ヘッドライン

【グリマス】萩原雪歩「ココロをつたえる場所」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514721021/

1 : ◆kiHkJAZmtqg7 2017/12/31(日) 20:50:21.48 ID:bbgcA4Fi0
ミリマスの地の文ssです。LTP12の四人がメインのお話になってます。

2 : ◆kiHkJAZmtqg7 2017/12/31(日) 20:51:26.48 ID:bbgcA4Fi0
「765プロライブ劇場ラジオ、今日は『ココロがかえる場所』CD発売記念特集をお送りしました。お楽しみいただけましたか?」

「ロコたちのセンスとパッションが余すことなく詰め込まれたスペシャルな一枚になってますから、マストでチェックしてくださいね!」

「また、わたくし達が主役の公演も予定されていますわ。もちろん、新曲も盛りだくさんでお送りしますのよ? 詳細は劇場のホームページをご覧になってくださいな!」

「CDでちゃーんと予習して、桃子たちに会いに来てねっ! お兄ちゃんたちに会える日を、楽しみにしてまーす!」

「そ、それでは名残惜しいですが、そろそろお別れの時間ですぅ。お相手は、萩原雪歩と」

「二階堂千鶴と」

「ロコですっ!」

「……と、周防桃子でお送りしました。ばいばーい!」

 BGMがゆっくりとフェードアウトし、全員が一斉に息を吐いた。もっとも、その大きさや込められた感情はそれぞれに違っていたけれど。四人の中で最も小さく、事もなげに呼吸を整えた桃子が、一番に席を立った。

「お疲れ様でーす。桃子、先に荷物取ってきちゃうね」

「あ、それならロコも行きます!」

 二人の声と、ロコが少し慌ただしく席を立つ音が防音壁に囲まれたスタジオに独特な響きを残す。そんな様子を見て、千鶴は椅子に深く腰掛けなおした。

「それでは、わたくしはここに残っていますわ。何か連絡があるかもしれませんから。……雪歩ちゃんはどうしますの?」

「……えっ? あ、えっと、私も残りますぅ。二人とも、いってらっしゃい」

 少し反応が遅れた雪歩の声が、そそくさと出て行ってしまった二人に届いているかは少しばかり怪しいだろう。一仕事終えた感慨に浸っているのは自分だけだと気づいて、彼女は小さく苦笑した。

「雪歩ちゃん、改めてお疲れ様ですわ。率先して進行してくれたから、わたくしも話しやすくて助かりましたわ」

「ううん、こちらこそ……みんな、私なんかよりずっと堂々と話してて、見習わなきゃなって思いました」

「あら、そうだったかしら? 普段は確かに控えめな方かもしれませんが、今日はパーソナリティとしてしっかりとまとめていたように感じましたわよ?」

「いえいえ、私なんてまだまだぜんぜん…………ふふっ」

 このままだとお互い意地になって褒めては謙遜するやり取りの繰り返しになってしまうな、と二人して笑った。
 机の上に散らばったレターやメールを印刷したコピー紙を片付けていると、スタジオの扉が開く音がする。現れたのはスーツに身を包んだ男性……プロデューサーだった。

「二人とも、そっちは大丈夫だから支度して先に車に戻るようにロコと桃子にも伝えてくれ。俺も局のスタッフさんに挨拶したらすぐに行くから」

「わかりました。それでは、お先に失礼しますぅ」

「スタッフの皆様、本日はありがとうございました!」




【SS】周防桃子のハッピー・メリー・メリークリスマス【グリマス/ミリシタ】

2 : ◆74LM.FwaZM 2017/12/28(木)21:44:57 ID:LAw
12月25日(月曜) 晴れときどきくもり
今日はクリスマス。 春香さんにお昼からお願いして、一緒に作ったケーキは、はじめてなのに本物みたいにできて、うれしかった。
ケーキは机においておくとダメになるから、お兄ちゃんがシアターに帰ってくるのを窓から見張ってた。
こっちにくるお兄ちゃんを発見してから、冷蔵庫から取り出して、また入り口にもどるときに、いそがなきゃいけない。
けど、はしると形が崩れちゃうかもしれないから、早歩きをしなきゃいけなくて、気ばっかりあせってぜんぜん前に進まないのがもどかしかった。




[ 2017/12/29 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス】横山家の事情

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514448256/

1 : ◆BRZinuuIIfwI 2017/12/28(木) 17:04:16.94 ID:Stv7v61+O
【765プロ事務所】

奈緒「桃子~。お願いがあるんやけど、ええかな?」


桃子「どうしたの?奈緒さん。」


奈緒「あんな、桃子のサインが欲しいんや。」


桃子「サイン?改まってどうしたの?」


奈緒「実は、私のアニキが桃子のファンらしくてな。」


奈緒「『桃子ちゃんのサインが欲しい』って頼まれたんや。」


桃子「へぇー、そうなんだ。うん、書いてもいいよ。」


奈緒「ほんま?ありがとう!」




桃子「私のサンタさん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514143589/

1 : ◆W56PhqhW.M 2017/12/25(月) 04:26:30.17 ID:eVTNZvKo0
前作

静香「未来はサンタさんに何をお願いしたの?」 未来「へ?」

のサイドストーリーてきなやつです

端的に言えば、桃子がサンタさんを信じていない話です

2 : ◆W56PhqhW.M 2017/12/25(月) 04:29:59.33 ID:eVTNZvKo0
 近々、劇場でクリスマスパーティをするらしい。

 俺がその情報を得たのはほんの数日前。クリスマスの装飾をしている最中に、この劇場のアイドル———佐竹美奈子からそう提案されたのだ。本来はこちらからクリスマスパーティの企画を持ち寄るつもりであったが、アイドル主体のパーティというのもおもしろいと思い、この件はアイドルたちに一任することにした。

 最初は美奈子とその周辺のメンバーが準備をしてくれていたのだが、噂は広がり、今ではほぼ全員が手伝いに参加している状況だ。各々の得意なことを活かし、装飾、料理、出し物、などただの身内パーティで終わらすには勿体ないほど豪勢なものが出来上がりつつある。アイドルたちが、パーティを楽しいものにしたいと思う気持ちを、すぐに仕事に結び付けて考えてしまうのは俺の悪い癖だろうか。




[ 2017/12/25 06:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス】周防桃子「モモコの日記」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510241949/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/10(金) 00:39:09.33 ID:bqoEDNy10
〇月〇日

きょうはお外でおともだちといっしょにあそんだ。

とてもいい天気だったので、公園でみんなでだるまさんがころんだをした。

おに役はモモコがいちばんうまくて、みんなをたくさんつかまえた。

たくさんあそんでいたらいつのまにか夕方になっていて、私もみんなもお母さんといっしょにかえった。

あしたもいっぱい遊びたいなあ。





[ 2017/12/22 23:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス】桃子「だって、今日からお兄ちゃんは」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509894012/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 00:00:21.06 ID:IoDT3yM60
 車に乗り込んですぐに異変に気づいた。
 劇場の喫煙室前でよく嗅ぐ匂い。その微かな残りが私こと、周防桃子の鼻を確かに刺激した。

 「……お兄ちゃん。またこの車で煙草吸ってない? 桃子、やめてって言わなかったっけ?」
 「え? なにが?」

 いかにも「私は何も聞いてませんよ」という風な態度を装いながらエンジンをかけるお兄ちゃん。
 この人。私のプロデューサーっていう自覚はあるんだろうか。私がその程度の演技を見抜けないとでも思っているのだろうか。
 ……もう。仕方ないなあ。




[ 2017/12/22 08:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

静香「未来はサンタさんに何をお願いしたの?」 未来「へ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513683394/

2 : ◆W56PhqhW.M 2017/12/19(火) 20:39:31.83 ID:3OMvOKju0
未来「もう~ 私中学生だよ~? サンタさんがいないことくらい知ってるって!」

