ヘッドライン

千歌「海の声」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502122342/

1 : ◆hxGgtPv0f. 2017/08/08(火) 01:12:22.88 ID:vZV9VMeXo
(問題文)

われは海の声を愛す。
潮青かるが見ゆるもよし見えざるもまたあしからじ、
遠くちかく、断えみ断えずみ、
その無限の声の不安おほきわが胸にかよふとき、
われはげに云いがたき、悲哀と慰藉とを覚えずんばあらず。

* * *

これは沼津にゆかりのある歌人、若山牧水の処女歌集「海の声」の序文からの引用です。
古文に由来する表現に注意しながら、現代語に訳してください。

(解答欄)

海の声ってマジでエモいよね。


2年1組 出席番号○○番 高海千歌




花丸「おらの幼馴染がこんなにも可愛い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478018130/

1 : ◆hxGgtPv0f. 2016/11/02(水) 01:35:31.18 ID:KJmSVL5go
私の名前は国木田花丸、図書委員である。
今日もこうして私は図書室のカウンターに座り、この聖地の秩序を維持すべく努めている。
しかるに、図書室の秩序とは何か。

善子 「ヤッホー、ずら丸、見て見て、この黒い羽……」

花丸 「……」

善子 「ごめんなさい」

そう、静謐である。

図書室はおしゃべりをするところではない。本を読むところなのだ。
ここで発してもよい言葉は「服に値札ついてますよ」と「頭にカメムシがとまってますよ」だけだ。





善子「冗談は善子ちゃん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492955780/

1 : ◆hxGgtPv0f. 2017/04/23(日) 22:56:20.96 ID:aCH1+UBJo
学校の帰りのバスの中で、ふとこの言葉を思い立って以来、言ってみたくてたまらなくなった。

善子(思い立ったが吉日)

そう思って一人でニヨニヨとしていると、隣の席に座っていた曜さんが私を訝しむように見つめてきた。

曜「どうしたの善子ちゃん、エッチなことでも考えてるの?」

善子「善子じゃなくて、ヨハネですよう!」

いつもの調子で軽口をたたいたあとで、ふと気がついた。
私がこのように訂正するということは、私は自分のことをヨハネであると自認しているわけだ。
してみると、「冗談は善子ちゃん」と言うことによって、私は自分を自己同一化しているところのヨハネを自己否定することによって自己矛盾に陥り自分を見失ってしまうわけだ。
アイデンティティの崩壊。

どこかのライトノベルで見たことのある言い回しが思い浮かび、私はガタガタと震えだした。




ページランキング