ヘッドライン

千早「はるるん」春香「!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534606235/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 00:30:35.91 ID:VpSxOZLU0

春香「千早ちゃん…?どうしたの?」

千早「い、いえ、ただ呼んだだけよ」

春香「それは分かるんだけど…何だか様子がおかしいなって?」

千早「そんなことないわ、私は普段通りよ」

春香「そっか…気のせいだったかなぁ…うーん」

千早「どうしたの、はるるん」

春香「」





P「Hになるほどだんだん硬くなるモノ、なーんだ?」小鳥「ち○こ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 19:32:34.51 ID:BUITznNw0
P「……」

小鳥「ちんこ!」

P「えんぴつです」

小鳥「ちん…えっ?!」

P「答えはえんぴつです」

小鳥「そ、そんな…/// ううっ引っかかりましたよプロデューサーさんっ…」

P「いや、有名ななぞなぞですよ?」

小鳥「くやしいから私もなぞなぞだしまふ!デデン!プロデューサーさんの真ん中でブラブラしてるもの、なーんだ?」

P「ネクタイですよね」

小鳥「ぶぶー!答えはちんこでしたー!やーいやーい」

P「………」

小鳥「あの…ごめんなさい」

P「謝ればよろしい」




雪歩「スプリング・スノウ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364574353/

1 : ◆K8xLCj98/Y 2013/03/30(土) 01:25:53.35 ID:DOCYTEs60

 ドラマの主演が決まった。
 テレビ局の楽屋で、そうプロデューサーに言われた時には、何が起きたのかすら分からなくて。
 私は、軽くパニックになっていたと思う。

 プロデューサーと事務所に戻ると、続く小さな爆発音のようなもの。
 そして、私の目の前で季節外れの雪が舞った。

「雪歩、ドラマ主演おめでとう!」

 髪についた紙吹雪の一枚をぎゅっ、と握る。

雪歩「あ、ありがとうございますっ!」

 ようやく、実感が湧いてきた。

真「雪歩っ、すごいよ! 本当におめでとう!」

 真ちゃんが私の手を掴んで、ブンブンと縦にふる。






P「今日の仕事は温泉旅館のPR動画撮影だ」千早「はい!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533118943/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/01(水) 19:22:23.78 ID:nKX3Zus00

scene 1  温泉


あずさ「あら~とても広い露天風呂ね~気持ちよさそうだわ~」

貴音「はい、それに泉質は重曹泉……効能も申し分ないですね」

あずさ「ふふ、美肌に効果があるんですって、素晴らしいわ~」

貴音「ここの湯は古来より『美人の湯』と呼ばれているとか……」

あずさ「まあそうなの~?」

貴音「そうなのです、これに入らない手はありませんね」

あずさ「じゃあ早速~」

貴音「早速入りましょう」

千早「そうですね!」



P「カーット!」






冬馬「朝起きたら女になってた」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362312356/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/03(日) 21:05:57.00 ID:j6hoH5pY0
冬馬「ふぁああ……もう朝かよ、ねみぃ……」

冬馬「……」チラッ

冬馬「……二度寝は無理だな。もう起きねえと」

冬馬「……?何か違和感が」

冬馬「……」

冬馬「……服がめちゃめちゃだぼついてやがる。寝てる間にのびちまったのか?……ってありえねえ」

冬馬「それにいつもより視界が低いような……」

冬馬「って……考え事してる場合じゃねえ!早く顔洗って準備だ」




響「オフなのに事務所来ちゃったぞ…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532871740/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 22:42:20.32 ID:FyTUkmFf0
響「事務所の手前まで来て、今日と明日のスケジュールを見間違えてることに気づいたぞ…」


響「完璧な自分らしからぬミスだぞ!」


響「…せっかく来ちゃったんだし、一日事務所でのんびり皆の様子でも観察しようかな!」





P「最近律子の様子がおかしい?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532790417/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/29(日) 00:06:57.34 ID:FyTUkmFf0

伊織「そうなのよ、最近どうも変で…」

P「いつ頃からか分かるか?」

伊織「そうね、およそひと月前の誕生日祝い…少なくともあれより前はこんなことは起きてなかったわ」

P「どうおかしいんだ?」

伊織「アンタも見てれば分かるわよ。もうすぐ事務所に来るだろうから。」

真「仕事のし過ぎで疲れちゃったのかな」

やよい「律子さん全然休んでるのを見かけないですし…」

P「ああ、心配だな…」





真美「みんなに甘えてみよ→!」亜美「さんせ→!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1361016033/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/16(土) 21:00:33.50 ID:EaEj6znA0
真美「あずさお姉ちゃんの胸に抱かれて眠りたーい!」

亜美「やよいっちの膝枕でお昼寝したーい!」

真美「んっふっふ→、夢がひろがりんぐですなぁ」

亜美「よりどり黄緑ってやつだね→」

真美「お、あそこに居るのはピヨちゃんではあーりませんか!」

亜美「よーし、まずはピヨちゃんのふとももに突撃ぃー!」

真美「らじゃー!」




P「アイドル達との日常」【短編ss集】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1355584959/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/16(日) 00:24:12.64 ID:MUzSlZ2T0
転んでもただでは起きない


春香「プロデューサーさーん……ってうわぁ!」

P「危ない!春香!」ガシッ

P「ふぅ……危ない危ない、大丈夫か?春香」

春香「あ、その……///」

春香「えへへ……すいません///」

P「次からはちゃんと……」

P(……今気づいたらものすごく顔が近い)

P「うわぁ!ごめん春香!」バッ

春香「あっ……」

P「なぜそこで残念そうな顔をするんだ」

春香「それは……その……もっと……///」ゴニョゴニョ

P「え、もっと?なんだって?」

春香「そ、それよりプロデューサーさん!もうすぐ千早ちゃんと営業の時間ですよ!」

P「あ、そういやそうだな」

春香「ほら!私のことはいいから、早く千早ちゃんのところへ行ってあげてください!」グイグイ

P「あ、あぁ、わかったら押すなって!」



春香「ふぅ……行ったよね……?」

春香(……キャー!プロデューサーに抱きつかれて、あんなに顔が近くに……うぅ///)

春香「……次も転んでもいいかも……///」




千早「スケッチブック?知らないわ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530871453/

1 :SSK ◆KzaOfIMA9g 2018/07/06(金) 19:04:13.34 ID:vcEd5LLWO
※短めです。
>>1は本家「“知らないわ”シリーズ」の作者ではありませんので予めご了承ください。


ーーーー


春香「千早ちゃん、“スケッチブック”知らないの?美術部系の雑学癒し4コマ漫画だよ!」

千早「へえ、そうなのね。機会があれば読んでみたいものだわ」

春香「ところで千早ちゃん、なんで(画材の)スケッチブック持ってるの?」

千早「今さらね。私はいつもスケッチブックを持って出かけているのだけど」

春香「たしか写真撮影が趣味だったよね?」

千早「たしかに写真撮影は趣味だったわ。でも今はスケッチしながら歩き回るのがマイブームなのよ」

春香「水筒持参で麦わら帽子被って出かけるのが?」

千早「ええ」

春香「動機は?」

千早「カメラじゃダメなのよ」

春香「なんで?」

千早「なんでと言われても……そう、なんとなくダメなのよ」

春香「スケッチブック…知ってるよね?」

千早「知らないわ」




ページランキング