静香「え? 私てっきり未来はサンタさんを信じているものだと思ってたんだけど……」

未来「静香ちゃんまた私のこと馬鹿にしてる~ 小五の頃、お母さんがうっかりクリスマスの日にプレゼントを置き忘れたせいで何となく分かっちゃったかな」

未来「プレゼントがないー!? ってわめいてたら、お母さん慌てて押し入れから取り出してきてさ~ ほんとお母さんうっかりだよね」

静香「ふふっ、未来みたいね」

翼「ねえねえ二人とも何の話してるの~?」

未来「あっ翼! 翼はサンタさんに何貰うの?」

翼「え~ 未来まだサンタさん信じてるの? そういうのは小学校の頃に卒業したって感じ♪」

未来「翼まで私のこと馬鹿にして~ 私だってサンタさんがいないことくらい知ってるよ!」

翼「まあ普通はそうだよね。正体を知ってからはプレゼントは貰えなくなったけど、お兄ちゃんとお姉ちゃんが毎年サンタになってくれてすっごく楽しいんだ♪ むしろ昔よりもプレゼント貰ってるかも!」

ガチャ




桃子「私が作ろうバースデーケーキ」【ミリマスSS 】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513432452/

1 : ◆UEry/CPoDk 2017/12/16(土) 22:54:13.26 ID:XF1iPsqN0
遅くなりましたが中谷育ちゃんのお誕生日記念に。

2 : ◆UEry/CPoDk 2017/12/16(土) 22:55:42.40 ID:XF1iPsqN0

美咲「千早ちゃん、お疲れさまです。」

千早「お疲れ様です。青葉さん、プロデューサーはどちらに?」


美咲「今日は育ちゃんのバースデーライブがありますので、そちらに行かれましたよ。 」

千早「あ、そうでしたね。じゃあ待ってます、打ち合わせがあるので。控え室のコンポ、使ってもよいでしょうか?」

美咲「はい、どうぞー。」

(ガシャーン)

美咲「…おや。なんでしょう、今の音?」

千早「給湯室の方でしたね、ちょっと見てきます。」

美咲「お願いします。変ですねぇ、今の時間は誰もいないと思ったんですが。」

千早「あら、電気がついてる…誰かいるの?」

桃子「あ…。」


千早「桃子。どうしたの、今日はオフじゃなかった?」

桃子「…」




【ミリマス】育「戦いの終わり」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513351782/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 00:29:42.61 ID:hko7hO0B0
たたかいのはじまり | サイトロ #pixiv https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7583500

この作品に敬意を込めて

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 00:31:39.47 ID:hko7hO0B0
まるでわたしのことを避けるように、ブーケが私の頭を駆け抜けていく。

「育?」

もちろんブーケに意思なんかない。
白いアネモネと水色のスカサビオのシルクフラワーをまるく組み合わせたブーケは、わたしの親友の桃子ちゃんの手の中におさまっていた。

「どうかした?」

「育、どんな顔してるかなって」

「趣味わるいなー」

そう言ってブーケと桃子ちゃん、そして投げた花嫁さんとを見比べてみる。

さっきまでちょっと泣きそうだったんけれども、アイドルとして、いや女性としてどうなのよと言いたくなるほど泣いている恵美さんとエレナさんのお世話で、すっかりひいちゃったみたい。

もったいない。二人とも気合入れてメイクしてたのに……。




[ 2017/12/16 13:25 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

[ミリマス]真美「仮に、仮にだよ」雪歩「うん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513365906/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 04:25:06.66 ID:mfr81ECi0
※百合注意
※キャラ崩壊注意
書き溜めあり

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 04:26:40.58 ID:mfr81ECi0
真美「仮に、ゆきぴょんが女の子が好きだとするじゃん?」

雪歩「え?男の人はまだちょっと苦手だけど別に女の子が好きなわけじゃ」

真美「仮にだってば。それで、仮に女の子が好きだとして、年上と年下どっちが好き?」

雪歩「ええと…、ちょっと答えられないかな」




ページランキング