ヘッドライン

亜美「みんなで!」 真美「スイッチ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526983126/

2 : ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/22(火) 19:00:22.47 ID:q/tAe5UT0

小鳥「......んー、懐かしいわねぇ、これ......」

亜美「ピヨちゃん仕事もせずに何見てるのー?」

真美「ピヨちゃんは変わりませんなぁ......」

小鳥「二人とも、私だって成長してるのよ。今日は書類の半分も終わっているんだから...... あ」

真美「あ?」

亜美「み?」

「小鳥さん? 成長していると言いたいなら、ノルマの半分くらいをこなしてからにしてくれませんかね......」

亜美「げ、律っちゃん......」

真美「よくもわるくもいいタイミングで来るよね、律っちゃん」

小鳥「い、い、いまやりますぅ......」

真美「雪ぴょんみたいになっちゃってるよ、ピヨちゃん......」

亜美「律っちゃんこれなになに?」

律子「ん? ......これっておとうさんスイッチですよね」

小鳥「はい、たまたま見つけたんです。懐かしくって」

律子「あんたたちはちょうど知らないくらいなのね、これ。もし知りたいなら小鳥さんに見せてもらいなさい」

小鳥「ぴよっ!?」

亜美真美「「ピヨちゃんできるの~!?」」

小鳥「り、律子さん......」

律子「これに懲りたら次からちゃんと仕事してくださいね」ソレジャ





美希「最高のおにぎりの食べ方」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526378566/

1 : ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/15(火) 19:02:46.94 ID:zkE8cO2g0

美希「おいしいの~♪」モグモグ

貴音「そんなに美味なのですか、そのおにぎりは」

美希「あげないからね!」

貴音「ふふ......それは残念です」

美希「はむっ......う~ん、このおかかがいい感じにきいてるの!」モグモグ

貴音「それにしても美希は本当においしそうに食べますね」

美希「うん。おにぎりはおいしいもん」

美希「貴音もラーメン食べるときそうなるでしょ?」

貴音「そうですね。つまりわたくしにとっての、らあめんのようなものだと......」

美希「そうなの。どうせ今日もラーメン食べてきたんでしょ?」

貴音「なぜわかったのですか」

美希「いやラーメン食べない貴音なんて一年の中でも珍しいじゃん」

貴音「......」

美希「貴音、今日いっしょにレッスンだよね?」

貴音「ええ、それに響も加わって三人です」

美希「響はどこ......? 前科があるから見張ってないとだめなの!」

貴音「レッスンの前に帰ってくるはずです、大丈夫ですよ。ああ見えて響はしっかりしていますから」

美希「美希もわかってるよ...... でも怒られるのはミキなの」

貴音「あれは美希も悪かったと思いますが......」

美希「うるさいよ! 貴音も律子に怒られてみればわかるの!」

貴音「律子嬢が恐ろしいのは知っております。わたくしもこの前らあめんを五食続けたときに受けたお説教は......もう......」

美希「あぁ...... 貴音が二日くらいラーメン食べてないと思ってたら律子に怒られてたからだったんだ」

貴音「律子嬢はわたくしの健康を考えてくれていたのです...... 無碍にはできません」

美希「いや......普通に律子が怖かっただけでしょ」

貴音「......」






千早「春香のせい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526114717/

2 : ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/12(土) 17:46:31.40 ID:vuGdqAF/0
春香「えへへ、ただいま〜」

千早「ただいま」

春香「おかえり、千早ちゃん!」

千早「春香におかえりを言われるのも、もう慣れてしまったわ......」

春香「いいものでしょ? 誰かに迎えられるのって」

千早「......そうね」

春香「ところでさ......」

千早「何かしら?」

春香「私はまだ慣れてないんだけどなぁ、おかえり言われるの......」

千早「......」

春香「のワの」

千早「......本当に今日の春香は甘えたね......」

春香「い、いいじゃん別に私が甘えたっt」
千早「おかえり、春香」

春香「......ただいま、千早ちゃん!//」





ページランキング