ヘッドライン

【ミリマス】茜「炙り花束ネジ巻きエンゲル奮闘記です」

2 : ◆BAS9sRqc3g 19/07/04(木)22:37:19 ID:Cv2

茜「プロちゃん!」

P「どうした?」

茜「どうしたもこうしたもないよ!」

P「ははは」

茜「何わろてん?茜ちゃん今度漫才コンテストに出るってなに?」

P「へえ、そうなの?」

茜「いやそれをプロちゃんに聞いてるの!」

P「俺も今知ったわ」

茜「茜ちゃん一応アイドルなんだけど?」

P「心配するな。麗花も一緒に出るから」

茜「不安要素が増えた!」






【ミリマス】麗花「空に手が届いたから」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543235838/

1 : ◆BAS9sRqc3g 2018/11/26(月) 21:37:19.00 ID:4QLiHviq0

・ミリマスSS
・バッドエンド

2 : ◆BAS9sRqc3g 2018/11/26(月) 21:39:18.01 ID:4QLiHviq0




あなたは神を信じますか。


これは俺が、あるアイドルのプロデューサーであったという、
記憶に基づくなんてことのない話だ。


人間の記憶なんてものは当てにならないことばかりだし、
そのことに本当に嫌気がさす……そんな話。
もう一度言うが、記録ではなく、記憶だ。


これは、社会人になってから5度目の夏に起きた怪奇現象だ。
いや、怪奇現象なんて言葉で片付けられる程甘くはない、
超常現象の類だ。






[ 2018/11/27 06:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(1)

武内P「北上麗花さん、ですか」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420858017/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 11:47:07.46 ID:4v8gIPYW0
高木「うむ、彼女も最近アイドルになったばかりでね。だが、初めてプロデュースするには…」

武内P「なるほど……では、まずは北上さんをプロデュースさせていただきます」

高木「ほ、本気かね? こういうのは不本意だが、北上くんは色々な意味で難しい子だが…」

武内P「やらせていただけないでしょうか」

高木「いや、君がいいと言うなら私は止めはしないよ」

武内P「ありがとうございます」




[ 2018/10/12 02:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(1)

【ミリマス】星梨花「あ、あの……プロデューサーさん……」モジモジ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534653966/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 13:46:06.33 ID:rjYNqui70
P「どうした星梨花?」

星梨花「え、えっと……」

P「?」

星梨花「……よ」

P「よ?」






















星梨花「……よ、呼んだだけーっ!」エヘヘ

P「……は?」




北上麗花「もしも私が」【ミリマスSS】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531320411/

1 : ◆UEry/CPoDk 2018/07/11(水) 23:46:51.41 ID:fnuax+mw0
北上麗花さんの元カレとのお話。

アイドルのプロデューサー以外との恋愛話が苦手な方はご注意ください。

2 : ◆UEry/CPoDk 2018/07/11(水) 23:48:38.58 ID:fnuax+mw0
(劇場事務所)
麗花「おはようございます律子さん、今日もナイス眼鏡ですね、頑張りましょう!」


律子「おはようございます。なんですかそのナイス眼鏡って。」


麗花「律子さんと言えば眼鏡じゃないですか、とっても普通に似合ってますし。」

律子「はあ、どうも。アイドルですから普通だと困るんですけとね。」

麗花「そんな事ありませんよ、普通って良くも悪くもないんです。ステキじゃないですか?」

律子「まあ、一応褒め言葉として受け取りますね。」

茜「麗花ちゃんはその普通っての好きだよね。なんか理由でもあるの?」


麗花「うーん……まあね。」

茜「おおっ、麗花ちゃんが珍しくアンニュイだよ!もしや茜ちゃん、謎多き麗花ちゃんの秘密に迫っちゃった?」

律子「こら茜、変な事聞かないの。」

麗花「大丈夫ですよ、たいした事じゃありませんから。」




【ミリマス】 アイドルのねぎらいかた

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529068360/

1 : ◆iS7ssyYWSI 2018/06/15(金) 22:12:41.24 ID:iIgS2iqk0
莉緒「ねえPくん、私たちに何の相談?」

P「この前、仕事を頑張った茜を撫でていた時に思ったんだ。人の頭を撫でることは難しいことだ、と」

風花「難しい?」

P「ああ。相手は人間。犬や猫とは勝手が違うし、わしゃわしゃ撫でたら髪型が崩れてしまい、それを嫌がる者もいるだろう」

P「どう撫でればいいのか、そう考えだすと『人の頭を撫でる』ことが難しく思えてしまってな……」

麗花「なるほど、Pさんは困っているんですね!」

千鶴「……訳が分かりませんわ」

あずさ「まあまあ、千鶴ちゃん、Pさんも困ってるみたいだし、ね?」

このみ「このメンツを揃えた理由は?」

P「なんとなく大人組なら相談相手として適任かなと。青羽さんも小鳥さんも忙しそうですし」

歌織「はあ」

P「というわけで、『撫でる』以外の方法でアイドルをねぎらうことについて意見を聞かせてください」




黒井社長「まさか君らが765プロに負けるとはな」桃子「...」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522934394/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:19:54.78 ID:aFuFNeNW0
~フェス後~

黒井社長「...まさか君らが、いや、この黒井崇男率いる961プロが負けるとはな...」

桃子、ジュリア、麗花「...」

黒井社長「あの弱小765プロがここまでやるとは...予想外だ」

黒井社長「君らには失望した。今をもって961プロ所属アイドルユニット『ヴィーナス』は解散する!」

桃子「えっ...」

黒井社長「最後の給料は振り込んでおく。安心したまえ。ではさらばだ。アデュー!」スタスタ

ジュリア「行っちまった...」

麗花「最後まで真っ黒な人だったなぁ~」

桃子「社長さん...本当に...?」





【ミリマス】彼女は気持ちを確かめたい

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528381283/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2018/06/07(木) 23:21:23.84 ID:ODZrmv780
===

別に困らせたかったワケじゃないの。
ただ、少し、ほんのちょっと、お互いの気持ちが気になった……それだけ。

だからパパっと着替えに袖を通すと、私は一人ぼっちの部屋から出発。
コンコンコンとノックしたら、ホテルのドアは望み通りに開いてくれた。

「……麗花か、一体どうしたんだ?」

扉と壁との隙間から、顔を覗かせた彼は何だかぐったりしてるみたい。

多分だけど、やっほー! って私が声かけても、やっほー! って返っては来なさそうな。
そんな疲れた顔をしてる。それにそれに、まだワイシャツ姿のままでいるし。

ホテルに着いたのが二時間前。ご飯を食べたのはその後すぐ。
私がお風呂を出たのが、大体三十分ぐらい前のことだから――。




[ 2018/06/09 18:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス】北上麗花と星を知る者だよ茜ちゃん

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526527234/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2018/05/17(木) 12:20:34.91 ID:Fypyj9yR0
===

あのね、よくさ、物語は先が見えないからこそ面白い! だとか、
突然のハプニングを楽しんでこその人生だよね♪ なんて粋がっちゃう人いるじゃない?

別に他人のライフスタイルを真っ向からヒテーする程心狭いつもりじゃないんだけどね、
だからと言って毎度毎度、それに巻き込まれるってんじゃ正直堪ったもんじゃないのである。




麗花「茜ちゃんとの漫才です! 見てください♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525524034/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/05(土) 21:40:35.19 ID:1KpeGuzUo
麗花「ねぇ茜ちゃん! 今度のライブの練習はどう? 順調に進んでる?」

茜「もっちろん! 可愛い茜ちゃんの可愛いところがどんどんレベルアップしてるよ!」

麗花「そうなんだ!」

茜「あ、でも茜ちゃん、最近ちょっと思うところがあるんだよね。
 アイドルたるもの、ファンのみんなの気持ちを一番に考えないといけないなって!」

麗花「ふんふん」

茜「だから、今日はちょっとファンのみんなの気持ちになってみようって思うんだ!」

麗花「ファンのみんなの気持ちに? でも、それってどうやるの?」

茜「例えば、ライブを見に行く人の気持ちになるとか!」

麗花「なるほど! じゃあやってみよう!」





[ 2018/05/08 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング