ヘッドライン

宮尾美也「ネコになった日」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524766118/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/27(金) 03:08:38.33 ID:6FtTvWVno
ぽかぽかとした春の日差しに照らされて私はゆっくりと目を開きました。

今日もあたたかくていい天気です。
きっといい日になりますね~。
今日はお仕事もお休みですし、公園へお散歩に行きましょう。
ひなたさんにリンゴを貰ったのでフルーツサンドがいいですかね~。
上手にできたらおすそわけしちゃいましょう。

そう思いながらぐっと伸びをしようとしたところで気づきました。
目の前に広がる風景はどう見ても私の部屋ではありません。
きょろきょろと周りを見渡すと、むしろ室内ですらありませんでした。
ここはどう見ても劇場の横を流れてる河川敷です。
何度もお散歩したところだから間違いありません。
私はそこに据えられているベンチで眠っていたようです。

おかしいですね~。
お散歩してる途中、ベンチでうとうとしちゃうことはよくありますが、
昨日はちゃんとおうちに帰ってベッドで眠ったはずです。
むむむ、なぜでしょう。

そう思っているとふとおかしなことに気が付きました。
いつもより視点が低いです。
なんだか景色の色合いもちょっと違う気がします。
自分の手を見てみるとふわふわの栗色の毛が生えた前足が見えました。
その前足を自分の頭に当てて、くしくしと頭をかくとピンと立った耳も生えています。
ぴょんとベンチから飛び降りて川に向かってとことこと歩きます。
前足と後足で歩くのは初めてですけど、あまり違和感なく歩けました。
そして、川べりに近づき水面に映る自分の姿を見てやっと理解できました。

栗色の毛並、淡いブルーの瞳、ちょっと丸まったしっぽ。
顔にはおひげが生えています。
ふるふると顔を振ると、水面に映る姿も一緒に動きます。
間違いないです。

私、ネコさんになってます。





[ 2018/04/27 06:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス】美也「あの~、私になにかご用ですか~?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524538971/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2018/04/24(火) 12:02:51.51 ID:qY3VMTCq0

「待ってくれ、待ってくれよ! そうさ、用があるんだ。

たったの五分だけでもいい、アンタはあたしの話を聞かなきゃいけないワケがある。

時間が惜しいのは知ってるさ。

だけどこのまま出発しちまっちゃ、アンタに良いことなんて一つも無いぜ。

そいつを伝える為だけにだ。ご覧の通り、あたしは無茶してここまで来たんだから。




紗代子「部活かぁ…… 何にしよう?」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513564809/

1 : ◆KakafR9KkQ 2017/12/18(月) 11:40:09.60 ID:T7mXI1r/O
超ビーチバレーの話です。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/18(月) 11:43:01.30 ID:T7mXI1r/O
紗代子「今年の4月から沖縄に引っ越してきて、今日から新しい学校」


紗代子「友達出来るかなぁ…… 不安だなぁ……」

紗代子「ううん、入学する前からこんな気持ちになっちゃダメ! 暗い子じゃ友達だってきっと出来ないもん!」

紗代子「そうだ! 学校に入って初めて会った子に話しかけて、初めての友達になろう!」

紗代子「あっ! あそこに居る編み込みの子 あの子に」

百合子「きょろきょろ」


紗代子「あのー」

百合子「戦闘力5…… ゴミめ」

紗代子(えっ、あの子何かひとりごと言ってる……)

百合子「ピピ…… ふん、この星の原住民はどいつも戦闘力の低いゴミばかりだな」

紗代子「……」

紗代子「よし! 次の子に話しかけよう!」




未来「メメント?」まつり「モメント♪」美也「ルルルルル☆」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511681574/


2 : ◆TDuorh6/aM 2017/11/26(日) 16:33:30.19 ID:E7GsXdjqO



未来「あの~」


美也「どうかしましたか~?」


まつり「どうしたのです?未来ちゃん」


未来「私達『タウラス』の『メメント?モメント♪ルルルルル☆』って歌ありますよね?」

美也「ありますね~。とっても速くて素敵な歌です~」

まつり「美也ちゃん的には速ければ素敵なのです?!」

美也「ゆっくりも素敵ですよ~」

未来「美也ちゃんはマイペースですね~」

まつり「それで、姫たちの歌がどうしたのです?」

未来「……なんだっけ?」

美也「未来ちゃんもマイペースですね~」

未来「でへへ~」

まつり「ふふっ、とっても可愛いのです!」



静香(……なんだったのよ!気になるじゃない!!)






