このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

士郎「二人ともおつかい頼めるか?」イリヤ・セイバー「おk」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/23(木) 19:20:55.99 ID:oynbD4Af0
士郎「そうか、はいこれ」

セイバー「メモですか」

イリヤ「まぁ、私一人でも十分だけどね」

セイバー「それはこちらの台詞です」

士郎「今晩の夕食のだからな」

セイバー「分かりました」

イリヤ「じゃ、着替えてくるわ」トコトコ

セイバー「私も着替えてきます」トテトテ

士郎「……」

ライダー「あの、士郎がいけばいいのでは?」

士郎「あの二人は本当はすごく仲良くできると思うんだ」

ライダー「そうですか」

士郎「日頃から仲良くしてほしいんだけどな」




士郎「そろそろ退いてくれよ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/15(火) 22:08:59.66 ID:4mVxuSWx0
遠坂「いや」ペラッ

士郎「あのさ、別に俺の尻を枕にして本読まなくてもいいだろ」

遠坂「……」ペラッ

士郎「イリヤー、足痺れてきたんだけど」

イリヤ「……」スー スー

ライダー「寝ているようですね」ペラッ ペラッ

士郎「なぁライダー、背中がさ」

ライダー「ふふ、リンが退いたらわたしも退きましょう」ペラッ

士郎「……なぁ遠坂」

遠坂「んー?」ペラッ

士郎「退いてくれないか?」

遠坂「……んー」ペラッ

遠坂「いや」ペラッ




士郎「セイバー、2月14日って何の日か知ってる?」セイバー「はい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 14:48:43.92 ID://41cQIm0
セイバー「確かバレンタインデーですね」

士郎「そうそう」

セイバー「それがなにか?」

士郎「いや……別に……」

セイバー「そうですか」

士郎(いや、セイバーのことだ。きっと用意してくれているはず)

セイバー(シロウ、チョコレートでも用意してくれるのでしょうか。楽しみです)




セイバー「シロウ、リンとサクラの様子が変です」士郎「興味ないな」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 21:41:24.21 ID:yrDUVi6O0
士郎「そんなことより、セイバー」

セイバー「はい」

士郎「はい。大判焼きを買ってきたんだ」

セイバー「どうも」

士郎「美味しいか?」

セイバー「はい」モグモグ

凛「セイバー、たい焼き買ってきたの。いる?」

セイバー「頂きます」

桜「セイバーさん、焼き芋買って来たんです、食べます?」

セイバー「はい。喜んで」




士郎「セイバー達が幼くなった!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/05(土) 01:29:48.07 ID:MXxVtGx40
セイバー「しろー!あさごはんはまだですかー!!」グイグイ

凛「う~ねむい~・・・」 ゴシゴシ

桜「せんぱい・・・だっこしてほしいなぁ・・・」 ギュッ

士郎「・・・あ~も~!!今作ってやるから!!
遠坂は顔洗って来い!!桜はだっこな!?」

セイバー「ごはんには、いんぐらんどのこっきをさしてください!」

士郎「家にそんなものはない!!」

桜「・・・せんぱいはやくだっこ・・・」 グスッ




士郎「セイバーが脱ぐ!」ギルガメッシュ「きたか!」セイバー「…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 12:05:59.06 ID:dwVVe7Uf0
ギルガメッシュ「ふははははは!!!セイバーよ、そのような雑種など捨て置け!!」

セイバー「英雄王。貴方が思うほど、人間は脆弱ではない!!」

士郎「セイバー……」

ギルガメッシュ「ふんっ。ならば、我が見定めてやろうではないか。お前のいうニンゲンの惰弱ぶりをなぁ!!!!」

セイバー「シロウ、下がってください!!」

士郎「セイバー!!ダメだ!!!」

セイバー(まずは鎧を纏わないと……)パァァ

ギルガメッシュ「ぬぅ?!」

士郎「セイバー!!!」

セイバー「さぁ。英雄王、我がマスターを侮辱したこと、後悔して―――」

ギルガメッシュ「うむ。セイバー。もう一度、今のをやってみせろ。金ならある」ジャラジャラ

セイバー「は?」

士郎「てめぇ!!何言ってやがる!!!それでも英雄か!!!」




士郎「セイバー……好きだ」ギュッ セイバー「!?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:07:21.00 ID:FrV6avOW0
衛宮家、居間にて

TV<ヘヴィマシンガン!!

セイバー「あっ、凛! それは私のヘビーマシンガンです!!」

凛「いいじゃない協力プレイなんでしょ? 堅いこと言わないでよ
  あっ、ほらアレとりなさいよ」

TV<ドゥロップショッ!!

セイバー「あっ!! クソ武器ではないですか!! いりませんよこんなもの!!」

ガラッ

士郎「セイバー」

セイバー「あ、士郎。すみません、うるさかったですか」

凛「ほっときなさいよ、ほらほらよそ見してると落とされ……」

士郎「セイバー……好きだ」ギュットダキシメル

セイバー「!?」

凛「えええええええ!!!!!」

TV<ア゙ッ-!!

10 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:15) 2012/10/13(土) 00:09:53.81 ID:9BG+pAmy0
メタスラwwww




桜「セイバーさんと先輩が居間で大喧嘩してる…」ライダー「ほぅ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/23(金) 22:35:54.33 ID:nFOpUo0u0
セイバー「分かりました。私がこの家から出て行けばいいのですね?」

士郎「なんでそうなるんだよ!!」

セイバー「そういうことでしょう?」

士郎「どうしてそういう言い方しかできないんだ!!」

セイバー「しかし、それで全てが解決するのも確かです」

士郎「もういい!!勝手にしろ!!セイバーのわからずや!!」

セイバー「……はい。勝手にさせていただきます」

桜「あ、あの……」オロオロ

セイバー「お世話になりました」スタスタ

ライダー「……」

士郎「ふん……」




ページランキング