ヘッドライン

貴音「響をペロペロしたいです」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:13:22.24 ID:cR+g4j8u0
響「へ?」

貴音「ペロペロさせていただけませんか」

響「…言ってる意味がよくわからないぞ」

貴音「はて…困りました、沖縄の言葉でペロペロとはどう表現するのでしょう」

響「いや、言葉の意味じゃなくて、貴音が何でそんなこと言ってるのかってことなんだけど」




響「貴音のお尻はまろやかだぞ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 22:02:24.19 ID:+sYXQoTP0
-事務所-

ガチャ

響「ただいまー。今日も疲れたぞ」

貴音「お帰りなさい響」

響「あ、貴音だ! あれ、っていうかほかのみんなは?」

貴音「プロデューサーはまだ仕事から帰っていないようです。小鳥嬢はつい先ほど備品の買い出しに」

響「そっか。んじゃ貴音と二人っきりだね! えへへ」

貴音「そのようですね」




響「貴音が好きで好きで我慢できない!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 23:42:50.99 ID:EbeiH3rB0
響「たかねーーーーッッ! お誕生日おめでとう!」

貴音「ありがとうございます、響」

響「うんうん……! ん~~!」

貴音「そのようにキスをせがまれても……わたくしは皆の前では……」

響「えーっ! 我慢できない!」

響「今! 今がいい!」

貴音「だめです。お預け」

響「うぎゃーー! 貴音ぇぇーー! そりゃないぞーー!」




貴音「なるほど…これがいんたぁねっとというものですか」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:53:43.70 ID:x9zkV+UPO
貴音「沢山のらぁめん屋を調べる事が出来ました。これは大変便利なものですね」

貴音「ふむ。検索技術を磨く為他のきぃわぁどでも調べてみましょう」

貴音「では試しに『貴音』と…検索候補とやらが出てきましたね…おや?」

某検索エンジン「貴音 尻」

貴音「」




千早「おにぎりノート?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20(日) 17:23:31.34 ID:FQxG9MdB0
真美「ん? どったの? 千早お姉ちゃん」

千早「真美」

真美「? 何? その黒いノート」

千早「……おにぎりノート、と書いてあるわ」

真美「おにぎりノート?」




貴音「わたくしの体重は、5kgなのです」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 00:03:14.28 ID:fh+OHqcA0
P「なぁ春香。貴音ってどういう奴なんだ?」

春香「どうしたんですかプロデューサーさん」

P「あいつ、961プロから移籍してきたけど、全然会話とかコミュニケーションが取れなくて」

春香「確かに言われてみればそうかも」

P「これからあいつのプロデュースも始まっていくのに、これだとな……掴みどころがないっていうか」

春香「んー。確かに貴音ちゃんってすっごく不思議な感じですよねー」

P「頼むよ、なんでもいいからあいつの情報を」

春香「難しいですね……。なんかありましたら報告しますか?」

P「頼んだよ」




貴音「あなた様。朝ですよ、起きてくださいまし」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 02:00:06.42 ID:Qwx/sqVe0
貴音「起きないとちゅうしてしまいますよ」

P「…zzZ…zzZ」

貴音「ほ、ほんとにしてしまいますよー」

P「zzZ…zzZ…」

貴音「で、では……」ドキドキ

貴音「……」ソー

貴音「ちゅー」



みたいなのが読みたいです!




[ 2019/04/06 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

貴音「私に悪戯をする余興、ですか」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/17(日) 20:20:32.10 ID:74iJdqTt0
真美「さっきひびきんたちが言ってたYO」

亜美「色々言ってたけど内容までは聞けなかった… ごめんねおひめちん」

貴音「いえ、いいのですよ 教えてくれてありがとう 真美、亜美」

真美「き、気を付けてね おひめちん」

亜美「何をしてくるか分かりませんぜ…」

貴音「美希と響なら それほど酷いことはしないでしょう 大丈夫ですよ」

貴音(それより、悪戯ということは"からかう"程度のものだと思いますが)

貴音「私がその事実を知ってよかったのでしょうか…」

貴音「…まったく、面妖な余興です」




貴音「妙な発言をしてめんばぁの反応を見る、ですか」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 20:18:52.05 ID:aWr5OGL70
P「え? な、なんだって…?」

貴音「ですから 不意に妙な発言をみなにぶつけ、どのような反応をするかを調べ愉しむ娯楽です」

P「それは娯楽ではないような気がするな…」

貴音「…妙な発言、ですよ  では私がどのような発言をするか気になりませんか?」

P「ああ そこ1か所に絞ればかなり気になるな」

貴音「では、行って参ります故 撮影をお願いします」

P「うん 撮影必要なのね」

貴音「今宵の余興は完全に私次第となるもの ふふっ、愉しみです」




[ 2019/04/04 14:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

貴音「みなを不意に抱きしめ勝利する、ですか」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/24(木) 20:32:07.18 ID:+W3h9HnR0
P「そうだ いいからやるんだ」

小鳥「1カメ、2カメ、おk! あたしたちだけど!」

貴音「ほう 今日は妙に強制力がありますね… いかが致しました?」

P「まぁいいから…言うとおりにやるんだぞ 貴音」

小鳥「言うこと聞いたら、プロデューサーさんがラーメン食べに連れてってくれるみたいよ」

P「えっ …まぁ、いいけどな」

貴音「本当ですか! ではやらないわけにはいきませんね」

P「いいか…よく聞けよ…?」

貴音「またもや…面妖な余興です」




[ 2019/04/03 18:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング