ヘッドライン

【モバマス】卯月「激論!朝までそれ正解!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462356541/

1 : ◆/JVnlL1nfc 2016/05/04(水) 19:09:01.37 ID:NHS9d01AO
天の声(ちっひ)「始まりました、第一回346プロの激論!朝までそれ正解!!です!本日は、第一回な相応しいこの方々に来ていただきました!」

輝子「フヒッ…」

時子「アァン?」

ほたる「」ペコッ

こずえ「ふわぁー」

まゆ「うふふ」ニコッ

小梅「」ニタァ

のあ「……」

くるみ「ふえぇぇ」グスッ

――(観客サイド)――

凛「くるみちゃん……」

奈緒「鬼畜かよォ!」

――――

天の声「それでは、最初のお題です。「た」で始まる、ご飯のお供と言えば?」




高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「熱量の残るカフェで」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1610274937/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/01/10(日) 19:35:37.87 ID:TGUW7DhN0
――おしゃれなカフェ――

<からんころん

北条加蓮「……うわ、もわっとするっ。着込みすぎちゃったかな……。さて、藍子はっと」

加蓮「お、いたいた。藍子ー、お待――」


高森藍子「じ~…………」


加蓮「……なんであの子、店員さん相手ににらめっこなんてしてんの?」




[ 2021/01/10 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【安価】モバP「透明人間P」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422342966/

1 : ◆WUBIyRQEG6 2015/01/27(火) 16:16:06.61 ID:m2gk6UxY0


・エロ注意かも
・安価
・波のある更新




モバP「ちひろさん、なんですかこれ」

ちひろ「あら、見たことありませんか?」

モバP「いや、ありますけど。でも銀の全身タイツって最近見ないですね」

ちひろ「先日、幸子ちゃんがフジ○レビさんの番組に出演したじゃないですか」

モバP「はい、とんね○ずさんの」

ちひろ「そのときに使ったやつ…というか、余ったものらしいんですよ」





泰葉「李衣菜、ギター上手になったね」加蓮「そう?」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 20/12/31(木)00:09:58 ID:OHY


―――事務所


李衣菜「~~~♪」ジャラランジャラジャラコ


泰葉「あれ、加蓮はそう思わない?」

加蓮「うん、全然。『リーナロックってジャンルを作る!』って言うなら、もっともっと頑張んなきゃ」

泰葉「ふふっ、厳しいね。こんなに練習しててもまだ足りないんだ」

加蓮「単に練習するだけじゃね~。こう……なんて言うの、自分だけの……何か! みたいなのがないとねっ」フンス

泰葉「うーん、まったく具体性がないけど……」




凛「あのね…プロデューサー、私さ……彼氏、できたんだけど」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411920410/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 01:07:00.73 ID:7UwqJ03/0
ー事務所ー


凛「…………」


凛「そう、彼氏…」


凛「…………」


凛「うん……えと、学校の2コ上の先輩で、こないだ告白されたから付き合うことにしたんだ…」


凛「背が高くてね、うん……プロデューサーよりちょっと大きいくらいかな」


凛「サッカー部で主将やってて……話したら晴も会いたいって言ってたし…」


凛「………うん」


凛「……うん、幸せだよ?」








モバP「だりやすかれんの思考実験」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 20/12/28(月)00:21:48 ID:Pd6


―――待ち合わせ場所


加蓮「――李衣菜を無視したらどうなるか?」


泰葉「急にどうしたのそんな10年くらい前のSSネタみたいなこと」

加蓮「や、李衣菜ってかわいいじゃん?」

泰葉「うん。目に入れても痛くないくらい」

加蓮「赤ちゃんかな?」

泰葉「ダメだよ無視なんて。いたずらにしても度が過ぎるよ」




高森藍子「加蓮ちゃんたちと」北条加蓮「生まれたてのカフェで」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608896517/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/25(金) 20:41:58.19 ID:mOMWMpAw0
――ちいさな建物の前――

車が止まり、エンジン音が切れた途端に私の右隣でずっと足をバタバタさせていた子――入院中の子その3・そーちゃんは扉へとタックルを仕掛けて飛び出した。
慌てて追いかけようとしたら、それよりも早く運転席の看護師さんが飛び出していた。ドアの閉まる風圧が二重に起きたと思うとあっという間に首根っこを掴んでいて、お説教を始める怖い顔と、知らん顔でそっぽを向くそーちゃん。
普段の関係がなんとなく見えてきて、それは私の中で知らないと知ってるがゴチャ混ぜになる物で。

変なの、

と笑ったら、私の左隣にて膝と手を合わせて行儀よく座っていた子――入院中の子その2・しろちゃんが、ぼんやりと私の顔を見上げた。

「ううん、なんでもない。さ、行こっか」

今日は12月25日。ポケットの招待状に導かれて、ちいさな祝福の元へ。




[ 2020/12/26 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「昼下がりのカフェで」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608442342/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 14:32:22.84 ID:5Cdea6Tl0
――おしゃれなカフェ――


<からんころん


高森藍子「うぅ~、寒いっ……! あっ、店員さん。こんにちは♪ 今日も、お邪魔しますね」

藍子「え~っと、加蓮ちゃんは……いたいたっ」


北条加蓮「! …………、」チョイチョイ


藍子「ふふ。暖炉ストーブの前で、手招きしてる。今行きますね~」




[ 2020/12/20 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

北条加蓮「藍子と」高森藍子「あしあとを追いかけたカフェで」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1607856994/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/13(日) 19:56:34.53 ID:KWvWXGk50
――おしゃれなカフェ――

北条加蓮「店員さんが淹れてくれた、大人の香りがするコーヒー」

高森藍子「いつもメニューに用意されている、あたたかい味のホットケーキ」

加蓮「今日もお客さんが少しだけいる、静かなカフェ」

藍子「耳をすませば……かすかに聞こえてくる、水の音、食器の音。そして、ここで一緒に過ごす誰かの、穏やかな声――」

加蓮「ねえ、藍子」

藍子「はいっ」

加蓮「……私から言っていい?」

藍子「じゃあ、今日は加蓮ちゃんが♪」

加蓮「うん。――ただいまっ、藍子!」

藍子「おかえりなさい。加蓮ちゃんっ」




[ 2020/12/14 14:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング