ヘッドライン

P「あふぅ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 16:13:23.74 ID:dfaQmWNO0
事務所

P「おはようございま――」

あふぅ「はにぃ!!」

P「な、なんだ!? 俺は目の前が真っ暗になった!」

律子「はい、そこまで」

あふぅ「やー! はにぃ! はにぃ!」

P「よ、よう律子おはよう」




P「あふぅの発情期が美希に移ったかもしれない」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24(月) 15:59:26.37 ID:KzDGAsRm0
P「あふぅ!」

あふぅ「はにぃはにぃ!」

美希「……じーっ」

P「あふぅー!」

あふぅ「はにぃー!」

美希「ふんっ。ぷいっ」

P「どうした美希。あふぅが羨ましいのか?」

あふぅ「はに」

美希「! べ、別に羨ましくなんかないの! レッスン行ってくるから!」




P「侵略者」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/15(日) 20:59:50.92 ID:Sz2cAKJO0

ここは俺の城だった。

正確に言えば夜間。それも九時十時と言った律子や音無さんが帰ったあとからである。

誰もいない独りの事務所。

俺の指元から発せられるキーボードの音だけが唯一のBGMである孤独な戦場だ。

しかしそれは会社でありながら、まるで自分の部屋にいるがごとく人の目を気にする必要が無いということでもある。

携帯を弄りながら足でパソコンを操作する。逆立ちしながら熱唱するなんて日常茶飯事。

伊織のオレンジジュースを薄めておく。もう半分以上は水のはずだが、まだ気づいた様子はない。

亜美のゲームを微妙に進めておく。リオファネス城内でセーブしたのは不味かったかもしれん。

あずささん用のお菓子をカントリーマアムや源氏パイと言った高カロリー系のみにしておく。罪悪感が激しい。

律子の予備眼鏡をピンホール眼鏡にしておく。まあこれは視力を良くしてもらいたいと言う願いも入っている。

そんな些細な悪戯も許される環境。

多くの自由が認められた夜の事務所は、帰る時間すら惜しむ俺にとっては第二の我が家であった。





真「最近あふぅがやたらとくっついてくる」あふぅ「ナノナノッ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/01(金) 04:58:26.81 ID:g7eR1AXt0
真「おっはよーございまーっす!!」

まこちー「ヤー!」

小鳥「おはよう真ちゃん」

真「おはようございます小鳥さん」

小鳥「相変わらず仲が良さそうね」

真「ええ、そりゃもう」

まこちー「へへっ」

小鳥「羨ましいわね」チラッ

ぴよぴよ「ぴ?」

小鳥「なんでもないのよ」

ぴよぴよ「ぴー……」




たかにゃ「しじょっ」【食物】

元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1369320039/

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 23:40:39.12 ID:3Kua9iT80
遅筆ですがよろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーー

ちっちゃん「めっ」

たかにゃ「ちっちゃっ」【空腹】

ちっちゃん「もーっもっ」

たかにゃ「しじょっ」【おやつ】

ちっちゃ「めっめっ」

たかにゃ「しじょ、しじょっ!」【あれは?】


真「まこちーおやつだよー!」

まこちー「ま、まきょー……」


ちっちゃん「もーっもっ、もーっもっ」

たかにゃ「し、しじょー…」




真「まこちーをひたすら撫でまわして可愛がってたら」

元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362326631/

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/04(月) 01:03:51.97 ID:pBUw/YGy0
真「やたらべたべたしてくるようになった」

まこちー「ヤ~♪」スリスリ

真「かわいい……」ギュゥッ

まこちー「ヤ~っ」キャッキャッ


P「なるほど。これはうらやまけしからんな」


小鳥「わ、私も……」クルッ

ぴよぴよ「……ぴ」

小鳥「ぴよぴよちゃ~ん!」

ぴよぴよ「ぴー……」フヨフヨ

小鳥「逃げないで~っ」


P「くそ……俺もべたべたされたい!」

あふぅ「ナノッ!」ピョン

P「お? どうした」

あふぅ「ナノナノッ」




ページランキング