ヘッドライン

小日向美穂「新狸島」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524160333/


1 : ◆DAC.3Z2hLk 2018/04/20(金) 02:52:13.89 ID:Q3vY7Opm0
 モバマスより小日向美穂(たぬき)のSSです。
 独自解釈、ファンタジー要素、一部アイドルの人外設定などありますためご注意ください。


 前作です↓
白坂小梅「幽霊だって休みたい」

 最初のです↓
小日向美穂「こひなたぬき」


2 : ◆DAC.3Z2hLk 2018/04/20(金) 02:53:37.70 ID:Q3vY7Opm0

 拝啓

 熊本のお父さん、お母さん
 お爺ちゃん、お婆ちゃん


 お元気ですか?
 隣山の海老原さんと仲良くしていますか?

 もうすっかり春ですが、東京は暑くなったり寒くなったりです。
 熊本はどうでしょうか。気温の変化で、風邪など引かないよう気を付けてください。
 


 さて、私は今――




飛鳥「帰り道の気持ちになるのかい?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524148844/

1 : ◆JDH1DmZBjFQa 2018/04/19(木) 23:40:45.00 ID:9Ee7Jb7u0
〜夜、道ばた〜

仁奈「ゆーやけこーやけーでひーがーくーれーてー!」


飛鳥「……?」


仁奈「飛鳥おねーさん、ほらっ!」

飛鳥「ボクが続きを歌うのかい?」

仁奈「よろしくおねげーします!」

飛鳥「もう、夜なんだけどなあ」

仁奈「はやく、はやくー!」

飛鳥「……やーまのおーてーらーの、かーねーがーなーるー♪」

仁奈「おーててーをつーなーいーでー、かーえりーまーしょー!」 ギュッ

飛鳥「!」

飛鳥(仁奈の手は小さいな。……だけど、とてもあたたかい)

仁奈飛鳥「「かーらーすーとーいーっしょに、かーえーりーまーしょー」」






幸子「プロデューサーさん、ゆるキャン△ってなんですか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524153596/

1 : ◆zwSnMoL.0I 2018/04/20(金) 00:59:57.32 ID:Bzzs4eoX0
前作
みく「Pチャンって、なんでロリコンなの?」

前々作
桃華「志希さん、合法化ってなんですの?」


2 : ◆zwSnMoL.0I 2018/04/20(金) 01:01:30.19 ID:Bzzs4eoX0
P「すげぇな、未来への水先案内人。あの状況で生きてたのか……俺もブシドー極めようかな」

幸子「ちょっとプロデューサーさん!」

P「お、幸子。お疲れ。あぁ、今日無人島から帰ってくる日だったっけ?」

幸子「あ、お疲れ様です。……ってそうじゃなくて!なんですか今回の企画は!またカワイイボクに無茶振りして!」ポカポカ

P「あたた、ゴメンって!いやぁ、あんな企画、幸子かこずえくらいしかまともに受けられそうな子いなくてさぁ」

幸子「まったくもう!まったくもう!」

P「で、カワイイ幸子さん、無人島72時間生活はどうでした?」

幸子「フフーン!まぁボクにかかれば、あんなのチョロかったですね!」

P「そっかそっか!幸子はすごいなぁ!じゃあ次は宇宙よりも遠い場所に行く企画があるんだけど」

幸子「すみません調子に乗りましたちょっと行ってみたいですけどさすがに勘弁してください」






阿良々木暦「まゆミミック」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406630272/

1 : ◆8HmEy52dzA 2014/07/29(火) 19:38:02.53 ID:YJpQUpwa0
・化物語×アイドルマスターシンデレラガールズのクロスです
・化物語の設定は終物語(下)まで
・ネタバレ含まれます。気になる方はご注意を
・終物語(下)より約五年後、という設定です

関連作品

阿良々木暦「ちひろスパロウ」

阿良々木暦「ののウィーズル」

阿良々木暦「あんずアント」

阿良々木暦「ふみかワーム」

阿良々木暦「になショウ」

阿良々木暦「きらりホッパー」

阿良々木暦「かなこエレファント」





【デレマス】P「晶葉が『出来たぞ!』と言えば何でも出来る説」」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524125089/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/19(木) 17:04:49.39 ID:YHleIhjZ0
P「最強か?うちのアイドルは全知全能か?なんでもやってくれそうな気がするよな。例えば…」

モバP(裏声)「出来たぞ!遅刻回避ロボだ!」

P「あるなーあるよな。というか実際作っていたし。あれで学校行くんだから肝が据わってるよな」




[ 2018/04/19 23:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)
[タグ] モバマス

【モバマス安価】モバP「白菊ほたる、ほ誕生日おめでとう!!!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524063989/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/19(木) 00:06:29.33 ID:E5kP28HMO
P「今日は白菊ほたるちゃんの誕生日です!」

P「今日もお仕事の社畜諸兄いかがお過ごしでしょうか」

P「某休みなのでほ誕生日目一杯祝いますね」

P「で、です」

P「もちろん俺以外にもほ誕生日を祝おうってアイドルがたくさんいまして」

P「今日の俺の使命はほ誕生日を祝われるほたるを一日ストーキングしほたるが嬉し涙を流す瞬間を余さず撮影することです」

P「そんなわけで起床シーンからどうぞ」




【モバマス】モバP「フェアリーフィーストは本当に仲が良いなぁ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523792132/

1 : ◆yz988L0kIg 2018/04/15(日) 20:35:32.44 ID:DFQZes0A0
フェアリーフィーストの3人(智絵里・ありす・雪美)がPとイチャイチャしたりしなかったりするお話です。

2 : ◆yz988L0kIg 2018/04/15(日) 20:36:12.38 ID:DFQZes0A0

智絵里(モバPさん、忙しそう……。でも、ちょっとだけお話したいな…)


智絵里(でも忙しそうだから…だめかな…)ジーッ

モバP(誰かに見られている気がする……)

モバP(まぁいいか、それにしてもこのサングラス安いなぁ。ほたるもツイッターで宣伝してたし買おうかな)

智絵里(パソコンをじっと見てるから、やっぱり忙しいのかな…?)

雪美「智絵里……そわそわ…………。どうしたの………?」


ありす「なにか困りごとですか、私で良ければ相談に乗りますよ」


智絵里「あっ、ありすちゃんに雪美ちゃん。ううん、なんでもないよ」

雪美「……………………」ジーッ

智絵里「ほ、ほんとになんでもないよっ…。なんでも…」

ありす「怪しいですね」




時子「頼んだ覚えはないわよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524066279/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/04/19(木) 00:44:39.74 ID:3mcdfRUN0
ピンポーン


時子「…」



ピンポーン


時子「……」


ピンポーン ピンポーン


時子「…人が体調崩しているというのに、どこの愚図よ」


ピンポーン


時子「煩いわね…さっさと失せなさい」

時子「…」

時子「…帰ったみたいね」


ガチャカ゚チャ カチャッ


時子「アァ!?」

モバP(以降P表記だから大丈夫だよ)「おーい生きてるかー?」

時子「チッ」

P「あ、いた」

時子「何しに来たのよ」

P「お見舞い」

時子「頼んだ覚えはないわよ」

P「頼まれた覚えはないな」

時子「見て分からないのかしら」

P「風邪か?」

時子「知らないわよ」

P「病院は?熱は測ったのか?」

時子「横になっていれば治るわ。邪魔な豚がいなければね」

P「ポカリ買ってきたけど今すぐ飲むか?冷蔵庫入れておくか?」

時子「聞きなさい」

P「アクエリアスもあるけどどっちがいい?」

時子「聞きなさいよ」

P「マストレさんから特性ドリンク持たされてきたけど」

時子「ポカリよこしなさい」




佐藤心「しゅがーはぁと&ビターハート」

1 :名無しさん@おーぷん 2018/04/18(水)22:40:12 ID:1hH
アイドルマスターシンデレラガールズ、しゅがーはぁとさんこと佐藤心さんのお話です。





[ 2018/04/19 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] モバマス 佐藤心

【デレマス】裕子「それってエスパーなのでは?」【白菊ほたる生誕祭】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524099511/

1 : ◆HbpyZQvaMk 2018/04/19(木) 09:58:31.97 ID:E/p1Isma0
裕子「プロデューサー、ちょっと相談あるんですけどいいですか」


P「どした裕子」

裕子「私ってもう一人で高められる能力は限界まで鍛えたと思うんですよ、エスパーに関しては!」

P「何をもってその自信なんだよお前」

裕子「これは自惚れとかそういうのではないんですよ?一人で到達できる高みにはやはり限界があるんですよ、何事にも」

P「いいこと言うじゃん」

裕子「だったらエスパー同士、互いに切磋琢磨して共鳴して能力を高めあうのが私の今後の圧倒的成長に繋がるはずなんですよ!」

P「神崎と二宮くさい話になってきたな」

裕子「それで気づいたんですけど、この事務所ってエスパーでもないと説明がつかないことがたくさんあるんですよね」

P「確かに…って思ったけどそうでもなくないか?そこまでおかしいの一部だけじゃないか?」

裕子「まず最初におかしいのは…この事務所ですよ」

P「え、なんかおかしいか?ここ?」




ページランキング