ヘッドライン

【シャニマス】合同ライブ、それぞれの前夜

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552997948/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/19(火) 21:19:08.97 ID:/owX+/eF0
灯織「……眠れない」

灯織(明日は大事な合同ライブなのに……寝不足でステージになんて立てない……)

灯織(寝不足ならまだいい。もし、寝坊なんてしたら……)


灯織「……忘れ物、ないかな」

灯織(衣装は会場だから、それほど多くはないけど)

灯織(タオル、飲み物、のど飴、財布……ICカードの残高いくら残ってたっけ……)

灯織(あとは、お守りも……うん)

灯織「って、さっきから何回持ち物確認してるんだろ……」




三峰結華「こがたんと二人きりのお誕生日会」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552571189/

1 : ◆foQczOBlAI 2019/03/14(木) 22:46:29.94 ID:cQ0XYiOG0
昨日はこがたんの誕生日、アンティーカのみんなでこがたんを祝った。

今日はこがたんと三峰の二人きりの誕生日会、二十歳になったからお酒とか買って飲もうって会!


「結華ー、お酒いっぱいあるけど、どれにしたらいいと?」

「ちょっとこがたん、お酒買えるようになったからってはしゃぎすぎだよ」

「だってお酒初体験たい、どれもこれも魅力的に見えるけん」


少し発言に食い違いがある気がする。えっ、こがたん。本当にお酒初めてなの?

三峰の家では大学生になるからお酒を覚えとけって兄さんに飲まされたし、実際大学での飲み会もいくつかあった。

このピュアなこがたんが普通なのか、三峰が汚れきってしまっているのか……。




【シャニマスSS】P「恋鐘をおとなしくさせる」


3 : ◆3xQXQ8weeA 2019/02/24(日) 20:35:50 ID:89TexRuI
結華「おっはよー!……あれ?」ガチャ

霧咲摩「「「……」」」シーン

結華(なんだか空気が重たい……?)

P「ん?結華か。おはよう」ガチャ

結華「あ、Pたん。おは



恋鐘「お、おはよ……///」(頭がふっとーしそうな抱えられ方)



結華「ナンデ!?」

P「んー?何がー?」イスニスワル




【シャニマスSS】結華「今日くらいは素直でいるよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1547650520/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/16(水) 23:55:20.68 ID:c0mVfbQxo
結華(……む、ドアの向こうに気配が)

『結華が来たけん、スタンばって~』

結華(これは……全員いるかな。はてさて、どう出るかな?)

パンパンパンパン!
『誕生日おめでとう~!』

結華「おっと、王道だね」

恋鐘「何ねそのリアクション!? もっと驚かんと!?」

結華「こがたんの声外までドアの前でも聞こえてたから何かあるかなーって。クラッカーの音にはちょっとビックリしたけど」

霧子「お、驚かせちゃってごめんね……」

摩美々「霧子、そこ謝るところじゃなくないー?」

咲耶「どうやら、結華の方が一枚上手だったようだね」

摩美々「というより、恋鐘の声が大きかったからじゃないー?」

恋鐘「う、うちのせい? ごめんみんな~!」

結華「いやいや、こがたん何も悪くないから!」




[ 2019/01/17 11:55 ] シャニマスSS | TB(0) | CM(0)

[シャニマス]三峰結華「アンティーカのみんなとお誕生日会」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1547650521/

1 : ◆foQczOBlAI 2019/01/16(水) 23:55:21.62 ID:9gFlr2370
「結華のお誕生日会を開くばい」


きっかけはこがたんの一言だった。

なんだかんだで仲のいい私達「アンティーカ」は何の異議もなく集まる流れとなった。

いやー、ありがたいねぇ。嬉しいけど恥ずかしいというのが本音だった。

三峰の性格上主役となるのはそれなりに珍しいのである。どちらかというとのらりくらりとしていたいからねぇ。

しかし、こがたんはやる気満々だしあのめんどくさがり屋のまみみんまで乗り気だったのだ。素直によろこんでおくべきだろう。

それはそうとして、「三峰は大丈夫だよ」という気持ちを会話の端々にそれはかとなく折混ぜてみたけど効果はなかった。

逆に、目ざといさくやんに「ならばはっきり言おう。祝わせてくれ」なんて言われてしまった。ここまで言われたら逃げるわけにはいかないじゃん。

会場はこがたんの部屋でやることになった。「手料理準備してして待ってるけんね」と眩しい笑顔で言われた。これは楽しみだ。




【アイドルマスター】三峰が結華になる時

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1546296337/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/01(火) 07:45:37.02 ID:asBgWhPDO
ガヤガヤ

―ここは事務所近くの神社

霧子「うわぁ……すごい人」

恋鐘「逸れたらいかんばい!みんな塊になるたい」

摩美々「えー、面倒ー」

―只今、2350。もうすぐ新年だ

結華「ねえねえ、Pたん。やっぱりお願いごとって教えてくれないのかな?」

シャニP(以下P)「だから、そういうのは人に言ったら叶わなくなるもんだろうが!」

結華「ちぇー」

摩美々「ケチ……」

霧子「も、もう二人とも……それぐらいにした方が」

恋鐘「そうたい!プロデューサーのことだから、うちらを業界トップにするとか思っているばい!」

咲耶「まぁ、その辺が妥当だね」

P「はははっ」

結華「むー、ごまかしたー」

P「おっと」




【シャニマス】恋鐘「縄跳びなんて久しぶりやね~♪」タユンタユンッ! 三峰「…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544968070/

