ヘッドライン

P「貴音の正体に迫る?」真美「うん!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 00:23:44.46 ID:3OrSkmNg0
真美「ねぇ兄ちゃーん。ヒマだよー」

P「俺は今仕事中だっての……」カタカタ

真美「遊んで遊んでー!」

P「もうちょい待てって……」

貴音「あの、あなた様」

P「ん? あぁ、貴音。そろそろ仕事か」

貴音「えぇ。では行って参ります」

P「おう、行ってこいー」

ガチャ、バタン

P「ふぅ、一段落着いたなー」

真美「……」

P「どうしたんだ真美。珍しく難しい顔して」

真美「珍しいは余計だよ兄ちゃん! あのさー、前から思ってたんだけど……」

P「ん?」

真美「お姫ちんって結局のとこ、ナニモンなのー?」




亜美「ピヨちゃんからAVを借りたよ→!」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/27(水) 22:16:17.14 ID:0SLzG8dCO
真美「え、AV!?」

亜美「そだよ→!」

やよい「えーぶいって……なぁに?」

亜美「んっふっふ~。やよいっち、AVも知らないの?」

やよい「う?」

真美「あ、亜美は知ってるの?」

亜美「そんなの、アニメヴィデオに決まってるじゃんかぁ!」

真美「えっ!?」

やよい「アニメぇ?どんなアニメなの?」

亜美「そこまでは分かんないよ。ねぇねぇ、3人で一緒に観ようよ→!」

真美「……」

亜美「ん?どしたの真美ぃ?」




真美「ニキビができた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 01:39:26.64 ID:78ws0g3RO
初SS即興書き溜め無しです

ー朝 双海家ー

亜美「真美→!おっは→!」

真美「ん~あと5分~」モゾモゾ

亜美「そんなこと言ったって亜美もう竜宮のオシゴトあるから先に行っちゃうし、パパもママももういないよ→」

真美「亜美隊員私の事は気にせず先に行くんだ…私もすぐに行く…」

亜美「隊長を置いてなんか行けません!ってうあうあ~もう時間だ~、りっちゃんに怒られる~、そゆわけで亜美もう行くね→」

真美「ん~いってら~」




P「恋人たちのクリスマス」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356311563/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/24(月) 10:12:44.00 ID:ul9yyPIDO
真「う~さむ~」

美希「春香おそいの」

真「何やってるんだろうなー。もうとっくに撮影は終わってるはずなのに…」

美希「ミキ、春香よりもババロアの方が楽しみなの!」

真「美希は食べ物のことばっかだな…」

美希「この際、春香がババロアに見えるの!あはっ☆」

真「まったく……あっ、おーい、春香ー!」

春香「ごめん~真、美希」

真「何やってたの?随分と遅れたけど」

春香「あのー…迷子になってしまいまして…」

美希「あずさみたいなの。そんな事よりババロア!」

春香「う、うん!そうだね!ババロア楽しみだな~!美希、買ってきてくれたんでしょ?」

美希「え?」

真「え?」

春香「え?」




春香「千早ちゃん家で」亜美真美「「おべんきょー会!!」」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 02:00:43.68 ID:KlHWnTeDP
千早「……それで」

春香「勉強だよ勉強! 亜美と真美もテストが近いんだって」

亜美「チョーめんどいけど、頑張らないとアイドル続けらんないしー?」

真美「はるるんと千早お姉ちゃんが教えてくれれば余裕っしょー!」

春香「と、いうわけで!」

千早「それはいいのだけれど……」

千早「どうして、うちなのかしら……」

春香「うーん、なんとなく!」

千早「……」

亜美「あ、えっとね」

――




春香「ルンバ買ったんですか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:09:58.44 ID:FooB8AJi0
小鳥「そうなの。私も最近忙しくて、事務所の掃除ができてなかったから」

春香「へー、律子さんがよく許しましたね」

小鳥「実は私が自費で買ったものなの」

春香「そうだったんですか?」

小鳥「ええ、だから壊したりしないでね?」




亜美「仮にだよ? 仮に今日私たちの誕生日だとするじゃん?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/23(水) 22:06:52.12 ID:4Zp8MALJ0
亜美「みんなから何がもらえたら嬉しい?」

真美「えー? そうだなー」

亜美「仮にだからね。けっこう無茶な注文でも大丈夫だから」

真美「んー、じゃあ試しに一人一人考えてみよう」



ぼちぼち投下していくけど本来22日に投下する予定だったからそのつもりで見てくれると嬉しい




亜美「うあうあ~!真美がマリオになっちゃったよ~!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 22:11:31.02 ID:dcThekxN0
真美「ィヤッフゥゥwwwwww」

律子「……何これ」

亜美「朝起きたらこんなんだったんだよー!助けて律っちゃ~ん!!」

律子「助けてって言われても…ねぇ?」

真美「ブワホォ~ウwwwwwwwww」

律子「…………」イラッ




真美「ひびきんとドッキリ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539864982/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:16:23.23 ID:sYwv3Xnr0

真美「ひびきんが奇声をあげながら倒れたら」

響「うん?」

真美「事務所のみんなはどんな反応をするんだろうね?」

響「………」

真美「心配するか慌てふためくかそれとも止めを刺しにくるか……気にならない?」

響「………」ソッ

真美「熱とかないから真美のオデコに手を当てなくてもいいよ」

響「真美……アイス食べるか?」

真美「哀れみの目で見ながら優しくしないでよ……まあ食べるけど」モグモグ

響「ガリガリ君ナポリタン味、美味いか?」

真美「くっそマズイ」ペッ





亜美「うえーんうえーん!」真美「どったのー?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 06:26:30.16 ID:H1QIO/p80
亜美「あんね、あんね、亜美のいちごがね」

真美「うんうん、亜美の苺が?」

亜美「おちちゃったの……」

真美「大丈夫だよ、洗えば食べられるよ?」

亜美「きちゃないよー!」

真美「汚くないない、もったいない。ほら、綺麗になったっしょ?」

亜美「きちゃない……」

真美「苺さんも亜美に食べて欲しいって言ってるよ。タベテー、アマクテワタシオイチイヨー。ほら」

亜美「やぁっ……」

真美「んもーわがままばっかり言ってちかたないなぁ、じゃあ私の苺一つあげる。もう落としちゃダメだよ?」

亜美「ん!」

真美「ありがとうは?」

亜美「ありがとう!」

真美「よちよち、いいこいいこ」




[ 2018/10/16 11:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング