ヘッドライン

サイト「好きだ」ルイズ「私も、あんたが……サイトが好き」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1642519832/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/19(水) 00:30:32.08 ID:kOeXCcBjO
「こ、この私を、誰だと思ってるのよ……」

双月が夜空に浮かぶハルケギニア大陸の中心に位置するトリステイン王国。王族と貴族が統治するその国では、身分の格差が著しい。

「名門中の名門。ヴァリエール家の息女だってことが、あの平民にはわからないようね」

名門、ヴァリエール家の息女。ルイズ・フランソワーズ・ド・ラ・ヴァリエールは頭にきていた。代名詞の桃色髪が怒髪天を衝いていた。まるでスーパーサイヤルイズであった。

「メイドの癖に、貴族の犬を誑かして……」

怒り心頭のルイズがここまで桃色頭にキテいる原因は、シュヴァリエ付きのメイドとして使い魔に傅く、あのド淫乱メイドが原因だ。

「そもそもあの犬っ……シュヴァリエ風情がご主人様を蔑ろにするなんてありえないんだから! 守るべきはこの私でしょうがっ!!」

バンバンッ!と枕をぶん殴りながら、ルイズは昼間の出来事を思い出す。貴族の男の子にお尻を触られたシエスタを庇い、刃向かった使い魔のサイトは決闘騒ぎを起こし、あわや死にかけながらも辛くも勝利を収めたのだ。

「勝てばいいってもんじゃないのよ! この私が! 主人である私が! どれだけ心配したと思ってるのよ!! にも関わらずあの犬ぅっ!」

ご主人様には目もくれず、シエスタに駆け寄ったサイトはそのまま気を失ってメイドの豊満な胸に受け止められた。そこまではいい。決闘の動機も含めて、まだ理解出来る。

「ようやく意識を取り戻したかと思ったら、お尻を触られたシエスタに上書きするってほざいて揉みしだくってなんなのよ、もう!」

上書きしてくださいとサイトにねだったのはシエスタなのだがその現場を目撃してしまったルイズにとっては経緯などどうでもよく、再びサイトが気を失うまで鞭を振るった。




[ 2022/01/19 16:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] ゼロの使い魔

サイト「愛してるよ、ルイズ」ルイズ「わ、私も、あんたのことを……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590844387/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/30(土) 22:13:07.57 ID:A9YfU/XoO
ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールという少女について説明するならば、まず初めに特筆するべきは類稀なるその美貌について触れなければならない。

トリステイン王国の名門貴族、ヴァリエール公爵家の三女として生を受けたルイズは神に祝福されたが如く大変可愛らしい美少女である。
くりくりとした大きな鳶色の瞳。
陶磁器のように白く澄んだ美しい肌。
小柄な身体と、そして桃色ブロンドの髪。

どれひとつ取っても魅力的な要素が奇跡的なバランスの上に成り立ち、集結している。
彼女が通り過ぎれば老若男女を問わず、10人中10人がハッとして振り返るであろう。
まさに、神が作りし美の化身と言っても過言ではない程に、ルイズの容姿は整っていた。




[ 2020/05/31 09:55 ] その他 | TB(0) | CM(1)
[タグ] ゼロの使い魔
ページランキング