ヘッドライン

今日も、我那覇響はアイドルである。

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435375856/

1 : ◆uOJ/TvTGhw 2015/06/27(土) 12:31:06.99 ID:Q4dHKF280

「はいさーい!」

 事務所に響く快活な声。それに気づいた1人のアイドルが出入口の方へと目を向け、その声の主へ挨拶を返す。

「おはよう、響ちゃん」

「春香。まだ千早とプロデューサーは来てないのか?」

「ううん。千早ちゃんは私より先に来てたけど、プロデューサーさんと一緒に先にレッスン場に行ってるって」

「ってことは……もしかして自分が最後か!?」

「予定よりはだいぶ早いけどね。じゃあ、行こ、響ちゃん」

「ちぇー……折角時間より早く来たのにビリかぁ……」

 春香に微笑みかけられながら口を尖らせると、彼女はきびすを返し事務所の出入口へ向かった。春香もそれに続き、事務所を出る。

「えっと……ぴよ子も居なかったけど、鍵は大丈夫なのか?」

「社長が居るから大丈夫だって」

「ああ、そっか」

 レッスン場へは歩いて10分程度。2人は、歩みを進めながら世間話に話を咲かせていた。

 春香は響の頭を指さすと、ポニーテールを揺らして歩く響にこう聞いた。

「響ちゃん、新しいリボン買ったの?」

「ん? んー、そうそう、良いでしょ、これ! 青色が気に入ってるんだ」

「うん! 涼しげで、これからの季節に合いそうだよね」

「春香もリボン新しいの買ってみたらどうだ? もっと飾りとか付いた派手なやつとか」

「えぇ~。私はこれで良いよ~……随分前だけど、ライブの後にプロデューサーさんが買ってくれたやつだし」

「あれ!? 初耳だぞ!?」

「そうだっけ? ま、そういう訳で春香さんはこのリボンがお気に入りなのです。もうしばらくは、ね」

「そっかぁ。あ、そろそろレッスン場だな。よし、春香、競走だ!」

「えぇ!? ひ、響ちゃんには勝てないよぉ!」






ページランキング