1 : ◆hAKnaa5i0. 2018/12/16(日) 22:47:51.00 ID:4Pb5mc3h0
卑しかボディとスレンダー

2 : ◆hAKnaa5i0. 2018/12/16(日) 22:48:40.77 ID:4Pb5mc3h0
(レッスンルーム)

はづき「先日話していた通り今日は私に用事があってレッスンを見ることができません。なので各自用意した課題に取り組んでもらいます」

はづき「アンティーカのみなさん。いいですね?」

5人「「「はーい」」」

恋鐘「課題は何をするん?」

はづき「はい。これです♪」スッ

【縄跳び】ジャ-ン

咲耶「おや、縄跳びとは…随分と懐かしいね」

霧子「誰が縛られる役なんですか?」

結華「縄跳びを見て『縛る用途』がまっさきに思いつくのが怖いよ。きりりん」

霧子「縛り方ならいくつかマスターしているので私に任せてください。緩めからキツめまで。拘束が外れない範疇での微調整が可能です♪」グッ

結華「いつどこで練習したのか気になるよ。きりりん」

霧子「それは」

結華「ストップ。やっばいいや」ピッ




【シャニマス】結華「誰からも知られ愛される存在になる道を選んで」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543230914/

1 : ◆eLzwTC9gW6 2018/11/26(月) 20:15:15.36 ID:igQimJIuo
アイドルマスターシャイニーカラーズ

三峰結華のSSです

短いです

三峰か結華かどっちにするか迷った



2 : ◆eLzwTC9gW6 2018/11/26(月) 20:16:14.04 ID:igQimJIu0
TVスタジオにて

「「「お疲れでしたー!!」」」

監督「いやぁ、三峰ちゃん今日はとてもよかったよ」

結華「そう言ってもらえると三峰、頑張ったかいがありますよ」

監督「デビューしてまだ半年くらいなのにすごいよ、なんていうかアイドルの見せ方が分かってる
感じがするよ」

結華「昔からアイドルを見るのが好きだったからでしょうかね、あの子ならこういう風に輝いてたなーってそんな感じです」

監督「なるほど、それは君のいい武器になりそうだ」

スタッフ「監督ー!そろそろ時間です」

監督「あ、もうそんな時間か......それじゃあまたよろしく頼むよ」




【シャニマス】恋鐘「演技力ば磨こー!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527773410/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/31(木) 22:30:11.23 ID:Zc1n48Fy0
恋鐘「トップアイドルには演技力が必須ばい! やけん、これから特別レッスンばしよう!」バンッ

咲耶「レッスン?」

摩美々「わけ分かんないんですケド」

恋鐘「昨日、カラオケ行く前にやりたかことあるって言うたやろ? それがレッスンばい!」

摩美々「せっかくのオフなのにー、練習なんてめんどーなことやるんですかー?」

結華「まあまあまみみん、話を最後まで訊いてもいいんじゃない?」

霧子「恋鐘ちゃん……それってどんなレッスンなの?」

恋鐘「内容を知れば、面倒くさがり屋な摩美々も、きっと楽しゅう取り組めるばい!」ニコニコ

恋鐘「説明する前にもう1人来るけん、待っとって」

咲耶「もう1人? 私たちの他に誰が……」

恋鐘「あ、来た!」

スタタタッ

P「みんな待たせてごめん! 休日はいつもゆっくり寝てて、その癖で寝坊して……!」

霧子「プロデューサーさん……!」

咲耶「私服姿は新鮮だね」フフ

摩美々「遅れた罰としてー、あとでみんなに美味しいもの食べさせてくださいねー」フフ

P「う……まあ仕方ないな」

結華「それで? Pたんまで呼んで、どんなことするの?」




三峰結華「PたんPたん。三峰、レッスンを頑張ったご褒美がほしいなー?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526041066/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/11(金) 21:17:47.10 ID:I/vxWTvb0
P「……何がいいんだ?」

結華「お、聞いてくれるんだ? プロデューサー、太っ腹―。あ、太ってる、って言ってるわけじゃないよ? まあ、三峰としてはもうちょっと運動したほうがいいカナー、と思わなくもないですが」

P「ご褒美はなくていいのか?」

結華「ちょちょちょ、それは困る。ごめんごめん、謝るから許して? 三峰はこのままありのままのPさんのことが大好きだよ。ちゅっ!」

P「で、何がいいんだ?」

結華「Pたんつーめーたーいー。でも、ご褒美くれちゃうところは甘いよねー。そんなプロデューサーのことは好きだよ。これはもうラブだね、ラブ。それで、なんでもいいの?」

P「……できる範囲なら」

結華「できる範囲、できる範囲ですかー……。それなら、プロデューサー、三峰とデートしよ?」

P「ダメに決まってるだろ」

結華「えー。できる範囲ならなんでもいいって言ったじゃーん。プロデューサーの嘘つきー」

P「それは明らかにできる範囲じゃないだろ……で、本当のところは何がいいんだ?」

結華「デートが本当のところかもよ?」

P「はいはい。で?」

結華「む、プロデューサー、信じてないなー? まあ冗談なんだけど」

P「知ってる」





[ 2018/05/12 20:55 ] シャニマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング