ヘッドライン

モバP「鼓動が聴きたいなあ」飛鳥「やれやれ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493217434/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/26(水) 23:38:49.29 ID:Zam+0f2t0
飛鳥「ボクだけわざわざ居残らせた理由はそれかい?」

P「ああ。みんなの前じゃさすがにな」

飛鳥「別段今のボクの鼓動はキミに聴かせたくなるほど高鳴ったりはしていないが。いや、むしろその申し出にこそ高鳴らせるべきなのかな? 警鐘のための早鐘をさ」

P「うっ……やっぱり駄目か」

飛鳥「フフッ、冗談だよ。神妙な顔をして何かと思えばそんなことだったとはね」

P「ははは……なんか、どうしても聴きたくてさ。いてもたってもいられないんだ」

飛鳥「そこまでキミの記憶に刻み込まれていたのか。ボクの鼓動……あるいは、その過程の何かを」

P「なっ、何かって何だよ。俺は……その」

飛鳥「なるほど、取り繕う余裕も無いみたいだね。まぁいいさ。そんなに聴きたいというなら聴かせてあげてもいいよ」

P「本当か!? 出来れば直接耳元で聴きたいんだけど」

飛鳥「ほぅ……その前に、一つだけ。一応聞いておくが、ボクにしか頼んだりしていないだろうな? ボクにだけ、ボクだからこそ、というか」

P「当たり前だろう? こんな事、他の誰にも頼んだりしないよ」

飛鳥「そうかい。解ったよ、ボクにしか満たせてやれない欲求だというなら、満たせてやろうじゃないか。……おいで」

P「飛鳥……ありがとう」

飛鳥「…………。聴こえているかな」

P「ああ、聴こえてるよ……」




モバP「人狼ゲーム風犯人当て番組開催!」【ミステリ】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500808647/

1 : ◆KnLLEh/CdU 2017/07/23(日) 20:17:27.80 ID:bbva3m5g0

P「ちひろさん、ちひろさん! 企画通ったんで見てもらえますか!」

ちひろ「へー!、どうんな企画ですか?」

P「人狼ゲーム風な犯人当てゲームの企画です!」

P「犯人役にはトリックを使って殺害(するフリ)をしてもらい、犯人以外はトリックと犯人を推理してもらう企画です!」

ちひろ「ほほう?面白そうですね!」

P「ってわけで出演者決めたいんですけど、空いてる子いますか?」

ちひろ「はい!それならこの子達が良いんじゃないでしょうか?」





モバP「はぁぁあハナコ可愛いなぁあぁ!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500787778/

1 : ◆b72I1I/FhE 2017/07/23(日) 14:29:38.71 ID:d5BctWKio
凛の愛犬ハナコが可愛いSSです

2 : ◆b72I1I/FhE 2017/07/23(日) 14:30:15.84 ID:d5BctWKio
モバP「こんにちはー」

凛「いらっしゃいませー……あっ、プロデューサー。今日はどうしたの?」

モバP「あぁ、今度のライブについて早めに聞いておきたいことがあってな、たまたま凛の花屋の近くを通る用事があったから寄ったんだよ」

凛「ふーん、そっか。まぁ上がってよ」

モバP「おう、そうさせてもらうよ」

凛「今は親もいないし」

モバP「ん?」




【モバマス】飛鳥「ある日、芳乃とカフェで」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500709669/

1 : ◆Rj0X.392Pk 2017/07/22(土) 16:47:49.61 ID:FkpQMXSA0

事務所カフェ


飛鳥「やぁ、芳乃。こんなところにいるなんて珍しいね」


芳乃「飛鳥さんですかー。こんにちはー。暑さで参ってしまいー、お茶が美味しそうだったのでー」


飛鳥「確かにこうも連日暑い日が続くと涼みたくもなる。それにキミは着物でいる日が多いし、特に暑いだろう」

芳乃「いえー、服装は関係ありませんよー。きっと何を着ていても暑さには勝てませんー」

飛鳥「服装についてボクが指摘するのもおかしな話だったね」

芳乃「飛鳥さんもなかなか暑そうな格好ですのでー」

飛鳥「ははっ。それもそうだな」




飛鳥「……ヤツが来る」 ありす「はい?」

1 :◆MBta3/Lt2Q 2017/07/16(日)22:13:18 ID:9Dl
飛鳥「ああ、ようやくだ、ようやくだ。この時が来るのをずっとずっと待っていた。待ち望んでいた」


飛鳥「この日が来ると理解っていたからボクはボクでいられたんだ。キミがキミでいられたのと同じように」

飛鳥「ああ、理解っているよ。ボクらの間に能書きはいらないことくらい」

飛鳥「けど、最期はせめて孤独を癒したいと想う事に罪は無いだろう?」

飛鳥「墓所までの供も、いやしない。誰も彼も、ボクの末期を看取ってはくれないだろう」

飛鳥「人知れずボクは死んでいく。誰も、ボクのことを知らないままに」

飛鳥「けれど、これでいい。なにせ、これがボクの望んだ結末なのだから」

飛鳥「さあ、始めようじゃないか。結末は既に見えている。けれど、それでも、足掻こうじゃないか。キミを神の座から引き摺り降ろすためにね」

飛鳥「そうさ、足掻くよ、ボクは。それが、人の生き様というものなのだから。人類として、霊長類の長として、今日という日を終わらせよう」

飛鳥「さあ、待たせたね! お待ちかねのカーテンコールの始まりさ!」

ありす「何をやってるんですか、こんな屋上で」





橘ありす「あれは・・・あすかくらげ!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500568312/

