ヘッドライン

P「たとえば千早にミニスカート穿かせてさ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02(金) 14:27:34.24 ID:JvNuulMQ0

千早『こんなに短い衣装だなんて……聞いてません……!』


P「って感じで、グイグイって必死にスカートの丈を伸ばそうとしてたらどう思う?」

春香「かわいい」

P「だよなぁ……」


千早「……」




やよい「お姉ちゃん♪」春香「うひゃあ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/01(木) 03:26:59.54 ID:nyYy7zNs0

春香「ね、ね。もっかい言って?」

やよい「おね~えちゃん♪」

春香「はうっ! うぅ……やっぱりかわいい……!」

やよい「あの……春香さん。なんだかちょっと、恥ずかしいかなーって」

春香「そんなことないよ! うん、バッチリ! ねぇねぇ、もう一回!」

やよい「……おねえちゃん」

春香「――~~!!」

ぎゅっ

春香「やよいはかわいいなぁ……えへ、えへへ……」スリスリ

やよい「……えへへ……」




千早「蒼い死神?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529500557/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/20(水) 22:15:58.03 ID:J0z882fa0
千早「GBN(ガンプラバトル・ネクサス・オンライン)でのライブは終わったけれど、あのバトルが忘れられないわ」

P「千早、お疲れ様。またこの前の映像見てるのか?」

千早「あ、プロデューサー。お疲れ様です」

P「おつかれ。もし気に入ったならザクウォーリア、スポンサーから譲り受けても良いぞ」

千早「そうじゃなくて、えっと、そうでもあるんですけど」

P「?」

千早「私、リクやユッキー達みたいに自分のガンプラを作って戦いたいんです」




P「はるちはに実験」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 00:24:46.21 ID:sJHSkSJZ0
Mission1「最近かわいくなったな」
対象:千早



千早「おはようございます、プロデューサー」

P「おはよう千早。……歌詞のチェック中か?」

千早「はい。今日は待ちに待った新曲のレコーディングですから」

P「ああ、千早楽しみにしてたもんな。でも、まだちょっと時間があるな」

千早「では、何かお飲みになりますか?」

P「できれば何かつまむ物も欲しいかな」

千早「分かりました。少し待っていてください」

P「ありがとう。そうだ、俺もその歌詞見せてもらっていていいか?」

千早「ええ、もちろん」




春香「何してるんですか?」P「アイコラ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/01(木) 10:42:45.14 ID:Guw3LpCG0

春香「あいこらってなんですか?」

P「何だ知らないのか、見とけよ」

P「ここに春香の写真があるだろ?」

春香「はい、そうですね」

P「こっから顔と首の部分までコピーして……角度の合いそうな写真を……」

春香「プッ、プロデューサーさん! このエッチな写真は誰なんですかっ?!」

P「さあ? 拾った」

春香「拾った……?」

P「そしてさっきのコピーを貼って色調整すれば……」

P「完成! 題して陥没乳首春香!」

春香「いやああぁぁぁぁっっっ!!」

おわり




春香「ちょっ・・・プロデュ・・・くすぐっ・・・///やっ・・・///」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 01:59:26.66 ID:Z2QeEO0r0
春香「プロデューサーさん!」ギュッ

P「おわ、はるかどうし・・・ぶっ、ぶはは!わはっははは!」

春香「どうですか~私くすぐるのうまいんですよ~」コチョコチョ

P「や、やめっひっひひ!わはははは」

春香「最近構ってくれなかった罰ですよ~それそれ~」コチョコチョ

P「この・・・っおりゃ、反撃だ!」ガシッ

春香「きゃっ!」

P「おりゃおりゃー」コチョコチョ

春香「あっ、あははは、ちょっやめてくだ、さい・・・っ私、弱い・・・っははは!」

P「まだまだ~倍返しにさせてもらうぞー」コチョコチョ

春香「あは、あっ・・・ん・・・はぁっ・・・・ん・・・」

P (ドキッ)




千早「……」真「……」

2 :代行ありがとうございます 2012/11/22(木) 20:12:42.24 ID:NGWVKm+U0
千早「どうしたの?」

真「……」

千早「……」





真「……くしゅん!」

千早「……そんな薄着だと、風邪引いちゃうわよ」

真「……」

千早(なぜ私の家の前でうずくまってるのかしら……)




千早「アイドル辞めてラーメン屋になるわ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529231600/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:33:21.27 ID:AcN46w470

千早「春香、実は話したいことがあるの」

春香「話したいことって??」

千早「実は・・・」

千早「私アイドル辞めてラーメン屋になりたいの!!」

春香「( ゚Д゚)ハァ?」







千早ちゃんと伊織ちゃん

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528736835/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/12(火) 02:07:15.70 ID:420CtvZa0
こちらはアイドルマスターのSSです。

以下の点に留意してお読みください。

1, この作品は『アニメ版アイドルマスター』の二次創作物です。

2, こちらは『アニメ25話以降で劇場版以前の時間軸』を想定しております。そのためアニメを観た後ですと、より楽しめる……かもしれません。

3, 地の文ありの一人称視点で話が進んでいきます。

以上です。

それでは、ゆるりと始めていきます。

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/12(火) 02:26:25.86 ID:420CtvZa0

それは、とある夕暮れ時の事務所で起こった出来事でした。

「──ちょっといいかしら」
「……何かしら?水瀬さん」
「アンタに大事な話があるのよ──千早」

同じ事務所の仲間だけれど、あまり積極的には話さない。
少なくとも私──音無小鳥の知る限り、二人だけでいる所を見たのは両手で数えられるくらいしかありません。

これは、そんな二人のお話です。




千早「うっうー!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 17:32:37.59 ID:I1nL0ZkRi
千早「ハイ、ターッチ!」



千早「ふふ……」

千早「……ふぅ、暇ね」

千早「なぜ今日は事務所に誰も居ないのかしら」




ページランキング