このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

櫻子「櫻子様ゲーム♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441635350/

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 23:15:50.79 ID:G3MUuByc0
京子「というわけでやってまいりました!」

櫻子「やったー。やってまいりましたー♪」

京子「本日は、大室櫻子さんのお誕生日!」

櫻子「わーい。うやまえー♪」

京子「というわけで櫻子様ゲームを開催します!」

櫻子「やったーーー」




【かぐや様は告らせたい】白銀「ずっとずっと一緒にいてくれ」かぐや「はい。喜んで」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1553606435/

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2019/03/26(火) 22:20:36.04 ID:6dEzF6Gw0
藤原「アキネイターというアプリで遊びませんか?」

白銀「アキネイター?」

かぐや「!」

 アキネイター!
20個以内の「はい」「いいえ」の質問を答える事により、回答者がイメージしている人物を当てる事ができるアプリなのである。


藤原「というわけなんです」

白銀「ほう」

かぐや「面白そうですね。では、せっかくなので会長をイメージして答えてみませんか?」

白銀「一般人を当てる事もできるのか?」

藤原「普通の一般人なら無理ですが会長は特別ですよ」

白銀「ん? どう特別なんだ?」

かぐや「世間から見ると『秀知院学園の生徒会長』は一般人ではありませんよ。会長は素晴らしいお人です」

白銀「そ、そうか……」

かぐや(照れてる会長可愛い)


藤原「では、さっそくやってみましょう♪」




【かぐや様は告らせたい】石上「藤原先輩の……存在感が消えた……?」藤原「え!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1553940000/

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2019/03/30(土) 19:00:00.50 ID:9qCIR9cZ0
藤原「!?!?!?!!?」

石上「いえ、最近の本誌や単行本を読んで思っていたんですが、藤原先輩って会長の特訓回と伊井野を弄る以外ではほぼ存在感出してませんよね?」

藤原「え? ど、どゆこと?」

石上「藤原先輩ってシリアス回だと扱いにくいし、仕方ありませんよね」

白銀「まぁ……そう言われれば」

藤原「……か」

白銀「?」

藤原「会長のせいですよ!」

白銀「え?」

藤原「そもそも会長がポンコツのせいで、いつの間にか私が聖母みたいな立ち位置になり、扱いにくいキャラ扱いされちゃうんです!」

白銀「……」

石上「……」




【かぐや様は告らせたい】白銀「四宮の服を着てみたい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1548938811/

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2019/01/31(木) 21:46:51.65 ID:DvhQmtBq0
石上(生徒会会計)「体育祭で女装するので四宮先輩の制服を貸してください」

