ヘッドライン

百瀬莉緒「いい夫婦の日」【ミリマスSS 】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511280468/

1 : ◆UEry/CPoDk 2017/11/22(水) 01:07:48.80 ID:G67w7NiR0
莉緒「だ、そうよ。人の誕生日の翌日に何やってくれてんだか。」


プロデューサー(以下P)「そういや最近よく聞くな。」

小鳥「まあ単なる語呂合わせですよ…プロデューサーさん、あれならそっちですよ」


P「おっと、すみません。」

莉緒「小鳥さんごめんね、夜遅くに。」

小鳥「かまいませんよ、誕生日のお祝いあんまり出来ませんでしたし。ゆっくりしてって下さい。」

莉緒「プロデューサー君も大丈夫?」

P「俺も明日は昼からだから問題無いよ…あ、それなら向こうに置いてましたよ」

小鳥「ああ、そうでした。」





【ミリマス】莉緒「オモテとウラ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511272370/

1 : ◆BAS9sRqc3g 2017/11/21(火) 22:52:50.97 ID:hL+sK7OZ0

莉緒「あーあー、もうやだな~」


莉緒「誕生日だってのにイベント以外でだーれも私のことお祝いしてくれないんだもん」

莉緒「事務所に行ったらプロデューサーくんいるかなぁ」

莉緒「プロデューサーくん、もしかして私のこと待ってたりして!ふふ」

莉緒「姉さんたちはお仕事で小樽で大きい樽を作る仕事とか言ってたし」

莉緒「このみ姉さん、樽のなかに落ちてないといいけど」






[ 2017/11/22 06:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

ミリP「未来、朝立ちってわかるか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510634048/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/14(火) 13:34:09.14 ID:AU7x1VFjo
未来(ねぼすけなPさんのために、家まで起こしに来ました)

未来「おはようございまーす! Pさーん!」

未来「……」

未来「返事がない」

未来「あ、鍵が空いてる。危ないなぁ」

未来「お邪魔しま~す」コソッ

P「」Zzz

未来「Pさーん。起きないといたずらしちゃいますよー」

P「」Zzz

未来「むー……えいっ!」布団ガバァ

未来「」




育「えがおのまほう」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510312456/

1 : ◆KakafR9KkQ 2017/11/10(金) 20:14:16.32 ID:nsm9X9S50
育「うーん……」

なんだろ…… このふわふわしてる感じ……

あっ! わかった夢だ! 今わたし夢を見てるんだ!

えっと…… こーゆう夢の中で夢だー! ってわかるのなんて言うんだっけ…… 前に紗代子さんが言ってたけど……

なーんて、思ってると目の前に綺麗なお姉さんが現れた。 顔は見えないけど、スッゴく綺麗。

「こんばんは」

育「こ、こんばんは……」

「今日は貴女に素敵な贈り物があるの」

贈り物?




七尾百合子は空想から恋する

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1511176122/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/11/20(月) 20:09:22.23 ID:KwRwNAaZO



「百合子……俺のものになれ」

「そ、そんな。いきなり過ぎて、私……心の準備が……っ!」

「そんなに顔を赤くして……可愛いな、百合子」

「ひゃっ、か、かわいい……えへへ……か、可愛いですか……」

「……おーい百合子ー、帰ってこーい。そんなの台本にないぞー」

 ある晴れた秋の昼下がり。
 俺の家で(何故か居る)百合子の演技練習に付き合っていた。

 オフだというのに「より一層、演技力を鍛えたいんです!」と言っていたから感涙に咽び泣くほどでは無いものの感動したはいいが、その台本は百合子の自作恋愛小説的なもので。
 なんだか台本の名前が百合子と俺の名前で設定されており。
 歯の浮くような小っ恥ずかしい台詞マシマシな台本を全力で演技させられ。
 尚且つ(ここで壁ドン、ここで顎クイ、しっかり相手の目を見つめて!)等動作の指示までされている。

 まだ全部を読みきった訳ではないが、些か少女漫画じみて甘ったる過ぎないだろうか。
 ついでに屋内だから大丈夫だが、外でこれと同じ事をしたら即通報ものだろう。

 しかも……

「ぷ、プロデューサーさん!きちっと最後までしっかりお願いします!」

「台本にない事言い出したの百合子だぞ……」

 俺以上に百合子が照れまくっていた。
 何故だ、自分で書いたのではないのか。
 俺だってかなり恥ずかしくて若干自棄になっていると言うのに。
 壁ドンなんて生まれて初めてやったぞ。




【安価】ミリラジでやってるアイドル二人とそれぞれの感情を決めて【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509721005/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 23:56:45.18 ID:0T8pT7om0
ミリラジでやってるアイドル二人とそれぞれの感情を決めて二人の会話を作る奴を安価でやるスレです。
(正式名称はミリオンライブ シアターデイズ)

選ぶアイドルはシアター組のアイドル39人限定でお願いします。
もし安価付いたら明日の朝書きます。

↓1 アイドルAの名前、その感情
↓2 アイドルBの名前、その感情

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 23:58:59.47 ID:OMKAq7qTo
百合子 ときめいている

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/04(土) 00:01:00.52 ID:UTRyiUch0
莉緒 羨ましい




千早「お鍋の季節」【ミリマスSS 】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511103148/

1 : ◆UEry/CPoDk 2017/11/19(日) 23:52:28.64 ID:vMcCYI2j0

莉緒「千早ちゃんもジュリアちゃんも、もう少し自分の魅力をアピールしたらどうかしら。」


ジュリア「なんだよそれ」


莉緒「ほら、二人ともキレイな脚してるじゃない。ミニスカートとか履いたらどう?」

千早「それはちょっと、さすがに。」


ジュリア「ステージの衣装とかならガマン出来るけど、私服でそういうのはなあ。ショーパンくらいならたまに履くけど」

莉緒「もったいない。せっかくだしプライベートでも履いてみたら?今度持ってくるからさ、一度試してみなさいよ。」

このみ「無理強いはよしなさいって。だいいちこの時期にミニスカは寒いわよ?」


莉緒「オシャレの為なら多少のガマンはつきものよ」

このみ「風邪引いても知らないわよ。けど最近本当に寒くなったわね。」

千早「そうですね。」




【SideM×逆転裁判】輝「異議あり!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510904315/

1 : ◆KtMbIwgEJU 2017/11/17(金) 16:38:35.57 ID:f7EZD4KR0
『逆転裁判』と『アイドルマスターSideM』のクロスSSです。
時系列としては
・劇場版アイマスでは合宿後ミニライブ前
・逆転裁判では成歩堂龍一が弁護士バッジを返却したあと
の8月となります。

またアイマス側は本家765、ミリマス、デレマスのキャラも登場します。
なお、被害者・犯人はオリキャラですのでご安心を。

内容は探偵パート法廷パート一日ずつです。
システムは1のシステム+大逆転の共同推理となっています。

SS書くのは初めてなので、気軽に読んでいただければと思います。
注意点として
・どこかで見たようなトリックや展開となっています
・少々カオス展開があります
以上となります。
それでは、次スレから本編となります。

2 : ◆KtMbIwgEJU 2017/11/17(金) 16:39:40.35 ID:f7EZD4KR0
エピソード選択

>>第1話「最後の逆転」


https://www.youtube.com/watch?v=kMvznKdlVUg&index=1&list=PL513A819E4B21FA11

?「はあ、はあっ……」

?「こいつが悪いんだ、俺の道を邪魔しようとするから……」

?「あとはこいつをあそこに放り込んで、偽装すれば……」

?「罪はあいつになすりつけてやればいい。」

?「俺の人生を破壊した、大人気アイドルに……!」




【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511088089/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/11/19(日) 19:41:29.77 ID:8QMfH7fA0
===

何気ない発見だったのだ、それは。

「紗代子が眼鏡を外してる……」

プロデューサーの意外そうな一言に、高山紗代子は思わず「えっ?」と驚きの声を上げたものだ。
正に"キョトン"とした顔である。彼女は手渡された熱々のたい焼きを包み紙から少々覗かせると。

「外しますよ、それは。だって曇っちゃうじゃないですか」

カリカリに焼かれた鯛の尻尾に齧りつく。

生地と餡から立ちのぼるかぐわしい湯気からレンズを守るため、
彼女の空いた手には愛用の眼鏡が握られていた。




【ミリマスSS】P「唐揚げをPRする仕事が決まったぞ」紬「!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510915498/

1 : ◆c4YEJo22yk 2017/11/17(金) 19:44:58.79 ID:RP/2gPdO0
☆大分県/中津市

P「ここが中津市か~。初めて来たけど、いい所だな」

紬「ええ、のどかで落ち着いた土地ですね」


P「おっ、唐揚げ屋があるぞ」

紬「先ほどから専門店を多く見かけますね。さすがは本場です」

P「大分って唐揚げが有名なんだな。俺、この仕事を受けるまで知らなかったよ」

紬「なっ……!? 本気で言っているのですか?」

P「本気だけど……そんなに驚くことか?」

紬「大分県中津市と言えば、『からあげフェスティバル』発祥の地でもあるのですよ!?」

P「ごめん。そんなお祭りは知らない」

紬「……まったく、呆れますね」

P(紬って唐揚げに詳しいのかな。ちょっと意外だ)




[ 2017/11/17 22:25 ] グリマスSS | TB(0) | CM(2)
ページランキング