このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

モバP「だりやすかれんと石焼き芋」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/12/31(金)16:55:33 ID:bagB


―――事務所


…………――……


李衣菜「……はっ。来た、来ましたよちひろさん!」

ちひろ「ほんとですか!? 行きましょう!」ガタッ

P「え? な、なんですか、どうしたんですかちひろさん。何が来たんだ李衣菜?」

李衣菜「焼き芋屋さんですよっ。ぴーーーって音が聴こえたので!」

ちひろ「今この街で大人気なんです! いつも神出鬼没なのに、すぐに行列ができてしまうくらい♪」

P「は、はぁ……。じゃあまぁ、気をつけて行ってきてください」

ちひろ「了解です! 今日こそは手に入れますよーっ!」タタタターッ

李衣菜「今日は駅前に現れたみたいです! 絶対ゲットだー!」テテテーッ


がちゃっ ばたんっ!


P「………………いや、まったく聞こえない……。李衣菜の耳ほんとどうなってるんだ」




黒埼ちとせ「アディショナル誕生日♪」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/11/11(木)21:04:19 ID:HgQC


―――事務所


加蓮「せーの♪」

ちとせ「ぽってと♪ ぽってと♪」

加蓮「ぽってっとー♪」

ちとせ「はい♪」

加蓮「ぽってと♪ ぽってと♪」

ちとせ「ぽってっとー♪」

加蓮「いぇい♪」

P「たすけて」


千夜「……何の儀式ですかあれは。衛星軌道であいつの周りをぐるぐると……」

泰葉「ポテトの舞だよ」

李衣菜「11月11日だもんね」




黒埼ちとせ「未来への橋渡し」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/11/10(水)00:09:08 ID:btRF


―――事務所


P「……うん、次の企画はこれで行こう……」カタカタ カチッ


千夜「おま……プロデューサー。少しよろしいですか」トコトコ

P「ん、ああ千夜。いいよ、どした?」ギシ

千夜「どうしたということはありませんが。……ちとせお嬢さまのことです」

P「? ちとせのこと?」

千夜「ええ。今日はお嬢さまの誕生日です。ちゃんとお前……プロデューサーはプレゼントを用意しているのかと思いまして」

P「あぁ、そのことか。大丈夫だよ、前から用意してデスクにしっかり仕舞ってあるから」

千夜「そうですか。そうですね、当たり前です。お前は私たちのプロデューサーなのですから――あ、プロデューサーは私たちのプロ、……くっ、ああもう」

P「……さっきからどうしたんだ? 呼びやすいように呼んでいいんだぞ?」

千夜「っ……そ、それはアレがっ」


李衣菜「ぷふふ」←アレ1

泰葉「ふふふ♪」←アレ2




モバP「だりやすかれんの打倒・俺」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/11/01(月)21:21:52 ID:K4iU


―――事務所


P「ちひろさん、その資料見せてもらえます?」

ちひろ「ええどうぞ。あ、こっちが終わったら銀行へ行ってきますね」

P「了解です」


加蓮「……うーん」

泰葉「どうしたの? 腕組みして」

李衣菜「~♪」ジャララーン

加蓮「Pさん」

泰葉「?」

加蓮「Pさんを倒したい」

泰葉「へっ?」

李衣菜「ふえ?」ビィン

加蓮「Pさんを…………倒す!」グッ

「「おお~」」


ちひろ「なにやらまた面白いことが始まりますね」カタカタ

P「暗に休憩しろってことですかね、これは」カタカタ…




モバP「だりやすかれんのネタ合わせ」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/10/29(金)21:14:45 ID:oLV0


―――泰葉のルーム


泰葉「そろそろラジオのネタを考えようと思います!」バン


李衣菜「んぇ?」ゴロゴロ…

加蓮「……ラジオのネタぁ?」グデグデ…

泰葉「ほら起きて。もう話すネタが底を尽きかけてるんだよ?」

加蓮「んー、いちいち考えなくても私たちの人生って波乱万丈だし?」

李衣菜「真面目だなぁ。心配しなくても本番になれば蛇口捻ったみたいに会話できるよ」

加蓮「そーそー。今日も泰葉の前髪は綺麗にカーブしてますーって」

泰葉「 考 え る の 」

「「は、はい」」




李衣菜「加蓮の誕生日どうしよう」泰葉「どうしよっか」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/09/05(日)00:06:38 ID:Bwee


―――事務所


李衣菜「うーん……」

泰葉「うぅーん……」


加蓮「ふっふっふ……悩むがよい悩むがよい、少女たちよ」

李衣菜「うぬー……」

泰葉「ふぬーん……」

加蓮「私のためにたくさん悩んで最高のプレゼントを用意するがよい♪」

李衣菜「うぬーん……!」

泰葉「ふぬぬーん……!」

加蓮「……首捻りすぎてネジ切れそうだけど大丈夫?」




加蓮「まんまる頭の」李衣菜「涼しげな声!」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/07/16(金)00:06:28 ID:wAYV


―――事務所


ちりん……

  ちりんちりん……


P「……良い音色だな」

泰葉「ですね……。風鈴なんて、今年も素敵な誕生日プレゼントをもらいました」

P「色もいいよな。濃紺色なのかな、これは」

泰葉「ふふ、夜空みたいで綺麗ですよね」

P「うん。まさしく泰葉の色だ」

泰葉「えへへ。私のことを考えてくれてると思うと嬉しくなっちゃいますね♪」

P「2人のことだから『形もまるいし!』とか考えてそうだけど」

泰葉「あっ。……そう思ったらそうとしか思えなくなっちゃうじゃないですか、もうっ」

P「あはは、ごめんごめん」




加蓮「ブライダル李衣菜イイよね……」泰葉「イイ……」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 21/06/30(水)00:38:25 ID:OdZz


―――事務所


加蓮「見てよこのグラビア……最高だよ……」

泰葉「花嫁が花婿を攫いに来るなんて……ロックすぎるよ……」

加蓮「このキャッチフレーズなんてもう……!」

泰葉「『私と生きてよ』……!」


「「言われた~~~~~いっ!」」キャーッ


ちひろ(もう3日くらい同じこと言ってますねぇ)カタカタ




武内P「私にマーキングしたい?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1615806377/

1 : ◆SbXzuGhlwpak 2021/03/15(月) 20:06:18.30 ID:0I4NW87R0
注意事項

・武内Pもの

・武内Pもの





カタ、カタカタカタ


武内P「……」


ガチャッ


李衣菜「プロデューサー、プロデューサー!」

武内P「多田さん? 何かありましたか」

李衣菜「ちょっとやってみたいことがあるんで、そこに立ってもらっていいですか」

武内P「……? こう、ですか?」

李衣菜「はい、では行きますね。えいっ」ゴツンッ

武内P「……」

李衣菜「どうですか?」

武内P(そう自信満々に訊いてくる多田さんの顔は、私からは見えません)

武内P(なぜなら彼女は可愛らしい掛け声をあげると、けっこうな勢いで私の胸へと頭突きをしてきたからです)

李衣菜「……っ」

武内P「多田さん、どうしましたか?」

李衣菜「クビ……痛い」

武内P「けっこうな勢いでしたからね」

李衣菜「おかしいな……プロデューサーの胸って弾力があるのに」

武内P「あの……突然どうしたんですか?」

李衣菜「あ、この前みくちゃんと猫カフェに行ったんですよ」

武内P(事情を話し始めてくれましたが、私からは多田さんの後頭部しか見えません。頭突きをした体勢のままだからです)





pixivのリクエスト機能を利用して、CHeF氏に挿絵を描いていただきました。
http://i.imgur.com/KPLC6SU.jpg
http://i.imgur.com/Xg8558K.jpg
Copyright © 2021 CHeF
http://www.pixiv.net/users/2407123




ページランキング