ヘッドライン

【シャニマス】合同ライブ、それぞれの前夜

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552997948/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/19(火) 21:19:08.97 ID:/owX+/eF0
灯織「……眠れない」

灯織(明日は大事な合同ライブなのに……寝不足でステージになんて立てない……)

灯織(寝不足ならまだいい。もし、寝坊なんてしたら……)


灯織「……忘れ物、ないかな」

灯織(衣装は会場だから、それほど多くはないけど)

灯織(タオル、飲み物、のど飴、財布……ICカードの残高いくら残ってたっけ……)

灯織(あとは、お守りも……うん)

灯織「って、さっきから何回持ち物確認してるんだろ……」




【シャニマスSS】 Cipher for U

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552068631/

1 : ◆xYQO9QFt9s 2019/03/09(土) 03:10:31.78 ID:FnJRNZ1io

Rに立ってしまっていたようなので立てなおし
今度はうまく立つといいな

<<注意>>

・甘奈主観SS
・独自解釈が多分に含まれます(たぶん公式とは異なります)
・ネタバレもめーっちゃ多いです




【シャニマスSS】続・わがままあまな


2 : ◆C2VTzcV58A 2019/02/25(月)21:18:20 ID:Ztt
カリカリとシャーペンを走らせる音と、カタカタとキーボードを叩く音。
耳を澄ませると、カチカチと時計の針が動く音も聞こえてくる。
全然テンポが合っていなくて、へたっぴな三重奏みたいだなって思っちゃう。

「甘奈。まだ帰らないのか?」

甘奈が笑った声が聞こえたのか、パソコンと向き合っていたプロデューサーさんが顔だけこっちに向けてきた。
三重奏のキーボード担当は、この人でした。

「うーん。もうちょっとかかりそうかな」

「結構手間取ってるみたいだな」

「まーね☆」

壁にかかっている時計を見ると、もう午後7時を回っていた。
レッスンが終わって、帰ってもいい時間になってから、2時間は経っている。
家に帰る前に学校の宿題を終わらせたいってことで、デスクワーク中のプロデューサーさんと同じ部屋でずーっと問題集を解いていたわけだけど。




【シャニマス】怪獣なーちゃん

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546186298/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 01:11:39.41 ID:Qe96wmYH0
果穂「てやーっ!」

樹里「ぐわああああ! やられたああああ!」バタン

果穂「正義は必ず勝つ!」ビシッ

パチパチパチ

智代子「果穂カッコいい!」

果穂「えへへ……」

智代子「それに樹里ちゃんも、敵役が日に日に上達してるよね」

樹里「褒めてるのかそれ」スッ

智代子「もちろんだよ! すごく悪そうで、ヒーローの果穂が引き立ってたよ!」

果穂「すごくワルモノでした!」

樹里「イマイチ褒められてる気がしねーな……」

スタスタ

夏葉「アナタたち、ここにいたのね」

凛世「そろそろ、レッスンの時間です……」

智代子「あっ、ホントだ!」

果穂「樹里ちゃん、またあとでヒーローごっこやりましょう!」

樹里「ヘトヘトになってなけりゃな」

智代子「そういえば、今日のトレーナーさんって厳しい人なんだっけ? 不安だなぁ」

夏葉「やり遂げれば大きなパワーアップが待っているわ。頑張りましょう」

果穂「大きなパワーアップ……!」キラキラ




【シャニマスSS】甘奈「あれから、もう一年かぁ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1545582882/

3 : ◆/rHuADhITI 2018/12/24(月) 01:37:38.23 ID:H3R3MeV/0
!!注意!!
・【ゆらゆらアクアリウム】大崎甘奈のコミュネタバレを多く含みます。
・【ゆらゆらアクアリウム】大崎甘奈のコミュを見ている前提で話が進みます。
・【ゆらゆらアクアリウム】大崎甘奈のコミュは実際良い。



甘奈「あれから、もう一年かぁ……」

甘奈「……って、感慨にふけってる場合じゃないよね」

甘奈「そろそろ準備始めないと、間に合わなくなっちゃう」

甘奈「飾りつけをして、料理の仕上げをして、ケーキも焼いて……」

甘奈「うん、頑張らなくちゃだよね」

甘奈「だって今日は、記念のパーティーだもん」




【シャニマスSS】わがままあまな

1 :名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)01:53:27 ID:yTP
甘奈「ただいまー☆」

