ヘッドライン

【ミリマス】白石紬「あなたはエッチなのですか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499675790/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/07/10(月) 17:36:31.21 ID:aCNVt51G0
===

「一つ、確認しておきます。あなたはエッチなのですか?」

 問われ、男は言葉を失った。

 今、目の前に立つ見目麗しい少女はその澄んだ瞳を真っ直ぐに向け、彼の返事を待っている。

 だがしかし、ここは何と答えることが正解なのか? 

「はい」か「いいえ」か、単純な二択のハズなのに、
 男にはそのどちらを選んだ場合でも、来るべき未来は同じ物に思えてならなかった。

 そしてまた、その予感と予想は至極正しい。

 どちらを選んでもバッドコミュ。

 彼にはとても気の毒だが、この質問に正解など、
 最初(ハナ)から用意されていない。




[ 2017/07/20 22:25 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

加蓮「大阪での食レポのお仕事!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500305433/


2 : ◆9YfKA67h5g 2017/07/18(火) 00:31:13.38 ID:o7uS1CX90
幸子「やりましたよ…」


加蓮「どうしたの?そんなにうれしそうな顔して」


未央「さては、また新しい仕事が決まったなぁ?」


加蓮「ってことは次は東南アジアか、はたまたナイアガラの滝下りとか?」

未央「国内だったら富士急絶叫コースター巡りとか?」

幸子「違いますよ!!お二人の中でのボクのイメージどうなっているんですか!!」




【ミリマス】やよい「プロデューサーが構ってくれませんー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500297502/


1 : ◆SESAXlhwuI 2017/07/17(月) 22:18:23.18 ID:OyLgHLNc0

高槻やよい(以下、やよい) ジーッ

水瀬伊織(以下、伊織) 「プロデューサー、居るかしら?」

ミリP(以下、P) 「おう、いるぞ。どうした伊織?」

伊織 「ちょっとダンスレッスンに付き合ってくれない?久々だから、動きを確認しておきたいの」

P 「珍しいな。どういう風の吹き回しなんだ?」

伊織 「べっ、別になんだっていいでしょ!それとも、私のレッスンなんて見たって仕方ないってワケ!?」

P 「いや、そういう訳じゃないが……」





【ミリマスSS】高坂海美「スタートライン上で」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500287086/

1 : ◆uYNNmHkuwIgM 2017/07/17(月) 19:24:46.64 ID:1OusJnnK0

テレビの中のアイドル「明日も笑って〜会えますように〜♪」

この前のライブ映像が発売する予定らしくって、私は家のリビングで映像チェックをしてる。

ホントは自分の映像だけをチェックすればいいんだけど、ついつい他の仲間の映像も見てしまう。

うん、みんなすごいパフォーマンス。


今見てるのは風花さんのステージ。あぁ、風花さんすごいなぁ、ホントすごい...。

ステージに見惚れていると後ろから声がした。

姉「おー、これってこの前のライブ?」

私はその声にハッとする。あれ!?これって商品になる前のやつだから、見せちゃダメなんじゃ!?

海美「だだだだだだだめだよ!お姉ちゃん!見ちゃダメ!まだ売ってないんだからこれっ!」


お姉ちゃんが画面を見れないようにテレビの前でブンブンと体を動かす。ディーフェンス!ディーフェンス!って感じ!

お姉ちゃんはそんな私を見てケラケラ笑って言った。

姉「まぁまぁ、いーじゃんいーじゃん!ほらほら、あんまり体動かすと女子力が逃げちゃうよ」

海美「逃げないもん!もー!」

仕方がないので、お姉ちゃんにも映像を見せてあげることにした。


 




百合子「名探偵百合子にお任せあれ」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500049934/

1 : ◆z80pHM8khRJd 2017/07/15(土) 01:32:14.48 ID:JpBZxNDY0
杏奈ちゃんは眠そうな目に似合わぬ速さで画面をリズムよく叩いていく。

曲が終わり、画面にはFULL COMBOと表示された。……すごい!

百合子「杏奈ちゃんって本当に音ゲー得意なんだね! ノーツ見えなかったよ」


杏奈「音ゲーはとにかく慣れ……。慣れたらIMPRESSION→LOCOMOTION!のMMも……余裕」


百合子「私も早くプロデューサーレベル35になってロコちゃんの曲プレイしたいなぁ」

今日は私たちのレッスンも終わりあとは自由時間。ただ雨が降っているからやむまで杏奈ちゃんと事務所で時間をつぶしているところ。





福田のり子「イメージチェンジ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500129402/

1 : ◆5Zs67o7uls 2017/07/15(土) 23:36:42.56 ID:mjPVzX1mO
アイドルマスターミリオンライブのSSです


2 : ◆5Zs67o7uls 2017/07/15(土) 23:41:45.41 ID:mjPVzX1mO
「ふぁあ………んっ……んー…んぅーーーっ!」

ホノルルを出たのは……え、と……うんっ!
夕方の6時くらいで、その後にミールをもらった
それで寝たのがたしか10時くらいだから……大体…あれ?何時間寝てたんだろう……

