ヘッドライン

美希「おにぎりこわいの」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/01(土) 13:34:41.26 ID:Ovkt2qwR0
 
P「え?」

美希「だから~、おにぎりがこわいの! もう顔も見たくないってカンジ!」

P「そ、そっか……昨日まであんなにおにぎりおにぎり言ってたのに、どうしたんだ?」

美希「あはっ! 女の子のキモチはフクザツなんだよ?」

P「ふーん……そういうもんか」

美希「そういうもんなの! えへへ……」

P「……」

美希「あっ! あとあと~、ミキ的には、ハニーもすっごく、すー……っごく! こわいの!」

P「えぇ!?」




真「夏休み終わったし、>>4でもするかな」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504428166/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/03(日) 17:42:47.03 ID:64udaoqc0
真「やっと夏休みの忙しい時期が終わったなー…」

真「まともに好きなことも出来なかったし、今ならまだ余裕がある。」

真「学校の帰りに>>4しよう。」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/03(日) 17:44:58.30 ID:i+RK3q9dO
腹筋




伊織「やん、まだ脱いでるとこだから後ろ向いててよ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/23(火) 10:45:59.65 ID:iVoC1N2p0
ζ*'ヮ')ζ < デレいおりんたしかに

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/23(火) 10:46:17.99 ID:tTacewJ+O
可愛い

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/23(火) 11:00:22.07 ID:iVoC1N2p0
P「パンツ一枚だけの後ろ姿って、そそるよな……」

伊織「はぁ? わけわかんない、いいから後ろ向いてて!」

P「さらさらの髪、小さい肩、細い腰、パツパツのローライズ……たまらん」

伊織「っもういい! 」

P「なぁ、ええやろ……スケベしようや……」

伊織「きゃ!? ん、お風呂入るのに、なんで、そんな話、ひゃあ!」

P「いおりんのお肌マジすべすべ」

伊織「どこ触っ、やだ、ちゃんと汗流してから……!」

P「どうせまた後でシャワー浴びるんだし……な?」

伊織「やぁ、ん、やだぁ、綺麗にしてから、じゃっ、ない、と」

P「ふにふにだなぁ、もっと大きくなるように頑張るからなぁ」

伊織「ふ、んん! やめ、て、こんな♡ やだ、ぁ♡」

P「よっと……やっぱり軽いな、簡単にベッドまで運べちゃう」

伊織「きゃ、下ろしてよ! 分かったから、するならその、ちゃんと……んむ♡」

P「ちゅ、ちゅう……伊織の口の中はなんでこんなに甘いんだろうな」
みたいな新婚生活




P「真美は思春期のようだから避けるようにしよう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496329739/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 00:08:59.89 ID:87kGRBkCO
P「さぁ今日もレッスンいこう」ギュッ

真美「う、うん」モジ

P「真美?どうしたんだ?」

真美「兄ちゃん…恥ずかしいから手握るのやめてよ…」

P「嫌か?真美が迷子になると困るからなぁ」

真美「子供扱いすんな!」




真美「真美は合法だけど兄ちゃんは違法、これなーんだ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496397510/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 18:58:30.88 ID:sZD769/yo
P「風呂の覗きです……」

真美「確かに真美、『あずさお姉ちゃんのお風呂一緒に見よ☆ぱいんぱいーん♪』って言ったよ?
でもそんなのただのギャグに決まってんじゃん」

P「その通りですよね……」

真美「まさか本気にするとはもしかして……あなたは、バカなのですか?」

P「はい、バカでーす!てへっ」

真美「兄ちゃんさぁ…ふざけてる場合じゃないんだけど?」

P「はい……」




真美「千早お姉ちゃんは照れ屋さん」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/12(土) 17:01:06.91 ID:Kk6p8BzR0
真美「双子の姉の真美です! よろしくお願いします!」

(カワイー)

(ガンバロウネ!)

小鳥「うん、じゃあみんな自己紹介は済んだかな? 真美ちゃん、頑張りましょうね!」

真美「モチのツモ! 真美も亜美もがんばっちゃうよん!」

小鳥「一応コレ、渡しておくわね」

(ピラッ)

真美「なにこれ?」

小鳥「所属アイドルのリストよ。小さい事務所だし顔合せることも多いでしょうから」

真美「ほ~、ナルホドナルホド、ありがとねん! おー、ほんとだ! ここにいるのでみんななんだね」


真美「……ん?」




春香「りめんヴぁーい! ハールカッカー!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 20:49:37.04 ID:sngTqYL80
P「ふっふっふ……今夜はどのアイドルと遊ぼうかねェ……?」

小鳥「プロデューサーさん……もうやめてあげてください! みんな傷付いてるんです!」

P「じゃかしぃっ!!」バンッ!

小鳥「ひぃっ!」

P「アイツらは、俺のお陰でアイドルになれたんだ……俺に尽くすのは当然なんだよ!」

小鳥「…………あの頃を思い出してください……入社したばかりの、情熱の日々を……!」グスッ

P「はんっ、そんなものは忘れちまったよ! アイドルがダメなら、お前でもいいんだぜェ?!」ガバァッ!

小鳥「いやぁ! 誰か、助けて……!」


『忘れた頃にやってくる!!!』


P「?! 何モンだ!?」


『悪あるところにリボンあり……』イヨォーーーッ

『音を外せど、踏み外せぬは人の道……』カカンッ!


ハールカッカー「人呼んで、正義の味方、ハールカッカー!」ハッ! ドドンッ!




真美「髪留めが見当たらない……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 23:28:30.31 ID:M0HxBaec0
某日 765プロ

真美「すぅ……むにゃ……」

真美「んむ……ふわぁ、お昼寝しすぎた……」

真美「あれ? 誰もいないのかな?」ムクリ

ハラリ

真美「? あれ、あれあれ?」

真美「髪解けちゃってるや」




P「響はダンスやってるからな」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:27:33.58 ID:x37FDfvP0
P「今日の営業もおわったなー」

真「でも、事務所の近くでお仕事って変な感じですよね」

P「あー、いままで割と遠くだったもんな」

響「でもそのお陰で歩いて移動できてよかったぞ!」

P「確かに、それはあるな」

千早「あら?」

P「どうした」

千早「プロデューサー……、あんな所に水溜りが」

真「あ、ホントだ。それに凄く大きい……」

P「…………まいったな。このままいったら泥が跳ねる」

響「自分、これくらいなら飛び越えられるかも?」

千早「まさか……、いくらなんでも」

響「せーの、……えいっ」 ヒョイッ

真「と、飛び越えた!?」

P「響はダンスやってるからな」




真美「生きづらい世の中だなぁ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 13:20:07.16 ID:IF+HQHPu0
某日 765プロ

P「おはようございまーす」ガチャリ

春香「あ……お、おはようございます!」オロオロ

P「おはよう春香。どうした、何かあったのか?」

春香「あの、朝から真美の様子がちょっとおかしくて……」

P「……またか?」

真「またとか言わないであげてください。繊細な年頃なんです」

P「………」チラッ


真美「…………」ゴゴゴゴゴゴ


P「……目を血走らせた女の子がソファを独占してるんだがあれは何だ」

千早「真美です」




ページランキング