ヘッドライン

【デレマス】森久保乃々「おおきなP」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490019495/

1 : ◆oCJZGVXoGI 2017/03/20(月) 23:18:16.20 ID:Wrh0CGx80
皆さんおはようございます。え、今は朝じゃない?すみません、どの時間であっても挨拶は“おはようございます”だと教わったのでつい……。失礼なもりくぼはこれにて帰らせていただ…あ、はい、わかりました続けますけど……。

……あれは私がいつものように机の下の定位置に行こうとした時のことでした。その日は思いもよらない人物が先客として居座っていました。






麗奈「スイーツファイブ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479747124/

1 : ◆oCJZGVXoGI 2016/11/22(火) 01:52:04.99 ID:P9FeWj3y0
麗奈「なんなのよそれは」

モバP(以下P)「この間みちるが困ってる時に光が他のアイドルを呼んでな。それを見てたらとある作品を思い出してさ」

麗奈「ふぅん。で、このレイナサマに悪役を頼みたいって訳ね?」

P「察しが良くて助かるよ」

麗奈「ふっ、このレイナサマに任せなさい!もっとも、正義がいつも勝つとは限らないけどね!」

P「……あぁ、そうだな」






【デレマス】あの日あの時あの場所で

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477399947/

1 : ◆oCJZGVXoGI 2016/10/25(火) 21:52:27.41 ID:edU+vFMO0
事務所の中でカタカタと小気味よい音だけが響いていたが、それもやっと終わった。

「あぁ、やっと終わったー」
「お疲れさま、プロデューサー」

 和久井さんが疲れを感じさせない笑顔でこちらを労ってくれた。彼女がいなかったら恐らく終電をのがしていたことだろう。

「いやぁ本当に助かりましたよ。ちひろさんが早退した時はどうなることかと」
「構わないわよ。困ったときはお互いさまって言うでしょ?」
「では戸締りを確認して帰りましょう」
「安心して、もうチェックしてあるわ」
「和久井さんには敵わないなぁ」

 念のために軽く施錠を確認し、事務所を後にする。途中までとはいえ和久井さんと2人で帰るのはいつぶりだろうか。ちひろさんの体調が快復したら多めにドリンクでも買ってあげよう。





【モバマス】杏「え?きらりが結婚?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453981483/

1 : ◆oCJZGVXoGI 2016/01/28(木) 20:44:53.58 ID:RmPoGgEq0
事務所内・フリースペース
杏「何それ?」

卯月「未央ちゃんから聞いた話なので詳しくは知らないんですけど・・・」

若葉「あれ?私は美世ちゃんからきらりちゃんがうち(Cu)のプロデューサーとお付き合いしてるって聞きましたけど~?」

都「むむ?私はプロデューサーがきらりさんに片思いをしていると聞きましたが?もしや事件の予感・・・!?」

杏「なんかどんどんスケールが小さくなってるじゃん」

卯月「杏ちゃん、きらりちゃんから何か聞いていませんか?」

杏「さぁ~?ところで3人はいつその噂を聞いたの?」

卯月「私は昨日のレッスンで」

若葉「私は先週居酒屋で~」

都「私も先週ですね。確か火曜日だったかと」





モバP「その髪ってどうしてるんですか?」ちひろ「はい?」

1 : ◆oCJZGVXoGI 2014/07/29(火) 22:49:22.76 ID:mWkMfGeA0
ちひろ「どう、って……三つ編みの事ですか?」


モバP(以下P)「えぇ。実は前々から気にはなってたんですよ」

ちひろ「普通に編んでるだけですけど?」

P「いや、普通にって言われてもその普通がわからない訳でして」

ちひろ「そういうモノですか?」

P「身近に三つ編みストがいれば違うんでしょうけど、生憎俺の母はショートなもんで」

ちひろ「(三つ編みスト?)じゃあ基本的な三つ編みの編み方を教えましょうか?」

P「よろしくお願いします」





モバP「未成年アイドルの主張」

1 : ◆oCJZGVXoGI 2014/07/26(土) 20:50:52.14 ID:K/Za855Q0
モバP(以下P)「はい、と言う訳で始まりました『未成年アイドルの主張』!見守り人のプロデューサーです!!」

ちひろ「いや、いきなり「と言う訳で」って言われてもわかりませんよ!なんなんですかいきなり!」


P「いや、アイドルの皆に日頃思っていても口に出せない事をこの機会に言ってもらおうと思いまして」

ちひろ「だったら事務所で面談でもすればいいじゃないですか!行き先も告げられずバスに乗せられたと思ったら何故か草原に校舎っぽい建物が建ってr「では最初の方、どうぞー!」聞いて下さいよ!!」







モバP「事務所に仮眠用のベッドを置いてみた」

1 : ◆oCJZGVXoGI 2014/07/17(木) 22:50:23.68 ID:RyTaiEAa0
ガチャッ

モバP(以下P)「お、おはようございま……すっと」

ちひろ「おはようございます。なんなんですか、その大きな包みは?」


P「折りたたみ式のベッドです」

ちひろ「……はいぃ?」

P「だからベッドですよ。ようは寝具です」

ちひろ「どうしてそんなものを事務所に?仮眠室がありますよね?」

P「仮眠室はアイドルの皆も使うじゃないですか。それに仮眠室だとすぐに連絡が取れないですし」

ちひろ「まぁ、言いたいことは分かりますけど……」

P「30分くらい横になりたい時に使うだけですから」

ちひろ「そう言う事なら構いませんけど……いや、いいのかしら?」

P「大丈夫大丈夫♪」





ページランキング