ヘッドライン

李衣菜「加蓮の誕生日どうしよう」泰葉「どうしよっか」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/09/05(日)00:06:38 ID:Bwee


―――事務所


李衣菜「うーん……」

泰葉「うぅーん……」


加蓮「ふっふっふ……悩むがよい悩むがよい、少女たちよ」

李衣菜「うぬー……」

泰葉「ふぬーん……」

加蓮「私のためにたくさん悩んで最高のプレゼントを用意するがよい♪」

李衣菜「うぬーん……!」

泰葉「ふぬぬーん……!」

加蓮「……首捻りすぎてネジ切れそうだけど大丈夫?」




加蓮「まんまる頭の」李衣菜「涼しげな声!」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/07/16(金)00:06:28 ID:wAYV


―――事務所


ちりん……

  ちりんちりん……


P「……良い音色だな」

泰葉「ですね……。風鈴なんて、今年も素敵な誕生日プレゼントをもらいました」

P「色もいいよな。濃紺色なのかな、これは」

泰葉「ふふ、夜空みたいで綺麗ですよね」

P「うん。まさしく泰葉の色だ」

泰葉「えへへ。私のことを考えてくれてると思うと嬉しくなっちゃいますね♪」

P「2人のことだから『形もまるいし!』とか考えてそうだけど」

泰葉「あっ。……そう思ったらそうとしか思えなくなっちゃうじゃないですか、もうっ」

P「あはは、ごめんごめん」




裕美「私は」ほたる「ドジで」泰葉「強い」千鶴「つもり」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1626435929/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/07/16(金) 20:45:30.08 ID:nx2gSyyDO
裕美「さてと……準備はできたかな?」

ほたる「な、なんとか小麦粉の袋と玉子は割らずに持って来れました……」

千鶴(大丈夫かな……砂糖と塩を間違えたりとか」

ほたる「はぅ……」

千鶴「はっ、また私……口に出して……」

裕美「もう!二人共!今はそんは場合じゃないよ」

裕美「今からやることはわかってるよね?」

ほたる「えっと、明日の泰葉さんの誕生日に合わせて」

千鶴「みんなでメロンパンを作ること……だよね」

裕美「うん。さ、始めようか」



千鶴(でも大丈夫かな……今日に限ってみちるさんもかな子さん達もいないから、誰からも教わらずに作らないといけないし……」

千鶴「あ……え、えと……」

千鶴「また……声に出ていた?」

裕美「あは……あははは……」

ほたる「ふぇ……えと……」




加蓮「ブライダル李衣菜イイよね……」泰葉「イイ……」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/06/30(水)00:38:25 ID:OdZz


―――事務所


加蓮「見てよこのグラビア……最高だよ……」

泰葉「花嫁が花婿を攫いに来るなんて……ロックすぎるよ……」

加蓮「このキャッチフレーズなんてもう……!」

泰葉「『私と生きてよ』……!」


「「言われた~~~~~いっ!」」キャーッ


ちひろ(もう3日くらい同じこと言ってますねぇ)カタカタ




【モバマス】フレデリカ「台本を」泰葉「ぶっとばせ!」りあむ「!?」

1 : ◆cgcCmk1QIM 21/06/28(月)17:57:50 ID:r0Oh
スタッフ「では、お2人の控え室はこちらになります」

宮本フレデリカ「ワオ! 結構ひろーい!!」

岡崎泰葉「本当。これ、普段大御所さんが入る部屋じゃないですか?」

スタッフ「こちらの手違いで、かなりお待たせすることになってしまいますし、せめてものお詫びということで、ひとつ」

泰葉「夢見さんは別コーナーの撮影で1時間後の到着でしたっけ」

フレデリカ「シンウチは遅れて来るって奴だね!」

泰葉「言葉としては解るんですが、それ真打ちで合ってましたっけ」

フレデリカ「ううん、知らない!」

泰葉「そうだろうと思いました」




モバP「だりやすかれんの欲張りバレンタイン」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/02/14(日)18:43:20 ID:yki


―――事務所


李衣菜「毎年恒例! Pさんへのバレンタインプレゼント会議~!」

泰葉「いえーい!」

加蓮「どんどんぱふぱふー!」


李衣菜「今年もやってきちゃったね」

泰葉「早く決めないと間に合わないよ」

加蓮「でもさ、こう何年もプレゼント続けてるとだんだんハードル上がってくよね」

泰葉「確かに。マンネリ化は避けたいね」

李衣菜「もう普通のチョコなんかじゃPさんも喜ばないかも……」

加蓮「ってことで、ここらでどかんと大きなプレゼントしない?」

李衣菜「例えば?」

加蓮「お家とか!」

李衣菜「おお~!」

泰葉「じゃあまずは土地から買わなきゃ!」


P「……3人から貰えるならチロルチョコでも嬉しいとちゃんと伝えた方がいいですかね」

ちひろ「いえ、面白いのでしばらく泳がせましょう!」




【モバマス】岡崎泰葉「チョコレート・ジャーニー」

1 : ◆cgcCmk1QIM 21/02/12(金)18:33:25 ID:7rN
○2月13日(土)15時過ぎ/関東某所・ド田舎無人駅前

ほたる(ポカーン)

裕美(ポカーン)

千鶴(ポカーン)

黒塗りの高級外車(ドドーン)

運転手「松尾千鶴様、関裕美様、白菊ほたる様。お迎えにあがりました(深々)」

泰葉「どうしたのみんな、早く乗りなよ」

千鶴「いやいや。いやいやいやいや」

裕美「どうしたの、このお車」

泰葉「電話できるとこまで歩いてね。幸いお財布にカード入れてたからコンシェルジュさんにいろいろ手配してもらった」

ほたる「こんしぇるじゅ?」

泰葉「いやあ、年会費払っといてよかったなあ……このあと飛行機と向こうの宿も決めてあるから。早く早くカモンカモン」

千鶴「いや、早く早くったって」

ほたる「どうしよう、泰葉ちゃんが凄いテンションです」

裕美「うーん」




モバP「うわっ、またやっちまったぁ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471159807/

1 : ◆tO1d2pMtBGwv 2016/08/14(日) 16:30:07.49 ID:9C7Py7NUo
『そのままの私を認めてスカウトしてくれた○○さんがいたから…貴方の期待、偽らない今の姿で…応えてみせるわ』
―――[黒真珠の輝き]黒川千秋+




泰葉「李衣菜、ギター上手になったね」加蓮「そう?」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:09:58 ID:OHY


―――事務所


李衣菜「~~~♪」ジャラランジャラジャラコ


泰葉「あれ、加蓮はそう思わない?」

加蓮「うん、全然。『リーナロックってジャンルを作る!』って言うなら、もっともっと頑張んなきゃ」

泰葉「ふふっ、厳しいね。こんなに練習しててもまだ足りないんだ」

加蓮「単に練習するだけじゃね~。こう……なんて言うの、自分だけの……何か! みたいなのがないとねっ」フンス

泰葉「うーん、まったく具体性がないけど……」




ページランキング