ヘッドライン

ちひろ「菜々さんとプロデューサーさんがイチャついてます」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495535782/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 19:36:53.69 ID:1qeyXqdc0
プロデューサー(以下P)「菜々さ~ん」

菜々「はい、なんですか?」


P「暑い~」

菜々「そうですねぇ…最近一気に気温が上がりましたね」

P「…そのメイド服暑くない?」

菜々「…慣れてますから!」




ちひろ「モバPは字が読めない?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495330480/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 10:34:40.43 ID:QvibwsMho
ちひろ「ただの噂だと思いますがプロデューサーさんの読み方にミスが目立つことも確かですし……」


ちひろ「ちょっとしたテストを作りましたのでやってみてください」

モバP「いや、時間の無駄ですよ。そんなことよりスタドリを──」

ちひろ「ちなみに取れた点数分スタドリエナドリをそれぞれプレゼントしちゃいます♪」

モバP「天使!女神!ちひろ!早速取りかからせていただきます!」




モバP「ファンクラブイベントにて」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495346714/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 15:05:15.61 ID:/ym2IYGq0
初投稿モバマスSSです。

アニメ準拠ではありませんが、一部設定を使用しています。

※地の文あり

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 15:05:59.20 ID:/ym2IYGq0
季節は秋。寒さも強まってきた今日この頃。

現在、毎年恒例となっている我が346プロのファンクラブイベント真っ最中である。

うちの事務所はアイドルの数がやたらと多いので346プロのアイドル勢揃い!!とまではいかずとも、

結構な人数のアイドルが出演している。

それでもアリーナという大きな箱を用意することができたし、満員御礼、グッズの売り上げも上々。

まだ発表はしていないものの、映像化も行われる予定だ。

イベントはすでに中盤に差し掛かっており、少し長めのトークに入ったところである。


モバP「よし、今年も滞りなく進んでいるな。卯月の天然っぷりも遺憾なく発揮されてるし」

ちひろ「もう、プロデューサーさん。そんなこといったら卯月ちゃんが怒りますよ。」

そう、ちひろさんは言っているが、きっと彼女も同意見なんだろう。少し笑っている。


いつもナレータ役のちひろさんも今日は珍しく一緒に舞台袖から彼女らの様子を見守るつもりのようだ。




神谷奈緒が眉毛を出荷する話

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495341123/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2017/05/21(日) 13:32:03.95 ID:JNxUMb9k0
雫「奈緒ちゃん、そろそろ出荷の時期ですから覚えておいてくださいねー」


奈緒「ああ、もうそんな時期か。サンキュー雫」


雫「どういたしましてー。じゃあお仕事行ってきますねー」

奈緒「頑張ってな」

未央「……?」





紗枝めし!【小早川紗枝とトンカツ編】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495033334/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 00:04:12.07 ID:nJhSmUI40
早苗「ようこそ、プロデューサー君」

モバP「・・・」

早苗「会議室改め早苗お姉さんの取調べ室・・・。さぁ覚悟しなさい。きっちりシメてあげるから」

モバP「(何でこんなことに・・・)」

早苗「身に覚えがないなんて言ってられるのも今のうちよ!証人だっているんだから!美優ちゃんとか!」

モバP「(カツ丼うまそう・・・)」

早苗「カツ丼はいいから真面目に聞きなさい!というかそれ食品サンプルだから!」

モバP「最近のはよく出来てますね」

早苗「でしょー。ってそうじゃないの!」





紗枝「あれなんなん?」

ちひろ「あれですか?ただの痴話げんかですよ。もう少ししたら止めますから」




モバP「蘭子を思いっきり甘やかしたい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491658587/

1 : ◆eZ1EtqgHVU 2017/04/08(土) 22:36:27.75 ID:Wl6lm9Zn0
P(神崎蘭子、熊本出身の14歳。

その独特なファッションと喋りで、幅広い世代から人気を博している。

一見奇抜に見える言動だが、それでもなお高い人気を維持しているのはひとえに彼女の本来持っている人柄、魅力による所が大きい。


しかし、彼女はまだ14歳の少女。

親元を離れ、競争の激しい芸能界に身を置いて入れば本人も気付かない内にストレスを溜めているに違いない)




P「という訳で、蘭子を思いっきり甘やかしたいんです」

ちひろ「どういう訳か分かりませんが、ダメです」


P「なぜ!?」

ちひろ「なぜも何も、どうせいかがわしいことでも考えているんでしょう?」

P「そ、そんな訳無いじゃないですか!ちゃんとした理由がありますから!」





安部菜々「あ…危うく歳をとるところでした…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494775388/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:23:09.17 ID:O/HbNb3+o
千川ちひろ「大変ですプロデューサーさん!まゆちゃんが誘拐されました!」


