ヘッドライン

前川みく「七海チャンからの誕生日プレゼントはきっとお魚…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519301452/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 21:10:53.10 ID:e7XgbnN20
2月22日の事務所。
前川みく、龍崎薫、浅利七海の3人でユニットを組んでいる設定。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 21:11:55.29 ID:e7XgbnN20
薫「みくちゃん、おたんじょーびおめでとうございまー!」


七海「おめでとうございますれす」


みく「ふたりとも、ありがとにゃ」


薫「かおるね、みくちゃんにプレゼント用意したの!」

七海「七海もれすー」

みく「どうせ七海チャンはお魚なんでしょ…(嬉しいにゃー!なになに?どんなの?)」




【モバマス】みく「みくは陽だまりの中で」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519401188/

1 : ◆0vdZGajKfqPb 2018/02/24(土) 00:53:08.34 ID:d89W1gDH0
カウントからせーので、息を読み合って。

2 : ◆0vdZGajKfqPb 2018/02/24(土) 00:53:39.15 ID:d89W1gDH0
 公園のベンチに腰掛け、さくらラテを一口。
 前川みくはほう、と息を吐く。温められた吐息が、白いもやになって消えていく。
 まだ寒い。寒いけれど、日が沈むのは遅くなったし、春物も店頭に並ぶようになった。
 春はゆっくりと近づいていく。それがみくは嬉しかった。
 冬は、あまり好きではない。
 東京の人は冷たい、なんて言うつもりはないけれど。
 誰も自分に関心をもたない、凍えるような寒さを、みくはよくわかっていた。
 だから、寒いのは苦手だった。苦手になってしまっていた。




【モバマスSS】前川みく「待ち合わせ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519295563/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 19:32:43.55 ID:60BbHll00
ひゅうっと冷たい風が通り過ぎる

うう……寒い……Pチャンまだぁ?

こんなに寒いなら手袋を持ってくれば良かったな

冷たくなっちゃった手を合わせて、ほうっと息をかける

ちょっぴりあったかくなって、すぐにまた冷たくなっちゃう

「さむ……」

夜空を見上げると、お月様が静かに光ってる





[ 2018/02/23 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

モバP「ずぶ濡れの猫」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519305742/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 22:22:22.73 ID:x6/6OA5r0
P「雨降ってて外に出掛ける気も起きねー」

ピンポーン

P「あん? 注文してた奴が来たのか? はいはーい。ん?」

みく「Pチャン……上がっていい?」


P「ゲーッ! みくっ! 何でそんなに泥んこなんだよ」

みく「上がるね……」

P「ちょっと待て。待てって! そんなびしょびしょで部屋に入んなって!」




[ 2018/02/23 00:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

みく「忙しいけど猫チャンと触れ合いたいにゃあ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519301739/

1 : ◆ukgSfceGys 2018/02/22(木) 21:15:39.92 ID:/BOGgI/ZO
モバマスSS、みくにゃん誕生日記念
みくメインのオムニバス形式です。
オムニバス形式初めてなので口調間違いなどあったらすいません…
次から投稿していきます。

2 : ◆ukgSfceGys 2018/02/22(木) 21:17:49.18 ID:/BOGgI/ZO

みく「おはよー……ございまーす……」

モバP(以下P)「おはよう、みく。……ってなんかあんま元気ないな」

みく「正直言うとちょっと疲れてるにゃ……最近のスケジュールはハード過ぎにゃ……」

P「あー……すまんな……。これでも調整はしてる方なんだが、いかんせんここのところ良い話が多くてな……」

みく「……んーん、かまわないにゃ。お仕事が沢山あるってことはそれだけ人気があるって事だしね!」

P「すまない……もう少ししたらまとまった休みを入れるから」

みく「ありがとうPチャン!でも忙しくて最近猫カフェに行けてないのだけが心残りにゃ……次のオフまでお預けかにゃあ……?」コトッ

P「気持ちはわかるが事務所来る度に猫耳を持って来るのはやめなさい。そろそろ俺の机の周りが猫耳で埋もれて、なにか儀式めいた状態になってるから」

みく「あー……こうしてたら猫チャン召喚できないかにゃー……?」

P「おーい、みくー?帰ってこーい!目の焦点が合ってないぞー」ユサユサ

アーニャ、のあ「「……」」ジー





モバP「誕生日のみくが野良猫ばりに警戒心強い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519228705/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/02/22(木) 00:58:25.98 ID:1skcAdjz0
「「「誕生日おめでとー!!」パァン!



みく「わわっ!え、みんなわざわざこんなに集まってくれたの?あ、凄い料理とケーキまで用意されてるにゃ!」


「もちろんプレゼントも用意してますよー?ジャーン!はいっ、私からはおニューの猫耳です!」

みく「ありがとにゃあ!本当に嬉しい…大事に使わせてもらうにゃ!」

「あ、私からも猫耳なんだけど…」

みく「全然構わないよ嬉しいよ!」

「ニェート…私も、なんですけど」

「私もよ」

みく「おおぅ…みく=猫耳って認識なのかな?でもその気持ちが嬉しいにゃ!ありがたく使わせてもらうよ!」

「実は私からのプレゼントも猫耳なんですが…」

みく「どんとこいにゃ!」

「アタシも猫耳なんだけど…」

みく「構わん構わん!」

「あたしも猫耳プレゼント~。ちゃんと脳波を感知してピコピコ動くからね~」

みく「ハイテク!」

「みくちゃんに猫耳は流石に安直だとは思いましたがみくちゃんですし逆に安直なぐらいが良いかと思って猫耳です!」

みく「色々言わなくていいセリフくっついちゃってるけどありがとうにゃ」

「豚」

みく「猫だよ」

「ベッドの上でもネコなのでしょうか…」

みく「年上にこんな事言うのも失礼だけど何言ってんだアンタ」

「フゴゴゴ!フゴフゴ!フゴゴ!」

みく「お口の中空っぽにしてから!」

「ふぉふぇふぇふぉうふぁふぉふぇひふぇー」モグモグバリボリ

みく「お口の中!」

「つみれで猫耳作ってみたんれすけどー」

みく「生臭い!」

「誕生日おめでとう。みけ」

みく「みくだよ!」




前川みく「2月22日がなんの日か知ってる?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519290723/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 18:12:04.18 ID:ZJSq+gdno
みく「Pチャン!Pチャン!」


P「どうした?」

みく「問題だにゃ!2月22日はなんの日か知ってる?」

P「2月22日?そんなの知ってるに決まってるだろ」

みく「さっすがPチャンだにゃ!」

P「グリプス戦役が終結した日だろ?」

みく「は?」

P「聞こえなかったか?グリプス戦役が終結した日なんだろ?」

みく「いや、グリプスなんちゃらとか知らんし」

P「え?だって今日は……」

みく「Pチャンのどアホー!!」

P「ど、どうしたんだみくの奴」




前川みく「膝枕上の猫チャン」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519237558/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 03:25:58.98 ID:nXKuUBYU0
「……ねえ、Pチャン」

「ん?」

「猫チャンはね、あんまり撫でられすぎると嫌になっちゃうの。疲れちゃって鬱陶しくなっちゃって、ストレスになっちゃうのにゃ」

「ああ、そうみたいだね。だから撫でてると急に噛み付いてきたりとか」

「そーそ。撫でてもらえるのは大好きなんだけど、でも猫チャンは気紛れさんだから。構われ過ぎるのは嫌いなの」

「そんな気紛れなところも可愛いんだけどね」

「うむうむ、やーっと最近Pチャンも猫チャンの魅力を理解できるようになったみたいで良きことにゃ」

「みくにたっぷり教え込まれたからね」

「ありがたく思うといいにゃよ」

「感謝してるって」

「ならいいにゃ。……で、Pチャン」

「うん?」

「猫チャンはそんなふうに気分屋さんで、あんまり撫でられちゃうのは嫌なんだけど……でもさっきも言った通り、撫でてもらえること自体は大好きなの」

「うんうん」

「だから嫌がるまで撫でちゃ駄目なんだけど、でも嫌がるまでは撫でてあげなきゃいけないの。嫌だ、って思うまでは撫でて撫でてーって甘え猫チャンモードだから」

「なるほど」

「だから」

「うん」

「ほら」

「うん?」

「……」

「……」

「……Pチャン」

「……?」

「……」

「…………ああ、ってもうごめんって。そんなバタバタ足を暴れさせない。スカート捲れちゃってるじゃんか」




[ 2018/02/22 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマス】みく「バースデーライブ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519256299/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 08:38:19.37 ID:gJQnAjCL0
*地の文形式です。
*みくりーな?

2/22はネコの日、及び前川みくの誕生日

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 08:38:57.61 ID:gJQnAjCL0
 開演10分前、私は楽屋を出た。扉を開いて舞台袖に入ると熱と湿気が私を包んで、今が冬であることを忘れそうになった。
 いつもウサミミの彼女も今日だけはネコミミで、すでにマイクを持ってスタンバイしていた。彼女は私を見つけて、笑顔を見せ、私に「来て」とアイコンタクトする。何だろ、と思って近づくと、彼女は手を軽く上げた。
 そういうことか。私も手を上げ、ハイタッチした。もちろん、ステージの向こうで待つお客さんたちには聴こえないくらい音を小さくした。彼女は真っ暗な奈落へ向かっていく。開演5分前。




【モバマス】聖なる夜に猫はなく

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1519229231/

1 : ◆SHmukQ/VZk 2018/02/22(木) 01:07:12.24 ID:aScNrnF50
モバマスSSです。
クリスマスネタです。
よろしくお願いします。


2 : ◆SHmukQ/VZk 2018/02/22(木) 01:07:44.01 ID:aScNrnF50
かん、こん、こん。

私は数段飛ばしながら、階段を上る。

あまりこういったことはしないけど、今日は特別。

早く会いたいという気持ちを抑えながら、猫のようにぴょんぴょん飛んで彼の元に急ぐ。

本当は事務所に戻る必要なんてないけど、どうせ彼はここにいるのだろう。

皆を早く帰らせ、1人で抱えて寂しく雪の降る中お仕事をする。

私の知っている、いつものPチャン。

折角のホワイトクリスマスだというのに、折角のシュチュエーションなのに、逃す。

彼はそういう人だ。

それでハロウィンなんか、お菓子を渡して、ハイ終わり。

色々衣装も用意したのに、それも触れずに仕事、仕事、仕事。

ほんっとに、本当に、馬鹿なPチャンだ。

そんな真面目なところも嫌いで、とっても好き。

真面目で、皆のことを一番に考えて、私のことを考えてくれて。

でも、もうちょっと自分のことを考えてほしい。そこは不満。

事務所の扉の前に立ち、少しドアノブを捻って部屋の中を伺う。




[ 2018/02/22 01:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング