ヘッドライン

【ガルパン】カルパッチョ「ドゥーチェ、哺乳瓶の時間ですよー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555228114/

1 :レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/04/14(日) 16:48:34.84 ID:Kvoioy3C0
アンチョビ「ふぅーお風呂も入ったことだし寝る前に恋愛小説でも読むかぁ」

アンチョビ「誰もいないよな?」キョロキョロ

アンチョビ「よし! それじゃ金庫の扉を開けてーー」ジリリ

小梅「ででーん!」パッパラー!

アンチョビ「う、うわ! なんだなんだ!?」

アンチョビ「金庫の中から人が……」

まほ「金庫の暗証番号が自分の誕生日だとは安直だな安斉」

まほ「それでは人に入られてしまうぞ」

アンチョビ「普通金庫に人は入んないだろ!」

アンチョビ「というかなんでまほたちがここにいるんだ!?」

まほ「私たちがここにいる理由?」

まほ「そんなのは愚問だな」

小梅「愚問ですね!」

まほ「単刀直入に言おう。安斉、私はお前を」

小梅「私は貴方を……」

まほ&小梅「「ママにしにきた!」」デデドーン!





【ガルパン】アンチョビ「2人暮らし」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486917570/

1 : ◆bL5b7ovQmQ 2017/02/13(月) 01:39:30.66 ID:L0YuDTIA0
ジリリリリリリリリリ

アンチョビ「zzz....」

ジリリリリリリリリリ

アンチョビ「....ぅ」

アンチョビ「んむぅ....」ノソノソ

アンチョビ「....うるさい」カチッ

アンチョビ「zzz....」

アンチョビ「....」

アンチョビ「っ!?」チラ

アンチョビ「9、9時ぃ~!?」

アンチョビ「マズいマズいぞ~!?もう講義始まってるじゃないか!!!」

アンチョビ「早く用意しないと....」チラ

アンチョビ「....」

アンチョビ「そ、そうだった....」

アンチョビ「前期はもう終わったんだった....」ヘナヘナ

アンチョビ「これじゃ驚き損だ....」

私はアンチョビ、今年の3月に高校を卒業し大学に入学したばかりの女子大生だ。
高校時代はドゥーチェ・アンチョビとして日本中に名を轟かせた私も今はただの大学1年生。
しかしそれが嫌だとかつまらないとかそういうことは全くなく、むしろ自由気ままな1人暮らしを楽しんでいる。




【ガルパン】アンチョビ「これがアンチョビルールだ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539654705/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 10:51:45.96 ID:j2kvHP7ZO
アンチョビ「アンチョビルール発動だ!」


ペパロニ「アンチョビルール!?」


カルパッチョ「これはいけない。逃げましょう」


アンチョビ「逃がすか!うおおおお!」


カルパッチョ「キャァアアアー!」


バババババ


ペパロニ「カルパッチョがバケモノに……」


カルパッチョだったバケモノ「タカ……チャン」


アンチョビ「これが」


ペパロニ「アンチョビルール……」


ババババ


アンチョビ「ヘリだ!あれは黒森峰のヘリだな!」


ペパロニ「やばい!犠牲になる!おーい!逃げろ!」







【ガルパン】ペパロニ「大洗半端ないって!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529734590/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 15:16:30.55 ID:KM/L4xgGO
ペパロニ「大洗半端ないってもー!」

ペパロニ「あいつら半端ないって!」




【ガルパン】ペパロニ「姐さんが雑誌に載ってる!」【ちょっとアイマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521821378/

1 : ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:09:38.50 ID:O0L4hapu0
【注意】
・使い古されたであろうガルパン×アイマスネタです。
・若干アイドルが低く見られてますが演出です。ただのノロケで他意はありません。
・私は茜Pです。でも茜は出ません。なんだったらアイドル自体会話でしか出てきません。

2 : ◆saI1ZNzQKuJn 2018/03/24(土) 01:11:19.44 ID:O0L4hapu0
~ある日の帰り道~

カルパッチョ「あ、ちょっとコンビニに寄っていい?」

ペパロニ「オッケー!じゃあ私は立ち読みしてよーっと。」




アンチョビ「黒森峰諸君!ノリと勢いとパスタの国からドゥーチェ参戦だーっ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508419381/

1 : ◆t8EBwAYVrY 2017/10/19(木) 22:23:01.91 ID:s8qTWybo0
 ―アンツィオ高校―

カルパッチョ「ぜんい~ん、気をつけっ」

 \バッ!/

アンチョビ「みんな揃ってるな!今日は前々から言っていた大事な日だ!何の日か全員わかっているだろうなーっ!」

 \エー?/ \ナンダッケ?/ \ドゥーチェノタンジョウビ?/

アンチョビ「お、おいおい!忘れたのか?なんてことだ!ペパロニ、教えてやれ!」

ペパロニ「お前達、こんな大事な日を忘れるとはたるんでる証拠だ!今日はお昼のランチにトリュフが追加できる日だ!」

 \オオ~!/ \ソウダッタソウダッタ!/ \マチキレナイ!/

アンチョビ「ちがぁ~う!今日は次期ドゥーチェを決める選挙を行う日だと言っただろう!私が卒業した後のアンツィオの隊長を決める日だぞ!」

 \ソウダッケ?/ \ヨクワカンナイヨー/ \ドゥーチェハドゥーチェダモン!/

カルパッチョ「みんな、春にはドゥーチェは卒業しちゃうから、来年は私達だけになるのよ」

 \エエエエエ~!?/ \ウッソダァ~!/ \ジョウダンユッチャッテ~!/

アンチョビ「・・・だ、大丈夫なのだろうか・・・来年のアンツィオは・・・」




【ガルパン】ブラックボックス展 in アンツィオ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507346781/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 12:26:21.04 ID:HQ/QoWN3O
ペパロニ「いいっすか、ドゥーチェ、このブラックボックスアトラクションにおいて最も大切なのは──『ルール』を守ることっす」

アンチョビ「ルール?」

ペパロニ「そう、お客さん自らがきちんとルールを守ること──それがこのアトラクションの最大のキモっす」

アンチョビ「ほう」

ペパロニ「第一のルール。お客さん達はこの三畳一間のこの部屋に入ったら──絶対にこの耳栓をはずしちゃいけません」

アンチョビ「耳栓?」

ペパロニ「これっす、特殊カーボンでできた、遮断率100%のすげー耳栓です」

アンチョビ「100%って、なんにも聞こえなくなるのか?」

ペパロニ「そっす、試しにつけてみます?」

アンチョビ「うん」


 きゅぽきゅぽ


アンチョビ『うわっ、なんだこれは……ごぉぉぉっていう耳鳴りと、時々、自分の心臓の鼓動みたいな音と……おーいペパロニ、なんか喋ってくれ』

ペパロニ「      」

アンチョビ『おぉ全然聞こえないぞ』

ペパロニ「      」

アンチョビ『あはは、口をパクパクさせて。ぜんぜんわかんないぞ。自分の声は聞こえるのに、変な感じだなぁ』

ペパロニ「      」

アンチョビ『……ん? あぁ、耳栓をはずせ、か』

 ……きゅぽん

ペパロニ「──どーっすか、ぜんぜん聞こえないでしょ」

アンチョビ「うん! すごいな!」

ペパロニ「でしょー? そしてですね、さらに──この部屋を真っ暗にするっす! おーい、カルパッチョ」


 <『はいはーい』


 カチ!



アンチョビ「わぁっ、真っ暗だ。自分の手さえ見えない。……ぺ、ペパロニ? そこにいるか?」

ペパロニ「いるっすよぉ。目の前っす」




【ガルパン】みほ「副隊長格付けチェックです!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497706836/


2 : ◆u4BqTnPhoo 2017/06/17(土) 22:41:52.79 ID:9mJYITMN0


桃「私が戦車道のPRをですか…?」

杏「そそ、西住ちゃんは来年の編成で忙しそうなんで、代わりに、かーしまに行ってもらいたいんだよね」

柚子「一応、桃ちゃん副隊長だし」

桃「桃ちゃんと呼ぶな!それに一応とはなんだ!!」

杏「まー、向こうには他のメンバーがいるし、PRって言ってもバラエティみたいなもんだからさ」

杏「…それに、私がこんな事を任せられるのは、かーしまだけだしね」

桃「会長、そこまで私を…わかりました!大洗の代表として、しっかりとPRしてまいります!!」

杏「おおー、期待しているよー!」

柚子「私達は行けないんで、独りになっちゃうけどお願いね」

桃「えっ」






アンチョビ「さくらんぼの実る頃」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482159678/

1 : ◆t8EBwAYVrY 2016/12/20(火) 00:01:18.87 ID:tgbpLQNc0

 ―アンツィオ高校―


 ザッ!

 「・・・・・・ついに・・・」


安斎「ついにやって来たぎゃー!アンツィオ高校!」バーン

安斎「おっと、つい訛りが・・・やりなおしやり直し」イソイソ


安斎「ついにやって来たぞ!アンツィオ高校!」バーン

安斎「フッフッフ、とうとう私も今日から高校生だ!『アンツィオの戦車道を立て直してほしい』だなんてスカウトが来た時は驚いたが、この私に目を付けるとはイイ学校に違いない!」

安斎「私が来たからにはこのアンツィオの戦車道を日本一・・・いや、世界一のチームにしてみせる!」グッ

 キーンコーンカーンコーン・・・

安斎「アッ!マズイ!入学初日から遅刻なんて格好がつかないぞ!急げいそげ~!」ピュー




【R-18】ペパロニ「アンチョビ姐さんのアヘ顔ダブルピース!?」【ガルパンSS】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455800405/


1 :しぃな ◆CB7w5rWLD6 2016/02/18(木) 22:00:05.98 ID:4MmCnDQz0




昼 アンツィオ校 出店

優花里「どうも、ご無沙汰しておりますぅ。私、秋山優花里ですぅ!」ビシッ

ペパロニ「あぁ! あの時の彼女!! ひっさしぶり~!!」バシバシッ

優花里「い、いたっ……あの、隊長さんいらっしゃいますかぁ~?」

ペパロニ「あぁ、ウチの隊長ならコロッセオにいるよ~」

ペパロニ「でもなんでアンチョビ姐さんを?」

優花里「あ、私大洗から来たんですよぉ~」

ペパロニ「えっ!? おめぇーウチの生徒じゃなかったのか!?」

優花里「えぇっ!? 知らなかったんですかぁ~?」

ペパロニ「そういえば大洗との試合後に一緒に飯を食ったような……」

優花里「あそこでも私とお話したと思いますけど……」

ペパロニ「いやー、忘れちまった! ごめんなー」

優花里(あぁ、この人ってあんまり……)

優花里「そうそう、それでイイ話を持ってきたんですよぉ~」

優花里「どうも相当苦労されているようなので……」

ペパロニ「おぉ! それはありがとなー!」バシバシッ

優花里「い、いたっ……あはは」





前スレ:【R-18】ローズヒップ「ダージリン様のアヘ顔ダブルピースを? マジですの!?」






ページランキング