ヘッドライン

岡崎泰葉「ヴォカリーズ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507899770/

1 : ◆cgcCmk1QIM 2017/10/13(金) 22:02:51.20 ID:lLkXhtGF0


その夜、15歳の岡崎泰葉が望む事ははっきりしていた。

とにかく一刻も早くこの芸能関係者でごった返したパーティー会場を抜け出して、人目につかない暗い場所に行きたかったのだ。

そうしないと、感情を爆発させてしまいそうだったから。


『相変わらず可愛いね。あのころとちっとも変わらないな』


きっかけは、数年前お世話になったことのある大物監督さんのそんな言葉。

一瞬、息が詰まったような心地がした。

それはちっとも褒め言葉なんかじゃない。

それは『成長してない』という意味だった。




白菊ほたる「幸せ禁止……ですか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505313578/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 23:39:38.84 ID:d225mHbvO
ほたる「~♪」ニコニコ


モバP(以下P)「お、どうしたほたる、今日は随分上機嫌だな」

ほたる「あ、プロデューサーさん、実はですね、今日でもう一ヶ月は植木鉢が落ちてないことに気づいたんです」

P「お、おう……」

ほたる「考えてみれば、最近は機材が壊れることも少なくなったし、急に仕事が無くなるのも3件に1件まで減りましたし、この前はロケだったのに晴れていましたし……」

ほたる「ここ最近幸運続きで…これも、プロデューサーさんのおかげかなって……私、とっても幸せです」フフ

P「ほたる…………」

ほたる「レッスンができて、私にあった仕事がもらえて、ありがとうございます……プロデューサーさん」

P「………………………………………………………」

P「ほたる、これからは当たり前なことに幸せや幸運を感じるの、やめよう」

ほたる「え?」







岡崎泰葉「Pさん、バドミントンしましょう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505192603/

2 : ◆Pz6i.2U3qU 2017/09/12(火) 14:15:14.35 ID:2k9V6Smk0
P(以下P)「いいけど、なんでまた急に」

岡崎泰葉(以下泰葉)「私は一か月ほど前にも誘いました。その時Pさんはなんて言いましたか?」


P「……すまん。覚えていない」

泰葉「『暑いから無理、外に出たら状態異常でダメージ受ける』ってクーラーの効いた部屋にこもってましたよ」

泰葉「だからあの時は悠貴さんと外で汗かいてきました」

P「え?悠貴ちゃんと?うわー青春の汗見たかった」

泰葉「Pさん?」




[ 2017/09/12 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

モバP(召喚士)「うちの四大精霊はめんどくさかわいい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503732215/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/26(土) 16:23:35.54 ID:G7GIN/hr0
アイドルマスターシンデレラガールズです。
ベースはダイスDEシンデレラですがパロディ多めです。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/26(土) 16:26:06.99 ID:G7GIN/hr0

――コケコッコー

P「……朝か」

P(俺は今、魔王城を目指して冒険している身だ)

――――すや……、

P(俺のジョブは完全に後衛向きだ。本来なら勇者や戦士などの前衛職、それにもう一人魔導士とかヒーラーとかが居てくれておかしくない)

――――くー……、

P(だというのに、もう冒険も中盤というのに、未だに俺のパーティの人間は俺ひとりだけだった)

――――むにゃ……、





北条加蓮「目を開けて、もう一歩」


1 : ◆5F5enKB7wjS6 2017/09/05(火)01:50:09 ID:tH9


―――バスの中


ブロロン ブロロン…


加蓮「…………」



『どのくらい混んでるか分かんないから、レッスン遅れそうになったらまた連絡するね』

やすは
『うん、分かった。気をつけてね』

『はーい』

りーな
『今日のトレーナーさん厳しいからあんまり遅れると地獄が……ぶるぶる』

『そのときはりーなを生贄に捧げよう』

やすは
『李衣菜……いい子でした』

りーな
『やめてよ(´・ω・`)』


加蓮「……ふふ」

加蓮(こうしてると緊張も和らぐ……なんて、なんでアタシこんなことで緊張とかしてるんだろ。もう……)


アナウンス「次は――大学医学部付属病院……――大学医学部付属病院……」


加蓮「あ……」

加蓮(……よし。ただの健康診断と、……ちょっとした気持ちの整理だもん。頑張れ、アタシっ)


ブロロン ブロロン…




乃々「心の声が聞こえるんですけど……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504313285/


2 : ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/02(土) 09:49:17.26 ID:pnTtT7GF0
モバP「よし、集まったか」

茄子「はい、集まりましたー♪」


聖「えっと……お仕事のお話ですか……?」


モバP「ああ」

モバP「次の仕事は茄子、聖、こずえの三人でやってもらう」

こずえ「こずえもー……?」


モバP「ああ。こずえもだ」

こずえ「おー……」

茄子「ふふ、よろしくお願いしますねー♪」

聖「よろしくお願いします……ふふ、楽しみ……」

モバP「で、仕事の内容なんだが」

聖「……あ、そうだった」

茄子「どんなお仕事なんですか?」

モバP「ああ。テレビの仕事でな」

聖「もしかして、歌の……?」

モバP「ああいや、普通のバラエティ番組だ」

聖「……そうですか」

こずえ「歌いたかったのー……?」

聖「……はい」




モバP「だりやすかれんと夏終わり」


1 : ◆5F5enKB7wjS6 2017/09/01(金)00:00:54 ID:1Bf


―――事務所


泰葉「…………」カキカキ…


加蓮「……はぁ……」クルクル…カシャン



泰葉「…………」ペラペラ…

加蓮「……むぅ」クルクルクル…カシャンッ

泰葉「…………」ペラ…

加蓮「うぅー……三角比分かんないー……」クルクルクルクル…カシャン、コロコロ…

泰葉「……ちょっと静かにして。ペン回しうるさい」

加蓮「静かにして問題解けるなら最初からやってるってば……分からないものは分からないの」

泰葉「もう……。そんなことじゃ終わらないよ、夏休みの課題」




モバP「理性のタガをぶっ壊す装置だってさ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503334352/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:52:32.74 ID:ETTqvqHo0
P「晶葉から預かってきた」

泰葉「あの」


P「お、どうした」

泰葉「それと私達に何の関係が…?」

泉「同意見。っていうか私はどちらかというと作る側じゃない…?」


P「作るか? そんないかれたもん」

泉「いや作らないけど…」

P「そういうこった。ここにいるのはウチの事務所から選び抜いた理性的メンバーだ」

千秋「結局は実験台ってことね? 頭が痛くなるわ…」ハァ





モバP「だりやすかれんと真夏日」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 2017/08/08(火)01:36:43 ID:vlU


―――エアコンのリモコンの電池が切れていた泰葉のお部屋


ジリジリ……


扇風機「ぶぅーん……」


泰葉「はぁ……」グデ…


加蓮「……あづい……」ダラン…



泰葉「…………」

加蓮「泰葉ぁ……」

泰葉「なに……?」

加蓮「……これ……ほんとに窓開いてんの……?」

泰葉「……全開……。風……全然吹いてない……」

加蓮「死ぬ……死んじゃう……」

泰葉「扇風機……熱風が……あぁ……」




岡崎泰葉「雲間に光る」


1 :◆5F5enKB7wjS6 2017/07/16(日)21:07:45 ID:6wo


―――屋上


泰葉「――あの辺り、星が十字の形に並んでるのが見える? こう……こんな感じで」


李衣菜「おー……なんとなく」


泰葉「あれがはくちょう座。1番輝いてるのがデネブっていう星なの」

李衣菜「あっ、あれ?」

泰葉「うん、そう。今日はなんだかよく見えるな……ふふっ」

李衣菜「そだね、東京の空でも結構見えるんだ……」

加蓮「むー、星座表分かんない……。ねぇ、これどう見るの? どれがひこぼしでどれがおりひめ?」





ページランキング