ヘッドライン

井之頭五郎「東京都 新宿区の炒飯」


1 :名無しさん@おーぷん 2014/11/16(日)22:59:11 ID:ByczdfnmS
[新宿区 高田馬場]


……。
この辺は住宅が多い。

以前来た時よりも増えている気がする。

「…」



『…ええ。ではその日に届けに参りますので…お名前を伺ってもよろしいでしょうか?』
『私のか?…ふむ。そうだねぇ…闇絵と呼ばれているよ』
『え?…あ、はぁ…』


……世の中には、変わった人もいるものだ。


……俺も、か?


時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。
誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。
この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである。


『東京都 新宿区の炒飯』




井之頭五郎「千葉市 花見町の豚骨ラーメン」


1 :名無しさん@おーぷん 2014/11/15(土)21:37:47 ID:kFI2Kq8KO
……。

ここが、花見町。

都会のイメージが強い中では、一際目立つ田舎っぽさ。

「…お」

…駄菓子屋。
…子供の頃は、よく見ていたが。

今は、そんなに見ない。

「…」

昔懐かしい、おばあの腰掛け。

「…」

「…どうも」コク

……寝てるのか。






時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。
誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。
この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである。


『千葉市 花見町の豚骨ラーメン』




井之頭五郎「東京都 品川区の湯豆腐」


1 :名無しさん@おーぷん 2014/11/14(金)21:39:33 ID:KZSWa9pUR
『東京都 品川』

「…」

もう千葉県では雪が降ったんだっけ?
…暖冬って、言ってたのに。

もう世間ではクリスマスの準備だ。

「…お」

『クリスマスケーキ、予約受付中!』
『クリスマスパーティーセット、今すぐ予約!』

…俺には、関係無いか。






時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。
誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。
この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである。


『東京都 品川区の湯豆腐』




井之頭吾郎「岐阜県 興宮のクリームパフェ」


1 :名無しさん@おーぷん 2014/11/13(木)21:58:48 ID:Ek8f5fZ4h
おきのみや…

…初めて来る場所だ。

「…?」

『エンジェルモート チケットをお持ちの方に只今スペシャルクリームパフェ無料サービス!!』

…。
チケットは、持ってないか。

何処で手に入るんだろう?

「…あ」


「ありがとうございましたー!また来てくださいねー!」
「また来るナリよー!!!」


……。
このご時世に、凄い格好だなあ。

寒くないのか?
…というより、アレはそういう問題にならないのか?

「…寒っ…!」

…今年の冬は、冷えそうだ。



時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。
誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。
この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである。

『岐阜県 興宮のクリームパフェ』




井之頭五郎「杉並区 阿佐ヶ谷の鯖味噌定食」

1 :名無しさん@おーぷん 2014/11/12(水)19:36:53 ID:7w6bUGlPl
ここにはつい最近も来たよなあ。

そんなに日は経ってないんじゃないだろうか。

「電車、普通でも良かったかなあ」

…予定の時間より随分早く来てしまった。
…少し張り切りすぎたか。
それでも何処かで暇を潰す程では無い。

仕方ない。電話して、少し早めに行かせてもらおう。
ゆっくり歩けば、多少は暇潰しにはなる。

「…ん?」

…ラピュタにトトロ、か。
ジブリが有名だったっんだっけ?

…巨神兵もあるんだなぁ。
仕事が終わったら、見てみようかな。

「…!」

いかんいかん。
いくら暇があると言っても少しだけだ。
こんな所で立ち止まってたら遅れてしまうな。

一応電話しておこう。

「…あ、もしもし井之頭です。本日お約束しておりました時間よりも少し早めに着きそうなんですが…はい、わかりました。それでは今から行かせていただきます。ありがとうございます」

時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。
誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。
この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである。

『杉並区 阿佐ヶ谷の鯖味噌定食』




貴音「四条と五郎のラーメン探訪」井之頭五郎「……」


1 :孤独じゃないグルメ 2013/01/19(土) 21:40:45.25 ID:a838NDVq0
 年を越した気がしなかった。

 個人の貿易商をやっている俺には当然会社の集まりなどという物は存在せず、新年会なんて物が行われるはずもない。

 得意先への挨拶廻りは済ませたものの、やはり新年の実感は湧かず仕舞いだった。

 街のいたるところに見られる『迎春』の文字にも、俺はマンネリズムを感じてしまっている。
 いや、毎年変わらないのは当たり前なんだけど。……年のせいなのだろうか。

五郎「気分を切り替えないとなぁ……。今度、手頃な飲み屋で一人新年会とでも洒落込むか」

 ま、飲みはしないけど。

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 21:43:02.57 ID:a838NDVq0
ーーーー

