ヘッドライン

垣根「ズッコケ三人組か、良い響きだ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1294312639/

1 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/06(木) 20:17:19.38 ID:x2BIvqc0

垣根「な、オマエもそう思うだろ?」

冷蔵庫「……ブーン……」

垣根「やっぱりそうだよなぁ、あれは時代を超えてみんなに愛されるべきだよな」

冷蔵庫「ゴトゴトゴトン」

垣根「お、氷できたか。……で、何処まで話したっけ?」

冷蔵庫「……ウィーン」

垣根「あぁそうそう、俺さあ、ガキん頃は実験実験でクソつまんねえ思い出しかねぇんだわ」

冷蔵庫「……」

垣根「でな、その時間を埋めようと最近図書館に通ってたんだが……ズッコケ三人組は最高だ」

冷蔵庫「ハカセハカセ」

垣根「へぇ、見る目があるじゃねぇか」

冷蔵庫「///」

垣根「でな、俺はズッコケ三人組になりてえんだ。……つまり、オマエともお別れってことになる」

冷蔵庫「ッ!?」

垣根「今までありがとよ、オマエはこれから……表の、住人だ」


冷蔵庫は、彼の真剣な眼差しに何を見たのか。
ただ、何も言わずに静かに稼働音を響かせるだけ。
やがて、冷蔵庫と垣根を繋ぐ、唯一のチューブが抜かれても、静かに、切ない音を。



日常をだらだら過ごす話ー本当にgdgdです
ちなみに今までていとくんでは名作が沢山あったけど勿論そちらには到底及びません
それでもまぁいっかーな方はお付き合い頂けると嬉しいです




インデックス「とうま、今日はハロウィンなんだよ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 17:02:12.47 ID:gHeFtnxv0
ロシアとか時系列なんてもんはどうでもいいからお菓子が欲しいんだよ!




上条「彼女が重い」一方・浜面「え?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431141042/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 12:10:52.58 ID:JSeKFRE50

上条浮気魔
一方セフレ
浜面三股

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 12:11:30.98 ID:JSeKFRE50
上条「あ~」

浜面「ん?どうした上条」

一方「ま~た不幸でもあったのかァ」

上条「いや、彼女が最近重くてさ、うざいんだよ」

浜面「マジ?」

上条「マジ、マジ最近何かと子供好き、料理好きアピールしてきてさ」

上条「結婚匂わせて来るんだよ」

浜面「お前ら結構長いしな」

一方「五年だっけェ?」

上条「今年で六年よ」




美琴「幸せな誕生日」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1380628764/

1 :りな ◆8SCRyfWIbE 2013/10/01(火) 20:59:24.43 ID:PDBLU6TN0
※注意※
・上琴です。
・美琴がツンデレじゃないです。
・上条さんが誰条さんですが、上条さんです。
・超ベターな内容です。
・短いです
それでよければどうぞ・・・




美琴「はむっ」上条「耳を甘噛み!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1328448084/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方) 2012/02/05(日) 22:24:21.69 ID:2r5L22/S0
上条「はぁ…、今日も補習で帰りがこんな時間に…ってうおぅ!?」

美琴「だきっ」

上条「御坂さ~ん?どこから現れたんですか~?」

美琴「ぎゅぅ」

上条「そんなに抱きしめられると困るのですが…?」

美琴「ぎゅっ」

上条「そういうのは、好きな人にやってあげなさい」

美琴「うるっ」

上条「え、なんで涙目!?」

美琴「だっ!」

上条「あ、逃げた…」




上条「ようガリガリ」一方通行「ガリガリ言うなァ!」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/25(月) 20:30:24.30 ID:U9RUVsRo0
一方通行(――クソッ垂れ…! どこだ…!)カツーン カツーン

一方通行(…どこに居やがるンだあの大男はよォ!)カツーン カツーン




佐天「ツァーリ・ボンバを落とす能力か~」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/20(火) 21:45:40.676 ID:mfxyOhbi0.net
初春「佐天さん! 能力測定の結果はどうでした?」

佐天「の、能力が目覚めてた……」

初春「ほ、本当ですか!?」

佐天「うん……私も……ついに能力者だよ……」グスッ

初春「佐天さん……」

佐天「諦めなくて……グスッ……本当に良かった……ヒグッ……」

初春「おめでとうございます、佐天さん……!本当におめでとうございます……!」ギュッ

佐天「ありがと……初春……」ギュッ

初春「グスッ……そ、それで! どんな能力だったんですか? やっぱり風力使いでしょうか?」

佐天「いや、風力使いじゃなかった……えっとね……」

佐天「そうそう、私に目覚めたのはツァーリ・ボンバを落とす能力!」

初春「す、凄いです佐天さん! ツァーリ・ボンバを落とす……」

初春「なん……て……」

佐天「……初春?」キョトン

初春「すいません、どんな能力でしたっけ?」

佐天「だから、ツァーリ・ボンバを落とす能力だよ」

初春「…………え?」




[ 2019/08/22 17:55 ] とあるSS | TB(0) | CM(2)

佐天「竹の生命力を操る能力かぁ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2019/08/12(月) 19:17:56 ID:.W9ZT8vA
〈二人の部屋〉

初春「やりましたね、佐天さん! これで佐天さんも能力者に」

佐天「はぁ……」

初春「佐天さん? どうしてため息なんて」

佐天「いやいや初春くん、考えてもみたまえ。竹だよ竹……竹限定で操れる能力って役に立つの?」

初春「そ、それは……。あ、パンダとか飼うときに便利じゃないですか」

佐天「いやパンダとか飼えないでしょ法律的に」

初春「えっと、あ、タケノコとかたくさん作れるじゃないですか。毎日タケノコごはんが食べれますよ」

佐天「いや、三日くらいで飽きるっしょ」




[ 2019/08/17 13:25 ] とあるSS | TB(0) | CM(0)

上条「ようムキムキ」美琴「ムキムキ言うな!」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/01(水) 08:09:07.25 ID:mpYpg2+H0
美琴(…私には何かが)

美琴(…何かが足りない)




[ 2019/08/01 17:55 ] とあるSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング