ヘッドライン

【モバマス】短編集7作+ミリオン

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492958572/

1 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/04/23(日) 23:42:53.22 ID:VWrkcYwo0

02.三村かな子曰く―



三村かな子(17)

2 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/04/23(日) 23:44:44.20 ID:VWrkcYwo0

武内P「次の仕事までだいぶ時間がありますし、少し休憩していきましょう」

かな子「ここのカフェのケーキ、美味しいって評判なんですよ!楽しみだな~♪」

武内P「三村さんはどのケーキを?」

かな子「う~ん……!どれも美味しそうで……じゃあ……ショートケーキ!」

武内P「ショートケーキ、ですね」クス

かな子「あ、―すみません…!私ったら……!」

武内P「いえ、それが三村さんの魅力ですから。美味しそうに食べたり、先ほどのような瞬間の貴女もどれも素敵です」

かな子「そ、そんな……うう~…恥ずかしいです……!」

「ご注文はお決まりになりましたか?」

武内P「ショートケーキを2つ、お願いします」

かな子「わ、私も同じで!」

武内P「4つ来てしまいます」


美味しいので大丈夫でした




島村卯月「アドリブで白雪姫の劇をするんですか!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483896160/


1 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/01/09(月) 02:22:41.09 ID:lxuQZ7P20


モバP(以下P表記)「うん。パッション部署でシンデレラの劇やったのって知ってる? 中々好評だったみたいでうちでもやってみようかなって」

卯月「わあ、すごいです!」




2 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/01/09(月) 02:27:40.87 ID:lxuQZ7P20


島村卯月(17)




幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」 その5

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492857754/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 19:42:35.04 ID:qCG/Hbkd0
注意:ホラーやキャラ崩壊の要素があるかもしれません


小梅「は、始まりました…SCP紹介ラジオ…第5回目、です…」


小梅「この番組は…SCP Foundationという創作サイトの中から、私…白坂小梅がSCPを紹介していく番組、です…そして…?」

幸子「カワイイボクこと、輿水幸子が小梅さんのお話を皆さんと一緒に聞く番組です!」


小梅「今日は、ゲストが来てくれてるよー…」

みく「リスナーのみんな、こんばんはー!前川みくにゃ!よろしくにゃん♪」


幸子「今回の犠牲者はみくさん…よろしくお願いします」

みく「犠牲者って何にゃ!?やっぱりアブナイ番組なの!?」

小梅「やっぱり、ってことは…番組のこと、誰かから聞いたの…?」

みく「美穂チャンがゲストで来たって聞いたから、どんな番組か聞きに行ったんだけど…頑張って、としか…」

幸子「あぁ…」

みく「…もう嫌な予感しかしないにゃ」

小梅「そ、それじゃあ紹介、始めていくよ…」




みくP「ネコに!?」 みく「なったにゃ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492670284/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 15:38:05.30 ID:t2mz0UoZ0
・書き溜めをどんどん投下していきます
・誤字脱字がありましたら申し訳ございません
・軽いエロもありますので、苦手な方はご注意ください


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 15:38:35.97 ID:t2mz0UoZ0
― とある日の朝 ―

みくP(以下、P)「ゴホッ、ゴホッ!」

P「う~、だりぃ・・・///」

ピピピッ、ピピピッ

P「38度5分・・・///」

P「・・・寝よ」バサッ




[ 2017/04/20 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

卯月「凛ちゃんが浮気してます!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491541580/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/07(金) 14:06:20.42 ID:1hh9FRYto
※キャラ崩壊注意。





卯月「凛ちゃんが……凛ちゃんが……」



未央「しぶりんがどうしたの先を言ってよ」



卯月「凛ちゃんが……浮気してます」


未央「しまむーとしぶりんってそういう関係だったの!?」


卯月「ああいえ、そうではなく!」


卯月「最近、凛ちゃん遊んでくれないなぁって思って」


未央「確かに。トライアドの面子で遊んでるのかな?」


卯月「これは調査の必要がありますね!」


未央「ああごめん、私これから予定があるんだ! また今度ね!」


卯月「え……はい」


卯月(未央ちゃんも最近遊んでくれなくなったなぁ。友だち多いから色々予定があるんでしょうけど)




新田美波「もう私我慢できないの……」

1 : ◆AHvbf5ars. 2016/10/08(土) 03:02:23 ID:IEY3He52
美波「いい加減にスケベキャラを卒業したいの」

卯月「凛ちゃん、それロンです」

凛「いやダメだって。卯月それさっき自分で捨ててたでしょ」

卯月「……? でもロンです」

みく「フリテンなんだってば」

未央「もっかいちゃんとルール説明してやろっか」ジャラジャラ

美波「聞いて?」

凛「聞いてる聞いてる」

美波「ホントに聞いてるだけよねそれ」




モバP「飛鳥に彼氏ができた!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491655307/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/08(土) 21:41:47.42 ID:bxMymmfvo

※今日はエイプリルフールです。


※誰がなんと言おうとエイプリルフールです。

二宮飛鳥


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/08(土) 21:43:42.32 ID:bxMymmfvo
-4月1日-

ガチャ
飛鳥「おはよう」

モバP(以下P)「――わかりました。今日はゆっくり休んでください。お大事にー。」ピッ

P「飛鳥か、おはよう」

飛鳥「誰かお休みなのかい?」

P「ああ、ちひろさんが風邪引いたみたいだ。季節の変わり目だからお前も気を付けろよ」

飛鳥「...それは本当なのかい?」

P「嘘なんてついてどうするんだよ」

飛鳥「...そうだね。うーん」シカタナイカ

P「?」

飛鳥「それよりP、今日、時間取れるかい?」

P「今日はちひろさんが休んだ分の事務処理をしておくつもりだからその間で良ければ構わないぞ、何か相談か?」

飛鳥「そうだね、キミに折り入って話がある」

P「なんだ?また自分の在り方とかで悩んでるのか?いつもの厨n」


                           カレピッピ
飛鳥「実は付き合ってる人がいるんだ。俗に言う彼氏、いや共鳴者というべきか」


P「ふーん、彼氏ね...って彼氏ィ!?」




難波笑美「粉物の宴」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491550404/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/07(金) 16:33:25.14 ID:zWUi6O3no
大阪出身のアイドル達が、普段封印している大阪弁と粉物欲を解放するSSです。

キャラ崩壊&関西弁注意。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/07(金) 16:33:52.50 ID:zWUi6O3no
前川みく「……」コンコン

?『……京橋は?』

みく「ええとこだっせ」

ガチャッ

川島瑞樹「お疲れ様、準備出来てるわよ」

仙崎恵磨「おー、やっと来たか!待ってたよみく!」




【モバマスSS】 前川みく「猫ちゃんみたいに」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1491018110/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/01(土) 12:41:50.77 ID:Y2K7VIvu0
Pチャン♪

いつものようにプロデューサーに抱き着く

ノーブラで薄いカットソーだけど、胸と先っぽの感覚がバレてしまうのも気にしない

にゃふふ、止めろなんて言いながら口角が上がってるのは見逃さないにゃ

えー? なんのことかわかんない

白々しい嘘をついて、胸をふにゅふにゅと押し付ける

んっ……Pチャンのジャケットに先っぽが擦られて変な声がでちゃう




[ 2017/04/01 22:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486799319/

1 : ◆SbXzuGhlwpak 2017/02/11(土) 16:48:40.05 ID:u9Op5e3S0
・アニメ基準

・武内Pもの

・長い

・マジで長い





①私たちが知らない女性と、抱き合ったりしたことあるんでしょうか



「プロデューサー……付き合ってた人っている?」


それは脈絡の無い問いでした。

冬の夜は暮れるのが早い。
冷たい雨が降り注ぐ音と道路の喧騒が外で鳴り響く一方で、車内は長いこと静かでした。
そんな信号待ちの最中に、不意に静けさを破って助手席から今の質問が発せられたのです。

ひょっとすると彼女が今の今までずっと黙っていたのは、質問する機をうかがっていたからなのか。
驚きのあまり、ついまじまじと彼女――渋谷さんを見つめてしまう。

渋谷さんはシートに身を預け、私から顔をそむけるようにして頬杖をつき、窓の景色を眺めている。
質問する機をうかがっていたのではないかという推測が的外れに思えるほど、その姿は平静でした。

――ふと、一年前のことを思い出してしまう。

あの時も車内で二人きりでした。
ただし彼女は渋谷さんとは違い、いつも以上によく話したかと思いきや突然黙り込み、それから突然同じ質問をしました。
私から顔をそむけ、しかし顔が真っ赤であることが耳まで染まっていたことからわかり――


「プロデューサー」

「は、はい」

「信号、青だよ」


後ろからクラクションが鳴る。
どうやら思索にふけりすぎたようです。
慌てて足をブレーキからアクセルへと踏みかえます。


「その……私に付き合っていた人がいたかどうかですが」

「うん」

「大学生の頃に一度だけあります」

「……………………ふーん、そっか」


その声は異様なまでに平坦でした。
理由はわかりませんが、胃の辺りが締めつけられたような錯覚すら起きます。
チラリと助手席の様子を見るも、先ほどと何の変化も見受けられません。

……サイドミラーからでも彼女の顔が見えないのは幸か不幸か。


渋谷凛





ページランキング