ヘッドライン

フレデリカ「ありすちゃーん!」ありす「なんですかフレデリカお姉ちゃん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506209095/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/09/24(日) 08:24:56.23 ID:/LO9fMVM0
【モバマスSS】です


――――プロダクション、事務室

フレデリカ「いやー用ってほど、じゃ…………え?」

ありす「だったらくっつかないで下さい。タブレットが見づらいです」

フレデリカ「え、や、その……ありすちゃん?」ユサユサ

ありす「揺らさないで下さい。もう、なんですかフレデリカお姉ちゃん」

フレデリカ「え、えと……あ……う……」カァァ///

ありす「……どうしていきなり照れているんですか」

フレデリカ「だ、だってそんな、ありすちゃんが不意打ちでそんな……フレちゃん困っちゃう……///」

ありす「いつにもまして意味が分からないんですが……大丈夫ですかフレデリカお姉ちゃん」クビカシゲ

フレデリカ「はうっ! ありすちゃんの愛情ひょーげんが強すぎて耐えれないカモ……///」

ありす「だから、意味が」


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/09/24(日) 08:25:38.03 ID:/LO9fMVM0
※宮本フレデリカ


※橘ありす





フレデリカ「ありすちゃんが人形をぎゅってしてる」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506083320/


1 : ◆6QdCQg5S.DlH 2017/09/22(金) 21:28:40.65 ID:LWKWHBcb0
ありす「……」ギュッ


ありす「……」

ありす「……♪」ギューッ

フレデリカ「ありすちゃんとってもキュートだねー」


ありす「!?」

ありす「ふっ、フレデリカさんっ!?」

フレデリカ「そのとおり!」

フレデリカ「呼ばれて飛び出てじゃじゃーん!」

ありす「呼んでませんっ!」

フレデリカ「およ、つれない……」

ありす「そっ、それより……いつから見てたんですか!?」

フレデリカ「ついさっきだよー?」

ありす「そうですか……」

フレデリカ「大体一時間くらい前?」

ありす「さっきじゃないじゃないですか!」





志希「出来たよ!時限爆弾!」飛鳥「!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505946391/

1 : ◆9CUtNS6CZQ 2017/09/21(木) 07:26:32.18 ID:fvLjQzWV0
某日・志希ラボ前

飛鳥「・・・!?」バッ

飛鳥(・・・)スッ・・・

フレデリカ『さっすがシキちゃん!やることでっかーい!エッフェル塔くらいかなー?』

志希『ノンノンフレちゃん、マカオタワーくらいかも?』

フレデリカ『な、なんと!・・・って、見たことないからどっちにしろわかんないや』

志希『シキちゃんも行ったことありませ~ん♪』

飛鳥「・・・」

飛鳥(すごいことを聴いてしまったぞ・・・)





神谷奈緒「憎めない常務とアーニャの誕生日」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505753163/


2 : ◆5AkoLefT7E 2017/09/19(火) 01:46:31.33 ID:c121YCsh0

美城常務「ふむ、全員集まったようだな。前回から少し時間が空いてしまったが、プロジェクトクローネ会議を行う」

宮本フレデリカ「どうして空いちゃったのー?」

常務「コミケに行っていた」

神谷奈緒(正直すぎる)

渋谷凛(それで業務が滞るのはどうなの)

鷺沢文香「常務の薄い本が……」

文香「……」

文香「……」

文香「厚くなりますね……!」グッ

橘ありす「なんで溜めたんですか」





志希「んふふ…♪ 『サビシクナール(寂しくなる)』を開発したよー…♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499061830/


1 : ◆hAKnaa5i0. 2017/07/03(月) 15:03:51.08 ID:FUrsx/KV0
(志希ラボ)

P「志希。志希。そろそろ起きろ」

志希「Zzz…」

ゆさゆさゆさ…

P「志希。おはよう。朝だぞ」

ゆさゆさゆさ…

志希「んー…? ふにゃぁ…」

志希「…なんだキミかー。おはよー」

ぽりぽり

志希「…寝落ちしちゃったみたいだねー」

P「服はだけすぎ。ほれ、タオルケットかけとけ。風邪引くぞ」

志希「にゃははー…ありがと」

志希「ねむねむ…」

P「また薬をつくってたのか?」

志希「うん…今回のも自信作~♪ よかったら飲んでみる?」

P「その前に聞くけど、これは一体どんな薬なんだい? ぱっと見、ただの片栗粉だけど」

志希「よくぞ聞いてくれましたー♪」

志希「その薬はねー、『サビシクナール(寂しくなる)』って言うんだー」

P「名前からなんとなく想像できるけど、一応聞こう。どんな薬なんだ?」

志希「簡単に言うと、飲んだ人が寂しさを感じやすくなるようになる薬ー」

P「だよねー。で、これは何かいい効果があるわけ?」

志希「効果をどう捉えるかは人によりけりだけど、志希ちゃん的にはー、かなーりイイカンジの薬に仕上がったって思ってるよー」

P「ほう」





佐久間まゆ「魔法の四文字?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503814381/

1 : ◆oeRx5YHce. 2017/08/27(日) 15:13:01.58 ID:7QdG1JtO0
@事務所

モバP「あーあーあーあーあーあーあーあー」

ちひろ「プロデューサーさん、仕事してください」


モバP「いやだぁー夏のー夏の魔力がぁー」

ちひろ「なんかあったんですか?」

モバP「いやさぁ、ちっひ。夏だよ? 青い春が最も青くなる夏だよ?」

凛「呼んだ?」


モバP「呼んでない。あ、でもしぶりん会えて嬉しい」

凛「ぷ、プロデューサー……」テレテレ

ちひろ「………………」パキポキ

モバりん「……すみませんでした」

ちひろ「解ればよし」




フレデリカ「怪談ごっこ、その4」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503744121/


2 : ◆TDuorh6/aM 2017/08/26(土) 19:43:16.95 ID:QhrAtV4YO


フンフンフフーン、フレデリカ~。

さてさてー、今回はフレちゃんの番かなー。
え、誰も言ってない?
いーのいーの、そんなこと気にしてたらピッグな人間になれないよー?
なりたくない?それもそっか!

えっと、なんの話だったっけ……?
あ、そうそう、アタシが怖い話をする番かなーって。
ほら、もう文香ちゃんも肇ちゃんも杏ちゃんも話したでしょー、怪談。
だからなんとなんとー、とっておきの怖い話を用意しましたー!いぇい!




モバP「土用の丑の日、うのつくものを」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500973472/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 18:04:32.49 ID:J3ZMbpJY0
モバP「ハイッ!始まりましたぁ!土用の丑の日何を食べるか選手権~!!!実況のPです!」

ヘレン「解説の、ヘレンよ」


P「いやー、うなぎのタレより濃い人選ですねえ」

千川ちひろ「ルール解説のちひろです!今日は土用の丑の日ということで事務所のアイドルたちに「う」から始まる夜ご飯をそれぞれプレゼンして、プロデューサーさんの今日の献立を決めていただきたいなと思ってます!」


P「今日の献立は何になるでしょうかねぇ?」

ヘレン「それではまずは現場との中継を繋ごうかしら」パチンッ





フレデリカ「妄想恋愛ごっこ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502700402/


2 : ◆TDuorh6/aM 2017/08/14(月) 17:47:15.23 ID:506pMAI9O


杏「……あー、虚無な時間を過ごした気がする……」

杏「なんだったんだ、ほんと」

杏「……ん?まぁまたよく分かんない遊びに付き合わされてね」

杏「気になる?部屋行ってみたら?」

杏「やめた方がお互いの為だと思うけど」

杏「いやほら、もう夏休みじゃん?」

杏「暑さで頭がやられてたんだよ、多分」

杏「まぁ、夏って言えばね……」





卯月「サプライズです!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502459277/

1 : ◆yrQoHLZRkE 2017/08/11(金) 22:47:57.88 ID:QEjlVWYQo
・初めまして
・短めです
・私の世界線ではまだ8月10日です
・贅沢は言わないから五十嵐響子ちゃんと手を繋いでイチャイチャお出かけしたいだけの人生だった

2 : ◆yrQoHLZRkE 2017/08/11(金) 22:50:42.69 ID:QEjlVWYQo
卯月「響子ちゃんと凛ちゃんにサプライズパーティーを仕掛けましょう!!」

未央「ふむふむ。しまむーよ。どのように仕掛けるのかな?」


~事務所~

ガチャ
卯月「おはようございます響子ちゃん!突然呼んじゃってごめんね」

響子「あ、おはようございます!気にしないでください。なにかあったんですか?」

卯月「えへへ、実はね、8月10日は凛ちゃんのお誕生日なんだ。だからサプライズパーティーを開いてあげようと思って…」

響子(…あれ?)

卯月「もし予定があいてれば、響子ちゃんも参加してもらえないかなと思って…どうかな?」

響子(あれれ?)

響子「は、はい!その日は予定はないですから、参加させてもらいますね!あ、折角だからお料理も持って行きますよ」

卯月「わぁ!よかった~。ありがとう!響子ちゃんのお料理、楽しみにしてるね!時間はまた後で連絡するね」

響子「はい!あ、プレゼントとかも用意しなきゃですね。凛ちゃんって何が好きなんだろう…?」

卯月「凛ちゃんは…蒼い物全般…かな?」

響子「青いものですか…。あとで色々見てみますね!」


~公園~

卯月「凛ちゃ~ん!」

凛「あ、卯月。おはよ。そんな大声出したらバレちゃうよ」

卯月「えへへ…。凛ちゃんにお願いがあって…」

凛「お願い?珍しいね。私に出来ることなら何でも言ってよ」

卯月「実は、8月10日は響子ちゃんのお誕生日でね。サプライズパーティーを開くから、凛ちゃんも来れないかなと思って…」

凛(忘れてる…?)

凛「そ、そうなんだ。わかった。丁度予定もないし、私も行くよ。あんまり話す機会もないから、丁度いいかな」

卯月「ありがとう!それじゃあ、時間と場所はまた連絡するね!」

凛「う、うん…」

凛(卯月が…私の誕生日を忘れてるなんて…)ズーン




ページランキング