モバP「…っ!…?」

ちひろ「喜ぶか悲しむか本気で悩まないでくださいよ!」

モバP「でもなんでまゆなんですか?」

ちひろ「16歳だからです」




向井拓海「このカマ野郎!」モバP「オネエと呼びなさい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494758705/

1 : ◆mukai/MkQg 2017/05/14(日) 19:45:06.24 ID:192y7sjk0
※Pがオネエです。

2 : ◆mukai/MkQg 2017/05/14(日) 19:45:38.26 ID:192y7sjk0

P「ダメよ拓海ちゃん。女の子がそんな乱暴な言葉遣い」

拓海「うるっせえなあ」


P「もう。色々損しちゃうわよ?」

拓海「その前にテメエのその気色悪い言い回しを何とかしろや!」

P「そんな…気色悪いなんてひどいわ」メソメソ

拓海「ウソ泣きしてんじゃねえよ」

P「ちっ」ケロッ

拓海「……」ポキペキポキシ

P「ストーップ。ボウリョク、イクナイワ」




【モバマスSS】ちひろ「そばに置いておきたいアイドル?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494588106/

2 : ◆51zZD3JOeE 2017/05/12(金) 20:22:47.65 ID:++or2uRr0



モバP(以下P表記)「ふぅぅ~、よっし、ひと段落―」

千川ちひろ「お疲れ様です、プロデューサーさん」


P「お疲れ様です。いやー、デスクワークってホント肩こりますよね……」

ちひろ「そうですねぇ。家に帰ってからのストレッチは欠かせませんよ」

P「あー、いいですねそれ。俺もやろうかな…」

ちひろ「いいやり方教えますよー?」

P「おー、ありがとうございます!」

ちひろ「ふふっ、事務仕事は私の方が歴長いですから」

P「そうですよね。このプロダクションが出来てからずっとですもんね……いつもありがとうございます」ペコ

ちひろ「いえいえ、いつものことですから」

P「いつかしっかりとしたお礼をさせてもらいますね」

ちひろ「楽しみにしてます♪ でも、プロデューサーさんが事務なんてやっててよかったんですか? みんなの撮影とか、ついて行かなくてよかったんですか?」

P「行きたいのはやまやまなんですが、うちも大所帯になってきましたからね、一つ一つの現場には行けなくなってきましたから……そうなると、誰のところに行こうかって悩んじゃいまして」

ちひろ「あー、確かに……前に、ジュニアの子たちが言ってましたね。今日はプロデューサーが来てくれた来てくれないって」

P「そうなんですよ。先週、ケンカ…とまでは言いませんがけっこうな言い争いになったことがありまして……そしたら大人組の方たちが、協力してくれることになったんです」

ちひろ「なるほど。道理で今日は真奈美さん達が車で出勤してたんですね」

P「はい。『付き添いくらい、私たちに任せてもらおう』って言ってくれて。なので今日は皆さんに甘えることにしたんですよ。だから今日は溜まってた書類をいっぺんにやってしまおう思ってます」

ちひろ「おー、助かります。プロデューサーさんの方が決算しやすいのもありますからねー」

P「でももう挫けそうです……」グデー

ちひろ「ええっ!? あとちょっとじゃないですか! しっかりしてくださいよー」

P「いやだって、こう…同じような書類とずっとにらめっこですし、ディスプレイ見続けて目も疲れてきたし…」

ちひろ「さっきまでの私を労ってくれたプロデューサーさんはどこ行ってしまったんですか……」

P「……あー、癒しが欲しい」

ちひろ「はぁ」

P「いや待てよ……そっか」

ちひろ「はい?」

P「そうですよ、癒しですよ癒し! 癒しがあれば頑張れる!」

ちひろ「癒しですか…」

P「そうです癒しです。今の俺には、集中してキリッとしていながらも、すんごく可愛いちひろさんの顔をずっと見てるくらいしか癒しがないんですよ!」

ちひろ「ええっ!?///」

P「あーこんな時に、アイドルの誰かが癒しをくれたらなぁ……」

ちひろ「……私は、プロデューサーさんがいてくれるだけで頑張れるんですけど、ね」ボソッ

P「なにかいいました?」

ちひろ「いいえっ、なにも!」プイッ

P「はぁ、なにもないならいいんですけど……でも、考えてみるとおもしろいな」

ちひろ「おもしろい?」

P「はい。『そばに置いておきたいアイドル』っていうのを考えてみましてね」




桃華「抱きしめてキスしたい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494062931/

1 : ◆mQIjrp0Om6 2017/05/06(土) 18:28:51.54 ID:oH0KdVi30
モバP「可愛い過ぎて辛い」

ちひろ「誰がですか?」


モバP「桃華」

ちひろ「そうですか」


カタカタカタカタカタカタカタ


モバP「待って待ってお願い聞いて?」

ちひろ「嫌ですよ、勤務中の私語は慎んでください」

モバP「厳しすぎる....」




ページランキング