ヘッドライン

【モバマス】みく「バースデーライブ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519256299/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 08:38:19.37 ID:gJQnAjCL0
*地の文形式です。
*みくりーな?

2/22はネコの日、及び前川みくの誕生日

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 08:38:57.61 ID:gJQnAjCL0
 開演10分前、私は楽屋を出た。扉を開いて舞台袖に入ると熱と湿気が私を包んで、今が冬であることを忘れそうになった。
 いつもウサミミの彼女も今日だけはネコミミで、すでにマイクを持ってスタンバイしていた。彼女は私を見つけて、笑顔を見せ、私に「来て」とアイコンタクトする。何だろ、と思って近づくと、彼女は手を軽く上げた。
 そういうことか。私も手を上げ、ハイタッチした。もちろん、ステージの向こうで待つお客さんたちには聴こえないくらい音を小さくした。彼女は真っ暗な奈落へ向かっていく。開演5分前。




みく「笑顔が素敵だから」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518748557/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 11:35:57.51 ID:sxoY46o70

デレマスのSSです
公式じゃない設定がたくさん出てきます
ちょっとだけ長めです

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/16(金) 11:36:37.37 ID:sxoY46o70






事務所


モバP「それじゃあ紹介するぞ」

モバP「この子がうちの事務所の新人アイドル前川みくだ」

みく「前川みくにゃ!猫ちゃんアイドルとして頑張っていくにゃ!」


みく「よろしくねっ!」

モバP「そして、みくにとって先輩にあたるうちのアイドル、安部菜々さんだ」

菜々「安部菜々です!よろしくお願いします、みくちゃん」


菜々「猫ちゃんアイドル!良いですねえ!ナナにもその若いエネルギー分けて下さいねっ!」

菜々「まだまだ売れてないけど、頑張って誰もが知ってるアイドルになれる日まで夢に向かって頑張ってるんです!」

みく「おー!」

菜々「みくちゃん!一緒に頑張ろうね!」

みく「うん、ナナチャンよろしくにゃ!!」







[ 2018/02/17 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(2)

モバP「シャイニーカラーズアイドル? いいよね」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518598259/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/14(水) 17:50:59.63 ID:JBsLuZ9Z0
※このSSは「アイドルマスターシンデレラガールズ」の皆様が「アイドルマスターシャイニーカラーズ」のアイドルについて語るSSです。紹介SSではありません。
 意味は現状わかってる内容だけな上、メタ、憶測を含み、下ネタもあるためご注意ください。

奈緒「今日集まってもらったのはほかでもない。アレのことだ」


紗南「あれ……うん、わかってるよ。事前登録も済ませてるし!」


比奈「手が早いっスねー。まぁ自分も終わってるっスけど」


菜々「菜々は……もう少し見てからにしようかなーって……」


奈緒「まぁそれでもいいよな。とりあえず……」


『アイドルマスターシャイニーカラーズ!』


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/14(水) 17:51:36.01 ID:JBsLuZ9Z0
比奈「発表されたっスねぇ……新作」

紗南「シアターデイズはミリオンさんのとこだから……完全新作はSideM以来だよね!」

奈緒「仕事で会うことはないけど……315プロもよく聞くようになったよなぁ」

菜々「新しいアイドルのライバル……菜々は負けていられません!」

紗南「まぁ直接会うこととかないだろうけどね!」

荒木「言っちゃダメっス。その辺は同じアイドル業界だしありえるかもしれないっスから」

紗南「でもゲームが違」

荒木「あーあー!聞こえなーい!」




みく「これはなんなのにゃ」李衣菜「なんなのって言われても……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518537207/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2018/02/14(水) 00:53:27.44 ID:1FEkfi+h0
【モバマスSS】です


――――事務所

李衣菜「見ての通り学校で貰ったバレンタインのチョコなんだけど……」

みく「それは見ればわかるにゃ。みくが言いたいのは!」ビシッ

みく「この滅茶苦茶な量のことにゃ!! なんなの!? おっきな紙袋10個はいっぱいにして!!」

李衣菜「そ、そんなこと言われても、これは」

みく「どうせ李衣菜チャンのことだから、学校でも色んな人に優しくして勘違いさせてるんでしょ!」

みく「だからこんなにいっぱいチョコ貰ったんでしょ!? 全くなにしてるのにゃ!」

李衣菜「い、いやだからあのね!」

みく「うっさいにゃあ!! なんでなのにゃ! これじゃ予定してた方法使えなくてみくどうしたらいいか」

李衣菜「え、予定……? なんのこと?」

みく「はっ!? あ、うう……な、なんでもないにゃあ! 李衣菜チャンには関係ない!!」ツーン

李衣菜「な、なにさその言い方! というかちょっとは私の話も聞いてよ! まさかこれ全部私宛のだとでも思ってるの!?」

みく「違うっていうなら誰宛のだっていうのにゃ!! 相手次第じゃ解散――」

李衣菜「みくちゃんやなつきち達へのバレンタインチョコだよ!」


2 : ◆R4LxbbyKhE 2018/02/14(水) 00:53:54.93 ID:1FEkfi+h0
※前川みく


※多田李衣菜





モバP「なっちゃんとバレンタインとカコネイター」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518407959/


2 : ◆C2VTzcV58A 2018/02/12(月) 13:01:16.11 ID:3+QXu1e2O
茄子「P君。折り入ってお話があるんですが」

P「どうしたなっちゃん、真面目な顔して。俺でよければ助けになるけど」

茄子「本当ですか?」

P「もちろんだ。俺にできることならなんでもするよ。ちょこっとだけでも力になれるかもしれないし」

茄子「今日のP君、なんだか優しいですね……とっても頼りになりそう」

P「ははっ、当たり前だろう? 俺はなっちゃんのプロデューサーで、そして恋人なんだから」

茄子「P君……」

P「なっちゃん……」


茄子「2月に入ってからポイント稼ぎにいそしんでも、バレンタインにあげるチョコレートのグレードは変わりませんよ?」

P「………」

P「や、やだなぁなっちゃん。俺がポイント稼ぎだなんてそんなみみっちいこと考えるわけ」

茄子「朝事務所に来たらソファーにゴディバチョコの雑誌がこれ見よがしに置かれていたんですけど。しかも私がよく座る位置に」

茄子「ついでに言うと、最近ずーっと凛ちゃんがやっていた日めくりカレンダーをめくる作業、今月に入ってから急に自分でやるようになりましたよね?」

P「………」

茄子「というか最近、やたら『ちょこっと』ってフレーズを使うようになりましたよね? 小学生並みのアピールですよね? かわいいので抱きしめてもいいですか?」

P「………」

P「なぜだ……巧妙に隠された俺のアピールを……」

茄子「P君の考えていることは、すべてカコっとお見通しです♪」




安部菜々「節分は年の数だけ豆を食べるんですよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518178602/

1 : ◆bOIdeHuXhE 2018/02/09(金) 21:16:42.99 ID:NG/Er9xQ0
これはアイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
安部菜々の実年齢については諸説ありますが今回は27歳とします。

2 : ◆bOIdeHuXhE 2018/02/09(金) 21:55:59.48 ID:NG/Er9xQ0
卯月「今日は節分です!」

モバP(以下P)「と、いうことで豆を貰ってきた」

菜々「ありがとうございます!みなさんご存知だと思いますけど、節分は年の数だけ豆を食べるんですよー」

卯月「えへへ、知ってます!それじゃあ私は17個いただきますね」

菜々「私はにじゅ……コホン。わ、私も17個下さい!」

P「おっけーおっけー、15、16、17っと……。よし、間違いないな。間違えたら取り返しの付かないことになるから気を付けないと」

菜々「えっ」




【モバマス】あやめ「見参!くノ一忍法帖!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518164028/

1 : ◆45SR4r0flud5 2018/02/09(金) 17:13:48.04 ID:CqgutEWtO
あやめ「今週もあやめが皆さまのお悩みを忍術でスパッと解決しました!次はあなたのお悩みに!ニンッ!」


