ヘッドライン

【安価】幸子「光さんと無人島」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531671447/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 01:26:53.88 ID:/GGFgitj0
青い空、白い雲、心地良い波音、目の前に広がっているのは、綺麗な砂浜と透明な海。
太陽は高く輝き、映画等であれば最高のシチュエーション言えることでしょう。

光「遭難してなければね」

幸子「それは言わないでください・・・・・」




[ 2020/07/21 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

晶葉「博士と助手」P「細かすぎて伝わらない346プロ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500731067/

1 : ◆UdOc/BapM1tR 2017/07/22(土) 22:44:27.48 ID:R6xDxxFno

テーテーテテテテー♪

P「...............なんなんだこの音楽?」

晶葉「知らないのか?このBGMはスターウォー」

P「いや、このBGMが使われた映画の話をしたいわけじゃない。」

P「いや、勘違いしないでくれ、俺はあの映画好きだぞ?」

晶葉「いや、私はべつに君の好きな映画には興味を示してないが.......」

晶葉「.......ウソだそんな顔をしないでくれ。」


(某みなさんのおかげだった感じのテレビ番組さながらの舞台セット)


晶葉「君が今見てる景色と今流れた曲で、あらかた何かを察したんだろう。」

P「もしかしてその通りか?」

晶葉「何なら、オーディションはすでにすんでいる」

P「ヒャア!さすがだぜアキえもんいったい何時の間に。」

??「その質問には私がお答えしましょう。」






モバP「頼子、〇〇と仲良いんだよな」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391922417/

1 : ◆m1/9P3R/Ihfa 2014/02/09(日) 14:06:57.77 ID:epcMwQzq0
モバP「頼子、〇〇と仲良いんだよな」

Pが頼子さんから他のアイドルとの交友関係を聞くSSです
Pとのイチャラブ要素、アイドル同士の百合っぽい関係もややあります
複数回投下する予定ですが、投下感覚はそれなりに空きます
次回作の予定が変わってごめんなさい





蘭子「ククク……集え、真なる『瞳』に目覚めし者よ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 22:19:40.44 ID:UOijbrGQ0
晶葉「呼びだされたと思ったら、なんだ?」

蘭子「我が集いに新たなる友が現れた! その宴を開催せん!(事務所に、可愛い新人さんが来たんです! だから紹介したくて!)」

晶葉「あぁ、なるほどな……しかし相変わらずその話し方か。変わらないな蘭子は」

蘭子「既に我が咎が身となり血となっている……雪ぐのも容易くない……(く、癖になってて……つい……)」

晶葉「まぁ、慣れている私みたいなのはいいかもしれないが……その新人さんとやらは大丈夫なのか?」

蘭子「……あぅぅ」

晶葉「案の条か……」




モバP「どうした紗南?何かあったのか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 02:01:20.51 ID:X4zS9C7f0
紗南「……うう~っ…Pさぁ~ん…!!」

P「! おまっ……涙目じゃないか!?どうした!?」

紗南「うぅ~…あたし……あたし……っ」

P「……っ?」




紗南「もうポケモンやめる!!!!」

P「!!?」




凛「…ぱ…ぱわー…ちゅーにゅー…」ギュウッ モバP「!?」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/15(火) 11:03:45.69 ID:1I65MS72O
凛「……違うからね」

凛「これは罰ゲーム罰ゲームとしてやらされてるだけだよ」

P「いや……お、俺は何も見てなかったぞ」

凛「……」グスッ

P「大丈夫か!凛!」

凛「私がやりたかったことないもん」ボロポロ

P「わかった、わかったよ!罰ゲームなんだな、わかったよ!」

雪美「……」




モバP「どうした南条?何か悩み事か?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 22:42:42.50 ID:XtZj75GU0
南条光「あ……うん、ちょっと、な……それより、光でいいよ。相棒なんだから」

P「そっか……ところで、何か悩み事か?……俺でよかったら話だけでも聞いてやれるし、アレだったら相談にも乗るぞ?」

光「……プロデューサー……」

P「?」



光「人間って、どうして争うのかな?」




[ 2020/05/16 14:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

南条光「超人サイバーZって知ってるか?」モバP「(アカン)」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 23:47:54.13 ID:1OGr1qhO0
P「えっ何それは」

光「今日学校で男子がそんな事話してたのを聞いたんだ」

P「へ、へー」

P「(今ニ○動であの類のが普通にランキングに入ってるからな、消せよ運営)」

光「きっと何かの特撮物だと思うんだけど何処にも心辺りが無いんだ」

P「そうだなーたぶんそうだなー(あったら困る)」

光「めぼしい特撮は全てチェックしていたつもりなのに…このアタシとした事がとんだ失態だぜ…」

P「(やべえよやべえよ)」




[ 2020/05/11 06:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

モバP「事務所にテロリストがやってきて占拠された……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 15:36:09.08 ID:JWa2gyaL0
テロリスト「……ボス、本当にアイドル事務所なんかでいいんですかい?」

ボス「かまわん。いいか、今やアイドルは社会現象だ。その中でも新規気鋭のこの事務所……」

ボス「若い命も複数ある。未来あるものたちがな。だからこそ我々の主張を聞かせることができる」

テロリスト「ボス……」

ボス「いいか、殺すな。我々は、主張をしたいのだ。むやみに殺しているのでは、意味がない」

テロリスト「わかっています……いきましょう」

ボス「あぁ。計画は万全だ」

ボス「……ミッションスタート」




モバP「凛、可愛いな」凛「……?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 21:22:13.25 ID:4zLHvsAl0
凛「どうしたのプロデューサー……いきなり」

P「何がだ?」

凛「今までそんなの言った事ないでしょ?」

P「そうだったかな。まぁ可愛いのは事実だし」

凛「……ふーん。ホントにそう思う?」

P「あぁ、もちろんだとも」

凛「そっか。ふふっ、ありがと」

凛「レッスン行ってくるね」

P「おう」

凛「~♪」ガチャ


P「喜んではいるみたいだけど反応が薄過ぎて凛は駄目だな」




ページランキング