ヘッドライン

南条光「光と影」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451889114/


2 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 15:35:38.98 ID:B7GQuRM80


……
-公園


男児1「なぁ、昨日のテレビ見た?」

男児2「あ! 光ねーちゃんだろ。すごかったよね!」

男児1「……あんなかっこよかったんだな」

男児2「うん……でも、オレらはあんなにかっこいい光ねーちゃんの泣き顔を見たことあるんだ」

男児1「おぉ……! なんか……いいな」


女児「……よくないよ」

男児1「? なんでだよ」

女児「最近、光おねーさん全然公園に来ないし、一緒に遊んでない」

男児2「仕事がいそがしーんでしょ。前と違って、いっぱいテレビ出てるし」

女児「それもだけど……やっぱり、イメージもあるんじゃないかな」

男児1「イメージ?」

女児「あんなにクールでかっこいいアイドルが……公園でヒーローごっこなんて、できる?」

男児1「……」

男児2「そんなこと言ったって、誰だって、いつかはヒーローごっこなんてやめるじゃん。光ねーちゃんはそれがちょっと遅かっただけじゃないの?」

男児1「そうだよな……オレらの周りだって、ヒーローものなんてとっくに卒業してるし」

女児「……そうなのかな。これで、いいのかな…………」






モバP「光が仮面ライダークイズに変身するだとぉ―――ッッ!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1550315315/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/16(土) 20:08:35.93 ID:2PN96TfH0

光「突然だけどPさん! 今日からアタシは仮面ライダークイズになります!」

P「本当に突然でどうした!?」







東郷あい「ようこそ チャーリー・パーカー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1549547804/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/07(木) 22:56:44.19 ID:I9mPm/hnO







コーヒーが美味しい喫茶店。


都内某所の裏路地でひっそり営業している喫茶店。


知っている人は知っている。


知らない人が知れば大当たりなお店さ。


そう、私が初めてそのお店に行き当った時の様な。


宝くじ1等を当てるように、幸運なことだった。






.





モバP「プラグマタイザー!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413108481/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 19:08:11.12 ID:FiJ8ZLLM0
・山なし意味なしオチなしです
・書き溜めあります

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/12(日) 19:09:30.44 ID:FiJ8ZLLM0
モバP「と、いうわけで。どこからともなくこんなトンデモ装置を手に入れてしまったんだが……」

晶葉「ちょっと待て。なんだその得体のしれない装置は」

モバP「いや、俺にもよくわからん。なんでも空想具現化装置(プラグマタイザー)というらしい。メイド・イン・ボルドーという刻印がある」

晶葉「空想具現化装置ぃ? ものすごーく胡散臭いぞ。どこの詐欺師につかまされたんだ? というかそんなもの事務所に持ってくるな!」

モバP「だから、俺にもよくわからん。朝起きたら家に置いてあったんだ。この大量の赤い石とともに」ドサッ

晶葉「それはなんに使うものなんだ」

モバP「燃料らしい。一個につき三分間有効だとか」

晶葉「で?」

モバP「ん?」

晶葉「それで、この装置をどうするんだ」

モバP「そりゃこんな面白そうなもん、とりあえず使うに決まってるだろ」ポチー

晶葉「うわっ、いきなり!! ……って、何にも起こらんぞ?」

モバP「燃料は……ちゃんと入ってるな。じゃあやっぱり嘘なのか?」

晶葉「全く! いきなり動かすなんて、不用心にもほどがあるぞ! もし変な装置だったらどうするつもりだったんだ!」

モバP「変な装置って、例えばどんな?」

晶葉「例えばって……うーん、そうだな……」

モバP「晶葉の服が突然バニーに変わるマシーンとか?」

晶葉「そんな装置あってたまる……か…………?」ボワンッ

モバP「…………oh」




南条光「さぁ、夢を与えるスーパーお仕事タイムだ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 16:10:07.37 ID:zHIcbs8o0

