ヘッドライン

向日葵「ゆるゆり短編集ですわ」櫻子「大室家多め!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421908520/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/22(木) 15:35:21.11 ID:1bdY9ibeo
【なつの おおむろけ】


ミーンミーン……


櫻子「あぢぃ……」


撫子「ただいまー」ガチャ

花子「あっ、撫子お姉ちゃん」


撫子「暑そうだね櫻子」

櫻子「あっったりまえじゃん!! 誰だって暑いよこんな日は!」

撫子「そんな櫻子に良いものがあるよ」ごそごそ

櫻子「えっ! なになに!? 何か道具を出してくれるの? なでえもん!」


撫子「誰がなでえもんだよ ……はいこれ」ばさっ

花子「なんだしこれ?」


櫻子「あーー! ビニールプールだ!!」

撫子「私の友達が貰ったものらしいんたけど……その友達も使わないからって、私が貰ったんだ」

櫻子「やったーーー! プールー!!」

花子「まあビニールプール程度でも今は大助かりだし」

撫子「よし、作るか」




櫻子「私たちの日常を」撫子「短編集でお届けします」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411399473/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 00:24:43.35 ID:P1/+EThu0
※大室家を中心とした短編集の詰め合わせです

※ギャグ多め、エロもあります。それでも良いよという方はどうぞ。




【ゆるゆり】向日葵「私に宿る思いの種が、育って姿を現わす時」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460985078/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 22:11:18.55 ID:HU3aRO4z0

「うわああーん……、どこにも――ひっく、ないよぅ……」

「こんにちは――って、ひまちゃん……?どうしたの?」

「うえええん……、あ、うっ、あのね……」

「……??」

「わたしのかみどめが、うっ……、どこかにいっちゃったんだ……」

「そうなの……?」

「うえええん……」

「わかった!ひまちゃん、なかないで!」

「さ、さーちゃん……」

「わたしもいっしょにさがしたげる!」

「うう、でもぉ……。うううっ……。もしみつからなかったら……」

「えっ!?」

「わたし、そんなのいやだぁ……」

「えーと……」

「ううう……うえええん……!」



(ゆるゆりSS、ひまさく)






櫻子「ちちゆれエフェクター?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 00:24:10.92 ID:xNzQzU7G0
西垣「そうだ、暇だったので作ってみた、やろう」

櫻子「いいんですか?」

西垣「作りたかっただけだからな、簡単な機構だから大室でも問題なく使えるだろう」

櫻子「やったー!で、これどうやって使うんですか?」

西垣「手に持ってスイッチを押す、すると中の振動共鳴波発生伝導装置が動きちちゆれ波を拡散させる」

西垣「拡散したちちゆれ波が二つの丸い脂肪…つまりおっぱいの事だな、これにぶつかると」

西垣「振動共鳴を引き起こし、ぷるんっと揺れる」

櫻子「?」

西垣「つまり…近くにいる人のおっぱいを揺らせる装置だ」

櫻子「おもしろそー!!」キラキラ




【ゆるゆり】櫻子「シコい・・・」向日葵「!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563184563/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/15(月) 18:56:03.93 ID:814vFW/I0

(1年教室)


向日葵「はー、体育で汗かいちゃいましたわ。さてジャージを脱いで・・・」

櫻子「・・・」






櫻子「花子は向日葵に感謝して生きろ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 20:29:35.56 ID:Dd7YNBZZ0
花子「そのまま返すし。櫻子はひま姉に迷惑かけすぎだし」

櫻子「いや、そういうことじゃないんだ」

花子「じゃあなんだし」

櫻子「お前、向日葵に育てられたんだよ」




向日葵「言葉にしない想い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423738034/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 19:47:14.82 ID:uTiPQ6RfO
2月14日。


少しだけ早起きをして、昨日のうちに作っておいたチョコレートの出来具合を確認する。なかなか上手い具合だった。あの子が好む塩梅だろう。

用意しておいた包装は去年と同じお店のものだけど、今年は少し大人っぽく。私もあの子も、もう中学生になって一年が経つ。

他の子用に作ったものと微妙に違うその特別なチョコレートを、慎重にたたみ包んでいく。でも何か物足りない気がした。


そういえばこの包みを買ったお店には、メッセージカードもいろいろ売っていたっけ。

チョコだけでは伝えきれない想いを書いたり、むしろメッセージが主役で、それを送る理由付けとしてチョコを添えたりする人もいるのだろう。

手持ちのメモに何か書いて挟もうか……そう思って、すぐやめた。なにせ朝は時間がないし、起きたてでうすらぼやりとした私の頭は何のアイデアも思い浮かんでくれない。それに今さらあの子に、何を書くことがある?


シンプルでいいのだ。余計な装飾も、余計な具もない、メッセージもないただの甘いチョコレート。

あの子が好きなこの味だけを、毎年この日に渡している。


櫻子もきっと、それだけを望んでいる。




あかり、ちなつ、向日葵「シスコン?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1555342604/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 00:36:45.01 ID:UV6XGvRl0
櫻子「私さあ、ゆきちゃんに、シスコンなんじゃないのって言われたんだよねぇ」


あかり、ちなつ、向日葵「シスコン?」


櫻子「そうそう。昨日の掃除中に話してたんだけどね……」




櫻子「ブックオフなのに本ねーじゃーんwwww」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1554729805/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/08(月) 22:23:25.91 ID:FB00kJIh0


櫻子「フィクションは本だけにしとけよww」


向日葵「……」ハァ


櫻子「な、なんだよその顔」


向日葵「櫻子……ブックオフは、名前こそブックオフですけど、いわゆるリサイクルショップですのよ。ですから、本だけじゃなくて、服とか、ゲームとかも取り扱ってますのよ」


櫻子「そんなの知っとるわ!」


向日葵「え?櫻子のことだから、てっきり知らないのかと」


櫻子「はぁ!?なんだよそれ!私は、あのCMの真似をしただけ!」






【ゆるゆり】櫻子「怪しい…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550073642/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/14(木) 01:00:43.05 ID:z/0NjRXg0
~2月12日 学校~


櫻子「フフフンフーン、フフフーン♪」ルンルン


向日葵「櫻子、あなたずいぶんご機嫌ですわね」


櫻子「だって明後日はバレンタイン!チョコがいっぱいもらえる日じゃん!」


向日葵「はぁ…」


櫻子「なんだよ、ため息なんかついて」


向日葵「あなたは食べることしか考えてないでしょ。私は手作りチョコたくさん作らなきゃいけないから、ちょっと大変ですわ」


櫻子「はいはい私はどーせチロルチョコですよー」


向日葵「全く、櫻子が私の手作りチョコ食べたいなんか言うから…」


櫻子「だって食べたいんだもん!」


向日葵「まあいいですけど…」


櫻子「じゃあ向日葵、今日は生徒会無いし一緒に…」


向日葵「あっ、ごめんなさい櫻子。今日は用事があって一緒には帰れませんのよ」


櫻子「えっ」


向日葵「じゃあ」タッタッ


櫻子「向日葵が…用事?」





ページランキング