ヘッドライン

朋「ぷちともちゃん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490354834/

1 : ◆6QdCQg5S.DlH 2017/03/24(金) 20:27:14.40 ID:LZOAtEYc0
朋「おっはよー!」


まゆ「あ、朋さん……おはようございます」


日菜子「おはようございます~」


ぷちとも「とも!」

朋「ちょっと待って」




モバP「もしも佐久間まゆが犬だったら」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490336600/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 15:23:21.30 ID:21I4fXQYo
~Pの家~

おはようございます、Pさん。気持ちのいい朝ですよ。

……Pさんって寝顔も素敵。

うっとり……。

はっ、ダメダメ。Pさんを遅刻させる訳にはいきません。

起きて~、起きてくださーい。

Pさんの頬、失礼します……っ。

ぺろぺろ……ぴちゃぴちゃ、ぺろぺろぺろぺろ……。

P「おっ……まゆ、おはよう」

うふっ、なでなでしてもらっちゃいました。

ジリリリリリリ……。

P「まゆが起こしてくれるからもう目覚ましはいらないかなぁ、ははっ」




双葉杏「明日の飴」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489927395/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 21:43:15.85 ID:3wbvbtx40
「愛とはな、人が人を慈しむ……ようなことなんだ!」

「ような、って」


だいたい、愛するも慈しむも意味が被ってしまってる。

薄汚れた壁、ボロボロのブラインド、狭っくるしい部屋の真ん中に一つだけ大きなソファー。ひび割れている。
壁にかかってる時計もそばに転がってるスマホも無視してゲーム機のホーム画面から時刻を確認した。もう夕飯には遅い、確かな夜の時間だ。
彼の仕事はまだ終わらない。お腹が減ったと抗議をして飴をもらったのがもう二時間も前、そばに転がった包み紙は二桁にのぼろうとしていた。


「例えばそう、杏は俺のために仕事をがんばろうと思うだろう?」

「うーん」

「愛だ!」

「じゃあそれでいいや」


きっと、仕事のし過ぎで頭がおかしくなったんだろう。こういうのは稀によくある。
夜に近づけば近づくほど、彼はいい加減な話を一人で始める。それもテーマが壮大なのを選ぶからタチが悪い。何のために生きるのかとか、心とは何かとか、さっきの愛の話なんて彼の十八番だ。聞くたびにそれは実体が変わる。
こないだの愛は確か性欲だった。じゃあプロデューサーは杏のこと愛してるんだねっておどけてみせたらなんか凄くテンパってて身の危険を感じた。




千川ちひろ「パパ~♪」モバP「今度は何が欲しいんだ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489935565/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 00:00:17.93 ID:Rpu9u+Ht0
夜 事務所

未央(やっばー……! 明日の台本忘れちゃうなんて私ってば本当にドジッ娘☆)

未央「と言うか事務所開いてるのかな? 流石にみんな帰ってると思うんだけど……」

未央「お、よかった~。電気点いてる!」

未央「お疲れ様でー……」

ちひろ「パパ~♪」

未央「!?」

モバP(以下P)「今度は何が欲しいんだ……」

未央(おおぅ!? おぅ!? んんー!? んんんー!!!???)

ちひろ「ん?」

P「どうした?」

ちひろ「今ドア開かなかった?」

P「気のせいじゃないか? こんな時間だし」

ちひろ「そうかなぁ……」





早坂美玲「ウチの”カッコカワイイ”宣言」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489147296/

