ヘッドライン

蘭子「貴女も円環の律に従ったようね」伊織「は、はぁ……?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369638291/


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/27(月) 16:06:53.73 ID:XdZReTe30

―――モバマスプロダクション 事務所


幸子「……」

幸子「……」カキカキ

薫「さっちゃーん!」タタタタタ

千佳「ねえねえ、さっちゃーん!」タタタタタ

幸子「……? 今、誰かに呼ばれたような……」

薫「さっちゃん聞いてー!」

千佳「聞いて聞いて!」

幸子「ああ、薫さんと千佳さん。どうしたんですか? ボクに何か用ですか?」パタン

ありす「ちょっと二人とも、大丈夫だから……待ってってば」

薫「えー?」

千佳「ありすちゃん、さっちゃんに聞いておいでって、Pくんに言われてたから……」

ありす「それはそうだけど……。あと、ありすって呼ばないで」

幸子「? なんですか、いったい」




幸子「世界で一番カワイイのはこのボクですからね!」伊織「はぁ!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362726003/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/08(金) 16:00:03.96 ID:wmN8MMdj0

―――数日前


やよい「うっうー!」

やよい「久しぶりに伊織ちゃんと一緒のお仕事嬉しいですー!」

伊織「ちょ、ちょっとやよい、あんまりはしゃいではねると春香みたいに転ぶわよ」

貴音「ふふ、微笑ましいものですね」

P「おっ、三人とも揃ってるな」

やよい「あっ、プロデューサー!」

P「よし、ちょうどいい、そのままで聞いてくれ」

P「今回みんなに出てもらう仕事の話だけど、これは主に765プロとしての仕事だ。
  ユニットや個人だけじゃなくて、事務所の看板を背負うからな」

やよい「は、はいっ!」

貴音「全力を尽くしましょう」

P「あー、とはいっても気負えって意味じゃないんだけど……いつも通りのみんなでいこう」




【ミリオン】ジュリア「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」 響「うんっ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539626282/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:15:23.70 ID:rKGtikYd0

──カァーン。


ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」

響 「うんっ、そうだね!」

ジュリア 「ダンスがヤバいくらい上手いのはみんな知ってるし、それに歌だって、かわいい曲もカッコいい曲もどっちもイケるしな!」

響 「まぁね、自分カンペキだし!」

ジュリア 「確かに背はちょっと低いけど、そこがまたかわいいというか、え~といわゆる萌えポイント(?)だろ? 全然気にならないよ。それに、そう……結構出るとこ出てるしな。まさにカンペキなアイドルだよ!」

響 「う、うん、そう……だぞ!すごいでしょ、えっへん!」

ジュリア 「ああ、ホントに大したもんだ。しかも、料理はプロ級で、掃除に洗濯だってお手のもの。まったく、ビッキーの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいよ。チハのヤツに、うんとたっぷりね!」

響 「うん、まぁね……なんたって自分、カンペキだし……」ゴニョゴニョ

ジュリア 「それに何より、とびっきり明るくて優しいときたもんだ。きっと、すぐにでも良いお嫁さんになれるよ。あたしが保証する」

響 「う、うぅ~~……」

ジュリア 「いや~、ホントのホントにカンペキだよな~、ビッキーってさ!他にも──」

響 「うぅ~~……うぎゃ~っ!もうっ、面と向かってそんなに褒められたら、テレるぞ……///」



──カンカンカンカンカン!





P「気が付いたら響が布団に潜り込んでた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 06:36:23.36 ID:QcPohTqa0

P「……んっ……?」

響「すぅ……すぅ……」

P「……響か……」

P「狭いから離れてくれ」

響「……んー………」

P「……もういいや……寝よ……」

P「………」




P「え?」

P「なんで響が俺の家にいるんだよっ!」

響「んん……うるさいぞ……」




P「律子と五人」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 00:41:39.84 ID:erIsafL10
響「はいさーい!今日も元気にいこー!」ガチャッ

貴音「おはようございます。響は真、元気が良くて……」

響「どんな時でも元気よく!ってな!アイドルの基本さー」

貴音「良い心掛けです。ですが、今は余り……」

響「え、何かマズイ時に来ちゃったか?」

貴音「あれを……」

律子「……」

P「……はぁーあ」

小鳥「あの、えっと……」

響「な、何さ、あの空間は……」

貴音「私も今来た所で……」




千早「おさんぽ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 18:50:13.74 ID:liWf+Bam0
~某日~


千早「……」ぺらっ

千早(せっかくのオフなのに……勿体無いかしら)


ぱたん


千早「……少し散歩しましょうか」




貴音「寒空」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/24(水) 03:24:32.52 ID:kJ1+zi1fO
――Pの部屋・ベランダ
――03:21

貴音「ふぅ…」

P「貴音?大丈夫か?」

貴音「ふふっ。大丈夫ですよ?」

P「そうか?ちょっと…寒くないか?」

貴音「ふふっ。これぐらいが、ちょうどいいのです」クスッ

P「…」

貴音「…あなた様?」

P「そこで、寒いって言ってくれないと…手、繋げないじゃないか」ボソッ

貴音「…」

貴音「くすっ」




[ 2018/09/29 16:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

貴音「わたくしが、あの人を殺したようなものなのですから」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 22:10:35.67 ID:/q2ubmKf0
 
 伊織が事務所に戻ったとき、そこにいたのは小鳥だけだった。
 
伊織「ただいま」

小鳥「おかえりなさい。あれ? 伊織ちゃんだけ?」

伊織「あずさと亜美はそれぞれピンのお仕事が入ったって。律子はあずさに付き添ってるわ」

小鳥「あー、一人じゃ帰れないかもね……」

伊織「そういうこと」

伊織「ねえ、ジュースある?」

小鳥「冷蔵庫に買い置きが。伊織ちゃんの分もちゃんとあるわよ」

伊織「さすがね、よくわかってる」

伊織「ジュース、もらうわよ」

小鳥「ええ、どうぞ」




P「もしもシリーズ」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 23:43:55.82 ID:DrzzLe0EO
――765プロ事務所
――10:30

P「もしもアイドルたちがアイドルじゃなかったら」ボソッ

小鳥「はい?」チラッ

P「もしも…もしもですよ?小鳥さん」

小鳥「はいはい。なんですか?」

P「もしも…アイドルたちが、アイドルじゃなかったらどうなってたんでしょうかね」

小鳥「ふふっ。もしもシリーズですか?懐かしいですねぇ。ドリフでも観たんですか?」

P「いやいや。単純な興味ですよ、興味」

小鳥「そうですねぇ…なら、もしも春香ちゃんがアイドルじゃなかったら」

P「ふむふむ。なら、こういうのはどうですか?」

P「もしも春香がですね?」

―――
――




貴音「今日の夕餉も、真美味でした」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 16:20:34.92 ID:eZsNVkUc0
美希「ふっふふっふーん♪」

美希「『今日のレッスンはすっごく楽しかったの! 明日も頑張るの~』っと」ポチポチ

美希「……あっ、響もつぶやいてるの。どれどれ」

響『おーい、ハム蔵ー、どこ行ったんだー』

美希「ふふ、ツイッターで聞いても出てこないの。響らしいけど」

美希「他に誰かつぶやいてないかなー」

美希「……おっ、珍しく貴音がつぶやいてるの。なになに」

貴音『今日の夕餉も、真美味でした』

美希「」




ページランキング