育「えがおのまほう」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510312456/

1 : ◆KakafR9KkQ 2017/11/10(金) 20:14:16.32 ID:nsm9X9S50
育「うーん……」

なんだろ…… このふわふわしてる感じ……

あっ! わかった夢だ! 今わたし夢を見てるんだ!

えっと…… こーゆう夢の中で夢だー! ってわかるのなんて言うんだっけ…… 前に紗代子さんが言ってたけど……

なーんて、思ってると目の前に綺麗なお姉さんが現れた。 顔は見えないけど、スッゴく綺麗。

「こんばんは」

育「こ、こんばんは……」

「今日は貴女に素敵な贈り物があるの」

贈り物?




【安価】ミリラジでやってるアイドル二人とそれぞれの感情を決めて【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509721005/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 23:56:45.18 ID:0T8pT7om0
ミリラジでやってるアイドル二人とそれぞれの感情を決めて二人の会話を作る奴を安価でやるスレです。
(正式名称はミリオンライブ シアターデイズ)

選ぶアイドルはシアター組のアイドル39人限定でお願いします。
もし安価付いたら明日の朝書きます。

↓1 アイドルAの名前、その感情
↓2 アイドルBの名前、その感情

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 23:58:59.47 ID:OMKAq7qTo
百合子 ときめいている

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/04(土) 00:01:00.52 ID:UTRyiUch0
莉緒 羨ましい




【ミリマス】未来「個性って一体なんだろう?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494010350/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 03:52:30.73 ID:XNqNkf380
静香「い、いきなりどうしたのよ未来……」

未来「ねぇ静香ちゃん!個性って何だと思う?」

静香「そんなこと突然言われても……」

未来「私いま気づいちゃったんだけど、アイドルに個性って重要だよね!?」

静香「まぁそうだと思うけど……今更?」




【ミリマス】砂花蝶

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1507496695/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/09(月) 06:04:55.42 ID:zECgd23d0
===
お仕事先で泊まったホテル。

私の部屋にやって来た彼は、
こちらと顔を合わせるなり上機嫌の笑顔で言いました。

「老人会主催、ふれあい将棋大会司会お疲れさん!」

「うふふ~。お疲れさまですプロデューサーさん。今日のお仕事は、とっても楽しかったですよ~」

「だろうな。終始笑いも絶えなかったし、美也の人気も凄いのなんの」

「そんな、照れてしまいます~」

「いやいやホント、老人会のマドンナだよ。あの頑固ジジイ共の集まりが、美也の前じゃ子供みたいに素直だもん」

そうして、プロデューサーさんは椅子に座っていた私のことを良い子良い子。

この歳で頭を撫でられるのはちょっと恥ずかしいですけど。
彼の手つきは優しくて、心の底から褒めてもらってるのが分かるから……心がポカポカしちゃうんです。

流石は出色の撫でニスト。茜ちゃんが虜になるのもわかります。




[ 2017/10/09 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

未来「それぞれのぶどーかんへ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488827216/

2 : ◆Kz828SAFwU 2017/03/07(火) 04:09:54.71 ID:Oo7qdrz30
未来「疲れたー!」

トレーナー「未来ちゃん、いつもより気合入ってるね」

未来「当たり前ですよ! いよいよ今週末ですから、私たちの武道館ライブ!」

トレーナー「でも、歌詞は……たまーに飛んじゃってるけど?」

未来「それは……記憶喪失ってことで、でへへ~」

トレーナー「理由になってません。ちゃんと覚えなおしておくこと」

未来「はーい! ……武道館かぁ」

トレーナー「ついに来たね、オーディションで未来ちゃんに会ったのが昨日のことみたいなのに」

未来「もう四年? 以上ですよね、オーディションからだと」

トレーナー「あの頃は14歳だった未来ちゃんも……あれ?」

未来「トレーナーさん」

トレーナー「はい」

未来「とにかく、ぶどーかん、ぶどーかんぶどーかんぶどーかんぶどーかん! よ~し、気合入れていくぞー!」





アナスタシアと美也とかのSS

1 :名無しさん@おーぷん 2016/05/18(水)01:34:17 ID:R2O
美也「Дοбрый день, Аня!」ドンッ


アーニャ「!?………Да…Как вас зовут?」モジモジ


美也「Мен язовут Мия!」ミヤーン

アーニャ「Хорошо! Очень приятно, Мия!」ペカー

アーニャ「Русский язык вы знаете?」

美也「Я знаю… СУКОСИ.」ニコッ

アーニャ「!///」キラキラ

美也「♪」エッヘン


琴葉「美也が…私にはわからない言語を使っている…!?」


美波「アーニャちゃんが…私には使わない言葉で話している…!?」





ページランキング