ヘッドライン

【ミリマス】ある休日

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501596347/

1 : ◆xS5JZuNSIIml 2017/08/01(火) 23:05:47.40 ID:ss87dLg80
アイドルマスターミリオンライブ、最上静香のSSです。
地の文が多いです。御了承の方は、是非。


2 : ◆xS5JZuNSIIml 2017/08/01(火) 23:06:13.61 ID:ss87dLg80
こうして家族で出かけるのはいつぶりだろうか。最上静香は、窓から見える夏の海と、トンネルや木々の陰に入った時に覗く自分の顔とを、見るともなく見ながら、そんなことを思った。


ーーー「アイドルになりたい」
十年来の夢を掲げて踏み出そうとしたとき、足枷になったのは、いま目の前で、黙って車を走らせる父だった。
打ち明けたあの日、父は、私が父の日に買ってきた豆で挽いたコーヒーを啜りながら、新聞片手に、遊びたい年頃だろうと言って、高校受験まで、という制限付きで、アイドルになることを許可してくれた。子どものやりたいことは全て尊重されるもの、というのは、やはり幻想だと実際に確認して、少し落ち込んだ。鳥籠は、うちにもあったのだ。それでも、鳥籠に脚を挟めつつ、私は、念願のアイドルになった。




【ミリマス】静香「今日は7月7日…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499437242/

1 : ◆xS5JZuNSIIml 2017/07/07(金) 23:20:42.36 ID:v7pO94Xn0
静香「今年の七夕は晴れそうね」


星梨花「そうですね! 七夕っていつも雨が降っちゃうんですよね」


静香「確かにそうね。そういえば、プロデューサーがエントランスに笹を置いてくれたらしいし……星梨花、折角だから短冊を書きに行きましょ?」

星梨花「良いですね! 私、何をお願いしようかな〜♪ 次の公演がうまくいきますように…… もっとみんなと仲良くなれますように…… それとそれと…」

静香「そんなに沢山は書けないわ。それに、欲張っちゃだめよ、星梨花?」

星梨花「うぅ〜そうですよね……ちょっと悩んじゃいます…」

静香「そんなに悩まなくても大丈夫よ? 思った通りに書けば良いのよ」

星梨花「静香さんはもう決めたんですか?」

静香「もちろんよ! 星梨花になら見せてあげる」

星梨花「わぁ♪ 素敵なお願い事ですね!」




ページランキング