ヘッドライン

フレデリカ「ありすちゃーん!」ありす「なんですかフレデリカお姉ちゃん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506209095/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/09/24(日) 08:24:56.23 ID:/LO9fMVM0
【モバマスSS】です


――――プロダクション、事務室

フレデリカ「いやー用ってほど、じゃ…………え?」

ありす「だったらくっつかないで下さい。タブレットが見づらいです」

フレデリカ「え、や、その……ありすちゃん?」ユサユサ

ありす「揺らさないで下さい。もう、なんですかフレデリカお姉ちゃん」

フレデリカ「え、えと……あ……う……」カァァ///

ありす「……どうしていきなり照れているんですか」

フレデリカ「だ、だってそんな、ありすちゃんが不意打ちでそんな……フレちゃん困っちゃう……///」

ありす「いつにもまして意味が分からないんですが……大丈夫ですかフレデリカお姉ちゃん」クビカシゲ

フレデリカ「はうっ! ありすちゃんの愛情ひょーげんが強すぎて耐えれないカモ……///」

ありす「だから、意味が」


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/09/24(日) 08:25:38.03 ID:/LO9fMVM0
※宮本フレデリカ


※橘ありす





周子「春夏秋冬」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505746543/

1 : ◆ukgSfceGys 2017/09/18(月) 23:55:43.43 ID:e0EpKHcV0
モバマスSSです。周子のセリフのみの短編、書き溜め有
季節CDシリーズに触発されて書きました
初投稿、どころか初SSなので拙さにはお目こぼしを


2 : ◆ukgSfceGys 2017/09/18(月) 23:56:27.60 ID:e0EpKHcV0
周子「春、出会いの季節」




[ 2017/09/20 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

神谷奈緒「憎めない常務とアーニャの誕生日」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505753163/


2 : ◆5AkoLefT7E 2017/09/19(火) 01:46:31.33 ID:c121YCsh0

美城常務「ふむ、全員集まったようだな。前回から少し時間が空いてしまったが、プロジェクトクローネ会議を行う」

宮本フレデリカ「どうして空いちゃったのー?」

常務「コミケに行っていた」

神谷奈緒(正直すぎる)

渋谷凛(それで業務が滞るのはどうなの)

鷺沢文香「常務の薄い本が……」

文香「……」

文香「……」

文香「厚くなりますね……!」グッ

橘ありす「なんで溜めたんですか」





日野茜「むかしむかし!あるところにぃ!!」鷺沢文香「もう少し小さく……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505053642/

1 : ◆5AkoLefT7E 2017/09/10(日) 23:27:23.24 ID:qnwoZWMv0


コメディです




2 : ◆5AkoLefT7E 2017/09/10(日) 23:27:57.23 ID:qnwoZWMv0

~事務所~

ガチャ

塩見周子「おつかれさまー」


日野茜「むかぁしむかし!!あるところに!!!」


周子「うわっ!」

鷺沢文香「あ、茜さん……、もう少し小さな声で……」


茜「は、はい! むかしむかし……」ヒソヒソ

文香「き、聞こえません……」

周子「……なにしてんの?」





涼「恋をとめないで?……」モバP「そうだ」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 03:37:54.09 ID:Ic5XO+XU0
涼「Pさん、意外にロマンチストなんだな。でも……この場で告白はちょっと恥ずかしいぞ」


P「バカ、曲のタイトルだよ。お前にカバーの依頼が来たんだ」

涼「へっ?ああ……曲か。初めて聞くタイトルだな。誰が歌ってんの?」

P「お前、COMPLEX知らないのか?」

涼「こんぷれっくす?特に考えたことないな」

夏樹「ちげーよ。日本のロックユニット。あたしも好きだったな」


涼「夏樹、いたんだ?知ってんの?」

夏樹「BOOWYの布袋寅泰と吉川晃司の組んだユニットさ。『恋をとめないで』はその代表曲」

涼「ふーん。吉川晃司ってるろうに剣心の鵜堂刃衛のひとだっけ?」

P「だいたいあってる。だけど違う。吉川晃司は元はロックアーティストだったんだ」

涼「そうなんだ。全然知らなかった」

夏樹「涼はUKと全米しか知らないからな」

涼「仕方ないじゃん。でもなんでアタシなの?」




志希「なんと!! イタズラッコニナールが出来てしまったよ~!♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499349517/


1 : ◆hAKnaa5i0. 2017/07/06(木) 22:58:37.95 ID:YDfXAmrJ0
志希「んふふ…♪ 『サビシクナール(寂しくなる)』を開発したよー…♪」

の続編のようなものです。

2 : ◆hAKnaa5i0. 2017/07/06(木) 22:59:18.22 ID:YDfXAmrJ0
ボンッ! ちゃっちゃら~♪

志希「んー…これはこれは…またクレイジーでマッドな劇薬ができちゃったね~♪」

志希「飲んだら親しい人にイタズラがしたくなっちゃう薬~♪」

志希「むぅ~…でも、プロデューサーに見せたら『さすがにこれはダメ。没収だよ』なんて言われちゃうしにゃ~」

志希「でも…せっかくだから使いたい…」

志希「…♪」

志希「内緒で投薬していくっきゃないよね~♪」

志希「にゃはははは♪」




塩見周子「ぜんざい」

1 :名無しさん@おーぷん 2017/08/22(火)00:23:42 ID:PzJ
※さえしゅうです

2 :名無しさん@おーぷん 2017/08/22(火)00:24:39 ID:PzJ
真夏の肌を焦がすような日差しは、京都も東京も同じだった。

塩見周子は雷門の赤提灯の下で、手帳にバッテンを書き込んだ。

利休白茶に光沢がついたような銀髪。切れ長の瞳。

少し尖った鼻。

普段の性格は飄々としていて、物事の深いところにあまりつっこまない。

彼女は友人の小早川紗枝を伴って、休日という休日を甘味処巡りに費やしている。

なにせこの暑さ。

冷や菓子でも食べていなければ、アイドルもやっていられない。

だが、東京には周子の舌に合う甘味処がなかなか見つからない。

その理由については周子自身検討がついている。




モバP「事務所を飾りつけてみるか」クール編

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501085400/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 01:16:58.75 ID:exFGE5On0
P「せっかくだからうちの事務所もアイドルの私物で飾ってみよう」

P「――なんて話が出て特に断る理由もなく、1人につき1つまでということで許可してみたが」

P「クールなあいつらのことだし落ち着いた部屋になると思っていた。今朝までは」

P「……とりあえず、最初に目に付いた>>3が気になる」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/27(木) 01:37:16.60 ID:75mMdH88o
中性の鎧




【モバマス】モバP「休みだから昼飯でも作るか」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502976547/

1 : ◆7OW8AImtgo 2017/08/17(木) 22:29:07.72 ID:dGLVhW/b0
モバマスのSS
ただPが料理を作ってアイドルが食べるだけ

昼飯作ろうとしたら妹やら知人が来てタカられた実話のアレンジです




ページランキング