スタッフ「ハイカット!OKです!」

モバP「あやめ、今日もご苦労であったな」

あやめ「いえいえ!今日は久しぶりにプロデューサー殿が来てくださいましたからね!この程度では疲れは感じません」

モバP「いつも見てやれれば良いのだが....」

あやめ「そんな、プロデューサー殿はご多忙の身。こうしてあやめのプロデュースをしてくださってるだけでもあやめは光栄です」

モバP「はっはっはっ、あやめ。今ワシはただのプロデューサーだ。そう堅くなるな。食事にでも参ろう」

あやめ「御意に!...おっと」





モブから見たモバマス世界

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517407271/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 23:01:11.94 ID:rgzYbZCU0
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

短め、書き溜めありです。

特にアイドルに興味の無いモバマス世界のモブ視点のお話です。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/31(水) 23:02:28.28 ID:rgzYbZCU0
チャラ男「あ~…ヒマだなぁ」

チャラ男「こんな時は誰か可愛い子でも引っかけて遊ぶに限るな!誰かいないか…おっ!」

チャラ男(ちょっと無理した感じの服装だけど可愛くて胸の大きい子はっけ~ん!)

チャラ男「ねーねーそこのおねーさん、遊ぼうよ~!」

菜々「お姉さんじゃな~いっ!」


チャラ男「ヒェッ!?」




【デレステ】紗南「あれ、菜々さん何してるの?」菜々「デレステのリセマラです」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517399477/

1 : ◆Nan90IIwW2 2018/01/31(水) 20:51:17.86 ID:7lWEQHGc0
※本作品の注意事項として以下の要素を含みます

・アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ(以降デレステと表記)を同作のアイドル達がプレイします
・本作品の性質上、上記作品のメタネタを含みます

以上の要素が苦手な方はブラウザバックを推奨いたします

2 : ◆Nan90IIwW2 2018/01/31(水) 20:52:14.86 ID:7lWEQHGc0
~事務所休憩室にて~

紗南「へー、菜々さんまだデレステやってなかったんだ。どうして急に始める気になったの?」


菜々「ほら、最近ナナの恒常SSRが追加されたじゃないですか。少し前にスマホにも買い替えたし、これを機にやってみようかと」


紗南「なるほどね。…ところでリセマラするのはいいけど、あれ結構時間かかるよ。大丈夫?」

菜々「今日はもうレッスン終わりましたし、時間なら大丈夫ですよ」

紗南「通信は?ここWiFi開放してるけど、使うのにはちひろさんの許可必要なんだよね」

菜々「ちひろさんからも許可もらいましたよ。『スカウトチケット購入してくださいね』って条件付きで」

紗南「…その辺りは抜かりないねちひろさん。でもSSRが1枚あってスタートできるなら楽かも。誰をスカウトする予定?」

菜々「もちろんナナをスカウトします。やっと追加された恒常ですし」

紗南「あー…菜々さん、言いにくいんだけど、恒常の菜々さんはまだチケットでスカウトすることできないよ」

菜々「えっ!?ど、どういうことですか紗南ちゃん?恒常ならスカウトできるんじゃないんですか?」




白菊ほたる「太りました」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517244120/

1 : ◆cgcCmk1QIM 2018/01/30(火) 01:42:00.45 ID:KhaBRXlO0

白菊ほたる「プロデューサーさん、あの、お呼びでしょうか」

P「ああ……ほたる、そこに座りなさい」

ほたる「はい(ちょこん)」

P「かわいい」

ほたる「あの……?」

P「ああいや独り言だ、気にしないで……ほたる。何故自分が呼び出されたか、解っているか?」

ほたる「解りません……あの、私何か、よくないことを……?」

P「しらばっくれようというのか、ほたる」

ほたる「そ、そんなこと……!」

P「あくまでもシラを切るなら仕方あるまい。ほたる。立ってくるっと一回転しろ」

ほたる「は、はい(くるりと一回転。ふわっと広がるスカート)」

P「かわいい」





ページランキング