かぐや「いいですよ」

白銀「……」


  *  *  *


白銀「俺も四宮の制服を着てみたい!」

白銀「……」

白銀「しかし、直球で言った場合……」




☆妄想中~~~~~~~~~~~


白銀「四宮!俺は四宮の制服を着たい!」

かぐや「なるほど。私が石上くんに制服を貸して嫉妬していると?」

白銀「ち、違う。そういう訳じゃなくて」

かぐや「会長なぜそんなに焦っているのですか?」


かぐや「お可愛いこと」


~~~~~~~~~~~~~~~



白銀「うわあああああああああ!ダメだ!直球勝負は無しだ!」

白銀「というかそもそも女子の制服を借りようとか変態だろ!」

白銀「前提条件が間違っていた!考え直さなければ!」




【バンドリ】あこ「りんりん。昨日オ〇ニーした?」燐子「うん。いっぱいしたよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523884080/

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2018/04/16(月) 22:08:00.68 ID:NuFNHueW0
■休憩中

あこ「ね。りんりん?」

燐子「どうかしたの? あこちゃん」

あこ「昨日オ〇ニーした?」

燐子「うん。いっぱいしたよ」

友希那「ぶーーっ!!!」


燐子「ゆ、友希那さん?」

友希那「ごほっ……ごほっごほっ」

あこ「友希那さん、いきなり噴き出してどうしたんですか!?」

友希那「あっ、いえ、あ、あなた達が……」

燐子「え? わたし達……?」

あこ「あことりんりんがどうかしました?」

友希那「え? あっ……いや、その……」

友希那(え? 一体何が起きたの? え? けん玉で? え?)

友希那(……)

友希那(ダメ。落ち着きなさい。そう落ち着くのよ。湊友希那)




友希那(ふぅ……。落ち着いたわ)




向日葵「杉浦先輩!櫻子の事で相談があります!」綾乃「短篇集よ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518272815/

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/10(土) 23:26:55.39 ID:rfHcYEGi0
①向日葵「櫻子がバレンタインでチョコを……」綾乃「……そう」


向日葵「その相談があるのですが……、今お時間の方よろしいでしょうか?」

綾乃「え? 大丈夫だけど、どうかしたの?」

向日葵「実は櫻子が……その……」

綾乃「大室さんが?」

向日葵「櫻子がチョコレートを作っているみたいで!」

綾乃「大室さんがチョコを?」

向日葵「はい、今朝撫子さんが 「櫻子がチョコレートを作ってるんだ。何度も失敗してさ。まったく頑張っちゃって……。一体誰の為に頑張ってるんだろうね」ニヤッ と」

綾乃「へぇー。それはバレンタインが楽しみね」


向日葵「……」

綾乃「ん? 古谷さん? どうかしたの? 私の顔をジーっと……怖い顔をして……」


向日葵「……ま、まさか、櫻子がチョコをプレゼントするのは杉浦先輩!??!?」

綾乃「へ? い、いやいや。どう考えても私じゃないでしょ!」




向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「キス!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497608979/

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2017/06/16(金) 19:29:40.20 ID:23qHAU/n0
①:櫻子「ぐーぐー」Zzzz 向日葵「またこの子は……」


向日葵「遊びに来たと思ったらすぐに寝てしまって……」

櫻子「ぐーぐー」

向日葵「まったくこの子ったら……」

櫻子「ぐーぐー」

向日葵「……」

櫻子「ぐーぐー」


向日葵(いつもギャーギャーうるさい癖に寝ている時は静かなのね)

櫻子「……」

向日葵(ふふっ)

櫻子「……」

向日葵(いつもは表情豊かなくせに寝ている時だけは穏やかな顔)

櫻子「……」

向日葵(こうして見てみると……やっぱり、櫻子も大人になっていきますのね)




櫻子「向日葵。誕生日おめでとう!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466016173/

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2016/06/16(木) 03:42:54.15 ID:UZDetoLg0
■1ヶ月前

ちなつ「え? 向日葵ちゃんへの誕生日プレゼント?」

櫻子「うん。何が喜ぶと思う?」

ちなつ「うーん、そうだね……」




櫻子「さくひま、ひまさく短篇集」向日葵「年末ですわ!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451560034/

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/12/31(木) 20:07:15.05 ID:hmalalpP0
No.301:綾乃「はぁ…今日もまたあの二人がイチャついてるんだろうなー」


綾乃「はぁ…」

千歳「どうしたん?溜息なんかついて」

綾乃「いや、あの風紀を乱す二人に疲れちゃって…」

千歳「あっ、噂をすれば何とやら~」

綾乃「え?」

千歳「噂の二人がこっちにやって来よるよー」


櫻子「でさー」

向日葵「へぇー」


綾乃「なっ!?」

綾乃(ふ、二人が手を繋いでない!?)

綾乃「ふふふ…」


向日葵「えっ涙!?」

櫻子「杉浦先輩!?拾い食いしてお腹が痛いんですか!?」

綾乃「う、ううん。違うの…ちょっと良いことがあって…ね」

綾乃(きっと私の想いが二人に届いてくれたのね)


千歳「なんで今日は手を繋いでないん?」

向日葵「だって、私たちは赤い糸で結ばれてますから!」

櫻子「だから、わざわざ手を繋ぐ必要はないわけです!」

綾乃「∵」



向日葵「…でも、やっぱり私…たまには櫻子のぬくもりが…」

櫻子「向日葵!?」

向日葵「ご、ごめんなさい。やっぱり今のは無しですわ!」

ギュッ

向日葵「えっ?」

櫻子「さすがは私の向日葵!私も同じこと思ってたんだ!」

向日葵「櫻子…」

櫻子「えへへ♪」


綾乃「一生やってろ!ばーーーーかっ」ダダダダダ

千歳「綾乃ちゃん!?どこに行くん!?」



あかり「え、えーと、とりあえず」



あかり「さくひま、ひまさく短篇集、はっじまるよ~」


No.301 終わり




櫻子「さくひま、ひまさく短篇集」向日葵「櫻子と恋人になりましたわ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441551707/

1 : ◆xW69XHZIXl2A 2015/09/07(月) 00:01:47.92 ID:G3MUuByc0
①:向日葵「櫻子と恋人になりましたわ」

ちなつ「ねぇねぇ、向日葵ちゃん!」

向日葵「はい?」

ちなつ「恋人同士になってどこまで進んだの!?やっぱりキスとかしたの!?」キャー

向日葵「はぁ…吉川さん、あなたは根本的な誤解をしていますわ」

ちなつ「へ?」


向日葵「櫻子が泣いて『大好きです!付き合ってください』というから、仕方なく付き合っただけですわ」

ちなつ「そうなの?」

向日葵「そうなんですの。だから、吉川さんが思っているような事には、絶対になりませんわ!」

櫻子「仕方なくなの?」

向日葵「ええ、そう。これは仕方なく………………って、櫻子!?」

櫻子「へぇ~。向日葵は嫌々だったんだ」

向日葵「い、いや、そ、そ、そんなことは…」

櫻子「ばいばい。向日葵♪」

向日葵「いやーーーーーー!謝るから捨てないで!櫻子ーーーー!!」





ちなつ「すでに尻にしいてるとは…さすがだね櫻子ちゃん」

あかり「さくひま、ひまさく短篇集、はっじまるよ~」


① 終わり




ページランキング