1 : ◆9CUtNS6CZQ 2017/07/21(金) 01:31:52.38 ID:v5lDswLn0
ありす(・・・もうこんな時間ですか)チラッ

ありす(レッスンも終わってプロデューサーが寮まで送ってくれるというからこうして事務所に戻ってきていますが・・・遅いですね)

ありす(トレーナーさんと話すことがあるから少し時間がかかるとは言っていましたが・・・それにしても遅いです。どこかで道草でも食っているのでしょうか)

ありす(プロデューサーのことだから他のアイドルの仕事に駆られていてもおかしくはありませんが・・・待ちぼうけの身もいじらしいものですね)

ありす(こんなときに限って事務所に誰も居ませんし・・・何して暇を潰しましょうか)

ありす「・・・ぎーんのりゅーのーせにーのーってー・・・」ゴンゴン

ありす(っと、来客ですか。いまはちひろさんも居ませんし、私が応対するしかないですね)





幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」 その13

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500098559/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 15:02:39.90 ID:GMosNTGb0
注意:ホラーやキャラ崩壊の要素、SCP関連の画像添付があるかもしれません


以前までリンクを載せていたサイトは統合されたため、前作までのリンクは繋がらなくなっています。
ページが見たい方はこちらから検索してください。

http://ja.scp-wiki.net/


小梅「は、始まりました…SCP紹介ラジオ…第13回目、です…」

小梅「この番組は…SCP Foundationという創作サイトの中から、私…白坂小梅がSCPを紹介していく番組、です…そして…?」

幸子「カワイイボクこと、輿水幸子が小梅さんのお話を皆さんと一緒に聞く番組です!」

小梅「今日のゲストは、飛鳥ちゃんだよ…」

飛鳥「リスナーの皆、飛鳥…二宮飛鳥だ、よろしく」

幸子「よろしくお願いします!」

飛鳥「SCP…名前は聞いたことがある。非実在のモノを管理する団体の創作、だったかな?」

小梅「うん…!飛鳥ちゃんなら、きっと好きになってくれると思うよ…」




モバP「悩んでいる奈緒の気晴らしに付き合う」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499273336/


1 : ◆JBqI9RdT/Q 2017/07/06(木) 01:48:56.68 ID:uIwpw62u0
▼前作
モバP「仁奈が旅行券を握り締めてやってきた」

▼関連SS
モバP「美穂の演技練習に付き合う」

※予告したのとタイトルを変えています


飛鳥「そう...あれは二週間ほど前の、出来事だったかな...」

飛鳥「美穂さんがモバP(以下P)の助力を得て、演じる役割への理解を深めようとしていたんだ」

飛鳥「それを知ったボク、夕美さん、智絵里さんは二人を見守る事にしたんだ」

飛鳥「その道中にライラさん、奈緒さん...卯月さんが加わって」

飛鳥「一緒に行動し...その行く末で」

飛鳥「悲劇が起こったのさ...悲劇の犠牲は、奈緒さん」

飛鳥「悲劇の中身は、奈緒さんの秘匿していた禁忌が暴かれてしまったのさ....」




未央「あすあす」飛鳥「『あすあす』は語呂が悪くないかい?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499689744/


1 : ◆vy.I.hoY0k 2017/07/10(月) 21:29:04.94 ID:J6+V1Q2FO

※このSSはすべて夢オチです。悪しからずご覧ください。



2 : ◆vy.I.hoY0k 2017/07/10(月) 21:30:10.42 ID:J6+V1Q2FO
未央「えー?かわいいじゃん『あすあす』」

飛鳥「仮にそれが可愛いとしても、未央のネーミングセンスは独特すぎるよ」

未央「そうかなー?」

飛鳥「何故『あすあす』なんだい?」




二宮飛鳥「美波さんにボクの歌が歌えるわけがない」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499989952/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 08:53:18.48 ID:jKZID4Vr0
住む世界が違う。

飛鳥は美波を初めて見たとき、そう感じた。

新しくスカウトされた新田美波という人物は、容姿端麗、頭脳明晰、文武両道を地で行く人で、瞬く間にアイドルとしての実力をつけていった。

大学に通いながら、資格の勉強とサークル活動とアイドル活動を全てこなしているのだからそのバイタリティは驚くべきである。

世界への抵抗を繰り返し、刺激と変化を与えてくれるものを探して彷徨っていた飛鳥にとっては、眩しすぎるように感じた。

事務所の皆も一目おいており、特にありすからは毎日のように文香と美波の話を聞かされている。

しかしながら、飛鳥は美波に違和感を覚えていた。




[ 2017/07/14 23:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング