ヘッドライン

佐天「スカートをめくるだけでイかせる能力かぁ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 18:19:15.02 ID:8V2Ht7vbI
佐天「うーいーはー」

佐天「るっ!!」バサッ

初春「もう佐天さん!いい加減にしてくださ……」




初春「はうううぅぅぅぅぅっ!?」ビクビクッ




初春「グレてやる」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/23(金) 00:34:09.08 ID:M2I/jyq+0
御坂黒子佐天「は?」

初春「私決めました。グレます」プンスカ

御坂「えっ」

黒子「えっ」

佐天「何それこわい」

初春「本気ですよ!本気でグレますから!」

御坂「………………」

黒子「………………」

佐天「………………」

御坂黒子佐天「あーっはっはっははっはwwwwwwwwww」




[ 2018/10/11 17:55 ] とあるSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] とある 初春飾利

佐天「牛乳を注ぐときの腕の筋肉の負担を一割減らす能力かぁ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465011270/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 12:34:31.05 ID:6nyskeh40
フィクションです。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 12:36:28.50 ID:6nyskeh40
初春「佐天さん!能力者になったって本当ですか!?」

佐天「…うん。まぁ…そうみたい…」

初春「よかったですね!おめでとうございます!それで一体どんな能力だったんですか?」

佐天「『牛乳を注ぐときの腕の筋肉の負担を一割減らす能力』だって…」

初春「……はい?」

佐天「牛乳を注ぐときの腕の筋肉の負担を一割減らす能力だよ…」




[ 2018/10/11 02:55 ] とあるSS | TB(0) | CM(0)

初春「スカート捲りの仕返しに佐天さんの胸を揉んでやります!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19(月) 03:30:03.22 ID:G121WuMt0
初春「佐天さんはいつも挨拶代わりにスカート捲りをしてきますから、私も挨拶代わりに胸を揉みましょう」

初春「あっ、いた!まずは名前を呼びながら背後から近づいて……」

初春「佐天さ~んっ!」ダッ

佐天「ん?おーういは――きゃあっ!」

モミモミ

初春(や、やりました!私はついにやったんです!……佐天さんの胸、もう揉めるほど大きいんですね)

初春「どうですか、佐天さんっ!これでいつもスカート捲りをされてる私の気持ちがわかりました、か……って、佐天さん?」

佐天「グスッ……う、ひぐっ……グシュ」

初春「え、えぇっ?さ、佐天さんなんで泣いてんですか……!?」




[ 2018/10/09 09:55 ] とあるSS | TB(0) | CM(0)

佐天「月曜日が来ない能力!」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/06(日) 21:22:56.782 ID:YI8UlvHf0.net
佐天「な、なんかスゴい能力目覚めちゃった!」

初春「え!? ホントですか!?」

佐天「月曜日が来ない能力だって!」

初春「月曜日が……来ない?」

佐天「うん! 月曜日が来ないらしいよ!」

初春「よ、良かったですね。 佐天さん」

佐天「あれ、何か反応薄いね」

初春「何か凄さがあんまり理解できなくて……」

佐天「ふむふむ…それじゃあ実際にその凄さを体感して見よー! ってことで遊園地にレッツゴー!」

初春「わぁっ!? ま、待ってくださいよ! 佐天さん! そんな急に!」




[ 2018/09/27 17:55 ] とあるSS | TB(0) | CM(0)

佐天「初春と喧嘩しちゃう能力かあ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520315167/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/06(火) 14:46:07.92 ID:sw5vulX00
初春「佐天さん。システムスキャンの結果はどうでした?」

佐天「うん。能力身についてたよ」

初春「おめでとうございます。どんな能力ですか?」

佐天「初春と喧嘩しちゃう能力なんだ」

初春「へえ。凄い能力ですね」




美琴「手乗り黒子!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/05(火) 18:31:43.07 ID:mGwOFatwO
ピピピピ…

美琴「ん…朝か…」ムクリ

美琴「…あれ…?」

美琴「…黒子がいない…」

美琴「…まぁいっか…」

「ですの!」

美琴「ひっ!?」ビクゥッ

「ですの!ですの!」

美琴「なっ…何っ!?」キョロキョロ

ミニ黒子「ですの!」

美琴「え…えぇっ!?」

美琴「ち、ちっこい黒子ぉ!?」




美琴「アンタが何で!?」上条「バイト、それよりどれ買うんだ?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/20(水) 20:48:59.22 ID:jLNIOeVR0
美琴「何買うんだって……、そ、そんなことよりなんでここでアルバイトを」

上条「コンビニのアルバイトは定番だし、ここ俺の家から近いし」

美琴「そ、それにしたってここじゃなくても……」

上条「? なんか不都合があるのか?」

美琴「いや、その、アタシここの常連だし……」

上条「げ……」

美琴「な、なによ、その反応は!」バチバチ

上条「だぁー! やめろバカ! 商品に当たったらどうすんだ」バシュウ




美琴「初春さんの下の下ってだれ?」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/01(月) 01:43:03.20 ID:bS+hMLfWO
佐天「…はい?」

美琴「初春さんの下の人がだれかわからないの。私、中2だし」

佐天「…下の人?」

美琴「ほら。セーラー服を着た中1っぽい人」

佐天「それ初春です」




佐天「ポケモンカードを楽しくプレイする能力かあ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507630018/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/10(火) 19:06:58.96 ID:cKEVPTCJ0
初春「佐天さん。システムスキャンの結果はどうでした?」

佐天「うん。能力身についてたよ」

初春「おめでとうございます。どんな能力ですか?」

佐天「ポケモンカードを楽しくプレイする能力なんだ」

初春「へえ。凄い能力ですね




[ 2017/10/12 17:55 ] とあるSS | TB(0) | CM(2)
ページランキング