ヘッドライン

【ミリマス】かおり先生の思い出

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526998348/

1 : ◆.qG5SOGbi. 2018/05/22(火) 23:12:28.96 ID:FdqHMIMA0
俺、小さい頃音楽教室通ってたんだよ。親が昔から習わせたかったらしくて、半ば無理矢理ピアノと声楽させられてさ。そもそもがそんなやらされ方だったし音楽そのものにあまり興味も無かったから、ちょっと億劫で。でもそこの講師に「かおり先生」って人がいてさ、すごい親身になって教えてくれたんだよね。

一応ミリマスのSS
アイドル要素はほぼないです




[ 2018/05/23 14:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(1)

紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526999291/

1 : ◆0NR3cF8wDM 2018/05/22(火) 23:28:11.79 ID:camMbKJx0
前の話
【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」

未来の話
志保「千早さんの誕生日を祝いたい?」静香「ええ」

2 : ◆0NR3cF8wDM 2018/05/22(火) 23:29:07.16 ID:camMbKJx0

・紬と静香


静香「あ、紬さん。おはようございます。早いんですね」


紬「おはようございます、最上さん。今日は、何だか早く目が覚めてしまいましたので」


静香「ふふ、奇遇ですね。私も、たまたま早く起きちゃって。何もせず家にいるのもちょっと嫌で、こんな時間に来ちゃいました」

紬「そうなのですか……? 不思議な偶然もあるものです」

静香「あの、紬さんは、レッスンの時間まで何か予定ありますか?」

紬「いえ、特には。こうしてお茶でもいただこうかと考えておりました。最上さんも、お飲みになりますか?」

静香「ええ、私も貰おうかな……って、ちょっと、自分でやりますから! 紬さん!」

紬「? あ……申し訳ありません、私の淹れたお茶なんて……」




シタP「歌織が欲しい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526836626/

1 : ◆eYw0lnfieY 2018/05/21(月) 02:17:07.36 ID:ZdaH3eTj0
「歌織さんが欲しい」

夜のパーキングエリア

今は二泊三日の撮影が終了し、帰る途中
もう到着も近かったけれど、連続の運転に疲れたプロデューサーさんが少し休みたいと提案した
この後はそのまま莉緒ちゃんのお家で反省会と言う名の飲み会の予定だった

「え……と、それはその……どういった?」

一服してきますと言ってから少し経って戻ってきた彼は私の顔を見て確かに言った
私が欲しいって
ストレートに受け取れば、それは勿論そう言う意味だと思う




[ 2018/05/22 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

まつり「夢の中のわんだーらんど」【ミリマスSS】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526832227/

1 : ◆bncJ1ovdPY 2018/05/21(月) 01:03:48.20 ID:TVHSZCU70
~とある公園~

まつり「……」そわそわ


まつり「……?」
まつり「あ、プロデューサーさん!やっと来たのです!」とてとて

まつり「何って……姫はプロデューサーさんのこと、ずーっと待っていたのですよ?」




【ミリマス】莉緒「何で私が仲間はずれなのよ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526799631/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/20(日) 16:00:31.27 ID:sInRf0fvO
バンッ!!

莉緒「あ!やっと見つけた!プロデューサーくん!」

P「おお、莉緒おつかれ」

莉緒「ちょっと聞きたいことがあるんだけど!」

P「なんとなく察しはつくな」

莉緒「新しくはじまるドラマ!なんで私をいれてくれないの!?」

P「しょうがないだろ。あのドラマは当て書きでつくってるんだからこっちにキャスティング権はないんだ」

莉緒「でもでも~!」

P「まあまあ、莉緒はこの前エレオノーラ役やったろ?」

莉緒「それとこれとは別!せっかくシアターのアダルト組でドラマも主題歌もやるのに蚊帳の外なんてイヤなの!」


プロデューサーと莉緒が駄弁るだけのSSです。
書きだめもナシです。






[ 2018/05/21 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(2)

リボンに願い込めるValentine【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526799103/

1 : ◆dwiL9FlWN. 2018/05/20(日) 15:51:43.55 ID:P2hx7BeN0
オリ女性Pと百瀬莉緒の百合です。
オリ女性Pメインなので、無理な人はブラバどぞ。


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/20(日) 15:54:16.36 ID:P2hx7BeN0
お菓子が好き、それもとびきり甘いものが。 甘くて歯がとろけてしまいそうなチョコレートなんて大好物。

だからデスクの引き出しには常にお菓子を用意している。 キャビネットの上から2番目は私のお気に入りのスペース。

もちろん地味で暗い私にはキラキラしたお菓子なんて似合わないことは知ってる。 だから人前ではお菓子は食べないようにしてる。 サボってるって思われるのも嫌だし。

「はむ」

包み紙を開けチョコレートを一口…… そう言えばもうすぐ世間の色めき立つ1年に1度のイベントの日だっけ。

今まで自分には無縁のイベントだったけど、お仕事上今年は嫌でも向き合わなければならない。 事務所のみんなにチョコを送らなきゃ。

もちろん私はチョコレートを手作りなんて出来ないし、作る時間も無いから市販品をその辺のデパートの地下で買うだけだけど。

流石にみんなも私がチョコの作り方を知ってるとは思ってないようで、誰も私にチョコの作り方を聞いてくることは無かった。 それで正解。

「はむ」

チョコを二口目、頭の中に色々なチョコレートを思い浮かべていると何だか少し幸せな気持ちになってくる。 やっぱり甘いものは好き。




[ 2018/05/20 18:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

所恵美「1/2の夢旅人」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431043413/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/08(金) 09:03:43.34 ID:VqLnaxO40
 私にとって、彼女に出会えたことは本当に幸運なことだった。

 彼女がいなければ今の私はない。彼女はそんな人物だ。

 面倒見が良くて、人見知りしなくて、誰とでも仲良くなる、そんな……私には、無いものばかりを持っている。

 そんな彼女を、私は一人の人として尊敬している。

 名を、所恵美という。




[ 2018/05/19 14:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] グリマス 所恵美

【ミリマス】田中琴葉「アイネクライネ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526653286/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 23:21:27.10 ID:eptKE7Au0
長い療養生活を経て。
一番の収穫は、あの曲に出会えたことだと。
今なら、本当に心からそう思う。




[ 2018/05/19 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(2)

【ミリマス】北上麗花と星を知る者だよ茜ちゃん

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526527234/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2018/05/17(木) 12:20:34.91 ID:Fypyj9yR0
===

あのね、よくさ、物語は先が見えないからこそ面白い! だとか、
突然のハプニングを楽しんでこその人生だよね♪ なんて粋がっちゃう人いるじゃない?

別に他人のライフスタイルを真っ向からヒテーする程心狭いつもりじゃないんだけどね、
だからと言って毎度毎度、それに巻き込まれるってんじゃ正直堪ったもんじゃないのである。




【ミリマス】塩入チョコレート事件【名探偵ナンナン】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526422999/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/16(水) 07:23:20.40 ID:PDvcFK5E0
「ひどい……」

「誰がこんなことを……」

「事件です、事件ですよこれは!」

 わたしが劇場の控え室に入ると、そこは異様な雰囲気に包まれていた。

 同僚の各々が部屋の中央に設置されているテーブルを囲んで、なにやら奇声をあげたり緊張した面持ちで固唾をのんでいる。

「あ、志保ちゃん。おはよう」
 
 いつもは迷惑な騒音、もとい元気な声でハイテンションな態度、笑顔を絶やさない可奈がわたしに気づいて近寄って来た。

 しかし先にあげたようにひまわりのごとく眩しい笑顔は今日は見られず、他の面々と同じくなんだか悲し気な表情を浮かべている。
 
 わたしはできるだけ可奈にのみ聞こえる程度に声を落として訪ねてみた。

 「何かあったの?」
 
 その問いに対し可奈はできるだけ笑顔を作ろうという努力をしてみせたようだが、無理に作るそれこそ痛々しいものはないのだ。
 
 瞬時の努力も虚しく、可奈はすぐにまた元の悲惨な表情に戻ってしまった。

 「あのね、それが……」





ページランキング