ヘッドライン

マシュ「レイシフトしたら先輩が真っ二つになりました」 ぐだ子「ひっ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484879971/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/20(金) 11:39:31.82 ID:cFFGS+YZ0
シュゥゥゥゥゥゥ

マシュ「……レイシフト、無事完了です」

マシュ「周辺索敵……異常なし」

マショ「先輩、ここは安全なようですね」

ぐだ子「うん、そうだね、ところでマシュ」

マシュ「はい?」

ぐだ子「背、伸びた?」

マシュ「いえ、別にそんなことはないか……と……」

ぐだ子「そうかなあ……何か見上げるくらいに大きく感じるんだけど」

マシュ「……先輩?」

ぐだ子「ん?」

マシュ「……あの、下半身は?」

ぐだ子「え?」

マシュ「下半身は……どちらに?」

ぐだ子「は?」





【FGO】ぐだお「アリス・イン・ワンダーランド?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451472368/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 19:46:09.20 ID:FUWjQZ6Q0
重大な内容は無いと思いますがちょっとだけextraのネタバレかもしれません

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/30(水) 19:47:23.34 ID:FUWjQZ6Q0
ぐだお「汝三大の言霊を纏う七天、抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ!」

シュゴォオォォォォォォォ

ぐだお「よし、召喚は成功だ! って、これは……本?」

ぐだお「いつもの偽臣の書じゃないな……タイトルは英語か。アリス・イン・ワンダーランド?」

ぐだお「って、不思議の国の……不思議な国の、だっけ、どっちだっけ……どうして絵本が?」




【FateGO】ぐだ男「マシュ初め」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483791599/

1 : ◆bU0CD2Homw 2017/01/07(土) 21:20:00.14 ID:LuvPvywV0
男主×マシュが初体験をするSSです
最終章のネタバレがあります
直接的な描写はありませんが、際どい描写はあります
通りのよさからスレタイでは男主の名前をぐだ男としましたが、本編では公式設定に則り藤丸立香と表記しています
次レスから投下開始します

2 : ◆bU0CD2Homw 2017/01/07(土) 21:20:28.28 ID:LuvPvywV0


「――――っつ」

 目を覚まして、最初に感じたのは猛烈な腰の――というか、身体中の痛みだった。
 痛い。とにかく痛い。
 ただ寝転がっているだけで、ミシミシと軋むような痛みがある。
 試しにごろんと寝返りを打ってみたら、あまりの痛さに声を上げるところだった。
 恐る恐る体勢を整え、改めてゆっくりと横ざまに寝直す。
 これじゃまるで、油の切れたロボットだ。
 当分はマスターとしては役に立たないだろう。

「――――」

 視界いっぱいに広がる、十代半ばの女の子の寝顔。
 色素が薄めの白い肌は、触れるとぷにぷにと心地よい弾力を返してくる。
 戦闘時には頼もしく引き締まる桜色の唇も、今では可愛らしく半開きのままだ。
 その小さな隙間に、人指し指あたりをそっと差し込んでみたいという衝動を、

「えい」

 特に我慢せずに解き放った。
 つぷ、と割れ目に押し入った指先が、生暖かい肉の温もりに包まれる。
 指の背と腹を淡く擦る歯の感触さえも、何だかものすごくいやらしく感じてしまう。

「ん……」

 と、口元から小さく喘ぐような声が漏れ、どくんと心臓が一拍すっ飛ばす。

「ダメですよ、先輩……汚いですよ、そんなところ……うふふ」

 しかし、次に続いたのはいまいち要領を得ない寝言だった。
 幸い、まだ彼女はまどろみの中にいるようだ。





【FGO】ぐだお「なんか忘れてる気がする」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482773119/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/27(火) 02:25:19.13 ID:Nld4IxpzO

※注意

終章のネタバレを含みます

まだクリアしていない方は読まない方が良いかと思われます






【安価】マシュ「ハッピー・クリスマス」【FGO】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482650912/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 16:28:32.41 ID:zC/pgWkAO
―――カルデア、12月某日

マシュ「…~♪」ゴソゴソ

ぐだ子「よし、準備完了っと…しかし、まさか今年2回目のプレゼント配達をする事になるなんてね…」

マシュ「あの…今日はよろしくお願いします、先輩」

ぐだ子「ふふ、こっちは2年経験を積んだトナカイだよ?どーんと任せて、マシュ…いや、サンタさん」

マシュ「…はい!マシュ・キリエライト、本日限定特別サンタとして頑張ります!」

ぐだ子「(サンタコスもバッチリ…いやー、私の後輩可愛いなぁ)」




[ 2016/12/29 10:25 ] Fate SS | TB(0) | CM(0)

【FGO】ぐだお「カッコよく、潔く、俺らしく」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482769873/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/27(火) 01:31:13.61 ID:soFBsKEd0
最終章のネタバレばっかりですやん




[ 2016/12/27 10:25 ] Fate SS | TB(0) | CM(0)

マシュ・キリエライト「わたしの、先輩」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482688622/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2016/12/26(月) 02:57:02.49 ID:oaYbpXUL0

「せーんぱい。せんぱい、先輩!」

すぅすぅと寝息を立てる先輩を揺り起こします。

とても安らかで、穏やかで、温かいその寝顔を壊してしまうのはもったいなかったけれど。

「……マシュ?」

「お休みのところ、すみません。やはり、お疲れなのですね」

「ううん、大丈夫。マシュの顔を見たら元気になったよ」

なんて、何でもない先輩のひとことで、胸がどきんと跳ねます。





【FateGO】マシュ「ジャンヌさん、よろしくお願いします!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445005841/

1 : ◆bU0CD2Homw 2015/10/16(金) 23:30:41.38 ID:2oyLFxDZ0
FateGOのSSです
多少のオリ設定、キャラ崩壊がありますので苦手な方はご注意ください
次レスから投下開始します

2 : ◆bU0CD2Homw 2015/10/16(金) 23:31:07.80 ID:2oyLFxDZ0

 カルデア


マシュ・ジャンヌ「「ただいま帰還いたしました!」」

ぐだ男「『疲れた……』」

ロマン「お疲れ様。大浴場がまだ開いてるから、使いたかったらどうぞ」

ぐだ男「『マシュたちから先に入ってきていいよ』」

ジャンヌ「ありがとうございます、マスター」

マシュ「そんな、先輩を差し置いて私が先に入るなんて……」

ぐだ男「『じゃあ一緒に入る?』」

マシュ「えっ!? そ、それは……まだ私たちには早いのではないでしょうか」





【FGO】マシュ「二人で分け合いましょう、先輩」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481496695/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 07:51:35.59 ID:kPPq99600
少しだけ七章のネタバレがあるかもしれません

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 07:52:09.98 ID:kPPq99600
目を覚ました時、私の目の前は真っ暗闇だった。
時刻を確認する。
午前三時三十四分。
いつもの起床時間にはまだ早い。
レイシフト先での長期の生活で、少し活動のリズムが崩れているようだ。
目が冴えてしまって、暫く寝付けそうにない。
……少しだけでも、体を動かして来れば変わるだろうか。
カルデアを一周してこよう。




[ 2016/12/12 17:55 ] Fate SS | TB(0) | CM(0)

静謐のハサン「毒から強力な媚薬を出せるようになれました」ぐだ男「マジで!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479993130/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 22:12:10.38 ID:zx4AxvTRo
静謐「でも空調室で訓練していたせいでカルデア中に媚薬が広がってしまいました」

ぐだ男「なにしてんの!?」

ロマン『そして媚薬は女性サーヴァントに効いて女性サーヴァントが暴走してるみたいだね』

ぐだ男「マジでなにしてんの!?」

静謐「……てへっ☆」

ぐだ男「かわいいアピールで流そうとすんな、もう許せるぞオイ!」




ページランキング