ヘッドライン

モバP「雪美とのセ○クスが止められない…」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 10:40:44.01 ID:IrjtN+yoO
ちひろ「じゃあ私帰ります。後のことはプロデューサーさん、お願いします」

P「わかりました」

ちひろ「鍵は置いてここにおきますからね、失礼します」バタン

P「はい、さようなら…」

雪美「…」キラキラ

P「…」

雪美「……P……今日も……」キラキラ

P「はいはい、仕事終わったら一杯してあげるから待ってて」

雪美「…うん」




[ 2019/09/13 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

モバP「プロダクションを建ててフェスで勝とう」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 18:49:43.23 ID:Zj1Zhm+e0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てて約半年……。)

P(所属アイドルが佐城雪美、小早川紗枝、浜口あやめ、喜多見柚、桃井あずき、望月聖の6名…。)

ちひろ「………」

P(フェスも終盤か……。)

prrrr……

ちひろ「Pさん、メール来てますよ。」

P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」

P(ん、これは……)ポチポチ

『 Pさんお疲れ様!
  4回戦凄かったね!あたしも見てて思わずヒートアップしちゃった!
  次の戦いに勝てば、決勝進出だね!
  あたし……応援してるから。心細くなったらいつでも電話してね?

                      原田美世』

P「………………」




モバP「プロダクションを建ててフェスへ行こう」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 15:03:34.50 ID:FOy3BUpC0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てて約半年……。)

P(所属アイドルが佐城雪美、小早川紗枝、浜口あやめ、喜多見柚、桃井あずき、望月聖の6名…。)

ちひろ「………」カタカタ

P(…………)

ちひろ「Pさん、メール来てますよ。」

P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」

P(もしかして……。)カチカチ

『 モバイルプロダクションの皆様

  プロダクションマッチフェスティバル本戦のご案内
  お世話になっておりますフェス運営事務局です。
  (中略)
  それでは、当日お待ちしております。

                      フェス運営事務局』

P「………………」




モバP「プロダクションを建ててから久々にゆっくり……」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23(日) 09:19:44.55 ID:VlRvYwVi0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てた……。)

P(所属アイドルが佐城雪美、小早川紗枝、浜口あやめ、喜多見柚、桃井あずき、望月聖の6名…。)

ちひろ「………」カタカタ

P(何かここまで駆け抜けてきたって感じだな…。)

ちひろ「Pさん、メール来てますよ。」

P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」

P(ん?何だろう?)カチカチ

『 おめでとうございます!
 あなたがご応募頂いた、スタミナドリンク1ダースが当選いたしました!』

P「………………」




モバP「プロダクションを建てて二か月ちょっと……」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 09:20:58.81 ID:leQfNRmJ0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てて二か月ちょっとがたった…。)

P(所属アイドルが佐城雪美、小早川紗枝、浜口あやめ、喜多見柚の四名…。)

ちひろ「………」カタカタ

P(フェスエントリー申請まで、あまり時間がない…。)

ちひろ「Pさん、お知り合いからメール来てますよ。」

P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」

P(ま、まさか!?)カチカチ

『 P君お疲れ様。
  以前、あなたに頼まれていたものが見つかったわ。
  私は年末年始も会社に居るから
  好きな時に取りに来てちょうだい。

                      和久井 留美』

P「………………」




モバP「プロダクションを建てて二か月……」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 10:02:38.61 ID:WgrnVOjE0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てて二か月がたった…。)

P(所属アイドルが佐城雪美、小早川紗枝、浜口あやめの三名…。)

ちひろ「………」カタカタ

P(フェスエントリー申請期限まで、残り一カ月を切った…。)

ちひろ「Pさん、お知り合いからメール来てますよ。」

P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」

P(このパターンから行くと…。)カチカチ

『 おっすおっすP!
お前プロダクション建てたのに
  挨拶に来ないとか寂しいじゃねーか!
  俺の所はいつでも良いからあ

                      Passion P』

P「………………」




モバP「プロダクションを建てて一か月……」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 15:20:49.19 ID:z1l29CD30
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てて一か月がたった…。)

P(所属アイドルが1名のみ…。)

ちひろ「………」カタカタ

P(仕事は増えてきたが、次の一手を考えないとな…。)

ちひろ「Pさん、お知り合いからメール来てますよ。」

P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」

P(このパターン、前もあったな…。)カチカチ

『 Pへ、久しぶりだなCoPだ。
プロダクションの調子はどうだ?
今度の連休、京都でうちのプロダクションのイベントがある。
2泊3日になるが交通費やホテル代はこちらでもつから
良かったらお前も見学に来ないか?
また、返事を待っている。
                        Cool P』

P「………」




モバP「プロダクションを建てたのに……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/25(日) 13:21:39.01 ID:OphSYSbI0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てたものの…。)

P(所属アイドルがまだいない…。)

P(まだ設立して一週間もたってないからしょうがないが、どうしたものか…。)

ちひろ「………」カタカタ

P(事務員のちひろさんはいるが、特に仕事も無いので暇を持て余している。)

P(そもそもアイドルってどうやってスカウトすりゃ良いんだ!?)

ちひろ「Pさん、お知り合いからメール来てますよ。」

P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」

P(宣伝もロクにしてないのに、メールとは変な話だな…。)カチカチ

『 やっほー、P君元気してる?君の大親友CuPだよー。
プロダクション設立したんだって?
酷いなぁー言ってくれたらいいのに…。
ボクにでも何か手伝えることがあったら言ってよ、
P君ならいつでも大歓迎さ!
ってなわけでいつでも遊びに来てねー。
                        Cute P』

P「………」




モバP「新人プロデューサー同士で話し合い、ですか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 20:49:23.03 ID:xoAL5rd90
社長「あぁ、そうだ」

P「急な話ですね……どうしてまた」

社長「なに、簡単な話さ。私の知り合いも新人アイドル達を積極的に発掘していてね」

P「なるほど……?」

社長「彼らのところの事務所にも、新人のプロデューサーがいるのだよ」

社長「君もアイドル達との触れ合いの中で思うことがあるだろう?」

P「ないといえば嘘になりますけど」

社長「だから、同じように新人アイドルをプロデュースしている若手プロデューサー同士で話し合えばなにか新しい発見があるのではないかと思ってね」

P「そうですか……うーん……」

社長「まぁ、無理強いはしないがね。 今度の土曜日、私の行きつけのバーにいくといい」

P「えっ、社長はどうするんですか?」

社長「プロデューサー同士の話し合いに私が出て行ってどうするんだね、もう」




雪美「Pの家に泊まったら……おねしょした……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 00:15:53.52 ID:GobClYkv0
雪美「どう……しよう……」グッショリ

雪美(……とりあえず……証拠…隠滅……隠さなきゃ……)

P「Zzz」グーグー

雪美(P……良く寝てる……今なら…きっと……)ソロリ

黒猫「ミャーミャー」

雪美「あっ……ダメ…汚い……Pも……起きちゃう……」

黒猫「ミャオン?」

雪美「後で遊ぶ…から…向こう……行ってて……」

黒猫「ニャー」トットットッ

雪美「P……? 起きた……?」ボソッ

P「Zzzzz」グースカ

雪美(……ふう……まだ……起きて…ない……)




[ 2019/07/23 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)
ページランキング