ヘッドライン

【モバマス】岡崎泰葉「あなたが示してくれたもの」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493429161/

1 : ◆TZIp3n.8lc 2017/04/29(土) 10:26:01.85 ID:++9plA0W0
モバマスのSSです
デレステの泰葉のメモリアルコミュ一話をもとにしています
地の文多めです


2 : ◆TZIp3n.8lc 2017/04/29(土) 10:27:10.42 ID:++9plA0Wo
「おはようございます。今日はよろしくお願いします」

 撮影スタジオに入ると、私は撮影スタッフのみなさんに挨拶してまわる。
 本当はひとりひとりに挨拶していきたいところだけど、準備に忙しくするスタッフさんたちの邪魔をするわけにはいかない。ひとかたまりになっているところに挨拶をしていった。

 一人、隅っこに立っている人がいた。あの人が見学希望のアイドル部門の人だろうか。
 スーツに着られているというほどでもないけれど、着こなしているわけでもない。
 まだ若そうだけど、まるっきりの新人というわけでもないようだった。
 ネクタイの結び方が甘いし、少し曲がっているのが気になる。忙しいのだろうか。

 アイドル部門はここのところのアイドルブームで、アイドルも裏方もほしがっていると聞く。
 見学というのも新人のそれではなく、現場を知ってより知識を得たいという欲求からきているのでは、というのが私の持った印象だった。
 私は足をそちらに向ける。近づいていくと、目が合った。物怖じしない目だ。
 まっすぐに私を見つめている。私は軽く会釈をしながら、側まで寄っていった。

「見学に来られたアイドル部門のプロデューサーさんですよね。よろしくお願いします」

 軽く挨拶をし、一言二言交わした。若いのに落ち着いているな、と思ったら、元々私くらいの年頃の娘を相手にしているのだ。慣れっこだろう。
 どうせまたモデル部門にアイドルをねじ込むための知識を得に来ているのだろう。
 仕事を取られる身としては面白くないが、求められた者が出番を与えられるのがこの世界だ。文句を言ったところで何かが変わるわけじゃない。
 私は私のできることをするだけだ。




[ 2017/04/29 14:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

岡崎泰葉「ふたりのひととき」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493152773/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/26(水) 05:39:34.18 ID:ljJVn8eK0

――事務所

泰葉「……」


泰葉「……」ペラ

泰葉「……」

泰葉「……」カキカキ

P「勉強か?」

泰葉「ひゃっ……Pさん、いたんですか」

P「『ひゃっ』だって」

泰葉「……からかいに来たんですか?」





[ 2017/04/26 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

モバP「だりやすかれんと春のかぜ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492950269/


1 : ◆5F5enKB7wjS6 2017/04/23(日) 21:24:29.25 ID:+qZoR7hxO


―――泰葉の部屋


泰葉「――けほっ、ごほっ」



ぴぴっ ぴぴっ ぴぴっ……


ちひろ「ん、熱測れました? ……37.1度、うん。大丈夫そうですね」


泰葉「こほっ……すみません、ちひろさん……。お見舞いどころか看病まで……」

ちひろ「いいんですよ。たまにはお姉さんさせてください♪」

泰葉「はい……ありがとうございます」




モバP「親愛度で見る岡崎泰葉」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492618100/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 01:08:20.99 ID:uD+T7RKY0

※このSSの読み方

岡崎泰葉の台詞を登場順に抜粋したものとなります

テキスト横に親愛度が表示されます
ハイライトゲージととっていただいても構いません

>>2と後半のレスを読み比べる、現在の泰葉に>>2を読み聞かせた時の反応を妄想するなどしてお楽しみください

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 01:17:35.64 ID:uD+T7RKY0
イノセントボイス



「子どもの頃からずっと芸能界で生きてきたんです。だから華やかなだけの世界じゃないって分かってる…でも私達ならやれますよね。プロデューサーも私を信じてくれますか?」 0

「大丈夫、一人で出来ますから」 0

「今更私がプロデューサーに教えて貰うことなんて…?」 0

「ステージには慣れてるから平気よ」 0

「早くアイドルって認められたいの」 0

「だって負けたくないんだもの…」 0

「私にしか出来ない事…考えたい」 0


「プロデューサー、その、私に興味を持ってほしいな…」 10





[ 2017/04/21 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマス】「隣の席の岡崎さん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492239850/

1 : ◆TZIp3n.8lc 2017/04/15(土) 16:04:10.37 ID:uIQ9BVJ30
モバマスのSSです
岡崎泰葉以外のアイドルは出ないです
地の文多めです。
苦手な方はご注意ください

2 : ◆TZIp3n.8lc 2017/04/15(土) 16:06:04.05 ID:uIQ9BVJ3o
 今年は春一番が吹かなかったらしい。
 そのせいか、バス停に降りたわたしたちを迎えてくれたのは、まだつぼみの残る桜並木だった。合格発表を見に来たときは、満開の並木道を想像したのだけど、まだ春は来ていないようだ。
 バスからはわたしたちと同じように、しわ一つない硬そうな制服を着た子と、スーツ姿のお母さんの親子がぞろぞろと出てくる。
 わたしは自分の格好を見る。他の子と同じような紺のブレザーの制服に、チェック柄のスカート。中学生の制服はセーラー服だったので、なんだかとても大人になったような気分。前々から練習していたから、赤色のネクタイもばっちり結べた。
 校門のところで在校生のお姉さんが受付をしていた。わたしが名前を言うと、一年三組です、と教えてもらった。眼鏡をかけたとても知的そうなお姉さんが、名簿にあるわたしの名前の横にマルをつける。
 そこでお母さんとは別になる。受付のお姉さんとは別のお姉さんが、わたしの胸に小さなバラの造花と『入学おめでとう』と書かれた紙をつけてくれた。
 それからそのお姉さんに連れられ、わたしは一年三組の教室へと入った。半分くらい席は埋まっている。黒板に書かれた座席表に従い、わたしは自分の机に座った。机の上には手書きでわたしの名前と入学おめでとう、と書かれた紙が置いてある。隅にはデフォルメされた猫が可愛らしい寝顔を見せていた。
 落ち着かない気持ちで待っていると、次々とわたしのクラスメイトになる人たちが教室に入ってきた。
 けれど、担任になる先生がやってくるまで埋まらなかった席があった。黒板に書かれた座席表を見ると、その席は岡崎という人のものらしい。
 結局、入学式が終わって、わたしたちが教室に戻ってホームルームが終わるまで、その席は空席のままだった。




[ 2017/04/16 08:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

泰葉「演劇部の応援?」みちる(フゴッ)

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492093266/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 23:23:31.27 ID:hzxjb7gu0
みちる「あ、泰葉さん!」


泰葉「みちるちゃん、お疲れさま」


みちる「泰葉さん、少しお時間ありますか?」

泰葉「レッスンも今終わったところで、今日はお仕事の予定も入ってないから」

みちる「よかったー」

泰葉「何か用事かな」

みちる「実は泰葉さんに折り入ってお願いがありまして……」

泰葉「みちるちゃんから改まって珍しいね」

みちる「実は、今度の休み、あたしと一緒にお出かけしてほしいんですよ」




モバP「だりやすかれんの4月バカ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491055893/

1 : ◆5F5enKB7wjS6 2017/04/01(土) 23:11:33.27 ID:pA3S6ExOO


―――事務所


がちゃり


加蓮「おはようございまーす。あったかいねー」



泰葉「あ、おはよう加蓮。もう4月だね」


加蓮「おはよ泰葉。……泰葉、だいっきらい!」

泰葉「え? …………あぁ、うん。私も大嫌い」クスッ

加蓮「うんっ。ふふ、ありがと♪」

泰葉「ふふふ。わざわざそんなウソつかなくても……♪」




李衣菜「専用マイク」泰葉「ブローチ」加蓮「内緒」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490533661/


1 : ◆5F5enKB7wjS6 2017/03/26(日) 22:07:41.38 ID:HpfpNLfwO


―――事務所


李衣菜「ん?」


泰葉「え?」


加蓮「……なに?」



李衣菜「加蓮、ホワイトデーになに貰ったって?」

加蓮「内緒」

李衣菜「……私マイク貰ったんだ。そのあと一緒にライブハウスに行って何曲か歌わせてもらったんだよ、えへへ」

泰葉「ふふ、良かったね。私も頂いたブローチ、早速着けてもらって……オープンカフェでずっとお話してたの。楽しかった……♪」


「「……で?」」

加蓮「だから内緒だってば」

「「はい?」」


がちゃり


ちひろ「お疲れさまでーす♪ って」



李衣菜「…………」ジトッ

泰葉「…………」ジー…

加蓮「…………」ツーン


ちひろ(ええーっ!?)




【モバマスSS】3/21

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490036494/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/21(火) 04:01:34.87 ID:PvoWK/bso
松尾千鶴お誕生日おめでとうSS

GBNSとほんのりちづしん

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/21(火) 04:02:32.61 ID:PvoWK/bso
3/20 事務所――


千鶴「……」ソワソワ


P「……」

P「なあ、なんか千鶴がそわそわしてるんだけど…」ヒソヒソ

泰葉「本当だ…。すごくわかりやすくそわそわしてますね…」ヒソヒソ


P「やっぱアレなのか? 明日の…」

泰葉「でしょうね…」




モバP「だりやすかれんと前川さん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487766061/


1 : ◆5F5enKB7wjS6 2017/02/22(水) 21:21:01.31 ID:Y+DdpRp1O


―――真夜中の泰葉のお部屋


李衣菜「――あ、日付変わった。ちょっと電話していい?」



泰葉「ん、どうぞ。誰に?」


李衣菜「友達。誕生日なんだ……んーと」

加蓮「……友達? ふーん、誕生日……日付変わってすぐお祝い? そんな大事な友達ぃ……?」



李衣菜「――もしもしみくちゃん? うん、約束してたし。誕生日おめでと。……へへ、私が一番だった? そっか」


加蓮「……みく。前川みく。ふーん、あの猫耳アイドルか……」ムスッ…

泰葉(あ、嫉妬モード)




ページランキング