ヘッドライン

【モバマス】千鶴と泰葉のひみつ会議

1 : ◆cgcCmk1QIM 20/07/18(土)23:38:26 ID:rOM
【某月某日・某芸能事務所地下倉庫】

松尾千鶴「し、失礼しまーす(ドアガチャー)」

千鶴「……誰もいない」

千鶴「おかしいな。この手紙には確かに、大事な話があるからこの時間に待ってるって」

千鶴「というかこの手紙、差出人の名前が書いてないけど一体誰が私を……ハッ!?」

千鶴「よく考えると差出人も解らない手紙でノコノコ来ちゃった私ってかなり迂闊なのでは!?」

千鶴「わあん、なんだか今更怖くなってきた! でももしちゃんとした用事だったらすっぽかすのも悪いしどうしよう! 不安!」

???「ふふふ、予想以上の本音垂れ流しっぷりだね、松尾さん」

千鶴「ハッ、誰!?」




モバP「やられたらやり返す、倍返しだっ!!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379941125/

1 : ◆X/BB.UX1sY 2013/09/23(月) 21:58:46.04 ID:EZi2/NOp0
P「何だよこの事務所……年中無休、給料月十万……俺を殺す気か」

P「俺が働いている間、社長は毎日のように酒盛りや風俗に行っている氏ね」

P「事務員はひたすらスタドリとか言うクスリを勧めるし」

P「唯一の心の安らぎ(予定だった)アイドルは完全に俺のことをナメきっている」


P「そんな時、俺は半沢さんと出会ったんだ……!」








【デレマス】日菜子「高まれ☆妄想力!むふむふシチュエーション!フリスク・GBNS回」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590162649/

1 : ◆lrSDAkq2tQ 2020/05/23(土) 00:50:49.11 ID:UMknfGCF0
喜多日菜子「第二回!喜多日菜子プレゼンツ!高まれ☆妄想力!むふむふシチュエーション!」

日菜子「今回のゲストは、フリルドスクエア、GIRLS BE NEXT STEPの8名という豪華メンバーでお送りします~」

工藤忍・桃井あずき・綾瀬穂乃香・喜多見柚「よろしくお願いします!」

白菊ほたる・関裕美・岡崎泰葉・松尾千鶴「よろしくお願いします!」ナンデコンナキカクニ...

日菜子「皆さんには、いろいろなむふふ♪をお芝居で存分に表現してもらいますよ~」

フリスク「は~い」

GBNS「は~い」ナンデソンナコト...

日菜子「アイドルに必要なのは、妄想力です。高めていきましょう!」

フリスク「わーわー」

GBNS「わーわー」エエエ...

柚  「二回目までお呼ばれするとは、この柚の目をもってしても読めなかった」

日菜子「今回もよろしくお願いしますね、柚ちゃん」

柚  「まさかの連続出演・・・さては柚のことが好きか、日菜子チャン?」

日菜子「オレの好きなヤツは・・・オマエ」

柚  「ふぐっ!前回の大好評シーン!」

裕美 「ほ、本当にこういうこと言わなきゃいけないの?」

日菜子「それは、それぞれのシチュエーション次第ですねぇ。むふふで、キャッ♪なセリフ、期待してますよ~」





【モバマス】昨日と明日をつなぐ旅【松尾千鶴/岡崎泰葉】

1 : ◆cgcCmk1QIM 20/05/11(月)17:33:31 ID:UIc
○プロローグ・二月末日/松尾千鶴は夢を見る

『千鶴。おい、聞いているのか千鶴』

 忘れられない夢ってありますか。

 繰り返し見る夢ってありますか。

 将来の希望とか幼いころの目標とかじゃなくて、夜見る夢の話です。

 朝目覚めたら途端に不確かになって消えちゃう普通の夢じゃなく、見ればすぐにあの夢だと解るような。

 起きた後も印象深く覚えていて、ちくちくと古い思い出を刺激するような夢が、皆さんにもありますか?

 私には、そういう夢があるのです。

『千鶴、おい、聞いているのか千鶴』

 幕開けはいつも、私の背中に飛んでくるそんな言葉。

 そう、それはあのころの夢。

 まだ私が、松尾千鶴が福岡でアイドルをしていたころの夢。

 場面はいつも決まってライブバトルの前。

 これから福岡担当のエリアボスとして東京の事務所のアイドルたちと対戦する、その直前。

 あれは私にとって思い出深いライブバトルでしたから、繰り返しあの日を夢に見るのも、仕方がないことかも知れません。

 ――思い返すに、私はたぶん歴代で一番態度の悪いエリアボスだったでしょう。

『私と対決したいの? まあいいけど』

 態度からしてやる気なし。

『ふぅん。楽しかったの? それなら、良かったですね。さよなら』

『はい、おめでとうございます。それの何が不満なの?』

 なんて、冷たい態度で相手の勝利を茶化したりなんかして。




岡崎泰葉「その服素敵ですね」千川ちひろ「心さんの手作りなんですよ」


20 :名無しさん@おーぷん 20/03/29(日)23:30:50 ID:L8J
事務所

泰葉「お疲れ様です」

ちひろ「あ、お疲れ様です。泰葉ちゃん」

泰葉「お疲れ様です、ちひろさん」

泰葉「ちひろさんももうあがりですか?」

ちひろ「はい♪」

泰葉「じゃあまた今度にします」

ちひろ「私に何か用事でしたか?」

泰葉「大したことじゃないので、また明日で大丈夫ですよ」

ちひろ「大したことじゃないならなおさら今でも大丈夫ですよ」

泰葉「……じゃあ申し訳ないですけど、来週のスケジュール貰ってもいいですか?」

ちひろ「はい。それくらいならすぐに」

ちひろ「パソコンつけるから少しだけ待っていてくださいね」

泰葉「ありがとうございます」




白菊ほたる「ずびねす、春の背伸び祭り」

1 : ◆cgcCmk1QIM 20/02/19(水)22:16:42 ID:9bM
○都内某所・事務所近くのカフェ

関裕美「はあ、おねえさんぽくなりたいなあ」

松尾千鶴「どうしたの、突然」

白菊ほたる「もう既に裕美ちゃんの姉力はかなりのものだと思うんですが」

岡崎泰葉「姉力って何」

ほたる「そう、あれは私が冷たい雨の中に駆け出してさまよっていたあの日……」

千鶴「あっこれ長くなる奴だ」

泰葉「ほたるちゃんは裕美ちゃん大好きだもんね」

ほたる「もちろんみんな大好きですけどね」

裕美「真剣なんだよ、もう」

千鶴「解ってる。裕美ちゃんはいつでも真面目だもんね」

泰葉「そしてちょくちょく真面目故に暴走する」

ほたる「乃々ちゃんと私と裕美ちゃん。3人でくすぐりあいをしたのは良い思い出です」

裕美「それ以上混ぜっ返すと『きっ』てしちゃうからね?」

千鶴「ごめんなさい」

ほたる「ごめんなさい」

泰葉「ごめんなさい……それで、どうしておねえさんぽくなりたいの」




モバP「だりやすかれんの笑顔」


1 : ◆5F5enKB7wjS6 20/02/06(木)01:31:19 ID:flK


―――泰葉のお部屋、就寝前


泰葉「…………。ぅにー」ムニ

泰葉「……んー。にー、ふにー」ムニ、ムニ…

泰葉「うーーー」ウニョーン


加蓮「…………」ホカホカ


泰葉「えへー。にひー。うふふー」ヘラッ ニパッ ニコー

加蓮「…………」

泰葉「…………えっ」クルッ

加蓮「あ、お構いなく。鏡に向かってどうぞ続けて?」

泰葉「かっ加蓮!? も、もうお風呂上がったの!? なら声かけて!」

加蓮「あははは♪ なにしてんの泰葉~♪」ケラケラ

泰葉「も、も~っ!」




白菊ほたる「えっ、今年は私も『鬼は外』ってしていいんですか」

1 : ◆cgcCmk1QIM 20/02/03(月)18:43:16 ID:fzw
○2月3日夕刻/女子寮・泰葉ルーム

岡崎泰葉(読書中)「ふむふむ……わあ(ぱらぱら)」

泰葉「えっ、こうなっちゃうの。意外というかなんというか……」

関裕美「大変、大変だよ泰葉ちゃん!(ドアバターン)」

泰葉「わっ、どうしたのいきなり。ノックぐらいしてよ(わたわた)」

裕美「あれっ、今クッションの下に隠した本……」

泰葉「そ、そういうのの詮索はやめておこうよ。というか何か大変だったんじゃないの」

裕美「あ、そうだった! どうしよう、泰葉ちゃん。どうしよう」

泰葉「落ち着いて。ちゃんと話してくれなきゃ助言もできないよ」

裕美「そ、そうだよね。うん、落ち着く……あ、あのね」

泰葉「うん」

裕美「ほたるちゃんが、ほたるちゃんが消えちゃったの!」

泰葉「失踪!? 早くPさんに連絡しないと」




岡崎泰葉「ハッピーバースデー、ほたるちゃん」

1 : ◆cgcCmk1QIM 19/12/04(水)21:19:34 ID:sPQ
【2019年12月中旬・岡崎泰葉私室】


白菊ほたる「お、お邪魔します」

岡崎泰葉「いらっしゃい。突然呼んじゃって悪かったね」

ほたる「ううん、そんなこと」

泰葉「アニバ見てたよ。凄く良かった」

ほたる「えへへ」

泰葉「かわいいなあもう」

ほたる「あの、それで今日は……?」

泰葉「うん、実はほたるちゃんに個人的にプレゼントしたいものがあって」

ほたる「プレゼント?」

泰葉「じゃーん、これです」

ほたる「これは……ケーキ!」

泰葉「その通り! 無理言って三村さんに作ってもらいました!」

ほたる「しかもロウソクが立ててあります!?」

泰葉「exactly!」




ページランキング