ヘッドライン

善子「はじめてのおつかいinローマ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2019/06/24(月) 00:24:43 ID:JWPX2Ou.
善子・鞠莉・千歌「やってきましたローマ!」

千歌「……って、鞠莉ちゃん!私たちをここに連れてきてどうしたの?」

鞠莉「まあまあ!今から善子にはあるゲームをしてもらいます!」

善子「ゲーム……?」

鞠莉「そう!早速ルール説明するわね!まず、善子には1人でローマ市内で3つのミッションに挑戦してもらいます」

善子「1人で!?」

鞠莉「そう!その様子を私と千歌っちで車の中から見守ってるから!」

千歌「私も鞠莉ちゃんと一緒に見守る側なんだね!」

鞠莉「まあ、ミッションはカード渡すから、そこに書いてある観光地に行くっていうのがメインかな~?あと、自分のスマホを使ったり、日本人に助けてもらったり、タクシーで移動するのは禁止ね!」

善子「自分の英語力だけで目的地に辿り着けってことね……」

鞠莉「念のため一応このガラケーを渡しておくわね!ミッション中にどうしても行き詰ったら1回だけ私たちに電話していいわよ!」

善子「1回しか使えないのね……」

鞠莉「使いどころは考えないとね!」




理亞「姉さまが玄関で話している……

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2019/06/14(金) 00:10:10 ID:tsphqrNQ
聖良「~、~~。」

??「~~~。」

理亞「もうすぐ1時間経つけど、一向にやめる気配がない」

理亞「どうせならうちに上げればいいのに……誰と話してるんだ」

理亞「………見に行ったらおこられるかな」




善子「夢なんて見てないわよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508500997/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/20(金) 21:03:17.49 ID:3o1UpbjL0
初SSです。古典落語「天狗裁き」をアクアメンバーで改作してみました。それではどうぞ




鞠莉「休日終わりそうじゃない???」曜「ヤバイ」善子「ヤバイわね」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560384181/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/13(木) 09:03:02.00 ID:QVdDogXOO
【鞠莉部屋】


鞠莉「こんだけ休みあったらもう何でも出来そうじゃない!?」

鞠莉「と言い続けて早くも数十時間」

曜「驚くほど無駄に過ごしたね、ほぼ丸二日間くらい淡島ホテルでゲームしてたし」

善子「二人があと一回!あと一回やったら外遊びに行くって言い続けたからでしょ!」

曜「そんなこといったら善子ちゃんの無駄な宵っ張りのせいもあるでしょ!毎日五時寝十二時起きだよ!!」

善子「な……それでも午後遊びに行けばよかったじゃない」

曜「午後に起きると体がだるいんだよ!!」

善子「完全に自分の匙加減じゃない!!」

鞠莉「ストーーーーーップ!!こんな不毛な争いしてないで、今からでも有意義な過ごし方を考えるべきだわ」




善子「・・・」ボー

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559064245/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/29(水) 02:24:06.11 ID:IXsGxF4V0
曜「・・・」ボー

善子「・・・」ダラダラ

鞠莉「・・・」シャンシャン

善子「・・・ねえ」

鞠莉「ん」

善子「私たちって暇人なの?」





鞠莉「マリーの、ちょっと不思議な目撃談...///」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1557787543/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/14(火) 07:45:43.73 ID:E+mLSltK0
善子「ママぁ...////」モジモジ

鞠莉「チャオ☆」

善子「・・・・へっ!?な、なんで鞠莉ちゃんがここに!?」

善子ママ「遊びに来てくれたんですって」

鞠莉「それよりヨハネ・・・なんでオムツしてるの?」

善子「!?み、みないで...///」




梨子「Aqoursがお送りするラジオ」ルビィ「スクールアイドル」鞠莉「放送局デース」

鞠莉「野球拳……ねえ」曜「(来た!)」チラッ 善子「……」コクッ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1548726237/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/29(火) 10:43:57.89 ID:QgzOA+HvO
【曜宅・午後11時】


鞠莉「面白そうね、やってみましょうよ!」

善子「確かにそうね、することもないし」

曜「そうだねー……」

鞠莉「どう?曜、そのマンガ読み終わってからにする?」

曜「あー……うん、ゴメンちょっと待ってね」

善子「私も、もうすぐでこの巻終わるから」

鞠莉「オッケー!分かったわ!」

曜「…………」




曜「……善子ちゃん、ちょっと」

善子「……ええ」




果南「約束の貝殻」【ラブライブ!サンシャイン!!】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464949942/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 19:32:22.94 ID:5MCYTnF6o
果南「そうだなぁ……。

初めは、変な人だなぁって印象だった。

こんな小さな町のことだから、私たちは自分の周りの同世代の人たちには大体皆面識があるんだ。それは親しげな反面、どこか新鮮味にかけるところもあって───

だからこの浦の星女学院に転校生が来る、しかも外国人とのハーフ!って言う情報は、私たちに特大の衝撃を与えたわけで。千歌なんてもう大興奮で、

「転校生さんが来たら誰よりも早く一番美味しいみかんを持っていかなきゃ! ああでも、相手はぐろーばるな人なんだからこんなちゃちなもの要らないって断られちゃうかも……! だったらこうしてみかんにリボンとか巻いてデコレーションして……」

とか何とか、もう落ち着かせるのは不可能だったね。でも千歌だけが特別だったわけじゃなくて、(千歌はちょっと気持ちの表現がオーバーだけどね……)周りも皆浮足立ったような雰囲気に包まれてたのを覚えてるな。私もちょっとウキウキしてたと思う。




ページランキング