たしかフライト自体は8時間ちょっとだから……ってまあいっか




【ミリマス】そのままの君で【 北上麗花誕】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495031270/

2 : ◆6uaiZmdmAs 2017/05/17(水) 23:30:57.90 ID:F7hxoQLI0

ガチャ


麗花「おはようございます♪



P「おはよう麗花、誕生日おめでとう!」


小鳥「おはよう、麗花ちゃん!誕生日おめでとう!」


麗花「そうなんです、今日誕生日なんです。 …って、ご存じだったんですか~?」


P「ご存知もなにも今日は麗花の誕生日ライブがあるじゃないか...」


麗花「そうでした!今日は私の誕生日ライブでした!」


P「忘れていたのか!?今日朝早く来てもらったのはそのためなんだぞ!」


麗花「そうでしたね、楽しみすぎて忘れちゃってました♪」


P「おい、大丈夫か...」


小鳥「ふふっ、麗花ちゃんは今日も元気そうね!ところでプロデューサーさん、今日は18時くらいに終わるんですよね?」


P「その予定です。(例の件よろしくお願いします。メクバセ)よし、それじゃあ行こうか」


麗花「は~い」


小鳥「行ってらっしゃい!頑張ってね!(任せてください!ウインク)」




星梨花「16センチ、つまさきだち」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499519068/

1 : ◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土) 22:04:29.21 ID:ybupjCb/0
『星梨花は可愛いわね』

頭をなでられました

『星梨花はイイコね』

また、なでられました

こういうことは昔からよくあります

大人の人はいつもわたしが笑うだけで誉めてくれて、頭をなでてくれます

わたしは誉められるようなことをしてないのに って思いますけど、なでられるのは大好きです




【グリマス】P「青の系譜水入らずで」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499849073/

3 : ◆TDuorh6/aM 2017/07/12(水) 17:45:38.84 ID:Z5Im2aBtO


P「……」

千早「お疲れですか?プロデューサー」


P「んー…まぁな」

千早「最近新しい子も増えて、仕事も苦労も絶えないとは思いますが…偶には、少し息抜きしてもいいんじゃないですか?」

P「まぁだから今少しソファで休んでたんだけどさ」

千早「静香、志保に次いで白石さんと言った少しばかり手のかかるアイドルも含め全員を見ているんですから…」

P「…まぁ千早は、以前より圧倒的に手が掛からなくなったな」

千早「私だって、いつまでもプロデューサーに抱えて貰うわけにはいきませんから」

P「ははっ、前は『そんな事が歌の上達に繋がるんですか?』って噛み付いてきてたのにな」

千早「ふふっ、私も成長しましたから。みんなと一緒に、もちろんプロデューサーさんとも」

P「そうか、それは光栄だ」





【ミリマス】セカンドキスは何度でも【みななお】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495673010/

1 : ◆OYYLqQ7UAs 2017/05/25(木) 09:43:30.52 ID:gxwjg2Cqo
ミリマス、みななおの百合SSです。

前作
【ミリマス】ファーストキスは突然に【みななお】

の続編的位置づけとなりますが、
みななおがなんやかんやでちゅっちゅした
ってことだけ覚えておけば問題ないと思います。

キャラ崩壊等含まれる恐れがありますので、百合的描写含め、そういったものが苦手な方は回れ右をお願いいたします。

2 : ◆OYYLqQ7UAs 2017/05/25(木) 09:44:08.02 ID:gxwjg2Cqo
 彼女、横山奈緒は一人暮らしである。
 大阪から東京に出てきて一人暮らしを始め、元々母親から家事全般に関しては教わっていたこともあり、特に不都合はなく暮らしていた。
 それでも劇場に仕事にレッスンと、奈緒の体力をもってしてもヘトヘトになるような日々を送っていれば、まあ多少家事が滞るのも致し方ないことといえるだろう。
 事実、オフの日にはまとめて部屋を片付けたりだとか、作り置きの料理を作ったりだとか、なんとも主婦スキルの高い行動はしていたのだから。

 そんな彼女の暮らしが一変してから、はやくも一ヶ月が過ぎようとしていた。

「奈緒ちゃんおはよー!」

 時刻は朝の7時きっかり。奈緒の部屋に元気な声が響くのと同時、未だうつらうつらとまどろみから抜け切らない奈緒の体から、布団が勢いよく引き剥がされる。




ページランキング