ヘッドライン

春香「いますぐ個性的に口癖だっていいたい!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 12:55:20.12 ID:0XCoYvHT0
雪歩「おーい! 春香ちゃん、遅くなっちゃってごめんね」

春香「あ、ううん。オフなのに、呼び出したりしてゴメンね」

雪歩「大丈夫だよ。私もちょっと買い物したかったから、ちょうど良かったよ」

春香「ホント? 良かった……あれ? あれって……」

雪歩「え? あれ、貴音さんだ。それと……ええっ!?」

春香「あれってやっぱり、ジュピターの伊集院北斗さんだよね」

雪歩「うん。どうして貴音さんと、ジュピターの人が?」

春香「と、とりあえず、様子をみてみようよ」

雪歩「そうだね」




P「景気づけにアイドルにおっぱい見せてもらう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 21:36:46.54 ID:Q2halCYd0
某スタジオ

冬馬「急に呼び出されたから何の用かと思ったら」

北斗「まさか、765プロのCDの宣伝とはね」

翔太「ジュピターも落ちたもんだよね」

P「まぁまぁ落ち着けお前ら、今日はお前らの力がないとできない企画なんだ」

律子「はい、だからみなさんつべこべ言わず協力してくださいね」

冬馬「だいたいなんでプロデューサーがスタジオまででばってんだよ」

翔太「意味不明だよね」




律子「あなたを拘束します!」P「な、なんだと!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 13:59:28.71 ID:374liS1d0
北斗「765のプロデューサーさんが監禁された……?」

黒井「確かな情報なのか」

冬馬「情報屋から聞きだした。間違いねぇ」

翔太「誰から聞いたの?」

冬馬「緑の姉ちゃんだ」

黒井「音無君からなら間違いないだろうが……」

北斗「なぜそんなことを……」

冬馬「なぜって決まってるだろ」

冬馬「俺達のユニット活動を阻止するためだ」

冬馬「P.Kジュピターのよ……!」




翔太「えっ!ドーナツが半額!?」北斗「あぁ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 17:48:57.16 ID:WYRU2EgB0
九月の某日

冬馬「100円セールじゃなくて半額かよ。すげぇな」

翔太「何が半額なの!?ハニーディップあるの!?」

北斗「落ち着け翔太。ほら、これがチラシだ」

翔太「貸してっ!」

冬馬「チラシまで持ってくんなよ……」

北斗「事務所の掲示板に貼ってあったから拝借してきたんだ」

冬馬「芸能事務所になんでドーナツのチラシが貼ってるんだよ」

北斗「社長の趣味じゃないか?」

冬馬「……まぁそんなとこだろうな」




北斗「温泉に入りたいって?」冬馬「ああ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413983023/


1 :ほのぼの 2014/10/22(水) 22:03:53.41 ID:QbN1TS8L0
北斗「いきなりどうしたんだ?」

冬馬「最近俺たちライブで疲れ気味だからリフレッシュをしたほうが良いと思ってな」

冬馬「こんな涼しい時期には入ってみたいだろ、温泉」

冬馬「しかも今は時期的に紅葉とか見れるぜ」

北斗「確かに冬馬の言うとおりちょっと疲れが溜まってるからな…」

冬馬「そうだろ、だからみんなで行かないか?」

北斗「まあ気分転換にはちょうど良いな」

北斗「わかった、今度の休日4人で行こうじゃないか」

北斗「俺が予約とかをしておくよ」

冬馬「サンキュ」




冬馬「天海春香とのキスシーン?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/01(土) 22:33:12.53 ID:w5jMx0Qg0
監督「つっても、実際にするわけじゃないけどね。するフリだけ」

冬馬「はあ」

監督「まあ僕としてはガチでしてもらいたいんだけどね~765さんからNG出ちゃって」

冬馬「そうなんすか」

監督「まあでも冬馬君の方も、ガチでしちゃったら女性ファン怒っちゃうだろうしね」

冬馬「それは……どうなんすかね」

監督「んじゃあまあ、そういう感じでいくから」

冬馬「分かりました」




冬馬「俺の…娘?」 冬子「そうだよパパ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404032012/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 17:53:32.94 ID:vD05i6Pt0
翔太「やっと315プロへ移籍できたね」

北斗「数ヶ月間粘った甲斐があったよ」

冬馬「それじゃあお祝いになんか食うか?」

翔太「いいね、そうしよう♪」

ピカーン

三人「ん?」





冬馬「水着が流された」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409449654/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/31(日) 10:47:44.60 ID:/XonsCWT0
冬馬(まずい…非常にまずい…!)

冬馬(サンシャインライブが終わって時間が空いたから暇つぶしに泳いだら)

冬馬(波に襲われ悪戦苦闘し何とか切り抜けたが…)

冬馬(まさか水着が波にさらわれていたなんて…)

冬馬(どうしよう…)




秘書「961プロに勤めているのですが、もう私は限界かもしれない」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 00:51:37.77 ID:GRgms6Bb0
―961プロ・社長室

黒井「765プロの蠅共め! また性懲りもなく立ち直りおってぇ……」

秘書「………」

黒井「週刊誌や報道では詰めが甘かったか……ならば今度は会場のスタッフを……」ブツブツ

秘書「……社長」

黒井「おおそうだ、明日のフェスの音響は確か……ククク、これは使える!」

秘書「黒井社長!」

黒井「む? なんだね、君ぃ。私は今考え事で忙しいのだ、後にしてくれないか?」

秘書「……もうこんなことはやめにしませんか?」




P「小噺」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/08/26(金) 17:57:39 ID:BkbpSDh6
冬馬「完全に迷っちまったな……」

翔太「冬馬くーん、僕もうお腹すいて死にそうなんだけど」

冬馬「俺に言われてもどうしようもねぇよ」

北斗「せめてどこか休めるところでもあればな……」

冬馬「こんな山の中にそんなとこあるわけ……」

翔太「ねぇ、あれ家じゃない?」

北斗「本当だ……ちょっと行ってみよう」




ページランキング