P「お疲れ様。ダンスレッスン、どうだった?」

甘奈「イイ感じだったよー。最後のステップはプロデューサーさんにも見せてあげたかったくらい!」

P「そうか。見に行けなくてごめんな」

甘奈「ううん、全然! プロデューサーさんにはプロデューサーさんのお仕事があるんだから、いつも甘奈ばっかり見てるわけにはいかないもん」

P「それはそうかもしれないが」

甘奈「じゃあ、こうしよ? プロデューサーさんには、ライブの本番でもっとすごいのを見せてあげる☆ これで問題解決だねっ」

P「……そうだな。楽しみにしておくよ」

甘奈「えへへっ」




【シャニマス】甜花「このままじゃ、ダメ……!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541255162/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/03(土) 23:26:02.83 ID:+KmGKB950
甘奈「え?」

甜花「甜花……このままじゃ、ダメになる……」

甜花「なーちゃんがいないと、生きていけない……ダメ人間になっちゃう……!」

甘奈「そうかなぁ? あれだけ不安がってたアイドルのお仕事も、今は一生懸命がんばって楽しんでるし」

甘奈「いつの間にか、1人で何でもできるようになっちゃうと思うけどなー」

甜花「えっ……そう思う……?」

甘奈「うん! 甜花ちゃんはできる女の子だから!」ニコニコ

甜花「甜花はできる子……にへへ……」

甜花「じゃあ、まだなーちゃんに甘えててもいいよね……?」

甘奈「当たり前だよ! 歯磨きの続きしよ? はい、あーんして」

甜花「あーん……」


甜花「はっ……!? だ、ダメ……!」プイッ

甘奈「どうしたの?」

甜花「これ、いつものパターン……こうして甜花は、なーちゃんの優しさにハマっていく……」

甜花「堕落していく……危ないとこだった……」フゥ…

甘奈「もー、気にしすぎだよ甜花ちゃん。歯磨きを妹にしてもらうのなんて、万国共通で一般常識だからね」フフ

甜花「……」




【シャニマス】千雪「かわいい二人はメイドさん」

1 : ◆SESAXlhwuI 2018/10/01(月)19:46:40 ID:K3a
シャニP(以下、P) 「よし……後はアルストロメリアの皆との打ち合わせくらいか」

P 「三人とも最近よく頑張ってくれてるしな……お休みにしてもいいんだけど」

P 「……よし、打ち合わせ早めに終わらせるか」

ガチャリ

P 「ただいま戻りましたー」

大崎甘奈(以下、甘奈) 「お帰りなさいませ、ご主人様っ♪」ニコッ

大崎甜花(以下、甜花) 「お、お帰りなさい……ませ」カァ

甘奈 「ひゃー☆甜花ちゃんメッチャかわいー♪」ダキッ

甜花 「な、なーちゃん……恥ずかしいよ」カァ

甘奈 「あー隠しちゃダメだってばー!」

P 「…………」

バタン

P 「おかしい、俺疲れてるのかな」ゴシゴシ




【シャニマス】千雪「はづきさんが水着でPさんを誘惑しようとしてる…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532461838/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 04:50:38.44 ID:HAdUNch40
はづき「じゃーん!Pさん、どうですか~?」

P「ええ!?はづきさん、なんで事務所の中で水着なんですか!?」

はづき「あ、これ、プレゼントですよ~」

P「あ、いつもありがとうございます…じゃなくて!格好!なんで!」



甘奈「Pさんとはづきさん、仲良さそうに話してるけどなんで水着なんだろ」

甜花「きっと暑いから…」

千雪「……………」

甘奈「千雪さん?なんか難しい顔して震えてるけど大丈夫?」

千雪「いえいえ…私は大丈夫よ…なーんにも気にならないわ…なーんにも…」

甘奈(めちゃくちゃ気にしてる…)



はづき「アイドル事務所の事務員は~コスプレをするものだって教えてもらったんですよ~」

P「初めて聞きましたよそんなこと!そんなわけがないでしょう!」





【シャニマス】甘奈「甘奈色に染め上げたい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531576838/

1 : ◆SESAXlhwuI 2018/07/14(土) 23:00:38.89 ID:pXfnrk8r0
ガチャリ

大崎甘奈(以下、甘奈) 「おっはよーございまーす☆」

シャニP(以下、P) 「お、甘奈……おはよう」

P 「ま、もうお昼なんだけどな」モグモグ

甘奈 「……あれ、お弁当?珍しいね?」

P 「そうか?」

甘奈 「うん、いっつも外で食べてるよね?」

P 「ああ……まぁ、出先はな」

P 「ただ、今日は恋鐘が作ってくれたのがあったからさ」





ページランキング