 井之頭五郎は、食べる。
 それも、よくある街角の定食屋やラーメン屋で、ひたすら食べる。

 時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、彼はつかの間自分勝手になり、「自由」になる。

 孤独のグルメ──。それは、誰にも邪魔されず、気を使わずものを食べるという孤高の行為だ。

 そして、この行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の「癒し」といえるのである。

『孤独のグルメ』




井之頭五郎「このおにぎり不真面目な味」美希「えー……」


1 :孤独じゃないグルメ 2012/12/31(月) 13:31:52.11 ID:O34hmUAW0
 このところ、煙草の煙とともに溜め息ばかり吐いている気がする。
 忙しい割に小口の商売ばかり続いているせいか……。

 今日も午前午後合わせて6件の仕事をこなさなければならない。

五郎「一足先に師走が来たか……」

 もうすぐ12月か……。
 ついこの間年を越した気がするのに。

五郎「ううー……寒いな……」

 北風が骨身にしみる。
 見上げれば、空は灰色。せめて晴れてくれれば気力も湧いてくるんだが。

 こう寒いとなんだか……

五郎「なんだか……腹が減るな……」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/31(月) 13:34:15.38 ID:O34hmUAW0
ーーーー

 井之頭五郎は、食べる。
 それも、よくある街角の定食屋やラーメン屋で、ひたすら食べる。

 時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、彼はつかの間自分勝手になり、「自由」になる。

 孤独のグルメ──。それは、誰にも邪魔されず、気を使わずものを食べるという孤高の行為だ。

 そして、この行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の「癒し」といえるのである。

『孤独のグルメ』




雪歩「焼き肉には黒豆茶ですね」井之頭五郎「ほう」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:00:22.34 ID:OIfOevpb0
 ※孤独のグルメという作品とのクロスです
 多分、ドラマやマンガを見てないと楽しめない出来になっちまってます

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:01:36.26 ID:OIfOevpb0
 フィンランドのインテリアショップで知り合った女性・ジョセフィーヌからメールが来たのは三日前のことだった。
 この度、めでたく母親となる彼女のために、俺は祝いの品を見繕いに人形町まで足を運んだのだった。

五郎「『ジャパニーズカルチャーを感じるもの』と言われたが……さてどうしたものか」

 日本贔屓である彼女を満足させられる何かが見つかればいいのだが……。

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 01:05:38.67 ID:OIfOevpb0
ーーーー

 井之頭五郎は、食べる。
 それも、よくある街角の定食屋やラーメン屋で、ひたすら食べる。

 時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、彼はつかの間自分勝手になり、「自由」になる。

 孤独のグルメ―。それは、誰にも邪魔されず、気を使わずものを食べるという孤高の行為だ。

 そして、この行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の「癒し」といえるのである。

『孤独のグルメ』




響「ひまわりの種、食べるか?」井之頭五郎「……いらないよ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 21:04:34.02 ID:NHYExNq00
 思いっきり空腹だった……。
 取引が長引いて俺はまたも昼飯を食い損なってしまったのであった。

五郎「やれやれ……相変わらず話好きな社長だったな……」

 今日俺は都内某所にある芸能事務所、765プロダクションへ商談に訪れていた。
 まあ、商談とは名ばかりの世間話で時間が潰れてしまったのだが。

五郎「腹が綺麗にすっからかんだ……車はここに置いておいて、何か食べに行くか……」

 良い店が見つかるといいのだが……。




井之頭五郎「香港か……」承太郎「何だあのオッサンは」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/27(日) 23:13:05.00 ID:PuVj3Gw30.net
 最近はヨーロッパの品を多く仕入れていたが……こういう地域の食器なども悪くない。

 とりあえず今日はいろんな店の品を見て回る程度にしようと思っていたが……ついつい夢中になってしまった。

 おかげで、少し歩きすぎたせいだろうか……随分と腹が減ってしまっている。

 時間も良い頃だし、そろそろどこかで昼飯を済ませよう。

店員「なあ、そこのダンディなお方! 観光かい?」

 ん?

店員「どうだい? お粥! 香港に来たんなら、点心かお粥食べとかないと損だよ!」

 お粥か……そういえば、香港だとお粥を主食に食べると聞いたことがあるな……。

 昼飯前にお粥というのも妙な感じだが……腹が減って仕方がない今の腹には丁度いい。

五郎「あの……お粥っていうのどんなのが……」

店員「そうだなぁ……やっぱり定番は皮蛋痩肉粥かな? ピータンと豚肉を使ったお粥だよ」

五郎「じゃあ、それを一つ……」




ページランキング