ヘッドライン

紗枝めし!【小早川紗枝とコロッケ編】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492349356/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:37:28.98 ID:BUNrXUHl0
店員「ありがとうございました!また今後ともご贔屓によろしくお願いしますわ」

紗枝「はい、今後ともよろしゅうに~♪」

綺麗な店員はんやなぁ

紗枝「商店街来てぎょーさん買い過ぎたなぁ。おまけまでもろてしもて」

熱々のコロッケ・・・はむっ、サクッサクッ!

ほっくほくのお芋のお上品な甘さにひき肉の食感

揚げてあるのに軽ぅて食べやすいわぁ・・・サクッ

ん~♪お夕飯の前にこないなもん食べてどないしよ

せやけどこのふわ~っとしたええ香りがまた食欲を・・・はむっ




栗原ネネ「腕相撲ですか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490629303/

1 : ◆C2VTzcV58A 2017/03/28(火) 00:41:43.14 ID:PWsvTs7fO
スーパーにて


ネネ「ふう……あとは、お菓子をいくつか買って帰ろうかしら」


亜季「む? そこにいるのはネネ殿?」


ネネ「あ、亜季さん。こんにちは」

星花「奇遇ですわね」


ネネ「星花さんも。おふたりで買い物ですか?」

亜季「私はプロテインの調達に。ここのお店は、スーパーにしては珍しく品揃えがよいのであります」

星花「わたくしは、興味があったのでついてきただけですわ」

ネネ「なるほど」





若林智香「シンデレラQ」白菊ほたる「遺失物預かり所は西へ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487055998/

2 : ◆hhWakiPNok 2017/02/14(火) 16:07:36.96 ID:T5/dPRPSo
智香「最近、調子がいいね。ほたるちゃんっ☆」

ほたる「はい。なんだか……レッスンもお仕事もうまくいって。なんだか……恐いぐらいです」

智香「ほたるちゃんの努力が、きっと実ったんだよっ☆」

ほたる「きっと……プロデューサーさんのおかげです。私がこれまで不運だったのは、プロデューサーさんに出会う為に運をすべて……使ってしまったからだったのかも、って」

ちひろ「ほたるちゃん。CD、売り上げが好調で、歌番組への出演も決まったわよ」

ほたる「ええっ!?」

智香「すごいねっ☆」

ほたる「こんなに好調なんて……私……いいんでしょうか……」

智香「この調子でがんばろうね」

ほたる「はい……あら?」




【デレマス】森久保乃々「おおきなP」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490019495/

1 : ◆oCJZGVXoGI 2017/03/20(月) 23:18:16.20 ID:Wrh0CGx80
皆さんおはようございます。え、今は朝じゃない?すみません、どの時間であっても挨拶は“おはようございます”だと教わったのでつい……。失礼なもりくぼはこれにて帰らせていただ…あ、はい、わかりました続けますけど……。

……あれは私がいつものように机の下の定位置に行こうとした時のことでした。その日は思いもよらない人物が先客として居座っていました。






亜季「きたえる、さぼる、話する」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489750080/


2 : ◆ganja..OLI 2017/03/17(金) 20:30:36.54 ID:fhnGchl/0

有香「おはようござ」


裕子「うわっと!」ガチャ


有香「きゃっ……裕子ちゃん?」

裕子「わーすいません! それでは!」タタタッ

有香「いっちゃった……」




142'sとちょっと怖い話【モバマスss】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482766270/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/27(火) 00:31:10.68 ID:ytfuJdKsO
注意:大して怖くありませんが一応ホラー物です。

142sが解説役でゲストのアイドル達が一人一話ずつちょっと怖い話をしていきます。

デレマスの某百物語ssをパクr……リスペクト&真似して書いています。ご了承ください。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/27(火) 00:31:36.56 ID:ytfuJdKsO
輝子「…」

