22:22:23.89 ID:E325IWUR0
ピンポーン、とチャイムの音が響き、指が離れるよりも早くに扉が開いた。
うわっはやっ!
えへ、待ちきれなくてさぁ。
扉の隙間から顔を出した唯先輩は、眉尻を下げながらそう言った。

梓「おおげさですね。別の人だったらどうするつもりだったんです?」

唯「わかるよぉ、あずにゃんのことなら」

梓「はいはい」




[ 2016/11/11 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)

唯「かちゅーしゃ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475929394/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 21:23:14.80 ID:+tN38eao0
唯「あずにゃんあずにゃん!」

梓「どうしましたか唯先輩?」

唯「これ見てっ!」カチャッ

梓「律先輩のカチューシャですね」

唯「机の上に置きっぱなしになってたんだよ」

梓「律先輩、カチューシャ外してどこ行っちゃったんでしょうか?」キョロキョロ




澪「シンクロナイズドドリーミング」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473404022/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 15:53:42.63 ID:ROM1DOs8o


 「ようこそ澪ちゃん、恋の願いを叶える夢の世界へ!」






[ 2016/09/10 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)

梓「嵐の夜に」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471701081/

1 :けいおんSS 2016/08/20(土) 22:51:22.08 ID:Ljuzcmhc0
こんなときに、こんなところで、こんなひとに会うなんて、思ってもみなかった。

ずいぶん、重そうだな。

バス停のベンチに腰掛けたわたしの、手前に抱えられた黒いリュックを見て律先輩は言った。
厚い雲に覆われてほの暗い真昼の空とは無関係な、いつもと変わりない気の抜けた調子だった。
わたしは黙ったまま、リュックをぎゅっと抱きしめていた。





[ 2016/08/21 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)

唯「天使再来襲」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460900582/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 22:43:03.19 ID:skFt6CMPo
けいおんのSSです

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/17(日) 22:44:18.60 ID:skFt6CMPo


バリケードに最後の思い出をむりやり押し込むと、やるべきことはなにもなくなってしまった。
通学カバン、机が4つに椅子が6つ、オルガン、ソファー、譜面台、動物の着ぐるみ、さわちゃんが集めてきた服たち、ホワイトボード、食器棚、ティーカップ。
引っ越しの時みたいに部屋は空っぽで、ほこりやちりが舞っていた。夕暮れできらめく。
残ってるのは、ドラムス、ベース、ギターがふたつに、キーボード。
でも今はちょっと演奏するような気分じゃない。
りっちゃんが、部屋の真ん中にぺたりと座り込んで言った。

「だけどなんで気づけなかったんだ?」

誰もなにも答えなかった。
みんなが疲れていた。
ムギちゃんは落ち着かなそうにあたりを歩き回り、わたしはバリケードの横に立って、てっぺんから何かがすべり落ちるたびそれを拾ってまた一番上にのせていた。澪ちゃんは西側の窓の下に座り込み目をつぶっていた。
プールの底に背中をくっつけてゆがんだ空を眺めているときみたいに、時間の流れが遅く感じられた。
鳥の声やサイレンの響きやソフトボール部のかけ声が遠く聞こえる。
塩素まみれの生ぬるい水がオレンジ色に揺れている。
やがて天使がやってきて、扉をノックした。
こん。こん。こぉぉん。
みんな動かなかった。
音が鳴るたびにちょっと震えて、緊張。
だるまさんがころんだで鬼がふりむく瞬間の感じ。そうじゃなかったら、ノックの音が金槌でくぎを打つ音でそれが少しずつわたしたちの身体に刺さって動けなくなるみたいな。
こん。こん。こぉぉん。
こん。こん。こぉぉん……。
しばらくすると音がやんだ。
ばさばさばさっ、って鳥が羽ばたき立つみたいな音。
扉が揺れた。
その隙間から一枚の天使の羽が落ちてきた。
箒の柄みたいに長い軸に、白くてふわふわした綿うさぎの毛が生えている。
大きな羽だった。
いつのまにか音は聞こえなくなっていた。
天使はどこかへ行ってしまったようだった。




梓「目薬さし系女子にムラムラっ! です」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452085383/

1 : ◆DtyewqsIqtbm 2016/01/06(水) 22:03:03.40 ID:BRXOdj5L0
けいおん! SSですよ。

それではレッツゴーです。

2 : ◆DtyewqsIqtbm 2016/01/06(水) 22:04:03.97 ID:BRXOdj5L0
ども、中野梓こと百合にゃんです。

今日も部活!

相変わらずみんなでティータイムです。

練習はしたいですが、こういう時間もやっぱり好きなのです。




紬「りっちゃんりっちゃんりっちゃん!」律「こらこらムギ、引っ張るなって」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433608639/

1 :けいおんSS 2015/06/07(日) 01:37:29.57 ID:DNffAL210
紬「ねぇねぇりっちゃん!わたし行ってみたいところがあるの!」フンス!

律「おっ、どこに行きたいんだ?ゲーセン?カラオケ?ボーリングもいいなーみんなも誘う?」

紬「ううん、わたしね…りっちゃんとふたりで行ってみたいの」

律「そっか。いいぜー。お金がそんなにかかんないとこなら」

紬「お金なら大丈夫!わたしが出すから!」

律「いいっていいって。半分づつにしようぜ。それでどこに行きたいんだ?」

紬「どんなところでも付き合ってくれる?」

律「ああ、もちろんだ」

紬「えっとね………引かない?」

律「う、うん………引かない(たぶん)」

紬「その……りっちゃんわたしね…………」







紬「ラブホテルに行ってみたいの!」

律「却下」

紬「えぇ~……」





ページランキング