――風が吹く

心をざわつかせる、風が


「……」


――声が、聞こえる

人々が呼んでいる、アタシの名を


「いかなきゃ……皆のところへ……」

「アタシの、舞台へ!」


ゴツン

光「いでっ!?」




[ 2019/01/09 06:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

モバP「なっちゃんと大寒波」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546329514/


2 : ◆C2VTzcV58A 2019/01/01(火) 17:09:03.57 ID:dtzOexRzO
年末 事務所


P「おはようございます」


茄子「ヘイYO! おはYO!」

P「………」

P「おはよ」

茄子「ちょ、待てYO」

P「その語尾外せよ」

茄子「あっ今YOって言った!」

P「言ってないわ! そんなエセ外国人みたいな語尾誰がするか」

茄子「も~P君ノリ悪いですYO?」

P「朝は寒いんだからノリだって悪くなるよ」

茄子「そんなこと言わないで、光ちゃんを見習ってください。ほら」


光「行くぞ菜々さん! これがアタシの全力全開!」

光「レッドブーストバースト!!」

菜々「う、うさ~~~~!!」

光「ふぅ……勝利!!」


茄子「ね、元気でしょう?」

P「子供は風の子だなぁ」

茄子「私達もああいう元気を忘れちゃいけないと思うんですYO」

光「あっP! おはよう! 今の見てくれてた?」

P「おはよう光。今日も元気そうでなによりだ」

菜々「PくんPくん。ナナの熱演に対するコメントは?」

P「断末魔が『うさ~~~』ってどうなんですかね」

菜々「いーじゃないですか別に! かわいいでしょう!」プクーー





南条光「ちひろさん!誕生日おめでとう!」千川ちひろ「ありがとうございます」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543352757/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/28(水) 06:05:58.03 ID:/MZlMJdA0
光「今日は平成最後の誕生日だということで、凄いプレゼントを用意したよ!」


ちひろ「凄いプレゼント?」


光「では、お願いします!」

ガチャ






クウガ「失礼します」

ちひろ「!?!?!?」






【モバマス】光「ウルトラシリーズの新作映画だって!?」

1 : ◆Uq/hUTiii9pg 2018/11/18(日)22:43:03 ID:rxc
・アイドルマスターシンデレラガールズと、ウルトラシリーズのクロス?SSです。
・大嘘設定があります。
以上の点にご注意ください。

よろしくお願いします。

2 : ◆Uq/hUTiii9pg 2018/11/18(日)22:43:40 ID:rxc
―――事務所

卯月「麗奈ちゃーん、行きますよー」

麗奈「待ちなさいよ、こずえがまだ……ほらこずえ、行くわよっ」

こずえ「ふわぁー……いってきまーす……」



光「麗奈達、最近忙しそうだなっ」

奈緒「そうだな」

光「ここの所ずっとあんな感じなんだが、何か大きな仕事でも入ってるのか?」

奈緒「あれ?知らなかったのか。てっきり光は知ってるもんだと思ってたんだけど」

光「?」

奈緒「もうすぐ始まるウルトラシリーズの新作映画に、麗奈達が出るんだよ」

光「!?」




モバP「これが日曜朝の新番組……『ヒーローアイドル☆ナンジョルノ』だ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1377787804/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 23:50:05.07 ID:aSQvziT/0
----------------------------------------------------------------------


光「――アタシは絶対に、皆に夢と希望を与える大スターになってみせる!!」


♪ターター タラララーラー

――時は2X13年。
CGプロからデビューした新人アイドル・ヒカルは、同じプロダクションに所属する仲間と切磋琢磨しながら、スターへの道を歩み始めていた。

光「はははっ、遅いぞレイナー!」タタタッ

麗奈「あっこら、待ちなさいよこの熱血バカ!」


――だが、崩壊の日は、前触れなくいたいけな少女を襲う……!


光「――なんだよ……なんなんだよ、これ……」


光『その日、アタシが街で見たものは――』


「キャァァァ!」「たっ、助けてくれぇー!」「うわぁぁん! おかあさぁぁぁぁん!」

加奈「Aaaaaa……!」ズガァァン...!




光『人々を襲う、アイドルの姿だった……――』








モバP「目指せ! シンデレラNo.1!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 12:57:02.46 ID:x6SV/zsM0
P「この番組は、デビューしたての新人アイドルがいろいろなことに挑戦しながらアイドル力をアップしちゃう番組です」

P「……うん」

P「というわけで、これに出れることになったぞ!」

P「おめでとう、一人のラジオだけど大丈夫か?」

P「……よし、その意気だ! がんばれ!」




ページランキング