ヘッドライン

まゆ「まずは、リボンを巻きます」モバP「ほう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1633623992/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/08(金) 01:26:33.06 ID:9Pcm4GEN0

まゆ「あ、プロデューサーさんがいます」

P「まゆか。何してるんだこんなところで」

まゆ「このパズルが解けなくって」

P「ふむ、解けたぞ」

まゆ「えー?」

P「パズルは上に重ねちゃだめだよ」

まゆ「なるほどー」

P「これでまた一つ賢くなったな」

まゆ「ふふ。はい、これでまたひとつ賢くなりました」







[ 2021/10/08 08:45 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

佐久間まゆ「佐久間山への登山を許可します」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1633250477/

1 : ◆Z9rYxRK0vI 2021/10/03(日) 17:41:17.86 ID:Wc0IVWro0
※ご注意です※
キャラ崩壊気味です
まゆとしぶりんがぽんこつです



---地方、営業先にて



カメラマン「はーい愛海ちゃん、いいよいいよー! 最後にとびっきりの笑顔ちょうだい!」

愛海「はーい!」ニコッ

カメラマン「もっと愛海ちゃんらしい笑顔いってみよう! 最高峰のお山を想像して!」

愛海「最高峰のお山…!?」



ホワンホワンホワン

雫『えっ? お山、登りたいんですかー? うーん、いつも頑張ってますしー、良いですよー!』

愛海『天に謝する』

ホワンホワンホワン



愛海「ホハッ、ヤハウェ!」ニッカァァァァ

カメラマン「良いねー良い笑顔! これこそ愛海ちゃん! って感じ!」



モバP(あれ載せて良いのかな…)




まゆ「プロデューサーさんにあすなろ抱きされたい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1632627659/

1 : ◆Z9rYxRK0vI 2021/09/26(日) 12:41:00.13 ID:WJrn6T4A0
※ご注意です※
キャラ崩壊気味です
まゆがぽんこつです



---ある日の女子寮



まゆ(みなさんこんにちは、佐久間まゆです)



男性アイドル『俺……キミのことが好きなんだ!』

女性アイドル『…私も…あなたのことが好き!』



輝子「フヒ……ついに言ったな…」

乃々「目の前でイチャつかないでほしいんですけど…」

輝子「一度でいいから、あんなこと言われてみたいもんだ」

乃々「もりくぼには縁がなさすぎて…別世界の出来事に見えます…」



まゆ(今、女子寮で輝子ちゃん、乃々ちゃんと、恋愛ドラマを見ています)




佐久間まゆ「凛ちゃん、ここから先へは通しませんよぉ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1628600367/

1 : ◆Z9rYxRK0vI 2021/08/10(火) 21:59:27.77 ID:P9TTQkQh0
※ご注意です※
キャラ崩壊気味です
まゆがぽんこつです



---8月10日、事務所にて



未央「さて! 本日が何の日かわかるかね、しまむーくん!」

卯月「はい、分かります! 凛ちゃんのお誕生日です!」

未央「ピンポーン正解! 本日はしぶりんくんのお誕生日! つまり…めでたい!」

卯月「めでたい!」

未央「という訳で本日は、ちひろさんとプロデューサーの全面協力の元、事務所でサプライズパーティをやっちゃいます!」パチパチパチ

卯月「いえ~~~い!」パチパチパチ



加蓮「テンション高いね、あの二人」

奈緒「加蓮も大概だけどな」

加蓮「そう?」※鼻メガネ装着

奈緒「そうだよ。いくら何でも早いだろ、それ付けるの」

加蓮「サプライズだよ」

奈緒「現時点で誰を驚かすんだよ」




佐久間まゆ「プロデューサーさんの膝枕」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1625983308/

1 : ◆Z9rYxRK0vI 2021/07/11(日) 15:01:48.85 ID:tyGM8Bp00
※ご注意です※
キャラ崩壊気味です。



---ある日、事務所にて



モバP(以下P)「…………」カタカタカタカタカタ



ガチャッ

桃華「櫻井桃華、ただいま戻りましたわ」

P「おう桃華、お帰り。ごめんな、迎えに行けなくて」

桃華「気にしないでくださいましプロデューサーちゃま。それよりもうお昼ですのに、まだお仕事されているんですの?」

P「え? ああ、もうそんな時間かぁ」

桃華「もう、無理は禁物ですわよ、プロデューサーちゃま?」

ちひろ「桃華ちゃんの言う通りですよ。プロデューサーさんがそこでバリバリ働いてると、私もお昼食べに行きづらいんですから」

P「う、すみません…」

桃華「さあ、こちらのソファで、わたくしと一緒に休憩しましょう!」

P「そうだな、煮詰まってきたし、休憩しようか」ガタッ




凛「……」まゆ「……」【セ〇クスしないと出られない部屋】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1625963589/

1 : ◆SbXzuGhlwpak 2021/07/11(日) 09:33:10.18 ID:yy6cXhQg0
【セ〇クスしないと出られない部屋】


凛「……」

まゆ「……」

凛「……」

まゆ「……」

凛「……ねえ、まゆ」

まゆ「……」プイッ

凛「こっち見なよ」

まゆ「……凛ちゃんが悪いんですよ」

凛「はぁ!? アンタがプロデューサーを怪しい部屋に連れ込もうとしてたのが悪いんでしょ!」

まゆ「怪しくなんかありませんっ! ここはまゆとプロデューサーさんの愛で満たされるはずだった場所なんですよ! それを凛ちゃんが!」

凛「やっぱり怪しいじゃない! 何が【セ〇クスしないと出られない部屋】よ! こんな部屋にプロデューサーを連れ込もうとして!」

まゆ「そうやって私の事を責めますけど、凛ちゃんだってここがどういう部屋か察した途端に、止めるのをやめてプロデューサーさんを部屋に押し込もうとしましたよね!?」

凛「あ、アレは急に差し出されたチャンスに体が反応してしまって……」

まゆ「私もそんな凛ちゃんを止めようとして……」

凛「二人でもつれ合ったまま部屋に転がり込んで……ドアが自動的に閉まったけど、アレは?」

まゆ「部屋に人が二人入ったら自動的に閉じるように設定してもらったんです……」

凛「……晶葉に?」

まゆ「はい」

凛「……はあ、もういいや。私がまゆを止めるだけにすれば、こんな事にはならなかったわけだし」

まゆ「いえ……あの……」

凛「私たちがここに閉じ込められるところはプロデューサーも見ているし、こんな怪しい部屋を作れる上に作りかねない人は晶葉だってすぐ検討がつくだろうから、少し待てば外から開けてくれるでしょ」

まゆ「その……それが……」

凛「ん、どうしたの?」





http://imgur.com/npFzi5w.png
http://imgur.com/TGRhT3X.png




【モバマス】まゆに呑まれた話

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1623516625/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/06/13(日) 01:50:25.53 ID:q8eskf2U0
夜、書類を整えていると指先を切ってしまった。

紙による切り傷は深くはならないが存外に痛い。

内心毒づきながら絆創膏を取りに行こうと立ち上がると、プロデューサーさん、と柔らかい声がした。

振り向くと、いつからそこにいたのか、最初からそこにいたのか、まゆがいた。

プロデューサーさん、ともう一回まゆは言って、両手で優しく包むように私の手をとり、切れた指先を愛らしい口に躊躇なくはむっと入れた。

まゆの唇はふわりと柔らかく、痛みは淡雪のように消え、むしろ淡い快感を指先に感じるほどだった。

願わくばずっとこうしていたいとも思うがそうはいかず、まゆ、気持ちは有り難いが感染症の問題もあるし他人の傷口を口に入れるのは良くないよなどと言いつつ指を引き抜くとああああああ!

熱い!熱い!ああああづい!!

燃える!指が!あああづい!!




[ 2021/06/13 15:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(2)

武内P「脳が破壊される?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1623064813/

1 : ◆SbXzuGhlwpak 2021/06/07(月) 20:20:13.59 ID:QkKpHvnV0
注意事項

・武内Pもの

・武内Pもの





りあむ「うおおおおおぉぉおオオんん!!」

武内P「!?」ビクッ

りあむ「グッス……ひっぐっ……うぇっぷ」

武内P(え、えずいている……ッ!?)ゴクリ

りあむ「やばたん……つらたん……つらたにえん」

武内P「あの……ゆ、夢見さん?」

りあむ「ふぁ……? Pサマ?」

武内P「ただならぬ様子でしたが、何かあったのですか?」

りあむ「ひっぐっ……うん、足りないんだ」

武内P「足りない? 何がですか?」

りあむ「……オギャりが」

武内P「――オギャりとは?」

りあむ「ママにオギャること」

武内P「――――ママにオギャるとは?」

りあむ「母性あふれる尊い女の子に、童心に帰って甘えること」

武内P「――――――――なるほど」

武内P(まるで意味が、わかりません)

りあむ「朝から炎上して、あかりちゃんとあきらちゃんにすこってもらおうとしたけど、二人はつかさちゃんと仕事でいない。ママたちも忙しくてオギャれない。ぴえん」

武内P「……なるほど。つまり誰かに慰めてほしかったけれど、仲の良い相手と今日は会えていないんですね」

りあむ「あい、だからぼくは朝からぼっちなまま。ママ成分が足りないの~」

武内P「それは、その……ご愁傷さまでした」ススッ

りあむ「はっ!? そこで何で他人事みたいに言いながら距離とんの!? 触れる者皆傷つけるガラスの十代だからそっとしておこう、じゃなくて例え我が身が傷ついてもすこるのがCPのPサマでしょ!!」

武内P「すみません、嫌な予感がしたもので」

りあむ「嫌って言った! 嫌って言っちゃったよこの人! でも仕方ないじゃん! ママみが足りないならパパみで補わないと!」

武内P「いいですか夢見さん。年頃の女性が自分より年下の女の子をママと呼んで甘えるのは、少し奇妙ですが本人同士が納得……納得? しているのなら許さ……許されはしませんが、見ないフリをしてもらえる可能性が無くはありません」

りあむ「ワンチャンあるで~?」

武内P「しかし血のつながっていない年上の男性を“パパ”と呼ぶのは、いらぬ誤解を招きます。どうかそれだけは止めてください」

りあむ「……ワンチャンない?」

武内P「ワンチャンありません」

りあむ「…………び」

武内P「び?」





りあむ「びええ~~~~~んっ!!!」





武内P「」




凛「プロデューサーはずるい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1620483418/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/08(土) 23:16:59.07 ID:YWH159xm0
モバマスSS、キャラ崩壊あり、ちょいエロ?


※初投稿でごぜーます、暖かい目で見守ってください





ページランキング