ヘッドライン

真美「お姫ちんとイチャイチャしてゆきぴょんを嫉妬させよう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21(火) 00:11:46.08 ID:NNr31RKQ0
雪歩「四条さん、お茶どうぞ~」

貴音「これはありがとうございます、雪歩。ではさっそく頂きます」ズズッ

真美「お姫ちんお姫ちーん!」

貴音「おや……どうしたのですか、真美?」

真美「真美にもお茶ちょーだい!」

雪歩「あっ、それじゃあ、真美ちゃんの分もいれようか?」

真美「あー、ううん、いいよ。ありがとね、ゆきぴょん!」




テレンス・T・ダービー「おじさんとゲームで勝負しないかい?」亜美「いいよ→」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432386980/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/23(土) 22:16:30.86 ID:V39oXx610
某ゲーセン

亜美「よっしゃ11連勝目→」

智絵里「すごい亜美ちゃん!」

P「ぐぅ・・・また負けた・・・この俺が・・・・・オーディションバトルで・・・」

真美「ゲームのプロデュースはヘタヘタだね→」

P「ええい、やめだやめ!ちょっと今日の仕事のこと事務所に電話してくるわ」ダッ

P(しかしアーケードのアイマスSPがあるとはこのゲーセンすごいな・・)

亜美「ありゃ、逃げちゃった」





P「貴音に大好きって告白してもらいたい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396142103/

2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 10:15:50.67 ID:ESlFrYf1o
真美「お?」

P「貴音ってさ、本人のキャラクター的に異性に対して「大好き」って言わなそうだろ?」

真美「んー…確かにお姫ちんだと」

真美「お慕い申しております…」

真美「とか?」

P「流石真美。声真似は完璧だな」

P「そしてまさにその通りだと思う」

真美「てか、兄ちゃんや」

P「ん?」

真美「お姫ちんのこと…好きなの…?」

P「愛してる」

真美「は?」

P「愛してる」

真美「は?」




亜美「真美が好きすぎて堪らない」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392132012/

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/12(水) 00:20:12.80 ID:qTxXqZZf0

亜美「ぁぁ…まみぃ…マミーぃぃ…」スリスリ

真美「ちょっとひびきん! これどうすんのさ!」

響「わ、わかんないぞ! 本当に催眠術にかかるなんて思ってなかったし!」




真美「ゆきぴょんのバースデー!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387862615/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 14:23:35.33 ID:ribnivffo
真美「やっほーゆきぴょん、お誕生日おめでとー!」

雪歩「あ、ありがとう真美ちゃん……えっと……」

真美「んっふっふ~、どうしたのかなゆきぴょん? 何か言いたげだけど……」

雪歩「真美ちゃん、もしかして家からずっとその格好で来たの?」

真美「うん! 真美のサンタコスで道行く人たちの視線を独り占めだよ!」

真美「でもねゆきぴょん、これはゆきぴょんをビックリさせるために……っくしゅん!」

雪歩「!! だっ、大丈夫? 真美ちゃん」

真美「さむさむさむさむさむさむさむさむ」ブルブル

雪歩「と、とりあえず上がって! 私の部屋、暖房ついてるから! ほら!」




真美「お誕生日おめでとう、まこちん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/29(水) 20:00:17.64 ID:31MzOj0a0
真「ただいま戻りました」

春香「あっ真、誕生日おめでとう」

亜美「誕生日おめでと→まこちん」

真「ありがとう春香、亜美」

亜美「ねえまこちーん、誕生日プレゼントあるから向こうの部屋行こうよ→」

真「えっほんとに!?ありがとう」

春香「先行ってていいよ、真」

真「うん、わかった」スタスタ




真美「事務所の皆にアドバイスを貰ってまこちんに告白する」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06(土) 18:00:19.76 ID:KRQIYR8H0
真美「はあ……」

春香「あれ、どうかしたの真美?」

真美「えっ!?ううん、どうもしないけど…」

春香「うーん…そっか、ちょっと元気ないみたいだから心配しちゃった」

真美「…あ、あのさ…はるるん」

春香「何?」

真美「は、はるるんってさ…好きな人とかいたりする?」

春香「えっ!?好きな人?」

真美「うん…」

春香「…いない…かな」

真美「そっか…」




真美「じゅぼじゅぼ気持ちぃよお……」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 12:47:21.86 ID:5s9r4be70

真美「ねぇ、兄ちゃん。いつものあれ、やってよ」

P「耳かきか?あれでも、昨日もやったじゃないか」

真美「いいじゃん、気持ちいいんだし」

P「真美が耳かきされてる時の声がうるさすぎて、みんなが帰った事務所でしかできないからなぁ」

真美「自分やっても、あんな声出ないもんっ」

P「じゃー自分でやれよー」

真美「兄ちゃんつれない…。じゃあ、明日なら?」

P「まー、明日ならいいか」

真美「やっぱり兄ちゃん大スキ!」

P「はいはい。気をつけて帰れよ」

真美「うん!」




P「中学生組に保健体育の授業を受けさせる!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/18(火) 02:07:26.96 ID:zndYLdseO
P「日中の暑さもいくぶんか和らぎ、徐々に秋めいてまいりました。こんばんは、実況のPです」

小鳥「解説の音無です」

P「さて音無さん。ついに始まりますねぇ」

小鳥「ええ。765プロ秋場所、と言ったところでしょうか」

P「そうですねぇ。それではここで、本日のルールをご説明いたします」

1.中学生組(伊織、美希、やよい、真美、亜美)に保健体育の授業を受けさせる(講師役は雪歩)

2.別室からその様子を観て楽しむ




真「真美を子供扱いしてみよう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/20(月) 20:45:10.68 ID:RH/kKw920
真「あれ、このCD…真美の新曲のジェミーじゃないか」

真「そういえば今日発売日だったっけ…折角だし買って行こうかな…ちょうど最後の1枚だし」

真「これください」スッ

店員「○○円になります」

真「ええと…よし、足りるね」スッ

店員「ありがとうございました」

真「さて、早速家に帰って聞こうかな」




ページランキング