ヘッドライン

よしこ「ぐぐぐ……」はなまる「よしこちゃんなにしてるの?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469888569/

1 : ◆ZTPjpycbhE 2016/07/30(土) 23:22:49.99 ID:waFC89+c0
※幼稚園時代のよしマルのつもり

よしこ「あ、はなまるちゃん! 見て見て!」

はなまる「これ、コーヒー?」

よしこ「そう、ブラックコーヒー!」

はなまる「よしこちゃん飲めるの!?」

よしこ「だてんしだもん当然!」

はなまる「かっこいい……!」キラキラ

よしこ「ふふん」




花丸「善子ちゃん、今日もきてないね」ルビィ「うん……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468320567/

1 : ◆ZTPjpycbhE 2016/07/12(火) 19:49:28.25 ID:Im8Thqg80
ルビィ「マルちゃんは今日もノート届けに行くの?」

花丸「うん、善子ちゃんは幼稚園の頃のお友達だったし折角同じ高校に入れたんだから一緒に進級して卒業したいから」

花丸「善子ちゃん、根はいい子だからノートを届ければ勉強するはずずら!」

ルビィ「……今日はルビィも行っていい?」

花丸「っ! きっと善子ちゃんも喜ぶずら!」

ルビィ「迷惑じゃないかな?」

花丸「うん! 迷惑なわけないよ!」




花丸「あー、あったあった」善子「何があったのよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467548280/

1 : ◆ZTPjpycbhE 2016/07/03(日) 21:18:00.82 ID:TKXU1z+S0
花丸「見て、懐かしいでしょ? 幼稚園の頃の写真」

善子「なっ! そ、それってヨハネもうつってる?」

花丸「? もちろんうつってるよ?」

善子「それ誰かに見せるつもり?」

花丸「ルビィちゃんが幼稚園の頃の善子ちゃんを見たいんだってー」

善子「ダメに決まってるでしょ! あと善子いうな!」




花丸「見てダイヤちゃん、月が綺麗ずら」ダイヤ「!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463314909/

1 : ◆ZTPjpycbhE 2016/05/15(日) 21:21:49.58 ID:igk5oheK0
ダイヤ「そ、それは一体どういう意味ですの?」

花丸「? オラはただお月様が綺麗だなーって」キョトン

ダイヤ「そ、そうよね。本当に月が綺麗ね、満月かしら?」

花丸「なんだか変なダイヤちゃん」クスクス

ダイヤ(そうよね、有名な話ではあるけど全員が全員あの話を知っているわけではないですし、何よりわたくしとマルちゃんは女同士ですわ)

ダイヤ「今度お月見でもしますか? ルビィも誘って」

花丸「お月見! したいずら!」

ダイヤ「ふふ、それでは次の満月の日に。次は一体いつかしら」




花丸「ポケモンGO?」ルビィ「一緒にやろ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469430802/

1 : ◆ZTPjpycbhE 2016/07/25(月) 16:13:23.18 ID:W4bX+5EW0
花丸「ポケモンってあれだよね? ピカチュウとかの」

ルビィ「うん、あれのスマホアプリが出たの!」

花丸「ふぅん、どういうの? パズルとか?」

ルビィ「現実世界にポケモンが現れるの!」

ルビィ「実際にスマホをもって歩くとポケモンに会えるんだよ」

花丸「現実世界に!?」ズラッ

ルビィ「ルビィはね、ほら。ヒトカゲゲットしたんだよ」ジャーン

花丸「おおっ!」

花丸「マルもやってみたいずら!」




【ラブライブ!サンシャイン!!】ダイヤ「さて、始めましょうか」花丸「ずら!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445341132/

1 : ◆ZTPjpycbhE 2015/10/20(火) 20:38:52.91 ID:D2VL6mkC0
ダイヤ「今日来ていただいたのは他でもありません」

花丸「……」ドキドキ

ダイヤ「今日この時のためにわたくしは色々準備をしてきました」

花丸「お、オラもずら!」

ダイヤ「貴女という理解者がいてわたくしは幸せものね」

ダイヤ「それでは、ルビィ会開催です!」

花丸「いええええええええい!」




千歌「ふたりって、恋人とどんなえっちしてるの?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/21(金) 01:31:14 ID:UQzzm.N2
千歌「ね」


鞠莉「はっ?!」


花丸「急になに!?」


千歌「いやあのさ……その、ちょっとね、曜ちゃんがね、その……」


花丸「あー」


鞠莉「何となく察したワ」


千歌「話が早くて助かる……けどなんか複雑」




花丸「今日も練習疲れたなあ…。」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474390134/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/21(水) 01:48:54.82 ID:M3FiOxds0
月曜の夜、学生鞄を投げ出し座布団に座る。

足の先から、付け根から、力が溶け出して行くようでしばらく立ち上がれなかった。

時刻は7時半。これから夕飯を食べて、お風呂に入って。
宿題を終わらせて、布団に入って。

なかなかに充実した1日だ。

今日はダイヤと鞠莉の仕事が早めに終わったらしく、久々に全体で通し練習を行った。

9人で踊るのが楽しくて、少々熱が入りすぎてしまったのだ。

いつも止めに入る梨子でさえやめようと言わなかったのだから、やはり楽しかったのだろう。

帰りにルビィと善子とコンビニに寄ってアイスを食べた。
既に日中ですら肌寒くなってきていたが、火照った身体には丁度良かった。

日の入りが早くなった分、練習は早めに終わる。
最近は毎日のように2人と出掛けていた。

花丸「う、動けないずら…。」

誰かに腰をがっしり掴まれているように、自分の身体は動かなかった。

仕方ない。

夕飯に呼ばれるまで、鞄から取り出した本を読んで過ごしたが、
いつの間にか眠ってしまっていた。




善子「あれ? 他のみんなは?」ガチャッ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501339363/

2 : ◆6sysT0v2o77I 2017/07/29(土) 23:44:15.75 ID:ExX6Ntnbo
~放課後、部室~


花丸「それぞれ用事があるからしばらく遅れるって」


善子「ふーん……そんなこともあるのねぇ……」テクテク...スッ


花丸「……」ガタッ テクテク...スッ


善子「……」




花丸「善子ちゃん、喉乾いたずら」 善子「私の唾液でも飲んでなさいよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501317541/

2 : ◆6sysT0v2o77I 2017/07/29(土) 17:40:06.47 ID:ExX6Ntnbo
~善子の部屋~

花丸「じゃあ、これ咥えてよ」サッ

善子「え? ストロー取り出してどうしたのよ」

花丸「いいから」

善子「やれやれ……はむっ」パクッ




ページランキング