このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

マルコ「エロ本?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 23:04:59 ID:.jiuxVoM
キャラ崩壊
ネタバレ注意

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/26(木) 23:05:43 ID:.jiuxVoM
コニー「お前だって少しは持ってんだろ?ちょっと見せろよ!」

マルコ「えぇー…なんでいきなり?」

コニー「訓練兵って給与も少ないし、年齢的にもエロ本手に入れるの難しいだろ?それなら同じ部屋の奴等で共有しようと思ってな!」

ジャン「お前にしては珍しく頭を使ったな!コニー!」ガバッ

マルコ「ジャン…急にテンションあげないでよ…」

ジャン「だってここにいる限りは粗末な食事と朝早い訓練を我慢するしかないだろ?」

ジャン「食欲と睡眠欲が満たされない今!せめて性欲ぐらいは充実させたいじゃねぇか…!」

マルコ「まあ気持ちは分かるけど」




エレン「お前ら、ナニヤってるんだよ!」

1 : ◆GYnj2iSHgw 2013/10/25(金) 22:49:00 ID:YE3giQ/Y

エレン「はぁ、暇だな。ミカサもアルミンも掃除当番かよ」テクテク

エレン「心配だな。ジャンも同じ当番らしいし」テクテク

エレン「確か、掃除場所って『第一倉庫』だったよな・・・あ、ここじゃん」

エレン「・・・別に掃除を手伝うくらい良いよな? よし」ソーッ

『ひゃっ!? もう止めて・・・ひっ、ちょっ、あぁ!』

エレン「」

エレン(え? なにこの声?)

『そこは・・・ダメだっ、てばぁ・・・』

エレン(何で喘ぎ声が聞こえんだよ!?)

『あっ・・・うぅ・・・』

『止めてほしいのなら、やり返せば良い』

『そ、それはっ』

『出来ない? アルミン』

エレン(ってアルミンかよぉぉぉ!?)




ジャン「平和だな」

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375978363/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 01:12:43.79 ID:BoOhVN19O
巨人が急に消え、一転平和になった世界で生活する、ジャンの一人称で語られるお話を考えました!

時系列や設定がめちゃくちゃですが
あくまでもifのお話なので目を瞑っていただけたら幸いですorz


何分始めてなので粗ばかりが目立つと思いますがそれでも読んで頂ける方がいらっしゃったら嬉しい限りです( ゚д゚)

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 01:19:13.79 ID:BoOhVN19O
巨人がこの世界から姿を消してもうすぐ6年になり、俺は今年21になる。


今でも仰々しくそびえるでかい壁を家の窓から眺めながらあれこれ考える。



馬を操る手綱の感触がどうだったかとか


汗を吸わず常に大粒の水滴が内側を覆った皮革製のグローブの不愉快さやら

アンカー射出用のトリガーを握り込んだ時のガシャっという小気味の良い音のことも。

そして立ちすくみながら眺めるしかなかった同期や先輩の最期。


そしてとうとう自分が一体も倒すことのなかった巨人について。




エレン「アルミンって天使だよな」ミカサ「うん」

元スレ:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1375704224/

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:03:44 ID:1EtcX5Zw
※エレンとミカサがぐたくだ喋ってるだけのSS


エレン「昨日さ、俺教官に言われて走らされてただろ?」

ミカサ「うん」

エレン「その後さ、時間無くて晩飯食べれなかったんだよ」

ミカサ「それは気の毒」

エレン「だろ?そんでさ、腹減ったなあってアルミンにぼやいてたらアルミン、どうしたと思う?」

ミカサ「ここで焦らすとは…早く続きを」




エレン「おっぱい?」

元スレ:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1375354755/

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 19:59:15 ID:hcsvbsQk
アルミン「ああ、おっぱいさ」

エレン「いきなりどうしたんだよ、アルミン」

アルミン「エレン、キミはおっぱいについて何も思うことはないのかい?」

エレン「はあ?」

アルミン「おっぱいについて日頃どんなことを考えているのか教えて欲しいって言ってるんだよ」

エレン「俺は、特にないかなあ」

アルミン「嘘だッ」

エレン「はあ?」

アルミン「僕たちの年頃でおっぱいについて考えてないなんてことがあるわけないだろッ」

アルミン「きつい訓練のときなんかはおっぱいのことを考えて乗り越えるものだろ!?」

エレン「お前そんなにおっぱいのこと考えてるの?」

アルミン「当たり前だろ」




エレン「おい、ユミル」

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369676298/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/28(火) 02:38:18.95 ID:alFUvvIMo
進撃の巨人SS

初SSです。よろしくお願いします。


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/28(火) 02:39:59.61 ID:alFUvvIMo
ユミル「あぁ?なんだよエレン、お前が私に話しかけるなんて珍しいな」

エレン「いや、まぁな、その……」

ユミル「……?つーかいつも一緒のミカサはどうしたんだよ」

エレン「……ミカサは教官に呼び出されてるから今はいねーよ」

ユミル「ふーん……あ、さてはお前」

エレン「?」

ユミル「ミカサがいなくて寂しいんだろ!悪いが私に子守の趣味なんてねーぞ」

エレン「ばっ…!ちげーよ!お前に用があんだ!」




ジャン「トロフォー?」

元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1368713115/


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/16(木) 23:05:15.74 ID:ES03S2+90
今回の話はいつぞや書いた、エレン「ちょろい」の続きになります


前回の荒筋産業

エレンがチョロイン
ミカサ出産
開拓地で所帯持ったよ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/16(木) 23:06:40.27 ID:ES03S2+90
「あの家か?東洋人の生き残りがいるってのは」

「混血らしいがな。顔立ちや髪の色に問題は無い」

「やっと巡ってきたチャンスなんだ、抜かるなよ」

「いくらで売れるんだろうな・・・久しぶりに高い酒が飲めそうだ」

「男がいたら殺せ。女とメスガキは生け捕りだ」

「味見は?」

「メスガキはダメだ、値が落ちる。女の方は、まぁいいだろ」

「楽しみだな、へへへ・・・」




アルミン「襲い来るモノ」

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369231068/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/22(水) 22:57:48.15 ID:mTPLJMkWo
叫び声がこだまする。






アルミン「ああああああああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」





エレン「最近下着とか色んな物がなくなるんだけど」

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368163088/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/10(金) 14:18:08.77 ID:wQicJbT+0
エレン「誰か知らねーか?」

アルミン「……」チラッ

ライナー「……」チラッ

ベルトルト「……」チラッ

ミカサ「」モグモグ

ジャン「ああ? 何言ってんだお前」

エレン「いや本当なんだ、参るぜ」

ミカサ「それは大変、しっかり物の管理をしないと」

ユミル(いやどう考えてもお前だろ)





アルミン「今日のアルミン相談室」

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368015247/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/08(水) 21:14:08.03 ID:y/wMSzYZ0

アルミン「みなさん、こんにちは。アルミンです」


アルミン「巨人を倒すために日々、訓練に励んでいるボクたちですが、一般的に見ればボクたちは思春期真っ盛りで各々が悩みを抱えているのです」


アルミン「そんな中で、何故か同期のみんなの間で困ったらアルミン、という風潮があります」


アルミン「いや、みんなが頼りにしてくれているっていうのはとてもうれしいことなんですが」


アルミン「現状では、ボクのプライベートの時間さえも奪われてしまう始末です」


アルミン「そこで、時間を決めてその間に来てもらうということにしました」


アルミン「これで、みんなの相談も聞ける、ボクの自由も確保されるの一石二鳥です」


アルミン「それでは、ボクの相談室の初日が始まります」







ページランキング