1 : ◆HN95RCKor6 2017/03/10(金) 21:01:36.80 ID:Hi/ckYqH0
初投稿 早坂美玲がアイドルと出会うお話

某漫画とは完全に関係がありません。タイトルがちょうどよかったんです。

地の文形式 美玲視点 短編程度 書き溜めあり

美玲のほかに一ノ瀬志希、佐久間まゆ、輿水幸子が登場予定

2 : ◆HN95RCKor6 2017/03/10(金) 21:03:25.77 ID:Hi/ckYqH0
 外を歩くときはいつもフードを目深にかぶっている。

そして、だれとも目が合わないようにうつむき加減に、人とぶつからないように注意深く進む。

誰かとトラブルになったり、怪訝な目で見られるのは嫌だから。

基本的にインドア派だし、部活なんかも特にやってないから、休日はあまり外を出歩くことはない。

ただ、服を見に行ったり買いに行くときは別だ。それはウチのポリシーだから。




輝子「美玲ちゃんを…」乃々「アピールします……」美玲「不安しかない……!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489744786/

1 : ◆AyvLkOoV8s 2017/03/17(金) 18:59:47.04 ID:d7peqf1W0

美玲「…なあ、キノコ、ノノ。コレはなんだ?」


輝子「こ、これか? フフ、これは協力のお礼のシイタケクンの煮物だ……」


乃々「誰へのお礼かは…まだ言えませんけど……」


美玲「違うッ! いやお礼って何か気になるけど! ウチが言いたいのはっ……」



美玲「何でウチがいきなり椅子に縛り付けられてるんだってことなんだよッ!!!」



輝子「だ、だって照れて暴れるかもしれないし……」

乃々「そうなったら…貧弱なもりくぼに抑えるのは……むーりぃ……」

美玲「何する気だ!? ウチが暴れるって何する気だッ!?」

輝子「え…? 何するって、その……フヒヒ……照れるな……」モジモジ

乃々「もりくぼの口から言わせるなんて……いぢめですか……?」モジモジ

美玲「なんでオマエらが照れてるんだーーーッ!!!」





響子「プロデューサーさんの家でお食事会をすることになりました」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489249385/

1 : ◆zQ8C2ue3ZM 2017/03/12(日) 01:23:05.80 ID:4f0Ti0b/0

―Pの自宅―


響子「へー、プロデューサーさんのお家ってこんな感じなんですねっ!」


P「ああ。ちょっと狭いけど、ゆっくりしてくれ」

まゆ「うふ、プロデューサーさんの家……うふふ」ウットリ


P「まゆ、部屋を物色するのはいいけど、物を持ち帰るのはやめてくれよ?」

まゆ「でも、響子ちゃんも隠れて持って帰ろうとしてますよぉ?」ガサゴソ

響子「何言ってるんですか、まゆちゃん。私は掃除をしてるだけですよ!」ガサゴソ

P「二人とも、その手を止めてから言ってくれると助かるんだが……」






凛「Linkラジオ、気ままに続くよ」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 21:49:59.47 ID:yIbvqKOO0

凛「Linkラジオはとうとう第10回を迎えるよ」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 21:51:56.27 ID:yIbvqKOO0

凛「これも他ならない皆の応援のおかげ」

凛「感謝感激雨霰だね。いつもありがとう」

凛「それじゃ、さっそく進めていこうか」




[ 2017/03/17 08:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

伊吹「ふいうち」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489238020/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/11(土) 22:13:40.92 ID:U+9rMv4n0
伊吹「はぁ・・・」


奏「(お困りのようね)」


伊吹「いきなり不意打ち気味に話しかけてくるのびっくりするんだけど?」

奏「(当ててみよっか?恋の悩みでしょ?)」

伊吹「エスパーかよ・・・」

奏「(伊吹ちゃんは顔に出やすいからね。特に恋愛関連は)」

伊吹「そんなにかっ!?」

奏「(えぇ、そんなによ)」

伊吹「はぁ・・・ところで・・・」







伊吹「さっきから奏の姿全く見えないけどどっから声聞こえるの?」

奏「(今伊吹ちゃんの脳内に直接語り掛けています)」

伊吹「ガチのエスパーかよっ!!」

奏「(ファミチキ下さい・・・)」

伊吹「うるさいな!」




ページランキング