ヘッドライン

【となりの怪物くん】吉田春「便器の子?」水谷雫「ハル……あんたどんな耳をしてるの」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567343367/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/01(日) 22:09:27.59 ID:zHu/paS2O
水谷雫は勉強が大好きなガリ勉女で将来の夢は年収一千万円という現実的な考えの持ち主だ。

小学校の時にクラスで飼っていたウサギが死んでしまった際にも家に帰って勉強をすることを優先し、薄情とも言えるその振る舞いからブリザードと呼ばれて以来、友達はゼロ。皆無だ。

そんな氷のガリ勉女の水谷雫であったが高校に進学した折、隣の席の怪物くんこと吉田春との事故みたいな出会いをキッカケにして彼に巻き込まれる形で友達ゼロの境遇から抜け出した。

「ミッティ、一緒に映画を観ませんか?」
「夏目さんの家で?」
「違いますよ! 映画館に行きましょう!」
「映画館で観る映画はコスパが悪いから嫌い」
「コ、コスパって……」

コスパとはコスト・パフォーマンスの略であり、日本語に変換すると費用対効果となる。
つまり、還元率が悪いと雫は指摘した。
リアリストの雫は友人である夏目あさ子の誘いを現実的な側面から駄目だしをする。
ちなみにミッティとは雫のあだ名である。

「どうせすぐにレンタル100円で観れるし、もしかしたらそれよりも早く地上波で無料放送するかも知れないから、わざわざ映画館に観に行く必要性が感じられない。よって、却下」
「ミッティのようなコスパ重視の若者が今の日本の映画界をダメにしてるんですよ!」
「だったら料金を下げるべき」

1回の観賞で高校生1500円とか信じられない。
水谷雫の家庭環境は少々複雑で、簡単に説明するとせっせと赤字をこさえるダメな父親の代わりに優秀な母親が単身で出稼ぎをしてそれを賄っていて、余裕がある暮らしとはとても言えない。

もっとも一部の映画館では料金を値下げして高校生1000円で観れるところもあるらしいが、その事実は雫はおろか夏目さんも知らなかった。

(映画を観て学力が上がるとも思えないし)

なので一度観たらはいおしまいの映画よりもそのチケット代で将来のために参考書を買ったほうがよっぽど有意義であると雫は結論づけた。




[ 2020/03/22 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)
ページランキング