このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

ボンドルド「少し、席を外しますよ」ベル・クラネル「え?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1638538428/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/12/03(金) 22:33:48.09 ID:itDB2ts2O
「やあ、遠路遥々よく来てくれました」
「あ、どうも。ご丁寧に……」

南海べオルスカの孤島。
そこにアビスと呼ばれる縦穴が発見されたのは1900年前の大昔。当時の英雄達は探窟家としてアビスの全容解明に乗り出したが最深部まで潜った者は誰一人帰っては来なかった。

アビスの底には何があるのか。
それを知るべく迷宮都市オラリオの新鋭冒険者に白羽が立った。ベル・クラネルである。

「流石は神々が降臨せり冒険者が集う街、オラリオの冒険者。このアビスの五層まで軽々下りて来られるとは……本当に素晴らしい」
「そ、それほどでも……」

深界第五層、なきがらの海。
ベル・クラネルは''白兎の脚"の二つ名が示すようにあっという間にアビスを駆け抜けた。
道中、見たことがない原生生物やショタコンの大女に出くわし苦戦を強いられたが彼のポテンシャルは深界まで通用するものだった。

「ああ、そう言えばまだ名乗っていませんでしたね。私はボンドルド。アビスの探窟家、『黎明卿』と人は呼びます」
「黎明卿……良い二つ名ですね」
「はい。その名にそぐわぬよう、日々探窟に勤しんでおります。あらゆる犠牲を捧げて」
「っ……!」

ゾクリと、戦慄が走る。ボンドルドと名乗ったその男の言葉に滲み出る"狂気"を敏感に感じ取ったベル・クラネルは腰のナイフに思わず手を伸ばしかけたが、思い留まった。




ベル・クラネル「リリ、君は僕のものだ」リリルカ・アーデ「……はい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1581003470/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/07(金) 00:37:50.74 ID:OKFL85SsO
「ヴェルフ様、例の物は完成しましたか?」
「おお! 出来てるぞ、リリ助!」

皆様どうも初めまして!
リリルカ・アーデと申します!
リリのことを既にご存知の方も多いかとは思いますが一応簡単に自己紹介させて貰いますね。

リリは現在、この冒険者の街、オラリオにて【ヘスティアファミリア】に所属しているサポーターです。つまり、雑用みたいなものです。

多少は戦闘の心得があるにせよ、リリは小人族なので基本的に戦闘では役に立ちません。
とはいえ、ただモンスターが落とした魔石を拾ったり、武器を手渡したりしているだけではあまりに芸がないので指揮を執ったりもします。

それは全て、手癖の悪い性悪腹黒小人族である不肖リリを拾ってくださった、我らがファミリアの団長である、ベル様への恩返しです。

少しでもリリをあの地獄のような日々から救ってくれたベル様のお役に立てるよう、毎日、日々精進しています。そんなわけで。

「ありがとうございますヴェルフ様! これがあればきっとベル様もお喜びだと思います!」
「そんなもんでベルが本当に喜ぶのか?」
「はい! この、『ゴライアス・チョーカー』があればきっと、ベル様は喜んでくれます!」

リリは今日も大好きなベル様の為に、ひと肌もふた肌だって脱いで、全裸になりましょう!




[ 2020/02/07 09:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] ダンまち
ページランキング