小梅「…」キラキラ

幸子「えー…」

小梅「うん…」キラキラ

幸子「始まってしまいました…アイドル怪談…」

小梅「うん…!」キラキラ

輝子「フフ…小梅ちゃんの目の輝きがハンパないな…」

小梅「うん…!今すっごいわくわくしてる…!」

幸子「ボクはもう帰りたいですけどね!いや帰りませんけども!?仕事ですから!!怖くても!!!仕事ですから!!!!」

小梅「そ、そう…。解説や進行役…だもんね…!」





ありす「水がまける..??」P「負けるじゃないぞ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474386606/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/21(水) 00:50:07.27 ID:Qp1190tr0

【とある一日】



ありす「プロデューサー、お茶が入りましたよ」コトッ



モバP(以下P表記)「おっ、ありがとうありす」

ありす「いえいえ...というか私のことは橘と...」


P「まあまあ、俺はありす(名前)の方が好きだし」ズズッ

ありす「な、何を言ってるんですか!/// 全く//...」カァー

ありす「(プロデューサーがす、好きって///..)」テレテレ


ちひろ「(....仕事してくれませんかねー)」カタカタ




バタバタバタ


真尋「おっはよーございまーすっ!!」ガチャ




P「ぶふぉ!」ゲホッゲホッ

ありす「...だ、大丈夫ですか?」

P「あ、ああ...ありがとうありす...」ゲホゲホ


P「真尋!お前急に入ってくるじゃない!」

真尋「ご、ごめんなさい!」ペコッ

P「全く...お茶がまけたじゃないか...」プンプン


ありす「..」







まゆ「乃々ちゃんの後ろ髪って」乃々「ドリルです」まゆ「ドリル」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482061434/

1 : ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/12/18(日) 20:43:54.41 ID:u4HKFBNi0
ちょっとクセのある内容なので合わない人はごめんなさい

はじめます

2 : ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/12/18(日) 20:44:33.86 ID:u4HKFBNi0
まゆ「ドリル?」

乃々「ドリルです」

まゆ「あの」

乃々「こう、力むと廻ります」チュミミーーン

乃々「もっと力むと飛ばせます」バシュン バシュン

乃々「また生えてくるまで2、3分かかります」グギギ グギギ

まゆ「えっと、どういうことでしょうか」

乃々「螺旋状の巻き髪にアイドル力(ぢから)を注ぐと自然とこうなるんです」

まゆ「アイドル力(ぢから)」

乃々「けっこう便利なのでもりくぼは気に入っています」

乃々「パスタを食べるときチーズを削ったり……」チュミミーーン

乃々「あと歯も磨けます」チュミミーーン

まゆ「なるほど……乃々ちゃんはすごいですね」

乃々「………………」

まゆ「乃々ちゃん?」

乃々「………もりくぼはすごくなんてないです」

乃々「だって、みんなを」

乃々「…………守れない」


ピカッ


K A B O O O O M !!




【モバマス】ありす「ふいうち」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487009385/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 03:09:46.01 ID:scWhAqZo0
ありす「(フレデリカさんが突如意識不明の重体と聞いて私は病院まで駆けつけました・・・)」

ありす「(横たわるフレデリカさんと神妙な面持ちのちひろさんを他所に私はとても冷静でした・・・)」

ありす「(何を言って良いかわからずにフレデリカさんを見つめました・・・)」

ありす「(あぁなんで・・・)」








フレデリカ「(チラッチラッ)」

ありす「(何でこうドッキリが下手なんでしょう・・・)」




亜季「ふいうち」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485615708/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/29(日) 00:01:49.00 ID:msX4WDTN0
亜季「おはようであります!」


モバP「ん・・・おはよう」

亜季「ん?いつもよりも元気が無いでありますな?どうされましたか?」

モバP「ん~・・・亜季にはちょっと話せないかな」

亜季「なんと!水臭いでありますプロデューサー殿!お互い背中を任せきったバディに秘密とは!」

モバP「いやしかしだな・・・」

亜季「少しでもプロデューサー殿のお役に立ちたいのであります!」




ページランキング